White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

書籍

〈夜明けの尖塔〉のヴァンパイア

父娘の新たな日常 NOVA「クリスタルタワーを建造し、その後、〈夜明けの尖塔〉、英名サンライズ・スティープルと改名したわけだが」 晶華「その後、私たちはアステロイド型の世界間渡航装置に乗って、転移前の座標まで行ったのよね」 NOVA「ああ、留守をケイ…

ソード・ワールド新種族メリアのお話

20日発売予定のSW2.5のリプレイ本。 近場の書店で、1日早くゲットしました。 で、自分が注目していたのは、「樹人メリアって新種族が出るよ」って宣伝文句。うちのブログの創作ヒロインにネタとして絡められるかな、と思ってみた次第。 ただ、このメリア。ゲ…

キャッキャヒヒヒな入浴タイムの後で(翔花外伝・温泉編3)

翔花2号の述懐 私は粉杉翔花。妹の2号の方ね。 元々は一人の花粉症ガールなんだけど、ブログ上の物語展開が「バトル創作の翔花伝」と「NOVAちゃんとのお喋りメインの日常編」に分かれた際、粉杉翔花もいつしか*1バトルの1号、日常トークの2号に分かれてしま…

キャッキャヒヒヒな入浴タイムの前に(翔花外伝・温泉編1)

ビルド仕込みのOPコント(最近ルーブもマネしてるね) ヒノキ「さあ、何もかも忘れて、今回は花粉症ガールズのサービス回……と行きたいところじゃが」シロ「粉杉翔花と、その分身。お前たちのアリナ様に対する、度重なる失礼な振る舞い、このビャッコ、決して…

翔花2号出張指令

NOVA「ふう、連日暑い中、今日もしっかり仕事を頑張ってきたぜ。こういう時は、自分以上に頑張っている女の子の姿が癒しになるなあ」翔花2号「何それ。家でのんびりゴロゴロしてる私への嫌味かしら? 本当はメガネンジャーで大活躍しているはずなのに、ちっ…

シロき忍び(コンパーニュの塔編 3話)

OP雑談 ヒノキ「本日で翔花伝は一旦中断じゃ」翔花「作者のNOVAちゃんが来週から仕事で忙しくなるからね」シロ「(ボソリ)仕事で忙しいからって、創作を怠る甘えた作者。ボクは決して許さない」翔花「えっと、誰かな?」ヒノキ「ああ、紹介がまだだったの。…

エンド・オブ・ザ・ドリームワールド(ラーリオス編 3話)

本編前の打ち合わせ NOVA「結局、翔花伝のラーリオス編は、日曜の太陽編と、月曜の月編で終わらず、木曜の花粉症ガール編までズレ込んじまったなあ」翔花2号「まあ、主役は私たち花粉症ガールなんだから、それでいいんじゃない? それよりも、いきなり台本を…

言霊魔術師VS元・太陽星輝士(ラーリオス編 2話)

本編前雑談「月の星輝士シンクロシアとは?」 NOVA「さて、昨日に引き続き、翔花伝の続きだ。ちなみに、7月1日は日曜日、7月2日は月曜日。この曜日の意味は分かるだろうか」翔花2号「ええと、ラーリオスが太陽の星輝士だから、日曜日を狙ったということ?」N…

時空魔術師VS太陽星輝士(ラーリオス編 1話)

本編前雑談「ラーリオスって何?」 NOVA「さて、7月に入ってしまったが、久々に翔花伝の続きだ」翔花2号「メガネンジャーとの掛け持ちは大変ね」NOVA「まあ、これも地震が悪い。あの地震のせいで、6月のスケジュールは結構狂った感じだ。内海さん並みにな」…

ルパンコレクション目録

NOVA「さて、昨日は思いがけないトラブルで、予定していたスケジュールが崩れたわけだが」翔花「ええと、27日にメガネンジャーの続きを書いて、28日の木曜日に翔花伝の続きを書くという無理無茶無謀なスケジュールのこと?」NOVA「ああ、俺の勢いがあれば、…

アルマダとゲームウォーズの比較感想

たまには、翔花抜きの自分オンリー感想を試みます。 よって、文体も以前の敬語調、一人称も「ぼく」「自分」がいいかな、と。 で、簡単にこれらの作品の経緯を語ると、まず作者のアーネスト・クラインが「80年代のオタク文化への傾倒と、日本のサブカルチャ…

ちょっと総括&今後の予定

NOVA「よし、翔花。今日は日曜日だし、月末だし、お前の3ヶ月めの誕生日も近いし、いろいろ来し方を振り返ってみようか」翔花「何よ、突然」NOVA「突然じゃない。俺のタイムスケジュールには入っている。月末には生徒の時間割を作ったり、会計処理をこなした…

ヒノキちゃんとの出会い(コンパーニュの塔編 1話)

夢か現(うつつ)か 粉杉翔花は、目が覚めて気がつくと、ベッドに寝ていました。 最初かの女は、今も記憶の片隅を去らない、長い、楽しい夢を見て、寝過ごしてしまったと思いました。それとも狂気だったのでしょうか? それにしてもこの天井は見なれないもの…

翔花、クーデターする

ケイP(ネコ耳ハロ)『翔花ママ、大変だよ』翔花「何よ、KPちゃん。私は『質問力』の本を読んでから、今、『ロードス島戦記』の本を読み終わりかけているところなんだから」 翔花「あと少し、ああ、魔法使いのスレインさんが星を見つけたところで終わり。だ…

またもや誕生日

NOVA「翔花、2ヶ月目の誕生日おめでとう♪」翔花「うん、NOVAちゃん、ありがとう。だけど、今は素直に喜べないな」NOVA「どうしてだよ?」翔花「だって、九州に修行に出かけているもう一人の私、翔花1号ちゃんが、今ごろ過酷なバトルの真っ最中でしょ? 向こ…

質問力

翔花「ねえねえ、NOVAちゃん。質問していい?」NOVA「何だ、翔花。つまらない質問なら、お断りだぞ。俺は仕事から帰って眠い。仕事でもないのに、必要以上の質問にわずらわされるのは真っ平ごめんだ。そのことをわきまえない愚か者は、他人の時間の浪費を何…

グランクレスト戦記の感想

NOVA「う〜ん、こうやって全巻並べると、やっぱり壮観だなあ」翔花「ねえねえ、NOVAちゃん。グランクレスト戦記って、どういうお話?」NOVA「そうだな。俺の青春時代の思い出であり、人生の方向性を決めることとなった『ロードス島戦記』の作者、水野良氏が…

ゲーム書籍と、岳飛伝最終巻の感想

さて、連休も終わったので、通常モードでブログ記事を書いていきたいと思います。 まずは、読了書籍の感想から。 なお、連休の間に、いろいろと本を買ったので、読まないといけない、いや、読みたい本が増えております。ルールブックやら雑誌系を除くと、購…

今後の予定

ここまで、花粉症ガールとのやりとりを中心に、ブログを楽しく書いてきましたが、いろいろと書き残してきたこと、これから書きたい記事が溜まってきているので、備忘録的に総括&今後の予定として整理してみます。

翔花、おしゃれに目覚める

★前回までのあらすじ 植物の精霊ドライアドの亜種であり、花粉症ガールと呼ばれる我が娘(2次元)、粉杉翔花はふだん、当ブログのアシスタント娘として、NOVAのマニアックな知識に置いて行かれないように勉強している。 うん、勉強熱心でけなげな娘は好感度…

ドゴラちゃんと翔花ちゃんとNOVAちゃんと

うん、翔花が「NOVAちゃん」と言うのは、何だか慣れてきて、翔花限定なら、そう呼ばれても構わないんですけど、自分で客観的に「NOVAちゃん」とタイトル表記するのは、なかなか恥ずかしいですぞ。 まあ、翔花の奴は、自分で自分のことを「翔花ちゃん」と言っ…

ケイソン編の後書きめいた何か

前回、殺人鬼ケイソンとの死闘を、持ち前の優しさと愛、精霊ならではの特殊能力、そしてサポーターのNOVAの知恵と機転、時空を超えた知識で切り抜けた花粉症ガール、粉杉翔花は、 NOVAと、ケイソンの本体であった35年前のNOVA、「訳あって本名は明かせないが…

岳飛伝16巻読了

本日、職場で16巻を読み終わって、17巻めに入ったので、一応、この場でも報告。 感想としては、ラストでとうとう「史進も死んじゃった」と思ったよ。 でも、続いて17巻の最後のシーンをチラ見すると、あ、史進まだ生きてる。ええと、戦場で重傷を負って、戦…

本日はエイプリルフール

さあ、6時が過ぎて、当ブログも日にちが切り替わりましたよ。 新年度の始まり、はこの際どうでもよくて(日曜でお休みなので、仕事には関係ないし)、4月1日といえば、そう、あの日です。 全国の皆さんが、おそらくドラえもんのコミックで初めて知ることにな…

文庫版『岳飛伝』完結(一旦完結編)

さて、昨夜から始めて、朝も書いて、とうとう夜まで掛かったよ。 最初は、単純に「北方大水滸伝そのものの総括感想」ぐらいでまとめようと思ったんだけど、 この10年の来し方をあれこれ語る契機になってしまったようです。 最近のぼくは、ビルドのパンドラボ…

文庫版『岳飛伝』完結(楊令伝)

昨夜から書き始めた、『岳飛伝』完結記念、「北方大水滸伝と共に過ごした、NOVAのネット活動の思い出話を語っちゃうぞ」記事。 いやあ、心のおもむくままに、思い出話を無駄に長々と書いたものだから、夜寝て、朝起きてから5時間ぐらい延々と書き続けても終…

文庫版『岳飛伝』完結(自サイト創設、創作企画の思い出話含む)

最近は、花粉症関連の記事ばかり書いているような気がしますが、実は今週は雨ばかりで、花粉症の被害が少ないので、書く意欲の方も減っています。 普通は花粉症が治まっているのだから元気になって、他のことに目を向ける余裕ができるはずなのに、一度、ある…

White DAYはNOVAの日

今夜の仕事中に、ふと思いついたこと。 聖バレンタインってのはいるけれど、聖ホワイトなんて聖人はいるのかな? もちろん、いないのは分かっています。 仮にいたとするならば、聖人の名前なら、ラテン語っぽいので、白をラテン語で「聖アルバ」? その名前…

「第9章・牢から逃げだすたるのむれ」感想(エルフ編)

約一月ぶりのホビット感想。 その間に、映画『ホビット2』のDVDを2回見て、それから『ホビット1』も3回見て、さらにロード・オブ・ザ・リングの『旅の仲間』と『王の帰還』も見ました。 まあ、忙しいと言っても、寝る前に1時間ほどのDVD鑑賞する…

記憶の修復

先日、ホビット2のDVDを購入しまして、現在、じっくり鑑賞を始めたところ。 さすがに時間の都合で、一気見ができず、とりあえず樽脱出を終えて、バルドが登場したところで中断。 で、ここまで自分の書いた記事のミスをいくつか発見。 まあ、映画を1回見…