White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

牙狼

罰ゲームかも

昨夜は、仕事から早く帰ったにも関わらず、別ブログの記事を書くのにハマってしまい、そっちを完成させて気がつけば、「ああ、もう、こんな時間」と思って、牙狼VL最終話を見る。 何、この話。 つまらない最終話だな、という感想を抱きながら、眠い目をゴシ…

2013年07月08日のつぶやき

@whitenova: ラスボスと思しき魔道ホラーを生み出す元凶が明かされた回、ということですか。2013-07-09 01:50:05 via ついっぷる for iPad @whitenova: 結局、嘘つき合戦で魔戒騎士の勝ち。謎を仕込むだけで終わった感じ。まあ、大事な伏線回ではあった、と…

2013年07月01日のつぶやき

@whitenova: レドが居場所を見つけ、守り、帰ってきて終わり、と。2013-07-02 02:44:34 via ついっぷる for iPad @whitenova: 何だかジャイアントロボ、あるいはワンセブン。2013-07-02 02:41:20 via ついっぷる for iPad @whitenova: パイロットをコクピッ…

2013年06月24日のつぶやき

@whitenova: 激しい戦闘の末、中佐はすでに死んでいた、という事実。ストライカーが、中佐になりすましていた、と。2013-06-25 02:27:38 via ついっぷる for iPad @whitenova: オープニングがない、ということは、それだけ密度の濃い回ってことか。2013-06-2…

2013年06月17日のつぶやき

@whitenova: クーゲルさんの軍事統制国家に従うか否か、という話になった。ガルガンティア船団に対する強制を、レドが受け入れるかどうか、でつづく。2013-06-18 02:28:31 via ついっぷる for iPad @whitenova: 前回ほど、重い始まりではなく、オープニング…

2013年06月10日のつぶやき

@whitenova: 肉体が脆弱なために、それを補うべく知性が発達して、文明を築いたのが人類という種の歴史。その肉体が強化され、文明に頼らなくても生存可能なら、文明維持が為されなくなる、という理屈か。肉体改造の結果、野生化したのがヒディアーズという…

2013年06月03日のつぶやき

@whitenova: ヒディアーズは、遺伝子工学で進化した人類。すなわち、非人型のコーディネーターと考えればいいのか。人類VS新人類ミュータントの衝突が背景にある、いかにもSF展開。2013-06-04 02:39:19 via ついっぷる for iPad @whitenova: そろそろガルガ…

2013年05月27日のつぶやき

@whitenova: この回で、リジットさんのファンになりました。2013-05-28 02:28:18 via ついっぷる for iPad @whitenova: 船団長の死で、ガルガンティアの時代が変化する流れ。2013-05-28 02:12:30 via ついっぷる for iPad @whitenova: リジットさんに同情。2…

2013年05月20日のつぶやき

@whitenova: とりあえず、当面の戦いは避けられたけど、クジライカの扱いをどうするか、で、ガルガンティア船団が分裂の危機、でつづく。2013-05-21 02:27:39 via ついっぷる for iPad @whitenova: 何だか、クジライカが王蟲みたい。2013-05-21 02:17:54 via…

2013年05月13日のつぶやき

@whitenova: バトルに期待したところで、つづく。2013-05-14 02:28:49 via ついっぷる for iPad @whitenova: お、突然バトル。敵は異生物か。2013-05-14 02:26:51 via ついっぷる for iPad @whitenova: 雰囲気としては、ターンAとブレンパワードを足して2で…

2013年05月06日のつぶやき

@whitenova: 結局、SG1の女隊長さんが、ホラーと化した話だった、と。2013-05-07 01:39:28 via ついっぷる for iPad @whitenova: 音のようにスピーカーを出入りできるホラーを、どう追いつめるか。2013-05-07 01:22:16 via ついっぷる for iPad @whitenova: …

2013年04月29日のつぶやき

@whitenova: 今回のサブタイトルは夢(ドリーム)で、次回は夢(ナイトメア)か。単純に前編、後編と分けるよりも、凝ってるな。2013-04-30 01:45:18 via ついっぷる for iPad @whitenova: ホラーを倒さず、女隊長さんとのコネ作りだけで終わった回。2013-04…

2013年04月22日のつぶやき

@whitenova: RT @shoji_tenma: だいたい、「フ〜ンフ〜ンフ〜ン」で思い出せないアイツが悪ぃんだ!!アッタマキタ!赤龍軒に行ってくる!(怒2013-04-23 01:48:52 via ついっぷる for iPad @whitenova: まとまらないチームというのが、今週の特撮チームヒー…

2013年04月15日のつぶやき

@whitenova: 一応、チームに加入するまでの話だけど、謎が多すぎて、スッキリしない。2013-04-16 01:41:37 via ついっぷる for iPad @whitenova: 魔導ホラーって新種登場。2013-04-16 01:39:47 via ついっぷる for iPad @whitenova: 今回は、主人公じゃなく…

2013年04月08日のつぶやき

@whitenova: ともあれ、満足したので今夜は寝る。2013-04-09 02:43:44 via ついっぷる for iPad @whitenova: こうなると、コメディ2本に挟まれたシリアスな牙狼が、印象薄くなったんだけど、そちらはまだストーリーも、キャラの雰囲気も断片的にしか、見せて…

MAKAISENKI感想(最終話まで)

ええと、前に書いたのは1月26日で、番組終了したのが3月末(1週遅れの関西では4月頭)なので、今さらながらの記事ですが、 スパロボにかまけて総括していなかったので、若干スパロボプレイと記事書きに飽きたり、疲れたりしたタイミングで、気分転換代…

MAKAISENKI感想(12〜15話)

さあ、月刊ガロの時間です。 いや、漫画雑誌の名前じゃないですけど。

MAKAISENKI感想(9〜11話)

クリスマス記念、豪華感想3本立て……って、単純に毎週書くのをサボってただけなんですが。 まあ、牙狼の場合は、書くことがないわけじゃないけど、密度が濃すぎて、気負って書くと、文量が増えるので、いくつかまとめて記事密度を上げた方がいいかな、と思っ…

MAKAISENKI感想(8話 妖刀)

ふだんの牙狼は、都会の闇に潜むホラー(化け物)退治の話ですが、 今回は、非常に力の入った番外編。 半分は、時代劇です。オープニングもいつもと違って、「東北新社創立50周年記念の時代劇映画」の趣き。 いつものルーチンとは全く違うぞ、と。 主人公…

MAKAISENKI感想(4話〜7話)

さて、牙狼です。 4〜6話は、いろいろな脚本家が入れ代わって、バリエーション豊かな展開でした。7話で、物語が進んだ感じですね。アクション要素は7話が高めで、他は まあドラマ重視で、アクションは控えめといった感想。

MAKAISENKI感想(1話〜3話)

で、この秋、NOVAのアクション見たい願望を大いに満たしてくれているのが、牙狼です。 TV-SERIES DVD COMPLETE BOX" title="EMOTION the Best 牙狼 TV-SERIES DVD COMPLETE BOX" class="asin"> わずか30分の間に、高レベルなアクションを組み込んでく…

無惨・録画失敗

う〜ん、スペシャル前編、楽しみにしていたんだけどなあ。 久しぶりの「ファミリー劇場」録画は、セッティング方法のミスにより失敗。 先に、後編見て、前編は29日の再放送を楽しみにすることにします。

小説版GARO、間もなく読了

暗黒魔戒騎士篇 (ソノラマノベルス)" title="牙狼 暗黒魔戒騎士篇 (ソノラマノベルス)" class="asin"> エルリックの新刊*1と、『陰摩羅鬼の瑕』*2を読むのに時間が掛かりすぎていて、先にこちらを読み終わることにしました。*3 こちらは、割とテンポ良く読め…

『邪魅の雫』読了

ようやく、読み終わりました。 面白かったですが、読了感は「ドッと疲れた!」って気持ち。 もう、キャラが匿名を使いまくって、物語の登場人物および読者までも翻弄していたので、何だか、「インターネットで匿名荒らしと議論していた時」のことを思い出し…

最終話「英霊」

メシアとの決着は、CG処理で決着。 巨大な敵に挑む等身大ヒーロー、という構図は、「クルーザーに乗ったXライダー対キングダーク」や「ライオン丸対ゴースン」に見られるような最終話カタルシスに満ちたもの。「巨大ロボVS怪獣・ロボ」とはまた違った魅…

24話「少女」

特撮物の週6番組放送という快挙も、この番組の終了で間もなく終わりになるかと思うと、少し寂しいか、と。 さて、この回のサブタイトル「少女」ですが、これは零の亡き恋人・静香と、それに化けた元少女の外見をしていた三神官改め黒井ミサことガルム、そし…