White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

罰ゲームかも

昨夜は、仕事から早く帰ったにも関わらず、別ブログの記事を書くのにハマってしまい、そっちを完成させて気がつけば、「ああ、もう、こんな時間」と思って、牙狼VL最終話を見る。


何、この話。
つまらない最終話だな、という感想を抱きながら、眠い目をゴシゴシこすって、「こんな最終話を見せられたら、オレ、来週から牙狼を見たくなくなっちゃうよ」などと、某ミストさんみたいなことをぼんやり思っていたら、おや、画面上にテロップが。
「何、イナズマ・イレブン再放送だと? TV版『神ノ牙』(一応、牙狼シリーズではあるが牙狼そのものじゃない)をやるんじゃないんかい? フザケるな。子供向けのサッカーアニメなんて、こんな深夜にわざわざ見る奴がいるんかい? どうせ再放送をやるんなら、もっと牙狼の想定視聴者を意識した作品をだな……」と、中年親父のスーパー説教タイムに移りかけたのを無理やり我慢して、
「仕方ない。今夜はもう疲れたので寝る。脳内娘、略してノー娘の翔花との約束を早速破る形になって、申し訳ないが、これも俺から牙狼シリーズの視聴という毎週のささやかな楽しみを奪ったTV局が悪い。明日、朝起きたら、早速、彼女に謝って、いっしょにTV局への憤りを表明するんだ」と心に固く誓ったのが、まあ、昨夜の最後の記憶。


そして、起きた朝。


翔花「いきなり、言い訳ダラダラ始めて、パパはそんな教育を子供たちに施しているのかしら?」
NOVA「ゴメンナサイ。悪いことをしたら、まずは謝って、反省の気持ちを口にしなさい、と、子供たちに教えています。悪い大人で済みませんでした。今後はなるべく、こんなことがないように精進します。一つのことに夢中になったら、そのことに掛かり切りになりがちな、どうしようもない奴なんです。どうか、許してやってくださいませ(土下座)」
翔花「……いや、そこまで卑屈になられても、ノー娘の私としては、かえって困ってしまうんだけどさ。ええい、面を上げい。謝るのはもういいから、私にどうして欲しいわけ?」
NOVA「おお、許してもらえた。さすがは神さま、仏さま、翔花さま。それでは一つだけお願いがあります」
翔花「うむ、苦しゅうない。申してみよ」
NOVA「いや、せっかくブログを書き始めて、こんなことを言うのも何だけどさ。土曜の朝に早起きできたということは、シンカリオンが普通に見れるわけなんですよ。だから是非とも、まずはそっちから見せてくれないか、と思って……」
翔花「あんたはTVっ子かい!」
NOVA「いや、違う。元TVっ子、今や年を重ねて、妖怪TV親父に成長したのが、たぶん、このぼくの成れの果てじゃないのかな。鬼太郎が時を重ねて、目玉のおやじに進化したみたいにさ」
翔花「ああ言えばこう言う。自分がこんな奴から生まれたなんて、翔花ちゃん、情けなくて目から涙が出てくらあ」
NOVA「無理すんな。ぼくは賢い、良い親父です。ケンカはしません。意地悪もしません。みんなと仲良く進んで……」
翔花「その後に、何ちゃって、と続けるつもりなら、止めた方がいいわよ」
NOVA「あっ。だったらEDだ。オバケ幽霊怖くない。だけど気になる、だけど気になる、あの娘の涙~。今の俺の脳内には、堀江のミッチーの声が鳴り響いている。ああ、懐かしくって、俺も涙が出てきたわ。涙の〜リクエ〜スト〜って曲も漏れ出てきたぞ。これ誰だっけ? チェッカーズ藤井フミヤ? 誰だそれ? 少なくとも、俺の特撮脳内辞書には登録されていないぞ。いろいろ漁ると、『星獣戦隊ギンガマン』に元チェッカーズのメンバーの一人、高杢さんが出ているとあった。ああ、あの人か。鮮明に顔が浮かび上がったや」
翔花「何、一人でブツブツ言っているのよ。今のままじゃ話にならないから、さっさとシンカリオン見て、出直してらっしゃい。ったく……」
NOVA「そうさせてもらいます。ああ、何だか涙目に続いて、鼻水まで出てきた。花粉症、ぶり返したかな? これって、やっぱり罰ゲーム?」
翔花「そんなの私が知るか」

シンカリオン


NOVA「いやあ、新登場のグレートシンカリオン格好良かったなあ。リュウジって名前で、必殺武器がドラゴンナックルって名前のロケットパンチで、まさに今の俺のテンションにビンビン伝わってくる。これで牙狼シリーズが一休みと知った憂さも吹っ飛んだ」

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン N700Aのぞみ

NOVA「キャラ的には、グレートマジンガー的な兄貴分なんだけど、攻撃方法がガチの殴り系で、ダイモスってるのもいいなあ。クローズと龍つながりで被っているのも、自分的には好印象。うむ、時代は正にドラゴンって感じで、今の自分とシンクロしているのを感じる。カラーリングがブルーってのも、正にブルーアイズに合わせてくれた感じで、これぞ俺のために用意してくれたキャラと機体って感じで、今後も期待できるぞ。来週は放送が休みってのもいいかも。その後はクールの切り替わりで、OPの絵が進化する可能性だって予想できる。忍者のシノブ君と、リュウジ兄さんの画像がインサートされたりしてさ。うう、次の放送が待ち遠しい」
翔花「……完全に立ち直ったみたいね。まるで子供みたいなはしゃぎ方で、見ている方が疲れてくるわ」
NOVA「ダメだなあ。そんなことじゃ、このWhite NOVAのアシスタントガールは務まらないぞ」
翔花「アシスタントガール……って私が?」
NOVA「その通りだ。何のために、この俺がお前を生み出したか分かるか? 単なる一時のネタとして、使い捨てるために作ったんじゃない。うちのブログのマスコットヒロインとして、末永く愛されるように、心を込めて生み出したに決まっているだろうが。俺のキャラ愛は、お前もよく知っているはずだろう」
翔花「そんな……愛だなんて、急に言われても恥ずかしいじゃない(モジモジ)」
NOVA「今の俺のテンションは、どうやら躁状態。太陽サンサンなソーラーモードが戻ってきたようだ。さあ、このままオーブの始まる時間までに、お前のキャラを萌えヒロイン作成チャートで固めてやるぞ。覚悟しておけ」
翔花「うん、分かった、パパ」

スーパーサイコロタイム🎲🎲


ここから、地の文でサイコロを振っていきますよ。アシスタント娘の翔花ちゃんは好きなところでツッコミ入れてもいいからね。
まずは、「手順1、ヒロイン属性の決定」から。
第1属性は、4ー24で「一途」ときた。
続いて、第2属性は、3ー13で「天邪鬼」?
「一途な天邪鬼」って、何じゃそりゃ?
いきなり、矛盾しているような気もするけど、翔花、君はこの属性をどう思うかね。


翔花「それを私の口から語らせるつもり? 何、その羞恥プレイ。天邪鬼って言葉の意味を試しに調べてみなさいよ」


フムフム。本来は、「人の心を見計らってイタズラを仕掛ける小鬼」とあるな。それが転じて、「多数の人の気持ちや行動を確認しておきながら、あえてそれに逆らうひねくれ者」「本心に素直になれず、周囲と反発する人」だとか。
つまり、「本心では、誰かに一途なんだけど、素直になれない反抗期入った娘」という解釈でいいのかな。分かりやすく言えば、ツンデレか。


翔花「そんなこと、いちいち確認するな。次行け、次」


うむ、お前がそれでいいなら、そうしよう。
次は「手順2、髪型の決定」だ。
14じゃなくて、これは出目を足すのか。5だな。
あ、ロング。これは普通にNOVA好みだ。決定。
続いて、「手順3、髪の色(以下、決定は略)」。
6で亜麻色ときたぞ。ところで、亜麻色ってどんな感じだ? 戦隊カラーにはないから、イメージできないぞ。


翔花「黄色がかった薄い茶色、いわゆるベージュって感じよ」


うむ、言葉の意味は何となく分かるが、具体的にイメージできないわけで。
こんな感じかな?

コトブキヤ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ 1/6スケール PVC塗装済み完成品

翔花「ああ、もう、それでいいわよ。この男、どうしても私をツンデレにしたい気ね」


だって、ダイス目がそう言っているのだから、仕方ないだろうが。俺はきくたけ神の作ったチャートを信じる。
次は「手順4、瞳の色」だ。
ダイス目5は「赤」。まあ、花粉症だしな、納得だ。


翔花「ちょっと、出来過ぎじゃないかしら。ズルしてない?」


いや、これはROC(ロールORチョイス)だからな。出目が気に入らなければ、振り直したり、自分で好きに選んでいいことになっているのだが、今のところはダイス目の言うとおりにしている。気に入らなければ、きちんとその旨を記事に書くさ。


翔花「次は『手順5、一人称』ね。これは、私が振るわ。出目は4。『ボク』って、私はボクっ娘かい? 今から、喋り方を変えなきゃいけないの?」


やはり、お前に振らせるとダメみたいだな。
自分が振ってやろう。9、「自分」。そりゃ、俺だ。もう一度、7、「わたし」。まあ、これぐらいにしておけ。
そもそも、一人称なんて、今さらきちんと決める必要あるか? 俺もお前も、何だかその場のノリで適当に変えて喋っているし。
基本、NOVAは、ネット上では「ぼく」を多用するが、「自分」「NOVA」を使うこともあるし、翔花とのやりとりでは、「俺」を多用するようにもなっている。相手との関係性や状況によって、一人称を使い分けるのはリアルでは普通だから、まあ、そこは厳密に決めないで、好きにしたらいいんじゃないかな。


翔花「分かった。次は『手順6、二人称』。私は基本、NOVAぴょんとしか喋ってないから、これで呼び方が決まるわけね。10、『お前』キター。今度から、NOVAぴょんのことは『お前』って呼ぶね、いいか、お前」


何で、俺がお前にお前呼ばわりされないといけないんだ?
そんな反抗期の娘は、気に入らんので矯正してやる。出目は4、『○○ちゃん』。


翔花「NOVAちゃんかあ、可愛いなあ、それ。気に入ったから使うね、NOVAちゃん」


うう、何だかオバちゃんみたいで嫌なんだが、「きくたけ神の作ったチャートを信じる」と言った手前、勝手に自分好みに変える気にもなれないんだよなあ。
いいよ、そのうち慣れるだろう。まあ、慣れなかったら、自分で書いていて、しっくり来る形に自然に決まるはずだからな。文章書くの俺だし。しばらく、試しにNOVAちゃん、で書いてみよう。
それはそれで、ある意味、新鮮だ。何か、新しい境地に目覚めるかも知れん。物は試しって奴だな。何事も挑戦。今の俺は、チャレンジャーNOVAブルーアイズだ。


翔花「次、行くよ、NOVAちゃん。『手順7、口調表』。これはD66ね。32は『〜〜なのだ』。これは、どうかと思うのだ」


うん、変。逆に読んで23だと「〜〜でございます」かあ。これも変だな。俺も振ってみよう。12で「〜っス」、21だと「〜〜ですぅ」 ダメだなこりゃ。
そもそも、俺と翔花でこれだけ喋ってきて、今さら口調でキャラ付けしても仕方ないと思うんだ。いきなり翔花が「〜〜だっちゃ」とか言い出したら、リンかけ菊姉か、ラムちゃんのパロディやってるようにしか思えん。
ここも自然体でいいと思うぞ。


さあ、そろそろオーブの時間だ。
あと少しで終わるんだが、続きはまた後で決めるとしよう。
今朝は、サンダーブレスターが俺を待っている。
S.H.Figuarts ウルトラマンオーブ サンダーブレスター

オーブ後


いやあ、やはりサンダーブレスターは強烈な個性だなあ。
光と闇が合わさって、っていうけど、光のゾフィーさんの影が薄いものだから、もう完全に闇属性に侵食されまくり。
まあ、こういうキャラって、ダーク何ちゃらとか、ブラックとか、ノワールとか、そういう系の単語を付けがちなんだけど、そこをあえて「サンダー」って言葉にしたのもいい。
【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
いや、ガイさんの変身するサンダー何ちゃらだと、こういうのを唐突に思い出したんだけど、まあ、単なる言葉遊びですな。
他に「ブレスター」で検索すると、何が出てくるかなあ。
タカラ 太陽の勇者ファイバード ジェット合体 グランバード(ブレスタージェット・ファイヤーシャトル合体) [おもちゃ&ホビー]
まあ、目ぼしいものだとこんなものですか。

あんまり面白いネタになりそうにもないので、適当にお気に入りのジャグジャグの画像でも貼り付けて、オーブの話は一旦終了。
S.H.Figuarts ジャグラス ジャグラー


翔花「オーブは十分堪能できたようね、NOVAちゃん」
NOVA「うん、面白かったよ、翔花ちゃん」
翔花「キショい。いい年したおっさんが、年頃の女の子をつかまえて、○○ちゃんと声掛けしたら、今の時代、リアルだと不審者扱いされて捕まっても文句は言えないわよ」
NOVA「いや、単なる誤解なら、文句ぐらい言ってもいいと思うけどな。普段の先生モードだったら、女の子の名前を呼ぶときは『粉杉さん』って感じで、苗字にさん付けだけど。ドラマでの教師はどうして、下の名前の呼び捨てなんだろうね。ぼくが下の名前で呼ぶのって、フィクションのキャラに限られているというのに」
翔花「そりゃ、ドラマがフィクションだからじゃない?」
NOVA「ああ、何だか納得したわ。それと、仮面ライダービルドで思うんだけど、どうして万丈龍我って、いつまでも万丈って苗字呼びなんだ? 他のキャラは、大体、下の名前で呼ばれるし、最近仲間に入ったグリスだって、カズミンが定着しそうだけど、万丈だけ、いつまで経っても万丈、で、ついついこっちを連想してしまって困る」
超合金魂 GX-65 無敵鋼人ダイターン3 リニューアルカラー
翔花「そのうち、慣れたら龍我って呼ばれるんじゃない? それを言うなら、内海さんだって、苗字呼びじゃない。彼、下の名前は何て言うのかしら」
NOVA「そう言えば、脳内特撮辞書に登録されていないなあ。確認しないと。ええと、(検索してから)『成彰(なりあき)』って言うらしい。その字だと、自分は名字が三枝の作曲家を思い出すんだけど、その人の場合は、『しげあき』と読むそうな。今、検索して分かった、にわか知識なんだけどさ」
オリジナル・サウンドトラック 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 完全版機動戦士Zガンダム SPECIAL

翔花「ねえ、そろそろ、さっきの続きに戻らない? 昼からまた、お仕事なんでしょ?」
NOVA「ああ、そうだった。土曜の朝はオーブのために空けているんだけど、昼から授業を入れている。よく気付かせてくれた」
翔花「どういたしまして。目の前のことに集中して、ついつい時間を忘れてしまうNOVAちゃんのために、現実を思い出させてあげるのも、アシスタント娘の仕事だからね」
NOVA「本当に助かる。リアルだと、自己ツッコミで自分にブレーキを掛けられるけど、ネット上の記事でそれをやり過ぎると、ワンパターンで芸がないからなあ。変化があるのは、記事書きとしても大歓迎だ。さあ、次に決めるのは『手順8、星座と誕生日』……って、これ、もう決まっているよなあ」


ブログ記事なので、明確に日付が残っていますね。
ええと、名前が付いたのが、3月26日の記事だけど、実際にはその翌朝だから、「3月27日、牡羊座」で決定。


翔花「アリエスの翔花か。クリスタルウォールとか使えるかなあ」
NOVA「お前は、それよりもラリホーマを使うだろうが。羊らしくて、ちょうどいいわけで」
翔花「アリエスの乙女って感じで悪くないわね」
大映テレビ ドラマシリーズ アリエスの乙女たち DVD-BOX 前編アリエスの乙女たち 1巻
NOVA「原作、里中さんだったんだな。ドラマの南野の印象でしか知らなかったや。音楽は菊池俊輔だし、監督の一人に故・竹本弘一さんの名前も見かけるし、大映ドラマには時々、特撮ヒーローのエッセンスが混じってくるからなあ。サブタイトル見ても、愛情ドロドロの闇とヒーロー魂が妙な融合をしていて、まるでサンダーブレスターっぽいなあ、と感じさせてくれる」
翔花「牡羊座から、よくそこまで話がつなげられるわね」
NOVA「自分でもしょっちゅう驚く。さあ、次だ。『手順9、印象表』 お前、振れ」
翔花「2D6ね。5出たわよ」
NOVA「危なっかしい」
翔花「どういう意味よ」
NOVA「まあ、デンジャラスなんだか、ドジっ子で見てられないのか、そんなところだろう。ラリホーマで人を眠らせたら、勝手に本の山に生き埋めになってしまう奴だからな。そりゃ、危なっかしいんだろう」
翔花「うう、あれはNOVAちゃんが、寝返りを打つから悪いんじゃない。そもそも、ベッドの横に本をいっぱい積んでるなんて、どういうつもり?」
NOVA「どういうつもりも、自然にそうなったんだから仕方ないだろう。時々、整理してたんだが、最近は仕事が忙しかったからな」
翔花「もう。次、行くわよ。『手順10、ヒロインロール表』って、何これ?」
NOVA「物語内での役割らしいな。俺が振ろう。10ってことは『異世界からの使者』 お前、どこの世界から来たんだ?」
翔花「というか、このブログの内容そのものが、時空を超越した異世界じゃないの? NOVAちゃんの頭の中、とかさ」
NOVA「う、自分の脳内が異世界SFファンタジー(プラス必殺シリーズとか時代劇)で詰まっていることは否定できない。つまり、翔花は『NOVAのスーパー空想(妄想)タイムからの使者』という解釈でいいわけか」


残り一つは、「名前の要素表」だけど、これはすでにキャラ名「粉杉翔花」が確定しているから振らなくていいですね。


以上をまとめると、「粉杉翔花。根は一途だけど、天邪鬼なところがあって、ちょっと反抗期気味。亜麻色のロングヘアーで、目は涙目で充血しがちな赤。パパのNOVAちゃんへのツッコミ担当アシスタント娘で、ドジっ娘な面もあって危なっかしい。誕生日は3月27日(牡羊座)。特技はラリホーマで相手を眠らせること。スギ花粉症の精霊とか、カフンショー大魔女の出自を持っているけど、今はスーパー空想(妄想)タイムに定着している。ピンチになると、不定形になってダメージを凌ぐという裏技も持っている」

とりあえず、こんな感じのふつつかな娘ですが、今後とも当ブログのマスコットヒロインとして扱いますので、何とぞ、ごひいきの程を。