Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

天才論の後書きめいた長〜い雑談

会話劇ふたたび NOVA「ふう、終わった終わった〜」 晶華「甘いわね、NOVAちゃん。真の天才なら、こんな時にも『フッ、終わったな』と格好よく決めるものよ」 NOVA「いや、俺は格好つけの天才よりも、愛される天才を目指しているからな」 翔花「愛される天才…

天才論その5

天才論のまとめに入る 長々と天才について語った一連の記事ですが、今回で完結させたいと思います。 目的は、「天才というキャラクター属性を創作でどう描くかの考察」でして、自分がこれぞ天才と思えた「ボクシングの剣崎順」「バスケットボールの桜木花道…

天才論その4

スポーツ漫画と天才 前回は、車田マンガの金字塔『リングにかけろ』の天才・剣崎順を掘り下げてみました。 リンかけとの出会いは、小学時代。最初に読んだのが、最終決戦の剣崎VS高嶺のマグナムVSテリオス、ファントムVS勝利の虹で、読み始めは剣崎が主人公…

天才論その3

剣崎順から学ぶ天才の描かれ方 前回は、エンタメフィクションにおいて、主人公の持つ天才性と、敵やライバルの持つ天才性を述べてみました。 主人公は自ら積極的に状況を動かすにせよ、周囲から巻き込まれて状況の当事者になるにせよ、物語の中心人物として…

天才論その2

今は亡き天才作家への献辞 天才論その2です。 前回は、リアルの天才について、NOVAが考えるところをいろいろと述べてみました。 NOVA自身が、自分のことを天才と考えていた時期があったこと(公立中学校という狭い世界ながら自他ともに)、そして、今も時々…

天才論その1

人が天才になれる瞬間 あなたは、自分が天才だと思ったことはありますか? NOVAはあります。 文章を書きながら、凄いアイデアが閃いたとき。 躁状態が絶好調で、何でもできると調子づいているとき。 何かを予想して、見事に的中したとき。 いつもそうだとい…

創作論を試みる

新カテゴリーの話 当ブログ作者のShiny NOVAです。 この6年近く、精霊少女の娘たちとの会話文体が楽しく、そういう戯曲シナリオ形式で多くの記事を書いてきたわけだけど、それ以前の記事などを読み返して、普通のエッセイとか、会話じゃない文体の記事の書き…

デスティニー(DD第3章パート12その2)

種Dの話の続き 009『前回に引き続き、ぼくとジロー兄さんのスパロボタイムだ』 ケイP『よろしくッピ』 晶華「まあ、ナイン君はNOVA2009だから、アナザーNOVAちゃんみたいなものなんだけどね」 009『Shinyじゃないから、令和の時代では通用しない旧時代の遺物…

風と雷(DD第3章パート12その1)

NOVAの代わりに 009『ぼくと兄さんが今月のスパロボDD話を担当することになった』 ケイP『久々の出番、よろしくッピ』 晶華「仕方ないわね。NOVAちゃんが訃報続きで情緒不安定だし」 翔花「でも、ナイン君は大丈夫なの? NOVAちゃんのメモリが入っているから…

前回の記憶違いの訂正と、90年代の私的懐古話

いいね、に励まされつつ NOVA「前回は、俺にとって青天の霹靂めいた訃報記事だったが、たささんにいいねを頂いて、励まされた気持ちになった」 翔花「その前の訃報記事にもいいねを頂けたので、タイミング的にもかぶったわけだしね」 晶華「たささまの気遣い…

ゲームデザイナー・川人忠明氏の訃報にお悔やみ申し上げつつ

仕事から帰ってきてガーンふたたび NOVA「さっき訃報を聞いて、今年一番のショックが塗り変わった感じだ(涙目)」 晶華「それは、私にとってもガーンよ(涙目)」 翔花「えっと、NOVAちゃんの今年一番のショックは、この記事よね」 NOVA「山本さんの逝去の…

冥王神話の意味

連載再開されたので NOVA「さて、昨日は俺が仕事に行っている間に、お前たちが面白い話をしていたみたいだが」 晶華「上手くまとまったとは思えないけど」 翔花「リアルと非リアルの境界線が、わたしたちにとっては曖昧なものになって来ている、という感覚は…

リアルと非リアルの壁を越える考察話

没入(イマーシブ)というキーワードを越えて NOVA「前回は、うまく着地できなくて話が終わった消化不良の回だった」 晶華「別に論文でもないし、起承転結のある物語でもないのだから、結論がまとまらなくてもいいんだけどね」 翔花「雑談が楽しかったら、そ…

真・受け手の没入度と創作の話

没入し過ぎてボツになった話 NOVA「さて、前回の記事は、一言で言うなら、この小見出しにある通り、『没入(イマーシブ)ゲームがどうやって人を没入させるか』を語ろうとしながら、それを創作につなげようとして、いろいろ語っているうちに、何だこれ???…

受け手の没入度と創作の話

少しまじめな話 NOVA「さて、指輪EXITをプレイした後で、ゲームとストーリーの融合について思うところを述べてみたい」 翔花「また、小難しい話になりそう」 晶華「リアル脱出ゲームのことを、没入(イマーシブ)ゲームと形容している話もあるよね」 NOVA「…

続・指輪の脱出ゲームの話

待ちに待ったパーティー NOVA「さて、これより指輪EXITの時間だ。君たちはホビットで、俺、いや、わしがガンダルフな」 晶華「NOVAちゃんがガンダルフさんなんて」 NOVA「俺、いや、わしがガンダルフ役で何が悪い? 我がサイトのホビー館でも、『白の魔術師…

指輪の脱出ゲームの話

脱出ゲームとは? NOVA「さて、今日は脱出ゲームの話だ。参考資料として、こういう本もあったりする」 あなたも脱出できる 脱出ゲームのすべて 作者:L・E・ホール 新紀元社 Amazon 晶華「ええと、仮面ライダーギーツさんで、お城からの脱出をテーマにした回…

当面のマルチバース話のまとめ

FFやドラクエ話が一段落して NOVA「ふう。長かった2大RPG話も一段落したあ」 晶華「おつかれさま。ドラクエ話の続きはしないの?」 NOVA「ドラクエ話の続きは、3年前にアストが語っているからなあ。ナンバリングの続編が出ていない以上、同じ話を繰り返して…

最後のPS時代のドラクエ話(ドラクエ7)

これで一連の20世紀2大RPG話を終わる予定 NOVA「ふう、FF話が長かった」 晶華「そりゃあ、FF9で終わらずに、勢いで10や12、13、15、16まで触れちゃうからでしょ」 NOVA「FFの生みの親は坂口博信さんで、イメージ作りの立役者は植松伸夫さんと天野喜孝さんだ…

続・最後のPS時代のFF話(FF9その他)

まさか2記事に渡るとは NOVA「前回に続いて、FF9話を掘り下げることになった」 晶華「前回は、原点回帰というテーマ性に隠れた『21世紀に向けての多様なFFシリーズ展開への入り口』という歴史的意義や、植松音楽の系譜、そして主人公ジタンさんのキャラ性や…

最後のPS時代のFF話(FF9)

まだもう少し続くんじゃ NOVA「FF8には愛着がさほどないので、さらっと語って終わるつもりだったのに、失われた記憶をほじくり返すと、いろいろ出て来たなあ」 晶華「で、今度こそ最後でしょうね」 NOVA「FFはな。2000年に出たFF9がPS最後になる。その翌月に…

続々・PS時代のドラクエ・FF話(FF8)

これが最後……になるかな? NOVA「延々とドラクエやFFの懐古話をしているだけで、今年のゴールデンウィークが終わってしまった(汗)」 晶華「もしかして後悔してる?」 NOVA「いや、喜んでる。考えてみろよ。ドラクエ3〜6の4本と、FF3〜7の5本の計9本の傑作…

続・PS時代のドラクエ・FF話(FF7と7R)

FF7RはFF7の改変世界の話っぽい NOVA「前回は、PS版FF7の思い出とマルチバースの話をいろいろしようと思ってたら、いろいろ寄り道をした挙句、現在展開中のFF7のリメイクおよびリバースの話に迷い込んで、ますます混迷して続いた記事だった」 晶華「何だか、…

PS時代のドラクエ・FF話(FF7への道)

前回の話し残し NOVA「前回は、ドラクエ6と夢の世界に絡めた創作手法について話したんだが」 晶華「プロ作家は、初稿を完成させた後、推敲時に伏線を後から差し込むこともあるって話ね」 NOVA「もちろん、あらかじめプロットをガチガチに組んで、伏線も最初…

ドラクエ6と、ストーリーテリングの話

ドラクエとFFのヒロイン観 NOVA「さて、前回はSFC時代のドラクエとFFのシリーズ発展の歴史を振り返りながら、思いつくままに雑談した回なんだが、最後に、翔花が『物語における伏線の撒き方』について、プロ作家でもない俺に質問して来たんだな」 翔花「プロ…

SFC時代のドラクエ・FF話(それぞれの5と6)

FF4の後を追って NOVA「前回は、ファミコンからスーパーファミコンに移る過程のFF3とFF4の話をした」 晶華「先発のドラクエが、この時期にナンバー的に追いつかれてしまったわけね」 NOVA「ドラクエとFFが日本の2大RPGと称されるのは、大体90年前後だが、こ…

90年代初期のドラクエ・FFマルチバース話(FF3とFF4)

FF3を終えた娘の話 翔花「NOVAちゃん、FF3を終わったよ」 NOVA「おお、どうだった?」 翔花「面白かった」 NOVA「そうか、良かったな」 (当記事 完)

コングとゴジラの話

2024GW映画話その3 NOVA「よし、日曜に見た映画の話3つめ行ってみよう」 晶華「あ、私はパス。ファイナルファンタジーを遊んでいるから」 翔花「わたしもいい。今は浮遊大陸を出たところ。それに見ていない映画の話はどうでもいいので、NOVAちゃん一人で進め…

劇場版キョウリュウ王様の話

時空を越えた戦隊の話 NOVA「さて、前回のドンブラに引き続き、2本立て映画の感想その2だ」 翔花「ソノイがドンブラで、ソノニがキョウリュウジャー。だったら、ソノザもあるのかしら?」 NOVA「あるぞ。ソノザに相当するのはコングだ」 晶華「あれ? ハシゴ…

劇場版ドンブラ王様の話

映画を観た後で 翔花「わ〜い、ドンブラ映画よかったよ。……短かったけど」 NOVA「う〜ん」 晶華「どうしたの、NOVAちゃん」 NOVA「いや、今年はポスターカレンダーが劇場でもらえなかったんだな。入場者特典がカードだった」 晶華「って、カード2枚を嬉しく…