Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

渡辺宙明さんの訃報に接して2(スーパーヒーロー編)

全力全開を超えて

 

NOVA「宙明さんの思い出を偲ぶ記事の2つめだ」

晶華「スーパーロボットの曲もいろいろ作った人だったけど、スーパーヒーローの曲もいろいろ作った人なのね」

NOVA「TVの変身ヒーローだと72年のキカイダーからだけど、実写アクションだと64年の『忍者部隊月光』、さらに映画も含めると57年の『鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)』シリーズからということになる。デビューが56年なので、デビューして1年でスーパーヒーローに携わり始めた偉人だな」

翔花「この時代は、まだヒーローが顔出しだったのね。仮面のヒーローじゃない、と」

NOVA「何しろ、ウルトラマン以前の話だからな。もちろん、日本最初の仮面ヒーローは58年の月光仮面になるのだろうが、スーパージャイアンツは一応、スーパーマンを目指し、プロ野球読売ジャイアンツにあやかったネーミングらしい」

晶華「でも、『鋼鉄の巨人』ってそのままスーパーロボットにも通じるタイトルよね」

NOVA「なお、宙明さんの遺作はゼンカイジャーかと思いきや、実はこの作品だということが後から分かった」

晶華「凄いわね。キカイダー伴大介さんや、全力全開にしてウルトラマンダイナのつるの剛士さんが出ている化け猫映画なんて」

NOVA「他に、特撮者としては斉藤麻衣さんと滝裕可里さんの名前が目立つな。まあ、でも、今回の話だと、やはりこの人にスポットが当たるわけだが」

 

続きを読む

渡辺宙明さんの訃報に接して(スーパーロボット編)

ああ哀し 思い出の曲 燃える夏

 

NOVA「とっさに俳句を考えてみたが、あまり上手いのを思いつかないなあ。俺はサルブラザーにはなれないや」

晶華「どうせなら、『逝く夏や 思い出多し 熱き曲』といったところかしら」

翔花「『マジンガー 全力全開 スイッチオン レーザーブレード 高鳴る想い』ってところね」

NOVA「とにかく、昨夜、宙明先生の訃報をスパロボの寺田さんのツイートで知ったときは、頭の中が真っ白になったよ。本当なら、昨夜はダークタワーの最後の記事を書こうと思っていたんだが、急遽、宙明先生の訃報記事にしようってことになって、いざ書き始めると言葉が出て来ないでやんの。とりあえず、訃報ツイートだけにして、悲しい気持ちを抱えて眠ることにしたんだ。翌朝には書くこともいろいろ出てくるだろうと思ってな」

晶華「で、俳句をいきなり詠むわけね」

NOVA「そりゃあ、俳句は自分の想いを五七五の十七音に凝縮した詩だからな。長文で思い出語りすることは、それこそ宙明さんの場合、いっぱいできる。昨年亡くなった菊地先生や亜星先生、すぎやま先生に負けず劣らず俺の人生の思い出の曲を数々作って下さったマイスターだからな。しかも、全力全開で熱い現役サウンドを響かせた後で、まあ遺作になってしまうとは……ご年齢を考えると予想できてはいたんだが、いざ現実になると哀しみよりも先に、心が空っぽになったような喪失感を覚えたな。率直な感想だと、『ああ哀し』よりも『あっ……』ってのが的確だと思う」

晶華「宙明先生の代表曲といえば、マジンガーZなどのスーパーロボット、ゴレンジャーなどの戦隊シリーズ宇宙刑事と言ったところ?」

NOVA「プリキュアもあるぞ」

NOVA「他にはこれも」

翔花「代表曲とは言えないと思うけど、何でそうもマニアックな曲を選んでくるのよ?」

NOVA「いや、メジャーな曲は割としょっちゅう聞くからな。当たり前すぎて今さらって感じだろう? 例えば、これとか」

 

続きを読む

おかえりNOVA

帰ってきた父

 

NOVA「ただいま」

晶華「あっ、帰ってきた」

翔花「わ〜い、おかえり〜♪」

ケイP『マスターNOVA、よく帰ったな』

009『無事に帰って来れて、何よりだよ。間違えて、どこかへ送り飛ばしたときには、一体どうなるかと心配で心配で夜もぐっすりだ』

ジョエル『とにかく、ここの本来の主人の帰還をお祝いします』

ケイソン『ケケケケケイソーン♪』

 

NOVA「おお、みんなに歓迎されるとは。良かった、ぼくにはまだ帰れる場所があったんだ。こんなに嬉しいことはない(涙目)」

晶華「何を、アムロさんごっこをしているのよ」

翔花「しまった。こういうこともあろうかと、車椅子に乗っていたら良かったわ。そうしたら鬼頭はるかさんごっこができたのに」

NOVA「別にお前は歩けない思いをしたわけじゃないだろう。俺は車椅子生活の経験があるから、あのシーンは我がことのように感動したがな」

晶華「俳句が読めない生活は?」

NOVA「そもそも、日常的に俳句を読んではいないから、猿原先生の気持ちにはなれんが、まあ、表現者として、書きたい思いがあるのに、上手く文章にまとまらなかったりするのは自分の才能の枯渇に愕然としたりはするかな。とにかく、普段、当たり前のようにできていたことが急にできなくなると、大変だ。俺もキビポイントの使いすぎには気をつけないと」

翔花「そうね。わたしも花粉症バスターが撃てなくなったら、愕然とするし」

NOVA「日常的に撃ってるのかよ」

ケイP『そうだッピ。翔花ママたちの花粉症バスターはオラの栄養ドリンクだッピ』

晶華「まあ、ブログの文章ではいちいち描かれないワンシーンだけどね。登場人物のトイレのシーンとか、物語に関係ない場面はいちいち描かないのと同じで」

NOVA「花粉症ガールは、トイレに行かないけどな」

晶華「NOVAちゃんは行くでしょ」

NOVA「そりゃそうだ。でも、誰も読みたくないだろう? 俺のトイレシーンなんて」

翔花「読みたい読者さんだっているかもしれないわよ」

NOVA「俺、いやだよ、そんな読者。『作者の赤裸々なトイレシーンに感動しました。微に入り細に入り、丁寧に描かれたリアルさに他にない個性を感じたので、一生ついて行きます』なんてコメントに書かれたら、気持ち悪すぎる」

009『まあ、トイレの前でプロポーズしたドクタースランプがあってな』

NOVA「って、帰ってきて早々、トイレの話で盛り上がりたくはねえ。どうして車椅子の話からトイレの話になるんだよ。まあ、脚が使えないときは、トイレで用を足すのも一苦労だったという記憶は語れるが、人間、体験しないと分からないことはいろいろある。とにかく、今日は車椅子の話をするぞ」

晶華「どうして、車椅子の話なのよ?」

NOVA「ダークタワーの小説。ようやく最後まで読み終えた」

 

続きを読む

妖精女王ズ、第1部後の成長タイム(その2)

改めて成長タイム

 

009『今回は、キャプテン・マークスとサイバ☆リオンの成長タイムだ』

ケイP『本当は前回が成長タイムの予定だったけど、闇堕ち話が長引いたので、記事を改めることにしたッピね』

ジョエル『ぼくの意見も聞いていただけるってことで、ソード・ワールドの勉強はさせていただきました。本日はよろしくお願いします』

009『こちらも無印じゃないソード・ワールドは、よく分かっていなかったんだけどな。1年少し付き合わされているうちに、GMを任されることになって』

ケイP『でも、ナイン君は2009年のマスターNOVAのAIなんだから、GM経験はそれなりに豊富なはずだッピ』

009『そりゃあ、90年代の話だ。21世紀になると、リプレイを読むだけで実プレイをする機会はほぼなかったから、GMも昔とった杵柄程度でしかない。知ってることと、できることと、上手くできることの差は大きい』

ジョエル『それでも、実際に経験しているのと、未経験の差は大きいですよ。ぼくの経験は、クラシックD&Dと、T&Tのソロアドベンチャーと、ゲームブックのFFシリーズと、自作のTRPGもどきぐらいですからねえ』

ケイP『マスターNOVAは1987年に自作RPGを作っていたッピか』

ジョエル『86年では、雑誌のロードス記事やドラクエなどRPG情報がいろいろあったので、それらの要素を見よう見まねで取り入れたRPGもどきをテキトーに作ってみたんですよ。D&Dが当時は高くて買えなかったので(87年の正月のお年玉で買った)、中学時代のシミュレーションゲーム経験も活かして、代替品を作りました。今の時代だったら、中高生が見よう見まねでアプリとか動画制作とかを試すようなものですかね』

009『何だかんだ言って、中高生の好奇心や学習能力は高いからな。好きなことへの集中力と一途さ、吸収力は大人を続けてる今でも見習いたいものもあるし、そういう刺激を与えられる教師でいたいと思いつつ、別に教師が与えなくても、好きなものを勝手に見つけて来るのが若者だと思う。大人が子どもにできるのは、子どもの世界を広げる機会を奪わないことと、それでも暴走しないように今の社会のルールは教え示すことと、時代に合わせたルールの変化をいちいち否定せずに順応しようと意識することかな。まあ、順応できなくなったら、老害呼ばわりされるんだろうけど』

ジョエル『でも、87年に流行したものが形を変えて、品を変えて、2022年に続いているのは凄いですねえ。D&Dも、T&Tも、ゲームブックのFFシリーズも世代を越えて受け継がれるなんて』

009『D&Dは再来年の2024年に50周年記念。T&Tはその1年後か。FFは今年が40周年記念で、それぞれが古典となりつつも継承されているのは喜ばしいな』

ケイP『海外作品は、翻訳の中断期間もそれなりにあるから、コンスタントに続けられるかは微妙だけど、それでも復刻した時に懐古しながら今を追う題材としては、楽しめるッピね』

009『ファンとしては、地道にコンスタントに懐古しつつ、復刻したタイミングで祭りだ祭りだ〜って盛り上がるのが楽しいってことだな。盛り上がるタイミングで盛り上がれなければ、何のためにファンをやってるのか分からないし』

ジョエル『好きなものをコンスタントに楽しみ続けられることが幸せなファンタジーってことですね』

 

009『では、成長タイムを始めるか』

 

続きを読む

にわかに闇堕ちブーム

さらなる成長タイムを前に

 

翔花「桃井タロウ様は帰って来たけど、NOVAちゃんは帰って来ないね」

晶華「アニーちゃんにしばらく貸しっぱなしにしたからね。私たちは私たちの仕事をしましょ。(黒いオーラを放ちつつ)」

翔花「アキちゃん、大丈夫? 何だか涙目で赤く染まってるよ。闇堕ちしたスーパーマンみたいに」

晶華「花粉症ガールの目が赤いのは元からよ。闇堕ちとは関係ないんだから。お姉ちゃんだって赤目じゃない」

翔花「うん、目が赤いのは仮面ライダーさんだって、そうね」

翔花「夏が始まって、いろいろと新情報が出て来るタイミングだけど、来週はいろいろと闇堕ちがトレンドみたいだから、アキちゃんは気を付けないとね」

晶華「大丈夫。大二さんや桃谷ジロウさんにつられて闇堕ちしたりはしない。そう、私はジョン・ヘンリーさんを応援するんだから」

翔花「敵の洗脳で闇堕ちしたスーパーマンさんを止めるために、スーパーマンの後継者として強化アーマーに身を包む『鋼鉄の男』ってことよね。アイアンマンさんみたいなアーマーと、ソーさんみたいなハンマーを装備して、『スーパーマン&ロイス』のライバルにしてサブヒーローの立ち位置を見せつける、サプライズ感覚あふれる闘士さん」

 

リモートNOVA『おお、ジョン・ヘンリー・アイアンズの話か』

翔花「あっ、NOVAちゃん」

晶華「何しに現れたのよ」

NOVA『いや、何だか日曜特撮ヒーロー界隈がこの時期、闇堕ちだらけだからな。つられて娘が黒化しないかと心配になっていたんだ』

晶華「大丈夫。私は娘想いの良き父親、ジョン・ヘンリーさんを応援しているんだから。家族を切り捨てようとしている大二さんみたいにはならないし、闇堕ちスイッチにも手を出さないから」

NOVA『闇堕ちスイッチか。だったらドンブラの話へGOだな』

 

続きを読む

妖精女王ズ、第1部後の成長タイム(その1)

久々の成長タイムを前に

 

翔花「NOVAちゃん、帰って来ないね」

晶華「桃井タロウさんが復活する時までには帰ってくるって言っていたのに、嘘つきなんだから」

リモートNOVA『誰が嘘つきだって? 嘘をつくと半々の確率で死んでしまうドンブラ体質になった俺が、そう簡単に嘘をつけるはずがないじゃないか』

翔花「あっ、NOVAちゃん。元気?」

NOVA『いや、久々の火吹山の冒険で2回死んだ。1回めは悪霊化して、2回めは石になって、チート技で復活したものの、ボスには勝てずに討ち死にして、3度めの正直で勝ったんだ』

晶華「一体、何の話をしてるのよ?」

NOVA『詳しい話は、こちらを参照だ』

晶華「魔法の研鑽を頑張っていると思ったら、ゲームブックで遊んでいたなんて、許せないんだから」

NOVA『いや、許せよ。それに、桃井タロウだってまだ完全復活していないじゃないか。2代めドンモモタロウかな、と思われた桃谷ジロウが実は6人めのドンドラゴクウってんで、オラ、ワクワクしてきたぞって展開だし』

晶華「そんなことはどうでもいいし」

翔花「どうでもよくないわよ。ついに、ドンブラに6人めの戦士が登場するのね。もしかして、5人めのイヌさんの正体が分かる前に、桃谷ジロウさんが仲間になるのかしら?」

NOVA『いや、もしかすると鬼化したキジが脳人に殺されて消失してしまい、ドンブラは結局5人のままになるのかもしれんぞ』

翔花「えっ? 雉野さん、死んじゃうの?」

NOVA『そう決まったわけじゃないけどな。先にドラゴクウに倒されて、元に戻る可能性の方が大きいが、ドンブラは何が起こるか分からないからな。よし、2Dを振って、ピンゾロが出たら、雉野死亡な。(コロコロ)良かった、7だ。雉野さんは死なない』

晶華「それで、36分の1でピンゾロが出たら、どうするのよ!?」

NOVA『もちろん、ニチアサ本放送までは、雉野さん死なないで、とドキドキしながら過ごすことになる』

翔花「雉野さんの運命も気になるけど、それより桃井タロウ様の運命の方が気掛かりよ。一体、どうやって完全復活するのかしら」

NOVA『ソノイさんが脳人パワーで復活させてくれるんだ。獣人を倒すには、ドンモモタロウの力が必要だとか言って』

翔花「本当に?」

NOVA『フッ、俺の言葉の半分は妄言だぜ』

晶華「それが嘘だったら、死んでもらうから」

NOVA『大丈夫。ゲームブックの世界だったら、何度も死んでいる。今さら死を恐れるものではない。まあ、復活できない死を迎えたら、いろいろやり残したことを残念に思うかもしれんが、それも天命だと思って、来世の新たな人生を期待することにするさ』

晶華「NOVAちゃんが死んだら、私が黒化するって分かっての暴言なの?」

NOVA『いや、俺に「死んでもらうから」って言ったの、お前じゃね?』

晶華「条件付きよ。『それが嘘だったら』って仮定の話。ソノイさんのパワーで、桃井タロウさんが本当に復活したら、NOVAちゃんも死ななくていい」

NOVA『だったら、俺の命はソノイさんに掛かっているのか。お願いです、ソノイ様。あなたの力で、桃井タロウさんを復活させて下さい』

翔花「わたしからも祈りを捧げるわ。ソノイさんが桃井タロウ様を復活させてくれたなら、わたしはソノイ様にも忠誠を誓います」

NOVA『ということで、この予想が実現すれば、俺は正しく井上敏樹大先生の思考パターンを理解しているって証明になるな。ドンブラはいろいろサプライズ作劇が魅力だが、そろそろこっちも追いついて真のドンブラ脳の奥義をつかまないと、いつまでも驚かされっぱなしでは年季の入った特撮ファンとして誇れんからな』

 

晶華「で、ドンブラ話はそれぐらいにして、NOVAちゃんはいつ帰って来るの?」

NOVA『そうだなあ。アストやダイアンナが俺を歓迎してくれて、いつまでもここにいてくれってせがむものでな』

リモートアスト『誰が、せがんでるかよ? とっとと帰れ』

リモートダイアンナ『あたしは、ダディーにいてもらって構わないぞ。こっちもウォーロック話や、ゲームブックの話で活性化しているし』

晶華「あっ、アニーちゃんと、おまけのアスト」

ダイアンナ『おお、アッキー様。ダディーNOVAを借りてるぞ』

晶華「う〜ん、早く返して欲しいけど、アニーちゃんが楽しんでるなら、しばらくNOVAちゃんを預けておくわ。大事に使ってね」

NOVA「……物扱いかよ」

アスト『オレとしては、さっさと返却したいんだがな。それより、NOVAと翔花ちゃんをトレードするってのはどうだ?』

翔花「あなた、誰? 記憶にないんだけど」

アスト『ガーン。今だに覚えてもらっていないとは!?』

翔花「変態ストーカーの名前は覚えないようにしているの」

アスト『変態ストーカーということだけ、認知されている? オレが翔花ちゃんの変態ストーカーだったのは、遠い昔のことなのに。今だと立派に更生して、天空宮殿の王さまをしているわけで、変態ストーカーの不名誉称号は謹んで返上します』

ダイアンナ『こいつを呼ぶなら、「クイーン・ダイアンナの愛の奴隷」ということで一つ』

翔花「『愛の奴隷』って呼べばいいのね。『変態ストーカー改め愛の奴隷の元読者A』ということで」

アスト『称号でなく、アストって名前で覚えて欲しいんですが』

翔花「それは、叶わぬ夢ね。NOVAちゃんが雪山登山するのと同じぐらい、あり得ないんだから」

NOVA『雪山登山? 何の話だ?』

晶華「先日、NOVAちゃん自身のストーカーさんからメールが届いたの。で、今だに『反ワクチンで、雪山登山がどうこう言ってた』から、気持ち悪くて削除したのよ」

NOVA『ああ、普通なら、いくら娘でも「何を人のメールを勝手に削除してんだ!?」って怒るところだけど、悪縁鬱男からの粘着メールなら構わないか。よくやった。桃井タロウさんも言ってるからな。悪縁は断ち切るに限るって』

晶華「とにかく、久しぶりにNOVAちゃんと話せて、元気が出たわ。頑張ってキャラ成長させるので、優しく見守っていてね♪」

 

続きを読む

真ゲッターと双貌のオズ(DD第2章パート10その2)

DD母艦の話

 

ケイP『今回は、前回の続きだッピ』

翔花「真ゲッターのステルバーさんが大活躍するのね」

ケイP『嘘だッピ。ステルバーはDDには全く登場しないッピ』

翔花「嘘ッ!? そんな……わたしが嘘をついてしまったなんて……ウッ」

ケイP『え!? 翔花ママ、もしかしてドンブラ脳の影響で、嘘をつくと死んでしまう体質に? 脈が止まっている?』

晶華「そんなわけないから。お姉ちゃん、桃井タロウごっこはそれぐらいにしなさいよ」

翔花「ふう、わたしの中のドンモモタロウさんがあの世から呼んでいる声が聞こえてきたわ。桃井タロウ様が復活するまでは、うかつに嘘もつけないみたいね」

晶華「とにかく、ステルバーさんはDDでユニット化されていなくて、シュワルツさんも登場しない」

翔花「ステルス機のファンとしては、残念なところね」

ケイP『大丈夫。DDで一番ステルス能力が高く描かれている機体は、ゼーガペインの母艦オケアノスだッピ。自軍部隊のディバイン・ドゥアーズの旗艦はブライトさんのラー・カイラムだけど、小回りが利かないので、偵察調査任務には隠密行動が得意なオケアノスがしばしば駆り出されるッピよ』

晶華「現在、DDの母艦はいくつあるの?」

ケイP『DDでは今のところ、母艦は戦闘には参加しないで戦場の後方に配置されるシステムだけど、スパクロでは母艦の支援効果とか砲撃が後から実装されたので、DDでもそのうち母艦に注目される機会があるかもッピ』

晶華「答えになってないわよ。私が知りたいのは、母艦の数だから」

ケイP『数えたことがないから分からないッピ。ワールド別に見て行くと、ワールド1ではグランガランやゴラオンなどのオーラシップが未登場なので、将来、登場するかどうかを気にするッピ。後方配置システムの背景上は、鋼鉄ジーグのビッグシューターも母艦みたいに扱われているッピが、昭和トピアは移動基地が少ないッピから』

晶華「ワールド1には、母艦がなし。ワールド2は宇宙世紀だからラー・カイラムがいるわよね。ネェル・アーガマは出ていない?」

ケイP『出ていないッピ。真ゲッターのタワーも出ていない感じだッピ。GGGのディビジョン艦なんかは、一部シナリオでチラ見せしていた感もあるッピが。あとは、ボルテスの基地ビッグファルコンが将来、ソーラーバードと合体して宇宙航行可能になったソーラーファルコンなんかを期待しているけど、スパロボでは未登場だッピね』

翔花「ワールド3は、SEEDのアークエンジェルフルメタ潜水艦のダナン、OOのトレミーが登場していたけど、今は別行動みたいね」

ケイP『SEEDはアークエンジェル、エターナル、クサナギの3艦連合がクライマックス時期に編成されたけど、今は続編待ちの頃合いッピね。ワールド4では、ゼーガのオケアノスが非常に便利に使われている他、鉄華団イサリビが出ていたッピ』

晶華「ワールド5では、アルドノアのデューカリオンと、ナデシコBと言ったところかしら。ワールド6には、母艦はなし」

ケイP『将来的には、ダルタニアスのアダルス基地が宇宙船として起動するかどうかだッピ』

晶華「あとは、ゲッターさんの真ドラゴンが将来、母艦になるかどうかね」

 

続きを読む