Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

スパロボ脳な話

いよいよ来週な30

 

NOVA「今の俺はスパロボに夢中だ」

晶華「そんなことを言わなくても、先月からずっとそうじゃない?」

NOVA「先月はスパロボDDに夢中だったんだがな。今はスパロボXに夢中になってる。マジカル・アマリン萌え〜って感じだな」

翔花「許せない」

NOVA「へッ!?」

翔花「わたしたちという娘がいながら、別の女に現を抜かすなんて!」

晶華「そうね。スパロボXを女主人公でプレイするなら、名前はショーカと付けて、誕生日は3月27日にしないと」

NOVA「何を言ってるんだ? スパロボXの発売日は2018年3月29日。一方、花粉症ガールの生年月日は2018年3月27日。この意味が分かるか?」

翔花&晶華「???」

NOVA「忘れているようなら、この記事を見よ」

晶華「これは、私たちがまだ双子の姉妹に分裂する前の初期話ね」

翔花「花粉症ガールの物語がまだ、どういう形に展開するか、作者にも見えていない時期の企画始めな話」

NOVA「お前たちが生まれたのも、もしかすると当時の俺がスパロボXをワクワク楽しみにしていた時期だったかもしれない。何しろ、スパロボXはこういう設定だからな」

翔花「なるほど、花粉症ガールのエッセンスもスパロボXの中にあるということね」

NOVA「いや、まだ未クリアなので、本当にそうなのかは断定できないが、基本はSFのスパロボにおいて、純粋なファンタジー世界は珍しいからな。『魔装機神』系のラ・ギアスは有名だが、これからはアル・ワースの時代になるのかな、と当時は思っていた」

晶華「でも、ならなかったわよね」

NOVA「この世界の続編話が作られていないからな。まあ、とにかく、スパロボ30の体験版をプレイしたことで、もっとスパロボをって想いがくすぶったので過去作に手をつけている最中だ。とりあえず、22話で停滞していた話が、30話までクリアした」

翔花「というか、どうして、22話までで停滞していたのよ?」

NOVA「どうして、と言われてもな。一番、大きな理由はスパロボXのプレイよりも、ブログで花粉症ガールとのお喋りをしてる方が楽しかったから、ということかな」

晶華「つまり、3年前はスパロボ脳ではなくて、花粉症ガール脳だってことね」

NOVA「スパロボ脳は俺以外にもいるが、花粉症ガール脳って、たぶん俺限定レアだろうな」

翔花「どんな時も、ハッピーになれる脳ってことね」

NOVA「どんな脳内麻薬が出ているんだよ。とにかく、スパロボXにハマりつつ、昨夜はスパロボVにも浮気したり」

  

続きを読む

ダークタワー5巻読了

読書の秋に読んだもの

 

NOVA「コツコツ読み続けているシリーズも、今年度読了に向けて、まあまあ順調に読み進んでいる感じだな」

NOVA「俺が読んでいるのは角川版なんだが、旧版の新潮文庫の表紙も味わい深いので、貼り付けておいた。なお、前の話はこちらの記事になる」

晶華「へえ。前の巻を読んでから2ヶ月足らずで、次の巻を読み終わるなんて、スパロボDDに全力全開だ〜って言っていたNOVAちゃんとは別人みたいね」

NOVA「全力全開と言っても、いつでもどこでもそうだってわけじゃないからな。基本的にゲームは自宅だけで、職場での空き時間は読書に使っていたりする。別に俺はゲームに人生を捧げているわけじゃないからな」

翔花「何に人生を捧げているの?」

NOVA「と言うか、人生を捧げるって言っても、別に一つしかやらないってことじゃないからな。ゲームに集中しているときはゲームに人生の一部の時間を捧げているのだろうし、読書だって、ブログ書きだって、特撮鑑賞だって、仕事だって、日々の祈りだって、それに集中している時には人生を捧げているって言わないか?」

翔花「日々の祈りって、まるでプリーストみたいね」

NOVA「別にプリーストじゃなくても、信仰人を自称していたら祈るだろう? うちには仏壇もあるし、毎日、本尊に手を合わせて祈りを唱えるのは、幼少期からの習慣になっている。旅行とかで祈れないと何だか不安に感じるぐらいには、信仰心旺盛だったぜ、高校時代までは。大学生になって少し吹っ切れて、『祈るのは形じゃなくて心の持ち様なんだから、時と場がそろわない時にまで無理に祈る必要はない』と世間の常識を解するようになったけどな。どうも、物事を杓子定規に考える癖があって、その反動で自分の信仰世界とは異なる別世界へ逃避したいという妄想癖が培われたのかもしれん。祈りながら、違う世界のことを考えて、いかんいかん、祈りに集中しないとって妄想を断ち切ろうとしたり、願いに一心になって、一時間祈り続けたり……俺の一日の祈りの最高記録は10時間だ」

晶華「え? 10時間も? 何を祈ったの?」

NOVA「主に、大学受験の合格だな。すると翌日、昭和の天皇陛下が亡くなって、平成時代が始まることになった。この時期の符合に、え? 俺が10時間祈ったから、昭和が終わった? などとバカな錯覚をしたりもしたんだが」

翔花「その話が本当なら、NOVAちゃんが昭和天皇陛下を祈り殺したことに?」

NOVA「いや、まさかな。ただ、当時は天皇のご病気とかで世の中が自粛ムードだったもので、この暗い雰囲気が明るくなればいいのになあ、なんて考えて祈っていたのかもしれんが、とにかく俺が10時間祈ったら、翌日に昭和天皇崩御されたのも事実なので、因果関係は定かでないにしても、あまりたくさん祈ると何がどうなるか分からないなあって気になった。それから後は、イヤなことがあると、余分に祈ったりすることはたまにあるぐらいで、まあ、日々の生活の中でコンスタントに祈っているぜ。食事や日課のジョギングなんかと同じような習慣って奴だ」

翔花「だから、花粉症ガールみたいな守護精霊に守られているんだね」

NOVA「お前らは仏教とは関係ないだろうが?」

翔花「実は、関係あったりして。花粉症菩薩とか」

NOVA「勝手に菩薩を名乗ってるんじゃねえ。菩薩ってのは、仏道修行の一環として、世のため人のために尽くすことを誓い、精進している者に与えられた称号だ」

翔花「じゃあ、神さまになるために修行しているわたしは、どういう称号を与えられるのかしら?」

NOVA「宗教とか宗派によるが、日本独自の神仏習合理論によれば、八百万の神さまだって後から仏教を信仰して、菩薩の称号を得たりする話もあるそうだ。その元祖が八幡神八幡大菩薩と呼称されたりもする。八幡神応神天皇の神霊であり皇祖神の一柱、後に天皇家の血筋を引く清和源氏桓武平氏の守護神とされ、武芸の神さまの意味合いを帯びていく。その後、仏教との融合政策の影響で、八幡大菩薩とも呼称されていくわけだ」

晶華「神さまが修行して、菩薩になるってことは、菩薩の上が仏如来だから、仏さまの方が神さまより上ってことね」

NOVA「あくまで、そういう説があるってだけで、それを否定する神道側の意見もあるがな。明治になると廃仏毀釈神道重視の考え方になり、八幡大菩薩という呼称を禁じる法令も出たそうだが、結局、八幡大菩薩という言葉は消えることなく、今なお残っている。

「また、青天で物語世界を見守る解説役を担当している徳川家康さんだが、東照大権現という神さまとして祀られているんだな。権現というのは、神さまの化身といった意味で、本来は神さまだったのが地上で困っている衆生を救うために、人や獣の身に姿を変えて救済の力を発揮して天に帰って行ったという設定で、偉人を神として祀る習俗に理屈を与えたものと言える。人間が神さまに昇格したのではなくて、神がその人もしくは獣に化身してから人助けして帰って行った存在なので、神さまと言っていいわけだ。さらに、その権現さまが実は仏の化身でもあったという風につながって、家康さんこと東照大権現さまは薬師如来の化身にまでなった」

翔花「へえ。家康さんは薬師如来としても祀られているんだあ」

NOVA「薬師如来は文字どおり医術を得意とする仏で、癒し系なんだな。一方で家康さんも、イエヤス、イヤスとなって癒し系扱い……というのは、ただの言葉遊びだが、現実に東照大権現薬師如来本地仏としているそうだからな」

晶華「なるほど。長い歴史の中では、神さまと仏さまをごっちゃにして信仰していたこともあるんだね。だったら、神さま修行しているお姉ちゃんが菩薩を名乗っても別に問題ないんじゃない?」

NOVA「翔花は別に仏道修行しているわけじゃないし、衆生救済のために活動しているわけでもないし、ここでダベっているだけで、菩薩を名乗るにはお気楽過ぎだろうが。菩薩を名乗るんだったら、もっと人助けしないとな。俺一人じゃなくて、もっと広い世界のために活動しないと」

翔花「そう思って、コロナ退治に出かけたんだけど、うまく行かなくて、妖精郷に閉じ込められたんだもん(涙目)。それに世界を救うことよりも、わたしには大事なことがある。NOVAちゃんのアシスタントガールとして、NOVAちゃんの心を癒すNOVAちゃん専用薬師如来になるって使命が」

NOVA「菩薩でもないお前が如来なんて、勝手に昇格してるんじゃないぞ!」

翔花「翔花が昇格!? それはアルトじゃナイト級の素晴らしいギャグね」

晶華「ところで、これって一体、何の話?」

NOVA「うおっ、ダークタワー5巻の感想を書くつもりが、日々の祈りから仏教神道談義になっちまった。俺はいつまで、迷える衆生をやってんだよ。前置き終わり」

  

続きを読む

アークとノワールのイベント話(DD期間限定)

アークイベントの話

 

NOVA「とりあえず、アークイベントはプレイした」

NOVA「SSR必殺技のアークシャインボンバーも、無事にガシャでゲットできたし、思い残すことはほとんどない。俺の今回のDD生活はほぼ満足して終わった」

翔花「って、これで最後なの?」

NOVA「ああ、そろそろDD生活を中断して、以前から予定していたソード・ワールドの記事書きを再開したいな、と思うSW脳になった」

晶華「SRW熱が冷めたのね」

NOVA「まあ、今月末にSRW30熱に再び掛かる予定なので、それまでにSW記事も書いておかないと、秋再開という公約が果たせなくなってしまう。新サプリも出るし」

晶華「おお、それが噂の魔法サプリメント。目玉は深智魔法と、ウォーリーダーとジオマンサーだっけ?」

NOVA「あと、妖精魔法の追加ルールにも期待しているんだが、このサプリの導入によって、フェアリーガーデンのプレイ環境も大きく変わる可能性が高い。とりあえず、ルールをチェックしてからでないと、プレイの先行きも見えて来ないからな」

晶華「妖精魔法は、カオスショットなどのカオス系魔法が復活するかどうかね」

NOVA「それと深智魔法やらウォーリーダーの改訂は、サイバ☆リオンの能力にも影響する。プレイ再開の前に、改めて魔法研鑽しないといけない可能性も大だからな。何がどう変わったかを踏まえた上での、新プレイというわけだ」

翔花「プリースト魔法には影響するかなあ?」

NOVA「さあ、どうかな。もしかすると、新しい神さまが増えるぐらいの変化はあるかもしれんが、既存の神さまは変わらないと思うなあ。とにかく、アイテム本、モンスター本に続いて魔法本が出て、追加ルールサプリの導入予定がほぼ一段落するわけだ。この後に、どういう追加ルールが出るかは不明。2.0の時は、魔法本のウィザーズ・トゥームの次がカルディア・グレイスだったわけだが」

翔花「それは、どんな本?」

NOVA「新種族と新技能、新モンスターと改訂版戦闘ルールを加えた雑多な追加ルール本だったな。新種族のうち、シャドウとウィークリングは夏に出たアウトロー本で復刻したし、新技能のうち、デーモンルーラーとウォーリーダーは復刻。後は妖精フィーと鉱石人間フロウライトと、占瞳使いミスティックが復刻すればカルディア・グレイスの内容はコンバート完了ということになるか。改訂版戦闘ルールについては、2.5版では標準仕様だし」

晶華「新モンスターってのは気になるけど?」

NOVA「モンストラスロアには採用されなかったけど、割とメジャーに思える物だとライオンだな。あと、ゾンビがやたらと充実していた。ゾンビのヴァリエーションが5種類も増えていて、そのサプリが出た2012年はゾンビブームでもあったんだろうか? と気になる次第」

晶華「2012年だと、バイオハザード6が出て、あとこれかな?」

NOVA「これゾンは、2011年から12年にアニメが2期まで放送されていたな。ゾンビ男の主人公が魔装少女になったり、騎士装束のネクロマンサー少女とか、吸血忍者とか、変な属性てんこ盛りなラノベ→アニメだったが、確かにこの時期、ゾンビ少女ものが流行っていたのかもしれないなあ」

晶華「今も、その流れは続いていると思うけど」

翔花「ところで、これって何の話?」

NOVA「もちろん、ゲッターだ。ゲッター線の力があれば、死者だって蘇ってくる」

晶華「……一つ分かったわ。今のNOVAちゃんは、スパロボ脳じゃなくなって、どこに進むか迷走気味だってことが。寄り道脱線じゃなくて、自分の進みたい道が見えていないタイミングってことね」

NOVA「まあ、番組改編期ってそういうものなのかもな。こっちはスパロボDDの期間限定イベントのストーリーを終わらせて、DDとの距離感をどうしようかと思ってる時期ってことで」

翔花「ここまでが前置きで、次から本編のDD話に入ります。まとまりのない記事だと思った読者の方には、ごめんなさいしておきますね」

  

続きを読む

すぎやまこういちさんの追悼記事

また一つの巨星が

 

NOVA「今年は、帰ってきたウルトラマン50周年、ドラゴンクエスト35周年といった佳節なのに、偉大な作曲家の方がまた亡くなるなんて(涙目)」

晶華「昭和の仮面ライダー菊池俊輔さん、コン・バトラーVやこの木何の木などの小林亜星さんに続いての悲しみね(涙目)」

翔花「東京オリンピック2020の開会式や、ダイ大でドラクエ熱が盛り上がっている時期なのに(涙目)」

NOVA「ドラクエ関連では、ドラクエXのオフライン版が来年の俺の誕生日に発売予定とのことで喜ぼうと思っていたんだよ。だけど、今夜は哀悼の意を捧げねばならない。そのための一曲めはこれだ」

晶華「いきなり、イデオンさん?」

NOVA「タイミング的に今の俺はまだスパロボ脳だからな。すぎやまさんでスパロボだと、イデオンしかないんだ。後は、一応、レイアースの音楽監修もしてらしたそうだが、作曲ではないからな」

翔花「でも、普通はドラクエから始めない?」

NOVA「そんな普通に思いつくところから始めても、個人ブログとしては当たり前すぎてな。伝説の御仁として崇めるべき方なんだから、やはり伝説の曲から始めるのが礼儀とみた。そして伝説へ……は最後に流す予定だしな」

晶華「だから伝説巨神さんだと」

NOVA「あと、この曲はドラクエ6のとあるメロディーを聞いたときに自分の中でつながって、印象深いんだよ」

NOVA「他に追悼の初めにふさわしい、心に染み入る曲と言えば、これかな」

NOVA「他にも、ほこら系の曲とか、文字どおりのレクイエムとか、ドラクエには哀しみ系の曲もいろいろあるけど、それらは純粋に暗くなってしまうからな。故人の冥福を祈るには、哀愁と共に安らぎや雄大さが伝わる曲がいいかな、と」

翔花「とにかく、ゲーム音楽というものを偉大な芸術文化の域にまで高めた方なんだから、日本のゲーム音楽の父と呼称してもいい程ね」

晶華「うん、ゲームの物語に感動するのは、ドラマと同様に音楽の演出もありだと思うしね」

  

続きを読む

神聖なる実行者(DD第1章パート13 最終話)

メインストーリーのクリア

 

NOVA「ふう。長かったDDも、ようやくメインストーリーの現在配信シナリオを全てクリアしたぞ。1ヶ月頑張った甲斐があったってもんだ」

晶華「おめでとう。1章パート2から長い間放置していて、このままDDはプレイしないのかと思っていたけど、まさか短期集中で一気に終わらせるなんて」

NOVA「俺も途中で力尽きて諦める可能性を想定していたが、一度火がついたら止まらないハマり込む性格はまだまだ健在だと分かって嬉しいぜ。これが若さってものか」

翔花「何にでも勢いに乗るって大事だもんね。コンスタントにコツコツ続けるのも大切だけど」

NOVA「ゲームってだらだら続けるよりも、興が入っているときに、ワーッと盛り上がる熱さが楽しいもんな」

晶華「とにかく、1章の最終パートで、自軍の部隊名がディバイン・ドゥアーズ(神聖なる実行者)と決まったのね」

NOVA「ああ。スパロボ世界ではかつてディバイン・クルセイダーズ(神聖十字軍)、通称DCと呼ばれる組織が世界征服を目指していた。で、究極ロボのヴァルシオンを操るビアン・ゾルダーク総帥と協力者のシュウ・シラカワ操るグランゾン、彼らと戦った風の魔装機神サイバスターの因縁が、スパロボオリジナル物語の始まりだ」

晶華「通称・DC戦争編と呼ばれるのが主に世紀末に展開された無印スパロボの流れだった、と」

NOVA「世紀末はスパロボを総括したムック本も出たが、その後のスパロボ、αシリーズやZシリーズ、携帯機シリーズやVXT3部作などを網羅した30周年記念の総合ムックとか出ないかなあ」

晶華「総合ムックとまでは行かないけど、最新の特集雑誌はこれみたいね」

NOVA「スパロボX記念かあ。まあ、30周年記念メモリアル本みたいな企画があれば、俺は喜んで買うぞってことだ。スパロボ30年の歴史をここに凝縮って感じのな」

翔花「NOVAちゃんは、どのスパロボが一番好きなの?」

NOVA「そうだなあ。一番を決めるのは難しいが、感じ入ったものを挙げると、まず最初にプレイした第3次からEX、第4次が発売前はワクワクした。多分、純粋に、評論家ぶらずに童心に帰って楽しんでいたのがこの時期だと思うぞ」

晶華「Fは?」

NOVA「元は、第4次のリメイクだったんだが、ゲーム性の違いに戸惑ったな。何でエルガイムヘビーメタルはこんなに固いんだとか、何でダバは集中を覚えないんだとか、何で5段階までしか改造できないんだとか。他にも、ザンボットとダイモスライディーンがリストラされたのが残念とか、スペリオールガンダムとかサーバインが消えたのが残念とか。で、第4次の真ゲッターは凄えとワクワクしたけど、Fのマジンカイザーは、完結編まで持ち越しになって、その間に熱気が減少したとか、Fよりも64の方がシナリオが新鮮で楽しかったとか、そんなところか」

翔花「NOVAちゃんは、Fよりも第4次派だと」

NOVA「Fはな、Gガンダムエヴァが売りで、完結編でイデオンガンバスターが加わったけど、敵のゲストのメカが第4次よりも強力だったり、いろいろ理不尽な難易度を感じたな。攻略をサクサク楽しめたのは第4次の方で、Fは敵味方の装甲が高くなって、爽快に敵を殲滅する楽しさが減ったかな。まあ、ここに至って、データをあれこれ検証する評論家ぶったプレイスタイルにハマり込む流れだが。無邪気に楽しむのではなく、シリーズとして比較検証しながら不満を述べるようになっていた。第4次までは素直に発展進化する流れを受け入れて、新で少し不満を覚えるようになって、Fでむむっ? と感じながら、でも好きなシリーズだからな、と思いながら、完結することに寂しさを覚えたりもしていた」

  

続きを読む

カインの野望(DD第2章パート3)

現在の最新話クリア

 

NOVA「ヴァルヴレイヴ中心のDD最新配信分をクリアしたぞ。内容は、第一クール(12話)まで終了し、サンダー(山田ライゾウ)の3号機、キューマ先輩の5号機、アキラちゃんの6号機までゲットしたけど、カインに2号機を奪われたところまでだ」

翔花「ああ、ガオガイガーさんの関係者ね。前にカインの遺産って話してた」

NOVA「そっちもカインだが、ヴァルヴレイヴにもカインって敵ボス格がいるんだよ。あと、レイズナーにもル・カインがな」

翔花「何よそれ? DDはカインだらけじゃない? そんなにFFの竜騎士さんのことが好きなの?」

NOVA「確かに、カインという名前はよく聞くなあ。元ネタは前述のとおり聖書で、傲慢とか裏切りとかの象徴だったりもするが、とりあえず今回のクロスオーバーでは、サイボーグ凱とヴァルヴレイヴのカインの邂逅が行われたので、おそらく将来はル・カインも交えたカインコラボがあるのでは、と見ている」

晶華「だったら、アベルさんも登場してもらわないと」

NOVA「キングジェイダー絡み以外に誰かいたかなあ、アベルって。ええと、ユニコーンガンダムにはアルベルトっておじさんがいたけど、意外とDDではユニコーンが目立たないなあ、今のところ」

晶華「スパロボでアルベルトだと、この人ね」

NOVA「東方不敗マスターアジアに端を発する等身大生身ユニットの系譜だな」

NOVA「まあ、生身参戦がありなら、聖闘士星矢プリキュアだって出られるわけだが、スパクロだったらキューティーハニーも普通に出ていたからなあ」

  

続きを読む

組織の崩壊(DD1ー12)

1章クライマックス前夜

 

NOVA「さて、オルフェンズのグシオンブレイクが入手できるパート12だが、物語としては鬱モードで、黒の騎士団とソレスタル・ビーイングの二大組織が壊滅的被害を受けた」

翔花「ロックオンさんが死んじゃった(涙目)」

晶華「血染めのユフィという悲劇イベントもあるのね(涙目)」

NOVA「OOもギアスも第1シーズンの最後は、過酷そのものだったからな」

翔花「クリスさんとリヒティさんの2人も死んじゃったしね(涙目)」

NOVA「第1章は前述のように、原作の悲劇惨劇をスパロボマジックで覆すような展開はあまり見られないので、知ってる物語だと単になぞっているだけになる。そして、このブログ記事で悲劇について感情移入たっぷりに語るのは、俺の趣味じゃない。よって、今回の記事は、あまり長くは書かずに、流すだけにする」

  

続きを読む