Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

2022年10月までの総括&展望(MCU話とか)

今後のスケジュール確認

 

NOVA「10月になって早くも一週間が過ぎた」

翔花「ちょっと前まで夏で暑いなあ、と思っていたら、急に涼しさを通り越して、寒くなった感じね」

晶華「残暑の次が初冬って感じ。秋はどこに行ったのかしら?」

NOVA「秋風の化身、アキカイザーの力で何とかならないか?」

晶華「無理ね(きっぱり)」

NOVA「それじゃ何のためのアキカイザーだよ?」

晶華「もちろん、秋を全力全開で楽しみ満喫するためのアキカイザーよ」

NOVA「週末連休のたびに雨に見舞われたんじゃ、秋を楽しむどころじゃないな」

翔花「NOVAちゃんにとって、連休に雨って関係ないじゃない?」

NOVA「何でだよ?」

翔花「基本はインドア派だから、休みの日にも外に遊びに行かずに、ネットサーフィンしたり、ブログ記事を書いたり、読書したり、天気にはあまり左右されない生き方をしてるんだから」

NOVA「いや、たまに休みに、本屋回りをしたりすることもあるんだが、雨に見舞われると、行けなくなるじゃないか。今月はこれも買いに行きたいわけだし」

晶華「雑誌もいいけど、ソード・ワールドサプリメントの話はどうなったの? 例のバトルマスタリーって買ったんでしょう?」

NOVA「ああ、買った。新職業バトルダンサーと、2.5に流派を導入するルールと、新モンスターが3大ポイントだな」

翔花「バトルダンサーになると、やっぱりファイターの自動習得特技《タフネス》が消えて、代わりに《舞い流し》を覚えるんだけど、エマ・ショーカにとって、あまり大きなメリットといえないのよね」

NOVA「《舞い流し》は射撃タイプの魔法を、精神抵抗ではなくて回避判定で抵抗できるようにする特技なんだが、エマ・ショーカの場合、神官戦士だから回避と精神抵抗がほぼ同じなんだよな。回避は高いけど、精神力が低いキャラにとっては美味しいんだが」

晶華「戦闘特技の習得数が多いんでしょう?」

NOVA「最初に宣言特技が1つもらえるだけだからな。エマ・ショーカの場合、《薙ぎ払い》を使うから、これ以上、宣言特技をもらっても両立できない」

晶華「一度に使える宣言特技は一つだけだもんね」

NOVA「バトルダンサーをしっかり活用するには、宣言特技を同時に2つ使える《変幻自在》の習得が必須だと思うな。これを使うと、《薙ぎ払い》+《魔力撃》とか、《薙ぎ払い》+《マルチアクション》とか、いろいろ組み合わせて戦術にも幅が出る」

晶華「結局は、攻撃力の高まったフェンサーみたいな感じね」

NOVA「今のところ、バトルダンサーの大きなメリットが感じにくいんだよな。ファイターと比べてのデメリットは、HPと防護点が減って、明らかに打たれ弱くなること」

翔花「でも、《薙ぎ払い》+《魔力撃》は強力そうよね。敵5体に、ダメージ10点が加わるんでしょう?」

NOVA「いや、《魔力撃》のダメージ増加は1体だけだぞ」

翔花「でも、ボス戦で《魔力撃》+《マルチアクション》しての【ゴッドフィスト】ってできるのよね。攻撃力特化ってのは快感だと思う。HPが減っても、マー君がかばってくれるなら問題ないし、攻撃は最大の防御だと思うの」

NOVA「戦闘特技をあれこれ使いこなすのは、上級者じゃないと難しいんだがな」

翔花「わたしは技の1号だから、それぐらい使いこなしてみせる。ファイター→バトルダンサーへのコンバートをお願いするわ」

NOVA「分かった。じゃあ、次の記事でそうしよう」

 

続きを読む

オンベレブンビンバ、改めてオン・タラク・ソワカなスパロボDD話

今月のスパロボDD

 

NOVA「現在、俺はスパロボDDのイベントを楽しんでいるんだが、まさかの鎌倉殿とタラクコラボを見せてくれるとは思わなかったぞ」

翔花「何、タラクコラボって?」

NOVA「うむ。先日の鎌倉殿でサブタイトルの『オンベレブンビンバ』って謎の言葉が話題に挙がった。で、ネットでは一体これはどういう意味だ? と物議をかもして、イタリア語由来? とか諸説がまことしやかに語られたんだが、放送されると、オン・タラクソワカという真言呪文の勘違いということが判明」

翔花「オンしか合ってないわね」

NOVA「まあ、それだけなら別にここで語るネタでもなかったんだが、翌26日から始まったスパロボDDイベントで『真ゲッターロボ タラク』が登場したことで、鎌倉脳とスパロボ脳がつながってしまったんだよ」

翔花「タラクって、アニメ版のアークに出てきた黒い真ゲッターロボさんよね」

NOVA「そう。原作コミック版のゲッターロボ號の主人公である一文字號が搭乗する機体だ。スパロボでの號は、アニメの真ゲッター版のゴウ(CV関智一)と、ネオゲッターの號(CV櫻井孝宏)が既出で、アニメのゲッターロボ號の主人公(CV草尾毅)は未登場。アークは原作コミックの続編に位置づけられる作品だが、アニメオリジナルで號が登場した際に、性格やキャラ設定が最も近いネオゲッターの櫻井さんの声が採用されたわけだな」

翔花「ふ〜ん、何だかよく分からないけど、一口に號さんって言っても、花粉症ガールみたいに分裂しちゃってるのね」

NOVA「いや、分裂ではないと思うが、異なる並行世界で派生キャラが誕生していた、というか、まあ、流竜馬がいっぱいいるのがスパロボゲッター時空だからな。とりあえず、去年の秋にゲッターノワールに続いてゲッターアークイベントがあって、その約一年後にDD3周年記念イベントの一環として今回のタラクイベントが展開中なわけだ」

翔花「結構、時間がかかったわね。去年の段階では、『年末にアークの第2弾、カムイ&キリク編』『春にはアークの第3弾、獏&カーン編』が来るって、NOVAちゃんは予想していたけど、大外れだった、と」

NOVA「アークの前のノワールイベントがそういうペースだったからな。だったら、キリクやカーンも同様のペースでストーリー展開されると思っていたんだよ。その後、スパロボ30とかDDのメインストーリーの追っかけなんかで、アークの続きはすっかり忘れていたな。まさか、1年後にタラクが実装されて、タイムリーに大河ドラマと話がつながるとは思わなかったぜ」

翔花「鎌倉殿には、関智一さんも初出演していたし、声優枠では木村昴さんを始め、山寺宏一さんや緒方賢一さんも登場しているのね」

NOVA「去年の青天でも、置鮎龍太郎さんがチラッと出ていて、話題になったもんな。特撮ヒーロー関係者が時代劇役者になって大河に出演することは昔からあったが、声優さんが舞台で活躍した延長線で大河に出るという流れも出来つつあるのかな、と」

翔花「それで大河ドラマはともかく、DDのタラクイベントはどういう話?」

NOVA「ストーリーそのものは地味だな。ノワールやアークという並行世界のゲッターの帰還方法を考えているところに、アーク世界の敵が出現して、さらに謎の黒いゲッター・タラクまで現れて、共闘バトルの末にタラクは去って、謎はますます深まって続く、と」

翔花「DDのゲッターさんの中心は、OVA真ゲッターさんよね。ゴウさんと一文字號さんの邂逅は?」

NOVA「ない。そもそも、ゴウさんは真ドラゴン絡みで行方不明だそうだし。竜馬や隼人も、『並行世界のリョウやハヤトはよく似てるが、ゴウとタラクの號は全くの別人だ』という認識だ。実際に、声もキャラデザインも性格も全然違うしな」

NOVA「ついでに、アニメ版の草尾声な號も挙げておこう」

翔花「アニメ版ゲッターロボ號の主人公くんは、紫髪の長髪なのね」

NOVA「髪型のモチーフは兜甲児らしいからな。凱も3号機にありがちなデブじゃなくて、神谷明声の角刈り堅物軍人兄ちゃんだし、翔もクール姉さんというよりもボーイッシュなボクっ子少女だ。原作コミック版とは全然違う。今となっては、こっちの方が黒歴史風味だし」

翔花「DDでゲッターロボ號が登場してもいいのにね」

NOVA「スパクロでは出たんだが、機体はアニメ版で、パイロットは原作版のデザインだったな。草尾声の號がスパロボで出て来たら、それだけで大ニュースだと思う」

 

続きを読む

真語魔法レベル8とレベル9の研鑽話

ネコの使い魔・補足

 

ジョエル『では、前回できなかった真語魔法の研鑽を……』

009『その前に、前回の記事での勘違いを修正させて欲しい』

晶華「一体、何を?」

009『前回、ぼくは5eクトゥルフの新種族・幻夢境の猫について、「猫の魔法使いは使い魔として人間を持てる」と発言したが、よくよくルールを確認すると「猫のソーサラーは、人間その他のウィザードもしくはウォーロックなどの使い魔になれる」ということだった』

晶華「人間を使い魔にするんじゃなくて、自らが人間の使い魔になれるってこと? それって当たり前じゃない?」

009『いや、まあ、人がご主人さまで猫が使い魔という構図は割と当たり前なんだが、プレイヤーキャラクターが使い魔の役割を果たして、他の魔法使いキャラとコンビを組むというのがD&Dでは当たり前じゃなかったんだな』

晶華「つまり、使い魔としてのロールプレイを楽しめるってことか。それはクトゥルフ以外の世界観でも楽しめそうね。それで、使い魔になると何かいいことがあるの?」

009『主人キャラと知覚を共有できたり、テレパシーで意思伝達できたり、互いの位置を起点に魔法を使うことができる。さらに、普通の使い魔は主人の命令に絶対に従うんだが、PC使い魔は強い意志を持つので、主人の命令に逆らうことも許される。あくまで対等のバディ関係としてプレイできるわけだ』

 

ジョエル『D&Dの使い魔ルールに話を広げるよりも、ソード・ワールドに話を戻しましょうよ』

晶華「そう言えば、『幻夢境の猫』って『妖精郷のネコ妖精』に通じるものがありそうね」

009『細部は違うかもしれないけど、「友好的なネコのいる異世界」という意味では確かに通じるな。とにかく、ソード・ワールドだってネコの使い魔を持つことができる……と言うか、サイバ☆リオンが実際にシャッテを連れているじゃないか』

晶華「だったら、シャッテにもプレイヤーを用意しましょう」

009『ソード・ワールドには、使い魔をPCにするルールはない。それに、これ以上プレイヤーを増やすと面倒だ。おまけに、今のシャッテは知性を持っていないから、ただのネコ程度の扱いだしな』

ジョエル『ソード・ワールドの真語魔術師ソーサラーは、レベル4で【ファミリア】の呪文を覚えて、使い魔を持てるようになるのですが、使い魔が知性を持つにはレベル11の【ファミリアII】の呪文が必要なんですね』

晶華「だったら、使い魔の話はレベル11魔法を研鑽する時までお預けね。今回はレベル8から9に専念するってことで」

 

続きを読む

真語魔法の研鑽……から寄り道したD&D話

杖の精霊の研鑽タイム

 

009『おい、起きろ。ジョエル』

ジョエル『……』

晶華「ねえ、起きて。ジョエル君」

ジョエル『……仕方ありませんね。アッキーさんの命令とあらば』

009『何でだよ?』

ジョエル『当然じゃないですか。このボク、光の杖(ブリリアント・スタッフ)に命令できるのは、マスターNOVAを筆頭に、下位権限としてご息女の翔花さん、晶華さんに限られているのです。009さんは、ボクと対等の立場であり、命令権は備わっていません』

009『ぼくはNOVA2009なんだから、令和NOVAに準じる権限が備わっていてもいいはずだ』

ジョエル『そうやって、うっかりケイPマーク1さんを自爆させてしまったのを見ていましたからね。「NOVA2009の命令には従うべからず」という魔術プログラムが先日、施されたんです。ボクが間違えた命令でうっかり自爆したら、この塔が大惨事になってしまいますからね。危機管理はしっかりしないと』

009『くっ、過去の失敗により、権限が剥奪されたということか。……まあいい。今はミストレス・アッキーがいるから、その辺の不都合は何とかなるはずだ。とにかく、今回は真語魔法の研鑽をしないといけない。お前もサイバ☆リオンのプレイヤーとして付き合う義務がある』

ジョエル『魔法研鑽は杖の精霊としても、TRPG者としても関心あるテーマですが、サイバ・リオンのプレイヤーとしては、やはりボクよりもあなたがふさわしいと思いますよ。ボクがサイバ・リオンをプレイすると、ダイスをいちいちケイソンに振ってもらわないといけなくて、プレイが停滞することが以前の話で判明しましたから』

009『令和NOVAがGMをするなら、ぼくもサイバ☆リオンに専念できるんだけどな。仮に令和NOVAが仕事や趣味で忙しくなったときに、代役ンとして、ぼくたちが役割をシフトすることも想定しておかないと』

ジョエル『それなんですけど、緊急時にはボクがGMをすればいい、とマスターNOVAが決断して、そのためのプログラミングを施してくれました』

晶華「いつの間に、そんなことを?」

ジョエル『大したことではありません。マスターNOVAと光の杖は思念が同調できますからね。このボク、ジョエル・トレントはマスターNOVAが高校時代(1987年)に創作した少年魔術師をモデルに、当時のNOVAの思念を再現した存在。ただし、それとは別に、この塔の管理装置としての役割も備わっています。NOVA1987の知識は限定的ですが、杖の精霊としては皆さんのプレイの様子をこれまで見てきた記憶もありますし、そうした情報に自由にアクセスできるならGMを務めることも十分に可能。すなわち、マスターNOVAのGM代行はこれ以降、ボクが務めさせてもらいます』

009『ほう、それはいい。ぼくだってプレイヤーに専念したいからな。話の途中で役割をコロコロ切り替えるのは、正直なところ疲れる。しかし、ジョエルがGMをするとして、ダイスはどうするんだ? GMはプレイヤーよりもダイスを振る機会は多いはず』

ジョエル『ソード・ワールドでは、そんなことはありませんよ。難易度や敵の判定は2Dで7が出たものとして固定値を使用してもいいので、ダイスを振るのは敵の物理および魔法ダメージのみです。そこだけケイソンに振ってもらえば、GMの負担は極力減らせます。大体、シナリオの用意されたゲームなんだから、素養さえあればルールに詳しくなくてもマスタリングはできます。想像力がお粗末だとか、文章読解力が劣悪とか、独り善がりが過ぎて人の話を聞く耳持たない頑迷な人間を除けば、GMは可能でしょう』

晶華「そういう相手とは、いっしょにTRPGしたくないなあ。空想世界での物語を、みんなで楽しくお喋りしながら遊ぶんだから」

009『それとGMをするなら、ルール運用におけるバランス感覚も必要だけどな。特に、敵データの把握とか、時間管理能力とか、いろいろシステマチックな面での対応能力がな』

ジョエル『その辺は学ばせてもらいますよ。今回の魔法研鑽も、その一環ということで』

 

続きを読む

妖精魔法ランク7とランク8の研鑽話

9月初めの回想シーン

 

翔花「NOVAちゃん、ただいま〜♪」

晶華「夏を満喫して、いよいよ秋ね。秋風の化身、アキカイザーの時節到来よ♪」

NOVA「おお、2人とも帰って来たな。ヒノキ姐さんところでしっかり研鑽して来たか?」

翔花「うん。騎芸と神聖魔法ね。ばっちりよ、たぶん」

NOVA「よし。だったら後は妖精魔法と真語魔法だな。諸事情でケイPマーク1が壊れてしまって、こっちじゃ研鑽が上手くはかどらなかったようだが、お前たちが帰って来たら、魔法研鑽も順調に進むだろう」

晶華「NOVAちゃんも手伝ってくれるんでしょ?」

NOVA「俺か? 俺は今、モルドラネスをやっつけて報告レポートをまとめる作業で忙しい」

翔花「モルドラネス? 誰それ?」

NOVA「『魂を盗むもの』だよ。これを見ろ」

晶華「ああ、FFゲームブックかあ」

NOVA「新作ゲームブックは俺が解いて、懐かしの旧作はアストやダイアンナたちに任せるってことになってるからな。とりあえず、俺の担当は『火吹山の魔法使いふたたび』『危難の港』に次いで『魂を盗むもの』だ。こいつの攻略記事を仕上げることが今の俺の課題なので忙しいわけだよ」

翔花「ふ〜ん。だったら、すぐには妖精女王ズは無理っぽいね」

NOVA「とりあえず、魔法研鑽の残りをする。その後、来週発売の新サプリもチェックする。ついでに、お前たちもゲームブックの『モンスターの逆襲』をプレイしたっていい。妖精女王ズはその後の10月だな」

翔花「ねえねえ、NOVAちゃん。わたしのエマ・ショーカのファイター技能なんだけど、この機にバトルダンサー技能に置き換えるってのはどう?」

NOVA「何だと? ファイターをバトルダンサーに置き換えるだと? どちらもAランク技能だから不可能じゃないかも知れないが、それでデータがどう変わるか、実際のルールを見てみないと分からん。まあ、バトルダンサーは防具が軽量で、武器はファイターと同じものが使える。そして特技の習得数が多くなってるということだが」

翔花「アステリア様は芸事を奨励する神さまみたいじゃない? だったら、その神官戦士も重装甲よりも華麗に舞いながら戦うスタイルの方がそれらしいロールプレイができるんじゃないかって?」

NOVA「なるほど、一理ある。よし、せっかくの新サプリだ。バトルダンサーの導入を、ファイター技能の置き換えでできるなら、検討の余地ありだ。ただし、一つ懸念しているのはファイター7レベルで自動習得できる戦闘特技の《タフネス》だが、バトルダンサーではどうなるんだろうか? もしも消えるのなら、HPが15点減ることになるんだが」

翔花「今のHP62点が47点に下がるのは嬉しくないわね。特技枠を一つ消費して《頑強》にしてもいいけど、バトルダンサーの追加特技数が何枠あるか次第。ただの軽装ファイター以上の価値があるかどうかは、ルールを検討の余地ありってことか」

晶華「何だか、お姉ちゃんが知的な会話をしているみたい」

翔花「わたしだって、魔法はともかく、戦闘ルールについてはきちんと勉強しているのよ。一般に脳筋呼ばわりされることの多いファイター(戦士)だって、自分の戦闘スタイルとか、強くなる方法については鈍感じゃあダメだと思う。アキちゃんは知力の2号かもしれないけど、わたしは技の1号。今度のサプリ『バトルマスタリー』は、戦闘特技や流派特技がテーマなんだから、わたしだって楽しみにしているの」

NOVA「これまで2.5の技能は魔法使い中心だったから、戦士系にスポットが当たるサプリは新機軸で楽しめそうだな」

 

続きを読む

必殺シリーズ50周年記念日

1972年9月2日

 

NOVA「その日、『必殺仕掛人』がスタートしたんだな」

009『おお、50周年か。そりゃあ、必殺ファンとしては祭りだな』

NOVA「まあ、俺は1971年生まれだから、仕掛人はリアルタイムで見ているはずがないんだけどな。初仕掛人朝日放送が夕方に再放送したのを見たときで、最初に仕掛人の殺しのテーマを聞いたのは1983年の『必殺渡し人』だ」

NOVA「この殺しのテーマは、中村雅俊さんの歌う主題歌『瞬間の愛』をアレンジした格好いい曲なんだが、使用回数が5話まででレアな曲、6話から仕掛人テーマに変わった。一応、このテーマは『仕掛人』の後、『新からくり人』『仕舞人』に引き継がれた流れがあって、それらの作品は珍しく殺しのテーマが主題歌アレンジじゃないという作品だった」

009『まあ、それを言ったら「仕置人」や「仕事屋稼業」もそうだし、最初の「仕事人」も途中で「新仕置人の出陣テーマ」に変わったし、「まっしぐら」「剣劇人」「激突」「2009」は主題歌アレンジじゃないわけで』

NOVA「仕置人は、主題歌がバラード調だったので、殺しのシーンのトリを飾ることもあったけどな。活劇シーンがアップテンポで、締めの殺しをバラード風味で情緒たっぷりに描写するのは、仕事人の中村主水で定着したが、実は仕置人にその萌芽があったという」

009『助け人は主題歌がアップテンポの「望郷の旅」で、仕留人はバラード調の「旅愁」。そして殺しのテーマのムードが作品カラーをも決めてしまう、と』

NOVA「そして5作めの仕事屋は、仕置人の後を継ぐアップテンポとバラードの組み合わせだな。アップテンポは挿入歌『夜空の慕情』が担当し、バラードは主題歌の『さすらいの唄』が担当するナイスな選曲だ」

NOVA「この殺しのテーマは最初、歌詞なしで聞いたとき、非常に明るく軽いノリに感じたんだな。仕事屋という作品も当初は素人殺し屋の博打打ち(ギャンブラー)のコンビ、半兵衛と政吉が、情で仕事を依頼する『いささか頼りない女元締め・おせい』にスカウトされて、これまでにない素人集団の殺し屋物語なわけだ。だけど、半兵衛の演じ手がプロの仕掛人・藤枝梅安を演じた緒方拳さんなので、表と裏の使い分けが非常に見事。素人がプロの殺し屋に成長するドラマをきちんと貫いたわけだな」

009『仕掛人よりも、仕事屋を重視する記事かよ』

NOVA「仕掛人は基本的に最初からプロ集団だからな。プロがプロとしてこなす裏稼業だから、そこにはキャラの成長が描かれていないんだ。当初は、辻斬り浪人の西村左内が裏稼業にスカウトされた素人で、潔癖な侍の世界とは異なる裏稼業の非情な掟に接して悲痛な想いをこぼす話もあったけど、選曲や演出も含めて試行錯誤が伺われた作風。その後の必殺は、情に溺れがちな素人(だけど殺しの腕は立つ)と、クールで非情かつ合理的に割り切ったプロとのせめぎ合いを描いたりしながら、数々の殺し屋ドラマを紡いでいく。

「しかし、まあ、仕事屋以前の殺し屋チームは男性社会、元締めやチームリーダーは男だったのが、仕事屋で初の女元締めが登場。作風がギャンブルというテーマで、娯楽方面に転んだと思ったら、最後まで見ると、女の情愛と男のハードボイルドが織り成すドラマとして完結し、『夜空の慕情』の歌詞と上手くリンクするという。これは最終回のヒロイン、お春の心情を歌った歌と解釈できて、すごく味わい深いわけだな」

 

続きを読む

偉大なる魔神皇帝と、バイストンウェル(DD第2章パート12)

前置き鎌倉

 

NOVA「今回はスパロボDD記事だが、その前に鎌倉話をする」

009『比企尼の件だな』

NOVA「ああ、『必殺必中仕事屋稼業』『必殺からくり人 血風編』『必殺商売人』で女元締めや殺し屋を演じていた草笛光子さんだが、前々回に比企一族が滅亡した際に出番が終了したと思われていた。しかし、前回の放送で比企の恨みを晴らすべく、北条家への怨念を公暁に吹き込んで、3代将軍の源実朝が暗殺されるきっかけを作っていたことが判明した。さすがは商売人のおせいさんだ。ただでは滅びん。これによって、鎌倉殿は新たに『比企残党の商売人VS北条に仕える仕事人』の暗闘で凄惨に盛り上がる未来が見えた」

009『「商売人VS仕事人」かあ。それは凄いタイトルだなあ』

NOVA「何せ、殺し屋の善児が公式に仕事人と呼称されているからなあ。一方で、比企尼はこれまで裏稼業の住人ではなかったわけだが、一族を滅ぼされたことから『恨みを晴らすべく闇の稼業に舞い戻った』わけだよ。なお、この作品には草笛さん以外に、仕事屋稼業で元締め・おせいさんに仕えた番頭・利助こと岡本信人さんが千葉常胤爺さんの役で登場していたのだが、メフィラス義村に『もうすぐ死にます』とネタにされ、それで人知れず退場した形になる。ナレーションですら語られずに歴史から消えた形だ。しかし、比企尼は消えなかった、と」

NOVA「そして、元・仕事屋の元締めにして商売人だったおせいさんが歴史の裏で暗躍している一方、非情だった仕事人・善児は寄る年波か、それとも子供への情が芽生えたか、依頼された仕事を遂行できない心情を漏らした。頼家の息子殺しは善児の養い娘のトウが果たしたものと推測されるが、非情な仕事人が非情さを失ったとき、遠からず破滅するのが裏稼業のドラマの定番とも言える。果たして仕事人・善児の運命は? ってドラマが必殺鎌倉稼業の今だな」

 

続きを読む