Shiny NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

令和元年度下半期のブログ総括3(空想タイム編)

前回のあらすじ

 

 令和元年9月から現2年2月までの半年間のブログ記事を総括することになった時空魔術師White NOVA。

 去年の自分に打ち勝つためには、残り6記事を2月中に仕上げなければいけない。その難題をクリアするために、時空魔術修行中のシロとリトルに丸投げする作戦を試みてみたが、どうもしっくり来ないので、結局、自分が出しゃばる羽目になった。

 やっぱり、自分の仕事を他人に丸投げしちゃダメだよね。

 なお、理想的なチームリーダーは部下の育成のために、妥当な仕事を巧みに配分する術に長けていることを求められるのだが、何でも自分一人でできてしまうリーダーほど、結局出しゃばって、部下の育成が下手だったりすることもある。

 優秀な選手が優秀な監督になれるとは限らないし、

 自分が創作に夢中になっている間は、他人の書いたものを厳しい目で批評しがちである。そして、創作者にとって、自分の創作活動を邪魔する輩は、敵である。

 逆に、作家の育成に夢中な編集者は、自分の好みの作品を書かない作家を相手にしない。

 ゆえに、創作家に読んでもらおうと思えば、「創作家の活動にプラスになる知見」を作品内に示す必要があるし、

 編集者に評価してもらおうと思えば、「編集者が求める内容を取り込みながら、自分の書きたい新規性、オリジナリティーと上手く融合させる器用さ」が必要である。

 友達に読んでもらおうと思えば?

 友達が嫌がることを押しつけないというのが、当たり前だよね。

 友達が好きなものに、調子に乗った批判をしていれば、友達を失っても文句は言えない。

 まあ、友達じゃないのに、友達と思い込んで、いろいろ便宜を図ってもらおうとするのは、もってのほかだけどな。

 

 NOVAがネットで求める友達は、自分と同じものを鑑賞して、ポジティブに感想を語り合える同好の士である。

 そして、そういう相手は、掲示板とかツイッターとかで、普通に付き合えているわけで、ブログで求めるのは……書きたいものを書く時間と、書く意欲を応援してくれる声と、書く刺激を与えてくれるちょっとしたアイデアかな。

 まあ、多くは自家発電で何とかまかなえているけど、たまに書くものに迷いが生じたときに、自分を支えてくれるのが大切な友人だ、と思いつつ。

 

 ……って、あらすじじゃないな、これ。

 

White NOVA最後の日

 

NOVA「さて、明日は俺の誕生日だ。それはすなわち、はてなダイアリーから続く当ブログの誕生日ということになる。なお、記念すべき最初の記事がこれだ

晶華「メタルダーさんかあ。当時(2006年)の記事って、今よりも短くて、小気味いいリズムで読めるわね」

NOVA「ブログ書きに慣れていなかったから、書きたいことを小出しにしながら、練習している感じだな。まあ、14年前の自分と今の自分を比べると、我ながら自分の考え方のつながる部分と変わった部分が分かって興味深いんだけど、当時はまだ仮面ライダーカブトとか、ウルトラマンマックスの時代で、今みたいに多元宇宙のヒーロー共演劇がメジャーじゃなかったなあ、と思う」

晶華「で、2006年の話から総括を始めるわけ?」

NOVA「さすがに、それは無茶だ。あくまで、うちのブログの歴史が2006年2月26日から始まって、その後、 いろいろと年を重ねつつ、2018年3月4日に再活性化し、2018年9月にはてなダイアリーから移行するなど、紆余曲折あったわけだが、とりあえず、それも今日で終わりだ。White NOVAの時代は間もなく幕を閉じる」

晶華「え? 突然、何を言い出すの?」

NOVA「明日の誕生日を機に、俺はフォームチェンジして、生まれ変わることにした。白き新星の時代よ、さらば」

晶華「嘘ッ。そんなの聞いてないよ」

NOVA「俺も今、初めて言ったからな」

晶華「そんな。NOVAちゃんと今日でお別れなんて……」

NOVA「おっと、勘違いするな。誰もNOVAの名を捨てるとは言ってねえ。俺が変えるのは、形容詞のWhiteの方だ」

晶華「ええと、それはつまり、WhiteじゃないNOVAってこと?」

NOVA「そうだ。だから、お前はそのままNOVAちゃんと言ってもいいし、他の客人も変わらず、NOVAさんと呼んでくれたらいい」

晶華「じゃあ、Whiteの代わりに何にするの?」

NOVA「そいつはまだ言えねえな。俺が49歳の誕生日を迎えたら、発表する予定だ」

 

シロ「新星さまが白を捨てるですって?」

NOVA「捨てねえよ。シロ君を捨てるはずがないだろうが」

シロ「いや、そうではなくて、Whiteじゃなくなると聞いて、駆けつけた次第」

NOVA「駆けつけたも何も、君、最近はずっとここにいるよね」

シロ「とにかく、白新星の名前を改名するなんて、どういうつもりなんですか?」

NOVA「理由その1。レギュラーキャラにシロ君がいて、俺まで白だと紛らわしい。白は君に託すことにする」

シロ「しかし……」

NOVA「大体、俺はインターネットを始めて、ホビー館のサイトを開設した時から、ずっとWhiteだったんだが、平成から令和に時代が変わったことで、そろそろWhiteを卒業してもいいかな、と最近思うようになってな。理由その2。白は素人とか、白のクウガ(グローイングフォーム)とか、どうも未熟なイメージを感じるようになってな。ここらで成長しておきたいんだよ」

晶華「すると、マイティーNOVAになるの? それともドラゴンNOVA? ペガサスNOVA? タイタンNOVA? もしかすると、一気にアルティメットNOVA?」

NOVA「どれも違う」

リトル「だったら、レッドNOVA? ブルーNOVA? グリーンNOVA? パープルNOVA? ブラックNOVA?」

NOVA「色じゃない。さっきからNOVAノヴァ連発されるとうるさいなあ」

晶華「だったら、イニシャルだけでも教えてよ」

NOVA「仕方ないなあ。Sだよ、S」

晶華「ああ、超新星スーパーNOVAね」

NOVA「違う。もう詮索はしないで、おとなしく明日の記事を待て」

 

今期最後の総括

 

NOVA「で、俺の改名ネタはさておき、ここでの総括話を行う」

晶華「前の総括記事はこれね」

NOVA「その時の総括では、いろいろ振り返ったり、パワレンとかTRPGとか、いろいろな雑談に終始した挙句、結局は何も決まらなかったに等しいんだ。瞬間瞬間を必死で生きるとか言ったり、スパロボDDを継続中だったり」

ケイP『すまないッピ。DDは現在、中断してるニャン』

NOVA「まあ、スパクロも続けて来たが、そろそろ惰性になっているな、と思わなくもない。今年は、新作情報もなかなか来ないし、スパロボ熱がそろそろ冷めて来たかなって感じだ。一応、毎日ログインぐらいはしてみるがな。ゲームをするのは楽しんでしたいし、義務化してしまって惰性になれば、引き際かな、とも感じたり」

シロ「では、手を引くと?」

NOVA「まあ、自分にとって面白いイベントが来れば、勢いが活性化すると思うし、すっぱり切り捨てるわけでもないがな。単に春頃はまた仕事が忙しくなるから、ゲームをしたい気分じゃなくなるってことだ」

晶華「じゃあ、ここでは何をするつもり? コンパーニュの創作設定は続けるみたいだけど」

NOVA「実は、先月からのコメントトラブル問題で、いろいろ考えたことがある」

晶華「何を?」

NOVA「俺は、このブログをアットホームな、自分がのんびりできる場所にしたい。ピリピリギスギスした場所じゃなくて、ゆったりくつろいで、自由気ままに、誰からもわずらわされることのない平穏な場所にな」

  以前無課金でもストーリーを楽しむ分にはまったく支障がないとおっしゃっていましたが、シナリオの難度が上がってそうはいかなくなったみたいですね。いまでは課金必須ですか? サイバスター(マサキ)の獲得にも課金で臨まれるおつもりですか?

 余談ですが私はサイバスターグランゾンよりヴァルシオンが好きです。グランゾンに匹敵するマシッブな体型でありながら、それとは違う曲線を多用したデザインがカッコいいと思います。

 それにしても無印第二次スパロボのファイナルステージはヴァルシオンよりさきに、グランゾンを倒さなきゃならないと思い込んでたんで苦労しましたねー。まぁ、そのリベンジは数年後無印第四次の真最終話できっちり果たしました。

NOVA「例えば、これが、俺が削除したコメントなんだが、課金に関する質問連発でカチンと来たし、その後の昔話もまあ、俺にとってはどうでもいい。本人はこういう話をすれば、『俺が気を良くして、和気藹々と話ができる。歓迎される』と思ったのかもしれないが、こっちは何だか無性に虚しくなってしまってな。

「状況が違えば、昔話を楽しむ気分になれたのかもしれないが、あまりにもタイミングが悪いし(つまらない質問でわずらわせるな、と釘を刺されている最中)、サイバスターの話をしている時に、『サイバスターよりヴァルシオンが好き』と返されても、だから何? と言わざるを得ない。

「普通のコミュニケーション上手なら、『サイバスターもいいですが、デザイン的にはヴァルシオンも気に入っています』という形で、わざわざ比較して角を立てることをせず、両方を持ち上げる話法も心得ているものだが、無駄に優劣を付けたがるところがある。まあ、好き嫌いは主観なので、意見表明するぐらいは大目に見るべきかな、とも思ったんだが、やはり、その前の課金に関する質問連発がイラッと来てな。

「そんなことは、お前には関係ないだろう! って怒鳴りつけたくもなったわけだ」

 

晶華「相当、ピリピリ来ていたみたいね」

ケイP『ああ、マスターのネガティブ思念を思いきり感じたッピ』

NOVA「実際のところ、コメント主はその前のフォールンドラゴンに関する質問で(本人的には理由の分からないまま)やらかしたと思って、話題をそらすことで状況を立て直そうとしたのだろうけど、それがこちらにはトラブルを未解決のままスルーする従来の悪癖に見えてしまい、ますます火に油を注ぐ結果になったということも、打ち明けておきたい」

ケイP『相手を怒らせているのに、何食わぬ顔で、能天気な内容のコメントを続けるというのは、事態の深刻さを認識していない愚か者と見なされて当然だッピ』

NOVA「で、まあ、コメント主に対する最後通牒のつもりで書いた記事がこれなんだが、こっちはいい思い出も悪い思い出も振り返りながら、それでもこんな状態じゃ潮時だ。改善できないならサヨナラだ、のつもりで書いたのに、本人はまたも能天気に許されたと勘違いして、個人情報入りのコメントを(管理人が承認しないと読めない仕様だから、メール扱いして)送って寄越したから(さすがにそれは公開しないが)、天然を通り越したバカと判断せざるを得ない、と」

 

晶華「何はともあれ、この2月までの総括は粗方終わりね。で、この後はどうするの?」

NOVA「とりあえず、ここでの予定は決めないでおく。と言うのも、別ブログで予定をあれこれ決めている以上、全て予定でガッチリ埋まってしまったら、俺がくつろげる場所がない。だから、ここは予定に縛られず、俺が思いついた書きたいことをあれこれ書き散らす場所でいいと思うんだ。

「自縄自縛に陥ることなく、思いつきで臨機応変に心に移りゆくよしなしごとを書きつづる場所ということで、心にゆとりを持っていきたい。もちろん、おかしなコメントは全面スルーして、相手にしない。俺は総理大臣じゃないから、つまらない質問に応じる義務はないし、コメント主に愚痴るような記事よりも、もっと面白い有益な記事を書きたいと考える。もちろん、コメント主が誰であれ、俺にとって、ブログにとって、そして多くの読者にとって有益な話をしていると判断すれば、普通に承認するけどな」

 

晶華「じゃあ、無垢な白を切り捨てた新生NOVAちゃんを楽しみにしているわ」

(当記事 完)