White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

花粉症ガールのスパクロ育成報告

プルプルファイブ

 

NOVA「今週は、学期末の保護者懇談でバタバタしていたが、何とか無事に終了して、来週は冬の講習でバタバタだ。おそらく、27日の誕生日を祝う余裕はないだろうな。だから、この休みの時期にクリスマスパーティーと兼ねることにする予定だ」

晶華「クリスマスか。サンタさんは来るかな」

NOVA「来ねえよ。うちは仏教徒だ」

晶華「仏教にも、サンタさんを作ろうよ。サンタ如来とか、サンタ菩薩とか」

NOVA「まあ、勝手に仏や菩薩を捏造するわけにはいかないが、何とかつなげることは可能だ。弥勒菩薩という未来仏がいて、この起源がインド神話のミトラ神だと言われている。一方で、ミトラ信仰は西洋にも伝わり、古代ローマでミトラス教として文化習俗に取り入れられ、12月25日を祭るのもミトラス教が起源だそうな。その後、ミトラス教の祭りがキリスト教に吸収され、クリスマスとして定着する流れがあり、弥勒菩薩を通じてクリスマスと仏教を絡めることも可能だと言える。ついでに言えば、ミトラ神は別の時代に、毘沙門天という名前で伝わったこともあり、同じ神が別の名前で伝播するということだ。つまり、キャスバルエドワウ・マス、シャア、クワトロと名前を変えたり、その系譜がフロンタル、デュランダル、ミリアルド、赤井秀一など違う形で語り伝えられるのと同様の現象と言えようか」

晶華「それは、ちょっと違うと思うけど……」

NOVA「しかし、サンタさんの服は赤いじゃないか。おまけにサンタの愛用するトナカイ、ルドルフの鼻も赤い。つまり、サンタさんは赤い彗星と言っても過言ではない。サンタと通常の3倍は『サン』つながりだしな。さらに、シャアはアムロサイコフレームをプレゼントしたりもしたわけだし、とにかくサンタといえば赤、赤といえばシャアという三段論法も成り立つわけだ。だから、今回のスパクロはこの時期に『起死回生のシャア』というイベントを開催したわけで」

晶華「へえ、そうなんだ」

NOVA「言っておくが、半分は妄言だからな。毘沙門天辺りまでは根拠のある学説だが、シャアとサンタのつながりはネタ捏造なので、信じないように。まあ、信じる迂闊な人間もそうそういないと思うが、シャアがサンタコスプレをして、アッガイパイロットの赤鼻がトナカイに扮するネタは何かで読んだ気もする」

晶華「つまり、サンタの代わりにシャアが来たわけね」


【MAD】シャアが来る(リメイク)

 

NOVA「ともあれ、スパクロの報告を聞こうか。前に『ガンダムNT』が来月のイベント予定と言っていたが、俺のミスだったようだ。前に発表されたのは、正確には12月後半から1月前半の予定だったみたいだな。こういうスケジュールの段取りが、スパクロ初心者だったもので、分かっていなかったわけで」

晶華「始めてから、まだ一月だもんね。とりあえず、報告だけど、イベントを頑張ってラー・カイラムGETとナラティブガンダムは最大まで限界突破したよ」

NOVA「ナラティブガンダムって何?」

晶華「知らないの?  NOVAちゃんなのに、最新のガンダム情報を知らないなんて」

NOVA「いや、別に俺はニナ・パープルトンじゃないから、知らないガンダムがあっても別に驚かないぞ。とりあえず、ナラティブが最新のガンダムってことは分かっているけど、どういう機体なんだ?  ユニコーンの後の話で、ユニコーン3号機のフェネクスって機体が物語のメインだって話は聞いたんだが、ええとナラティブがいわゆる前座機になるのかな?」

晶華「とりあえず、私の調べたところだと、ナラティブはνガンダム以前に設計されたサイコフレーム試験機で、シンプルな素体に後のF90シリーズを彷彿とさせるオプション武装換装システムがセットされて、多目的用途に使用される機体みたい。形式番号はRX9」

NOVA「ああ、νガンダムがRX93だからな。ユニコーンがRX0で、今は数字が一桁なのがトレンドなのかもな。時代をゼロから始めるような感覚がそれっぽいと思う。本来、ナラティブもνガンダムの原型らしくRX90だったのかもしれないけど、ユニコーンとの絡みで一桁になったのかな」

晶華「RX90は、μ(ミュー)ガンダムという機体があったらしいけど、サイコフレーム試験機ということ以外、デザイン画も含めて詳しい情報も発表されなかったので、それを改良したのがナラティブだという憶測は案外、間違っていないのかも」

NOVA「とにかく、主人公がナラティブガンダムを駆って、暴走事故で行方不明になったユニコーン3号機のフェネクスを捕まえに行く話だと理解している。ユニコーンの外伝小説『不死鳥狩り』が元ネタらしいが」

晶華「スパクロだと逆で、最初にフェネクスが与えられて、イベントをクリアしていくうちにナラティブガンダムの方を報酬としてもらえる仕様になっていたのよ」

NOVA「そりゃ、映画を見ていない俺みたいな奴は、混乱するだろうな。ゲームだけだと前座がフェネクスで、後継機がナラティブだと勘違いしそうだ」

晶華「実際は、ナラティブが前座だけどメイン機体で、フェネクスが狩りのターゲット。そして、最後に乗機を破壊された主人公がフェネクスに受け入れられて、奇跡を示すような展開っぽいのよね、映画は」

NOVA「つまり、兵器としてはナラティブがガンダム世界における標準機体で、フェネクスはオカルトパワーを持ったトンデモ機体ってことだな。宇宙世紀のメカ発展史の観点では、ナラティブがマニア的な考察対象であり、ユニコーンの系譜であるフェネクスは不思議パワーで奇跡を起こす超常兵器に分類される、と。大体、設定は分かった」

 

晶華「それで、イベントの中身は前回の記事にあるので、今回の報告は、ガチャでGETした機体の話と育成報告にするわ」

NOVA「ZZかF91、あるいはゴッドガンダムマスターガンダムでも手に入ったのか?」

晶華「残念。そっちのガンダムは手に入らなかったけど、代わりにユニコーンガンダムの2号機バンシィ・ノルンがSSR機体で手に入ったわよ」

NOVA「お、おい、それって?」

晶華「おめでとう。パイロットはマリーダさん。つまり、またプルが手に入って、これで5人めになるわ」

NOVA「どうやら、俺はプルプルズに好かれているみたいだな」

 

育成と、次なる覚醒ユニット

 

晶華「育成としては、イベントに追われていたから、シュウ様はあまり育てられなかった。優先させたのは、マリーダさんのクシャトリヤと、スターシルフの2機。おかげで、この2機はレベルマックスに育てたけど、他はまだこれからってところ。そして、マリーダさんの新機体のバンシィに交代した感じね」

NOVA「スターシルフって、どうだった?」

晶華「機体は4脚で、イデオンの重機動メカっぽいフォルムに女の子みたいな上半身を付けた感じ。あんまり私好みの機体じゃなかったかな」


宇宙をかける少女 OP1 裸々イヴ新世紀 / ALI PROJECT [HD]


宇宙をかける少女 OP2 Miracle Fly / 栗林みな実 [HD]

 

NOVA「とりあえず、俺は作品そのものを見ていないんだが、掲示板で『スパロボ宇宙をかける少女の参戦希望』と訴える客人がいてな。俺はそいつのことを好ましく思っていないので、そいつの好きな作品に対しても、悪いイメージしか付かなかったんだよ。だから、そういうイメージの定着を避けるために、スパクロで早めに確認する気にはなったが、まあ、まだ分かったとは言えない段階だ。ストーリー本編で描かれているわけでもないので、ユニットシナリオとか、過去イベントでの顔見せ回などで断片的に要素を拾い集めている最中。キャラとしては、主人公よりも神凪いつきがいいかな。普段はメガネをつけて変装しているけど、実はプロの捜査官って設定だけで萌えを感じたり」

宇宙をかける少女 Volume 2 [Blu-ray]

晶華「だったら、スターシルフの次の覚醒ユニットは、いつきちゃんの乗るアーク2J1を狙ってみる?」

NOVA「いいや、その辺は、もう少し寝かせておこう。少々かじっただけのにわか知識で、あれこれ語るのも、ファンの人の気分を逆撫でしそうだしな。それよりも、他にガチャで入手した機体があるだろう」

晶華「ああ、キューティーハニーね。マジンガーエンジェル版の」


【マジンガーエンジェル】キューティーハニー/如月ハニー - 戦闘カットイン【スーパーロボット大戦XΩ】

 

NOVA「そう。そういう機体が手に入ったなら、マジンガーエンジェル版アフロダイAというのが、次の覚醒ユニットの候補として一押しだ。グレンダイザーも相変わらず捨て難いが、他のスパロボでは見たことのない機体を優先したいってことで、次は彼女を育ててくれ」

マジンガーエンジェル(1) (マガジンZKC)

超合金魂GX-08A マジンガーエンジェルアフロダイA

 

晶華「ええと、シュウ様と、ギアス外伝のモニカと、プルと、マリーダさんの小隊が第1ラブラブ小隊で、第2ラブラブ小隊はハニーとさやかさん、他には?」

NOVA「SSRで当たったビューナスAがいるが、他にダイアナンとミネルバが欲しいにも関わらず、スパクロ未採用っぽいんだよな。マジンガーエンジェルに相応しい女性キャラ候補って誰がいるかな?」

晶華「手持ちの機体だと、ギアスのカレンの紅蓮はどうかしら。グレンダイザーの代用ってことで」

NOVA「ああ、いいかもな。あ、それと天竜神ってのもゲット済みだ。それを加えるって手もある」


Super Robot Taisen X-Ω - TenRyuJin/天竜神

 

NOVA「ともあれ、晶華にキャラ育成は任せた」

晶華「あ、ところでNOVAちゃんは、触手について、どう思う?」

NOVA「触手だなんて、そんなふしだらな娘に育てた覚えはありません」

晶華「って、勘違いしないで。私じゃなくて、触手の話をしたのはリバTちゃんなの。私は、このブログの品位を保つために、触手禁止令を出したんだけど、最終的な判断はNOVAちゃんに委ねようって話になって」

NOVA「触手ねえ。世界に触手が存在することを否定するものではないし、世の中には触手マニアが一定数いるのも理解している。縛ったり、絡みついたり、電気をビリビリ流したり、女の子に悲鳴を上げさせたりするのに便利な道具だしな。触手に妄想を掻き立てられる気持ちも分からなくはない。だが、しかし、触手に人権はない。人間には触手がついていないからな。もしも、触手を強要する者がいれば、それは人類と、人類に味方する知的人型生物への侵略的敵対行為と見なすべきだ。つまり、触手は潜在的脅威と見なされる」

晶華「うんうん。潜在的脅威は排除すべきだね」

NOVA「いや、潜在的だから即排除ではなく、要監視対象に留めておくべきだ。排除するのは、それが明確に敵対行為を示したときであって、他人に迷惑をかけておきながら、反省しても直らない再犯の恐れのある場合に限定される。リバTは、その触手で誰かに迷惑をかけたのか?」

晶華「いいえ。今はまだ」

NOVA「だったら、監視して他人さまに迷惑を掛けないようにするのも、お前の仕事だな。嫌がる相手に触手であれこれするのは、人類の健全な文化を脅かす行為であり、そういうのは愛好者同士で陰でこっそり行うべきであり、アングラ文化を表にさらすと軋轢が生じることも教育してやらないとな。もちろん、触手が世の中の常識になって、触手教が日本国を席巻するようになれば、新しい価値観として受け入れなければならないのだろうが、今のところ触手であれこれするのは18禁だ。お前は何歳だ」

晶華「生まれてからなら1歳未満だけど、精神年齢は14歳のつもりよ」

NOVA「すると、それを口実に、お前の見ている前で18禁触手を振りかざすことは、日本国の法律に反することを訴えるといいだろう。未成年に触手プレイを強要することは、国際警察の名の下に実力を行使してでも抵抗すべき事案だ」

晶華「うん、分かったわ。人類の未来と、このブログの健全さのために、私は触手帝国の侵略に断固として立ち向かう。それが花粉症ガールの使命よ」

NOVA「……触手帝国なるものがいつ成立したのか分からないし、俺はそんな設定を考えたこともないのだが、晶華の妄想を止める権利は俺にはない。せいぜい、騒がしくならないように、しっかり管理してくれ。俺は、そろそろ旧ブログのヒノキちゃんのところに行こうと思う。仕事とスパクロにかまけて、向こうは最近、放置気味だし、来年に向けて伝えないといけないこともあるのでな」

晶華「うん、お姉ちゃんの動向も気になっていたので、あっちのブログ書きもよろしくね」

NOVA「ああ、その後は、クリスマスパーティーができたらいいなあ、と思っている。準備の方をよろしくな」

晶華「って、パーティーの準備って何をすればいいのよ」

NOVA「大丈夫、助っ人は手配するから。じゃあな」

(当記事完)