White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

スパロボDDキター

DD配信開始

 

ケイP『マスターNOVA、大ニュースだ〜』

NOVA「ああ、スパクロ番、お疲れさん。だが、とうとう本命のスパロボDDが本格的に始まったので、メインがそちらに移行しそうだな」

リバT『スパクロの方は、手を引くのですか?』

NOVA「いや、一応、続けると思うけど、しばらくはDDの方に重点を置きたいところだ。ただし、まだ仕事が忙しいので、一気に進めるわけにはいかないだろうがな。とりあえず、今日はダウンロードして、チュートリアルを試してみて、主人公機がマジンガーZと合流した1、2話までプレイした段階だ」

リバT『あのう、確認したいのですが、DDとはどういう意味の言葉ですか?』

NOVA「もちろん、ダンジョンズ&ドラゴンズの略だよ」

ケイP『マスター。それはTRPGだ』

NOVA「ん?  だったら、ディバイディング・ドライバーか?」

ケイP『それはガオガイガー。確かにDDにも参戦してるけど』

NOVA「違ったか。だったら、デンジマンダイナマン?  それとも、電王&ドライブ?  あ、もしかすると、ウルトラか。ええと、ダイナ&……って、Dで始まるウルトラは他にないのか?」

ケイP『そんなのオラが知るか!』

NOVA「すまねえな。で、結局、DDって何なんだ?」

ケイP『散々ボケた後で、正解をさらりと口にするかと思ったら、本当に知らないのかよ』

NOVA「う〜ん、昔、記事のどこかで書いた覚えはあるんだが、仕事で疲れた頭じゃ調べたいとも思わなくてな。ケイP、スパクロ番にして、アシスタント・モンスターの仕事だ。すぐに調べてくれ」

ケイP『何で、オラが?』

リバT『お兄さま、私も知りたいですわ』

ケイP『おお、オラに任せてくれ。(検索開始)あったぞ、この記事だ……って、この時もダンジョンズ&ドラゴンズってボケてたのか、マスターNOVAは」

NOVA「フッ、TRPG者としては当然だろうが。それよりも惜しいじゃないか。ディバイディング・ドライバーじゃなくて、ディメンジョン・ドライバーが正解だったんだな。当たらずと言えど遠からず。とにかく、昨年秋から楽しみにしていたスパロボDDがようやく本格起動したわけだよ。祝え、令和の初スパロボを!」


【公式】『スーパーロボット大戦DD』第二弾PV

 

ワールド1はいろいろ懐かしき

 

NOVA「ともあれ、チュートリアルで、謎のオリジナル機体ディーダリオンが謎の敵に襲われ、暴走した結果、次元転移をしてしまう。その結果、4つの世界のどれかに飛ばされて、各地のスーパーロボットたちと合流するのが序盤の展開だな」

ケイP『そして、マスターが選んだのはワールド1だと』

NOVA「当然だ。何たって、デビルマンだよ、デビルマン。まあ、ワールド4のオルフェンズやゼーガペイン、ヴァルヴレイヴなんかも気になったけど、とりあえずはデビルマンがあるからこそ、俺はDDを期待していたんだ。今月初めに『そろそろ正式リリースが近い』という噂を聞いたんだが、公式からは何の発表もない。とりあえず、秋になって時間ができたら、先行配信に自分も登録しようか、という気になっていたら、その前に今日(8月21日)、突然、配信されたと聞いて、うおーーーっと盛り上がった自分が今ここにいるわけだ」

ケイP『明日もまだ朝から仕事なのにな』

NOVA「全くだ。今夜は早く眠らないといけないのに、気分が高ぶって寝れなくなっちゃったので、仕方なく高揚感を吐き出すために、ブログ記事を書いているのが今だったりする」

リバT『まるで、盆と正月が一度に来たような慌ただしさですわね』

NOVA「いや、盆は終わったんだよ。甲子園もな。おかげで、ジオウとスパロボDDを一気に消化しないと、って嬉しい悲鳴を上げている俺がいる」

ケイP『ジオウはともかく、スパロボDDは別に一気に消化しなくてもいいんじゃねえか』

NOVA「まあ、そりゃそうなんだが、とにかくデビルマンなんだよ、デビルマン


Devilman Ending


デビルマンレディー 【OST】 メインテーマ~テーマ2/渡辺俊幸

ケイP『どさくさ紛れに、デビルマンレディーの曲まで貼り付けやがるとは、何だか悪魔召喚のサバトの雰囲気になってきたじゃねえか』

NOVA「おっと、やり過ぎると、リバTの中に封印中のバットクイーンまで目覚めかねんな。今はまだ目覚められても対処できん。ともあれ、デビルマンに期待していた俺だったが、実際にプレイしてみると、違うリビドーみたいなものが湧き上がった」

リバT『グランドマスターのリビドー……それは一体?(ドキドキ)』

NOVA「いやね、マジンガーZの兜甲児の声が、DDでは石丸博也さんなんだよ。赤羽根さんでも、森久保さんでもなく、石丸さん。いやあ、新作のスパロボで石丸さんの甲児君の声が聞けたことが、これほど興奮するとは予想もしていなかった。もちろん、声を聞きたければ昔のスパロボをプレイすればいいだけなんだが、やはり新作で石丸さんの声が聞けるのは、旧作のDVDではなく現在放送中の作品にレジェンドライダーや戦隊メンバーが出てくると興奮するのに似ている」

ケイP『オラにはよく分からん気持ちだが、新作ゴジラにドゴラが登場したら、うわ〜懐かしいって気持ちになるようなものか?』

NOVA「そいつは違うと思う(きっぱり)。ドゴラを見て、うわ〜懐かしいって思う人間が、どれぐらいいるんだよ。石丸さんの甲児はスパロボ界隈では10年ぐらい前まで現役だったんだ。ドゴラは、55年前のデビュー以来、話題に上がることなんて、ほとんどなかったじゃねえか。知る人は少ないし、登場するだけで、懐かしがられるよりも、うわ〜変なの来た〜マジですか?  って顔をされるのがオチだぞ。ドゴラと石丸甲児じゃ、比較にもならん」

ケイP『ひでえ、シクシク』

リバT『とにかく、グランドマスターは石丸さんの兜甲児ってだけで、大興奮なのですね。他には何か?』

NOVA「ああ。DDでの甲児たちは、スパクロ同様マンガ版のデザインで、デビルマン不動明も原作コミック版。その二人が同じ高校に通っていて、ボスが明をいじめていて、それに美樹さんが憤ったり、甲児が明を助けたりする人間模様が見られる』

ケイP『明はまだデビルマンになっていない弱気モードなのか』

NOVA「そういうことだ。ついでに、ドクターヘルが初めて襲撃し、マジンガーZの初出動から始まったりする。まあ、甲児が最初から光子力研究所でマジンガーパイロットとして訓練をしているという点で、アニメとも漫画版とも違うストーリーなんだがな。マジンガーも最初からスクランダー付きだし」

ケイP『操縦に不慣れな甲児が、何とか機械獣と戦うストーリーではない、と』

NOVA「第1話で、マジンガーVS機械獣の戦いに、異世界のロボであるディーダリオンが出現し、マジンガーを支援してくれる。第2話で、あしゅら男爵の飛行要塞グールが登場。これも原作とは違うなあ。スパロボではよくある運用だけど、実際はグールはブロッケン伯爵のもので、あしゅらが操るのは海底要塞サルードとブード。ともあれ、あしゅらの機械獣軍団と戦うマジンガーZの前に、再びディーダリオンが現れ、さらにディーダリオンの調査をしていたオリジナルヒロインのメグたちも時空転移に巻き込まれて、甲児たちと合流。光子力研究所での調査の結果、並行世界の話が確認されたところまでプレイした。次は、コン・バトラーVと合流予定だ」

ケイP『マジンガーから始まるスパロボかあ。今では珍しい王道展開じゃないか』

NOVA「本当になあ。それにマップBGMも第4次やFのそれで、非常に懐かしかった。ただ新鮮なのは、甲児と、コンVの豹馬と、ダンバインのショウが同じバイク仲間の縁で、鋼鉄ジーグの司馬モータースで整備をしてもらったりして顔見知りなんだな。いずれもロボに乗ったりする前の状況で、歴戦の英雄じゃない兜甲児がバイクという縁で、一般市民の彼らとの付き合いをしているところからスタートする、仕切り直しな物語といったところだ」

ケイP『デビルマンを除けば、スパロボでおなじみのメンツが新しい人間関係を見せてくれるということだな』

NOVA「その通り。とにかく、石丸甲児で今どき新しい物語が見られるとは思ってもいなかったので、拍手喝采をしたい気分で、今夜は寝る。おやすみZZZ」

ケイP『やれやれ。にわかにDD熱が続きそうだな』

 

(当記事 完)