White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

令和はモンスターな時代

次はモンスターバース

 

ケイP『呼ばれて、飛び出て、ケピピピン!』

リバT『リバっと参上。リバっと解決。さすらいの自由女神、リバTですわ!』

ケイP『別に、さすらってはいないがな。基本はここに在住しているわけだし』

リバT『お兄ちゃん、無粋なツッコミはやめてよね。ツッコミなら、もっと心にジワーッと感じさせるように愛情たっぷりに……』

ケイP『おっと、そこまでだ。お前の思わせぶりな発言は、妄想力豊かな読者のエロ回路を刺激しかねない。ここは、あくまで18禁ではない健全なヒーロー、ロボット、TRPGなどなどを推奨するブログだからな。アダルトな要素は、持ち込み禁止だ』

リバT『だけど、私の中にはアダルトなバットクイーンが封じられているので、時々そういうエッセンスが漏れ出て来ちゃうのよ。大体、私たちの原型は、東宝初の宇宙大怪獣ドゴラ。ドゴラといえば触手、触手といえばエロ。つまり、ドゴラを登場させた時点で、グランドマスターの深層心理にはエロスの風が吹き荒れているのよ」

ケイP『まあ、深層心理を突き詰めれば、何とでも言えるがな。よく悪者が善人を誘惑したり洗脳したりする時に使うセリフ、「お前は表面的に善人を装っているが、内面では欲望や邪心を封じ込めている。その本性を、私がさらけ出してやろう。さあ、真のお前自身、邪悪の使徒として覚醒するがいい」ってネタは、フロイトに起因する心理学ネタで、要は抑圧された自我の話だからな。そりゃ、誰だってポジとネガ、表の自分と裏の自分ぐらい持っているわな。ただ、自分を正義だと認識している者ほど、自分の中の悪に直面することが心理的苦痛になる。特に未熟な若者はな。経験を積むと、自分の中の悪を認識し、なりたい理想との間に折り合いを付ける術も学ぶが、若いうちは両極端に走って、至高の善から極悪に容易く裏返りやすい。だから、暴走しないためには、適度に発散するべきなんだ』

リバT『お兄ちゃん、頭いい。だけど、お兄ちゃんって、そういうキャラだっけ?』

ケイP『ドゴラはハチ毒以外、何でも吸収するので、元々、学習能力は高いんだよ。ただ、人間性を学ばなければ、壊れたコンピューターみたいになって、不合理な人間は欠陥品として排除すべしってなり兼ねないから、マスターNOVAが人間性をいろいろ教えてくれたんだ。その一環として、マスターの「創作ネタノート」があって、その中に「ヒーローと悪堕ちの親和性」って項目を学んだんだ。マスターは、ヒーロー好きであるのと同様、怪人好き、モンスター好きだからな』

リバT『私たちを飼っているのも、そういう理由なのね』

ケイP『そう。そして、アベンジャーズがエンドゲームで完結した今、マスターが鑑賞したい令和初の映画は「キング・オブ・モンスターズ」だからな。つまり、令和は我々モンスターの時代としてスタートするわけさ』


四大怪獣の壮絶バトル『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日本版予告編

 

リバT『この映画にドゴラは出るの?』

ケイP『……出ない(シクシク)』

リバT『モンスターの時代ではあっても、ドゴラの時代とは限らない、と』

ケイP『いいんだよ。プリキュアでは、触手モンスターの新顔であるプルンス君が頑張っているんだから』


キュアミルキーとプルンスでエイリアンエイリアン【MMD Precure】

 

 

メガテン覚醒話の続き

 

リバT『それで前回、グランドマスターNOVAとミストレス晶華は、どうして私たちを呼んだのかしら?』

ケイP『さあな。こっちが令和に合わせた名乗りを披露した途端、何とも言えない表情を浮かべて、どこかに転移しちまったからな。用事を聞く間もなかった』

リバT『後に残された手掛かりは、このTRPGのルールブックが一冊』

 

真・女神転生TRPG 覚醒編 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

真・女神転生TRPG 覚醒編 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

 

 

ケイP『女神転生か。まるで、リバTのための本だな』

リバT『確かに、私は自由の女神属性を備えているし、夢の世界の石像から転生して、ここにいる。この本を使って、私に次の段階へ覚醒しろってことかしらね』

ケイP『つまり、これはマスターNOVAから、オラたちへの挑戦状ってことか?  この謎を解けるものなら解いてみろってことか。へヘッ、面白い。この勝負、受けて立つ。刑事属性を備えたケイPと、女探偵リバTの兄妹コンビでな』

リバT『そうね。内にバットクイーンのエッセンスを宿した私なら、エラリー・クイーン並みの推理力を持っているかも』

ケイP『そうとも。ケイPのケイは刑事のKだからな。嘘だと思うなら、この記事をチェックしてくれ。オラとマスターの熱い戦いと、ただのドゴラだったオラが人間性を学ぶケイPに転生したエピソードが書いてある』

リバT『お兄ちゃんの誕生秘話ね。私の方は、この記事がおススメかしら。それはともかく、探偵としては刑事さんに現場の捜索をお願いしたいのよ。推理をするにしても、何かの手がかりがないと。「考える材料もなしに勝手な思考を進めるな。推理において予断は厳禁」というのが捜査の鉄則なんだし』

ケイP『手がかりその1は、旧世紀の遺物たるオカルトTRPG魔道書一冊か。ん?  書物の中にメモが挟んであるぞ。これは失踪したマスターが書き残したメッセージか? いわゆるダイイング・メッセージってものかもしれねえ』

リバT『いや、死んでないし。とにかく、何て書いてあるの?』

ケイP『こんな内容だな』

 

NOVA

 57回復魔法、94ESP、03トリック

 

晶華

85マントラ、72召喚魔法、84タオ

 

ケイP『なるほど、そういうことか。事件の謎は解けた!』

リバT『え、これだけで?  お兄ちゃんの推理を聞かせて』

ケイP『簡単なことさ。この2桁の数字は年号を表すんだよ。57は1957年。つまり、昭和32年だな。宇宙人ミステリアンの侵略兵器モゲラが出現し、地球防衛軍が結成され、歌手の堀江美都子や、ピンクレディーのケイこと増田恵子や、声優の戸田恵子が誕生し、マンガ家の高橋留美子も生まれ、さらにベルトさんことクリス・ペプラーも生を受けた記念すべき年だ。その年号の横に、「回復魔法」と書いてあるということは、きっとマスターは何らかの回復魔法をゲットするために、1957年に時空転移したに違いない』

リバT『何で、時空転移したって決めつけるのよ?』

ケイP『マスターは時空魔術師だぜ。それに噂によると、現在公開中のアベンジャーズ映画が、失われたものを求めて過去に時間移動する話だと聞いている。その映画を見たばかりのマスターが同じようなことを考えても不思議ではない。それに、メモにはちょうど6つ書いてあるしな。きっと晶華ママと二人で手分けして、それぞれの時代に飛んで、何かの力を秘めたアイテムを探しに出かけたんだ』

リバT『つまり、1957年に回復魔法を使えるアイテムがあるってこと?』

ケイP『仮にヒーリングストーンと名付けよう。1994年にはESPストーン、2003年にはトリックストーンがあるんじゃねえか』

リバT『別に石とは限らないけど。1994年、ゲーム機のプレイステーションが発売された年ね。映画は「ゴジラVSメカゴジラ」と「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」。戦隊はカクレンジャーで、メタルヒーローブルースワットの年。阪神・淡路大震災の前年で、仮面ライダーメテオと、ルパンブルーと、ジュウオウタイガー・アムと、イナズマン風田三郎と、城島ユウキと、新しい方の電波人間タックルを演じた人が生まれた年。ESPに関係してそうなのは、イナズマン?』

ケイP『2003年はトリックかあ。2002年秋に劇場版トリックが上映されて、2002年の仮面ライダー龍騎ではトリックベントのカードが活躍したけど、1年ぐらいは誤差の範囲と言っていいものかどうか』

リバT『TVドラマのトリックは、2000年スタートで、2003年だとトリック3になっているみたいね』

ケイP『マスターはその年、仮面ライダー555アバレンジャーを堪能していた、と』

リバT『次はミストレスの向かった先ね。1972年って、マスターの生まれた翌年で、召喚魔法って何かしら?』

ケイP『その年、高松塚古墳の壁画が発見されたみたいだが、その際にキトラルザスでも召喚されたのかもな』

リバT『他には何?』

ケイP『マスターの好みだと、必殺仕掛人が放送開始し、宇宙からはサイボーグ怪獣ガイガンが召喚された。刑事ものだと「太陽にほえろ」が始まり、ヒーローだとウルトラマンA、バロム1、変身忍者嵐キカイダーアイアンキング、突撃ヒューマンが活躍し、アニメだとデビルマンガッチャマンマジンガーZが始まった伝説の年と言えよう。あとは地獄の番犬デカマスターの声の稲田さんと、関智一さんと、キムタクが生まれた年でもある。マスターNOVAの中では、この3人が同格らしい』

リバT『その年に、何が召喚されたって言うのかしらね』

ケイP『ヤプールか、ドルゲか、宇虫人タイタニアンか。あるいはアニメのデーモン族か、総裁Xか、ミケーネ闇の帝王の前触れか』

リバT『1984年と85年も凄そうね』

ケイP『タオとか、マントラとか、いかにも秘密の奥義めいた匂いがプンプンするぜ。84年とか85年とか、そんな時代に飛ばされたら、さぞかし晶華ママもいい修行ができそうだな』


Ichirou Mizuki - TAO (Juken Sentai Gekiranger Ending Theme)

 

ケイP『とにかく、マスターたちの向かった時代は分かった。問題は、それを知ったオラたちが何をすべきかってことなんだが……ん?  メモには続きが書いてある?』

 

  晶華は84のタオを選んで、符術使いキャラを作るので、俺は何を選ぼうかな。無難に57の回復魔法使いを選んで、その後で魔法の種類を広げるとするか。しかし、前衛キャラがいないよな。ここは、アシモンを呼んで、追加のキャラでも作らせるか。

 

リバT『ええと、これはどういうことかしら、お兄ちゃん?』

ケイP『あ、ああ、つまり新しい手がかりが見つかったので、捜査が振り出しに戻ったということだな。お前も言っていたじゃないか。「推理において予断は禁物」って』

リバT『一つ理解したわ。「探偵ものにおいて、先走った刑事の推理は信頼性が薄い」ってことを。とにかく、グランドマスターたちは、このTRPGのルールで、キャラ作りをしていたわけね。ちょうど、ここに10面ダイス二つが転がっているし』

ケイP『だったら、オラたちもダイスを振るか』

 

ドゴラ兄妹のメガテンキャラ

 

ケイP『とにかく、前衛キャラが欲しいんだな。だったら、オラの職業は騎士を選ぶぞ』

リバT『メガテンの時代背景は現代から近未来なので、職業に騎士はないわよ』

ケイP『だったら、刑事か武闘家だ』

リバT『ええと、ダイスで16から46を振ればOKね』

ケイP『3割ってところか。3回振れば行けそうだな。ドゴラの気合を込めて、(コロコロ×3)36、18、06。どうだ』

リバT『お見事。さすがはお兄ちゃん。36は速剣、18は空手、06はトリックとなってます。速剣は、スピードと技主体な日本刀使い。空手は文字どおり素手攻撃の拳法使いってところ』

ケイP『フェンシングだったら、ポルナレフシルバー・チャリオッツみたいになれたんだがな。空手もドラゴンボールみたいで捨てがたいが、やはり日本刀使いで行くぜ』

リバT『つまり、ヤジロベエね』

 ケイP『誰が、ヤジロベエだ。せめて、石川五右衛門ぐらいにたとえてくれ』

 

 

リバT『だったら、次は私ね。84、62、58は何かしら』

ケイP『タオ、破魔系魔法、回復魔法。マスターたちといろいろ被りすぎだな』

リバT『必然的に、破魔を選ぶしかないわね。聖属性で、耐性のない悪魔を即死させる呪文が揃ってる』

ケイP『怖すぎるよ』

リバT『問題は、耐性のある悪魔が結構多くて、アンデッドや闇系の敵には圧倒的に強く、そうでない相手には無力ってことなのよね。メガテンの魔法って、相手との相性によって強弱が大きく変わるから、ある程度、呪文の種類を増やさないと安定しないみたい』

ケイP『だけど、剣で倒せる敵はオラが戦って、剣の通用しにくい亡霊系はハマの呪文で浄化すれば、うまく役割分担できそうじゃねえか』

リバT『とにかく、お兄ちゃんが前衛剣士で、私が破魔を司る聖女って感じね』

 

NOVA「ただいま〜。やはり、令和の空気はいいなあ」

晶華「たった2日かそこらで、大きく変わるものじゃないと思うけど」

NOVA「いやいや、こういうのは気分の問題なんだから、A  Happy New Eraと思えば、新時代が明けて嬉しく感じられるのが、幸せな人間および精霊のあるべき姿だと思うぞ。クールに、かつ和やかに、朗らかに生きるのが令和人の心意気ってものよ。昭和を超え、平成を超え、令和の座に至りてアグレッシブにやってやるのが、俺の新たな抱負なんだ」

晶華「元ネタがダンクーガじゃ、思いきり昭和なんですけど」

NOVA「いちいちツッコむなよ」

 

ケイP『マスター、どこに行っていたんだ?』

NOVA「ああ、ちょっと平成最後の日の記事の書き納めにな。これから、溜まっている別ブログの記事も書こうと思っているんだが。コンパーニュの塔の屋久島編とか、ロードス記事とか、次元ドルイドのところでD&D記事とか、しばらく手を付けていないところも、令和記念に再開したいわけで」

ケイP『TRPGなら、オラとリバTでキャラを作っておいたぞ。剣士と破魔使いでいいか?』

NOVA「ああ、メガテンか。実は、後から思い出して、一つミスをしていたことに気付いたんだ。最初の技能選択は、別にランダムじゃないぞ。覚醒時の2つめの技能選択から、ランダムになるんだ」

ケイP『どういうことだ?』

NOVA「俺はダイスを振って、回復魔法使いになったが、それは2つめの技能として扱うことにする。1つめはメガテン主人公らしく、コンピュータ技能をとって、悪魔召喚士になればいいんじゃないか。まあ、コンピューター使いで、周りに空想上の精霊やモンスターがいて、しかも魔法使いってWhite NOVAのキャラ立てと大差ないんだが」

 

異能者として

 

ケイP『よく分からないんだが、メガテンTRPGでは複数の技能がとれるのか?』

NOVA「覚醒段階に応じてな。レベル1では、技能を一つしか持たない愚者と呼ばれる存在だが、レベル5になると怪事件との経験を経て異能者に目覚める。そうすると、新たな技能を習得できるんだ。コンピュータオタクだった俺のキャラが、仲魔モンスターと接触した経験から魔力に目覚め、自ら魔法使いとなる感じだな」

ケイP『すると、オラももう一つ技能を選んでいいんだな。剣の道に目覚める前は、刑事っぽく捜査に役立つトリックとか』

リバT『だったら、私は武器戦闘でウィップマスターを選びますわ。普段は鞭でビシバシして、いざという時に破魔呪文を放つ退魔士キャラってことで』

晶華「それなら、私もタオ以外に何か戦える技が欲しいわね。あ、忍術ってのもあるのね。手裏剣を投げたり、刀も使える。つまり、符術や式神の使えるくノ一ってキャラにもなれるんだ」

NOVA「つまり、まとめるとこういうことになるな」

NOVA

コンピューター使い→覚醒して回復魔法使いに

 

晶華

忍者→タオに覚醒して、符術師に

 

ケイP

トリック→速剣の流派に目覚めた刑事

 

リバT

ウィップマスター→覚醒して破魔呪文の使い手に

 

ケイP『よし、これでキャラクターが仕上がった。早速、プレイ開始だぜ』

NOVA「しねえよ。誰がゲームマスターをするんだよ」

ケイP『え?  そいつはマスターNOVAの仕事じゃねえか』

NOVA「仕事じゃねえよ。20年以上前ならともかく」

ケイP『ええ?  だったら、何のためにキャラを作ったんだよ』

NOVA「無性にダイスを振りたくなったのと、令和を記念するためだよ。それに、まだキャラは出来上がっていない。適当にダイスを振って、技能を選んだだけじゃないか。本格的にやるなら、これから特性値(能力値)を決めて、背景情報とか選んで、装備を購入して、いろいろ細かいデータを煮詰めないと」

ケイP『やろうぜ。時間なら十分ある』

NOVA「俺にはねえよ。これから、令和初のオフ会に行かないといけないんだから。今は5月3日の朝11時。昼1時には、大阪の難波にいなきゃいけないんだ」

ケイP『何と。今は5月2日じゃねえのか』

NOVA「記事を書き始めたのはそうだが、書いているうちに翌日になったんだ。覚えておけ。時代は常に先に進んで行くものなんだ」

ケイP『うう、時が未来へ進むと、誰が決めたんだ?』

NOVA「そんなの俺が知るか。とにかく、今から俺は難波に旅立つ。ブラックサタンのタイタンと決着をつけにな」

晶華「難波と、タイタンが絡むのは去年の話なのでは?」

NOVA「とにかく、久々の友人とのオフ回だ。何か面白い話があれば、また記事書きするかも。去年は、シンカリオンで巨大怪物体にニアミスしたりもしたが、今年はそんなことのないように願いつつ」

 

(何だか強引に、当記事完)