White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

ノーリプライ 金の砂時計(スパクロ話)

エルガイム・マーク2をゲット

 

NOVA「例によってスパクロ話なんだが、2月頭のイベントは、非常に濃いクロスオーバーだった」

晶華「タイトルからすると、エルガイムのダバ・マイロードが主人公ね」

NOVA「違う。ダバのライバルのギャブレット・ギャブレーが主人公なんだ。イベント用の新規機体もギャブレー君のアシュラテンプルなんだが、それが当たらずにダバのエルガイム・マーク2が当たってしまった。ある意味、タイムリーだと思ったけどな。エルガイムは覚醒ユニットで入手可能だが、マーク2はガシャで当てるしかないし、イベントで流れる歌が『風のノー・リプライ』だからな。もう、この歌はエルガイム・マーク2のための歌でしかないだろう」

晶華「歌詞でも、マーク2と歌っているしね」


鮎川麻弥 風のノー・リプライ(1984年)

 

NOVA「マーク2と言えば、ガンダムMK2を連想する人も多いだろうが、俺にとっての初マーク2はエルガイムだからな。番組放送が、1stガンダム以降はトライダー、ダイオージャ、ザブングルダンバインエルガイムと続いてから、Zガンダムとなるわけだが、このエルガイムZガンダムの影響は非常に大きい」

晶華「ええと、マーク2つながりってこと?」

NOVA「そうだな。マーク1が白で、マーク2が灰黒色っぽいカラーリングとか、前期主題歌と後期主題歌に変わる伝統とか、物干し竿的なロングライフルとか、ムーバブルフレームとか。このムーバブルフレーム(エルガイム初出ではムーバルフレーム)は、ロボットデザインにおける革命で、要するに内骨格フレームの本体の上から装甲板を貼り付ける形式だ。エルガイム以前のロボットは、ガンダムも含めて外部装甲がフレームとなって内部ボディとの一体構造(モノコック)形式という。つまり、装甲が剥がれると、電子部品も配線も含めて内部パーツがむき出しになってしまい、ロボット図鑑での内部構造を見ても、骨格や関節が見えない形態。マジンガーZの前期エンディングの絵を見ると、よく分かる」


マジンガー Z ED

 

晶華「ムーバブルフレームというのは、どういう感じ?」

NOVA「実写版だと、こんな感じだな」


Terminator 2 T-800 1/1 Scale Figure ターミネーター2 T-800等身大

 

晶華「ターミネーターって、ムーバブルフレームだったの?」

NOVA「劇中ではそう言われていないけど、内部の骨格の上に、外装を取り付ける形式では同時代性があるな。エルガイムターミネーターもどちらも1984年だし。少なくとも、同じ1984年のサイボットゴジラはムーバブルフレームじゃなかったはずだ」

晶華「サイボットゴジラ?」

NOVA「84年のゴジラ映画と、その前の復活イベント用の目玉として作られた機械駆動のゴジラだ。歩くことなんかはできないが、映画のアップ画面などで実際に使われている。まあ、同映画のサイボットと着ぐるみゴジラは明らかに顔つきのデザインなんかが異なっているので、通の目から見ると苦笑ものらしいんだが、中学時代の俺には分かっていなかった。というか、中学時代にはサイボットゴジラも歩くものだと思い込んでいたわけだし、『コンピューター制御で動くゴジラ』なんて売り文句に純粋にワクワクできたもんだ。阪急塚口駅にサイボットゴジラが来るということで見に行ったりもしていたな」


阪急塚口駅前にゴジラ!

 

晶華「ええと、NOVAちゃんは今回、懐かしの1984年の話をしたいの?」

NOVA「いや、そういうわけじゃないんだけど。そう言えば、『1984年』というタイトルだと、こういう小説もあったなあ」

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

晶華「何、その小説?」

NOVA「1948年にジョージ・オーウェルの書いた管理社会の恐怖を描いた近未来小説だな。日記なんかに自分の考えや妄想を書くと処罰されるらしい」

晶華「だったら、NOVAちゃんは生きていけないじゃない」

NOVA「正にその通りだ。空想小説家やファンタジー作家、妄想作家にとって悪夢以外の何ものでもない。要するに、国家の改竄した歴史や現実以外の記録は認めず、主人公は『真理省』に務め、妄想の記録を取り締まる立場にありながら、それに疑問を感じる流れだな。その世界観をTRPGにすると、ネタ作品として有名なこの作品になる」

パラノイア【トラブルシューターズ】

パラノイア【トラブルシューターズ】

  • 作者: Dan Gelber,Eric Goldberg,Greg Costikyan,奉仕の会,Allen Varney,Tony Emson,高梨俊一,白河日和,沢田大樹
  • 出版社/メーカー: ニューゲームズオーダー
  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

晶華「ええと、パラノイアって妄想症ってことよね。自己紹介乙」

NOVA「お前な。俺から妄想を取ってみろ。花粉症ガールの存在も消えてしまって、お前がいなくなるんだぞ」

晶華「それは困るわね。私としては、妄想万歳と言ってあげるわ。真理とか現実なんて、ポイして結構よ」

NOVA「いやいや、それはそれで極端に走るなよ。とりあえず、今回は俺とお前だけじゃ何だか話の軌道を見失いがちだから、助っ人を呼ぶぞ。ケイP、リバT、お前たちの出番だ」

 

本の力、恐るべし

 

ケイP『久しぶりだな、マスター。おらに何か用か?』

リバT『せっかく、お兄ちゃんとラブラブタイムだったのに、無粋なグランドマスターですこと』

NOVA「ラブラブタイムって、お前ら、そういう関係だったのか?」

ケイP『誤解するなよ、マスター。ドゴラには大体、生殖器なんてものはないんだから、多細胞生物のような交尾は行わない。ただ、リバTは人型の像だからな。自由恋愛とか、性の解放とか、そういう人の文化にやたらと興味津々でな。おかしな勘違いをして人様に迷惑をかけるようなことがあったらいけねえから、おらが人間性について仲良く指導していたんだ』

NOVA「お、おお、お前が人間性について教えるとは、ずいぶん成長したものだなあ。で、どのようなことを教えたんだ?」

リバT『人は映像や書物から、いろいろと想像することで、リビ道をたぎらせるとか、フロイト心理学を中心にいろいろですわ』

ケイP『おお、マスターの本棚の奥にある心理学の本を教材に、勉強していたんだぜ』

NOVA「心理学の本ねえ。なるほど。それだけで人間性の全てが理解できるとも思えんのだが、ともかく本で思い出した。お前たちが、本の下敷きになってキューと鳴いていた晶華を救出したそうじゃないか。礼を言う。サンキューな」

晶華「うん、あの時はどうもありがとうね」

NOVA「事情のよく分からない読者の人は、こっちの記事を参考な。要は、妖精に関する参考文献を探す途中で、危なっかしい娘が事故に遭ったのをアシモンたちが助けてくれたらしい」

ケイP『晶華ママを守るのは、おらの使命だからな』

リバT『お兄ちゃんの使命は私の使命だし』

晶華「それにしても、本って恐ろしいものね。最近はつくづく本に秘められし力ってものを痛感するわ」

NOVA「そりゃそうだ。ハードカバーの本だと、武器にもなるし、防具にもなる。それに、あの空条承太郎だって、DIOとの決戦の際、無数のナイフに対して、懐や帽子に忍ばせたマンガ雑誌のおかげで命拾いしたんだ。物理的にも本は強い」

晶華「いや、それは本の使い方として邪道よ。本と言えば、今はプリキュアの変身アイテムじゃない」


キュアスター [スター☆トゥインクルプリキュア] プリキュア変身


キュアミルキー [スター☆トゥインクルプリキュア] プリキュア変身

 

NOVA「いや、厳密には本ではなく、本に付属するペンが変身アイテムみたいだな。それはともかく、本やノートの強さは最近、ウォズさんの未来ノートやルパパト最終話の勝利の鍵になったことからも証明されているが、とにかく書物に秘められた情報や記録の力は、想像力の根源にもなるし、人の叡智を伝達する文化文明の土台とも言える」

ケイP『マスターの力の源である歴史や言霊も、書物に由来するものな』

NOVA「その通りだ。呪文の記載されたグリモア(魔道書)といい、ルールブックといい、ワールドガイドといい、アイテムいっぱいのお宝本といい、数多の本があってこそのWhite NOVAだと主張する次第だ」

 

話を戻して

 

ケイP『ところで、マスターは本の話をしたくて、おらたちを読んだのか?』

NOVA「いや、違う。最近は、番組が最終回になったり、新番組が始まったりして、頭の中がゴチャゴチャしてるんだよ。つまり、情報の海に溺れてキューと鳴いている俺を、お前たちに助けて欲しいと思ってだな」

晶華「最近のNOVAちゃんは、話の筋道を見失いがちで、すぐに迷子になってしまうのよ。お姉ちゃんといっしょで。だから、ナビ役が必要なの」

リバT『つまり、迷妄からの解放を望んでらっしゃるのね。では、愛と自由について話しましょう』

NOVA「それだ。今回のスパクロのイベントテーマは愛。エウレカセブンと、キングゲイナーと、ハマーン様などのZZチームと、シャアと、カミーユと、クロスアンジュと、いろいろ混ざって、そこにエルガイムのギャブレー君が絡む、クロスオーバー大会だったんだよ。メインは、エンブリヲに囚われたアネモネを助けるドミニクの物語」


映画 『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 本予告60秒

 

NOVA「この映画とは直接、関係ない話だけど、今回のイベントでは多少なりとも意識しているのだとは思う。他には、クロスアンジュのサリアが入手できたな。コスプレ姿のプリティーサリアンではないけど」


【スパクロ】乳揺れ?サリア(美少女聖騎士プリティ☆サリアン)/クレオパトラ☆ - ライブカットイン【クロスアンジュ】

 

リバT『なるほど。グランドマスターは愛の話をしたかったのですか』

NOVA「そうだな。夢よりも鮮やかに、愛よりも密やかに、見えない心が囁くよな。今の俺はまさに宇宙の迷い子と言えよう。愛を道しるべにして、ブログ記事を書くぐらいがいいだろう」

ケイP『なるほど。愛がテーマか。だから、マジンガーZも、ターミネーターも、ゴジラも愛なんだな』

NOVA「まあ、それは否定しないが、恋愛とかの方向ではないよな。同じ愛でも、こっちの方向性かと」


SRW MX 石破ラブラブ天驚拳

 

ケイP『だったら、普通にスパロボ愛を語ればいいじゃないか。どうせ、スパクロでこんなユニットを手に入れたぞって話をしたいんだろう?』

NOVA「ああ、そうなんだけど、エルガイムMK2の話を始めたら、おかしな方向に話がそれてしまってな」

ケイP『だったら聞いてやる。他には何が手に入ったんだ?』

NOVA「よく聞いてくれた。今回のイベント期間は大当たりで、プルツークインマンサと、フルアーマーZZと、あしゅら男爵の地獄王ゴードンSSRと、キングゲイナーなんかが手に入った。あと、今回選んだ覚醒ユニットはシャイニングガンダムのスーパーモードだな。さらに待望の限界突破素材も手に入ったので、グレートゼオライマーも第一段階の限界突破を果たした。そうして、ホクホク顔でイベント終了し、今は新たなイベントに挑んでいる最中だ」

 

新イベントはメダロット(とビルドファイターズ)

 

NOVA「正直、メダロット自体は個人的にどうでもいいんだが、イベントの物語にビルドファイターズが絡んできてな。そっちを楽しんでいる」


【スパクロ】♪ニブンノイチ [ボイスあり]セイ/レイジ/ビルドストライクガンダム(フルパッケージ) - カットイン【ガンダムビルドファイターズ】


【スパクロ】乳揺れ!アイラ/キュベレイパピヨン - ライブカットイン【ガンダムビルドファイターズ】


【スパクロ】乳揺れカットイン!チナ/ベアッガイIII☆ - ガンダムビルドファイターズ【Super Robot Fantastic】


【スパロボxω】カットイン!メイジン・カワグチ/ケンプファーアメイジング☆【ガンダムビルドファイターズ】

 

NOVA「ビルドファイターズは、ガンプラのホビーバトルがテーマなので、戦争を題材にしたスパロボとは相性が悪く、スパクロのみの参戦だ。で、自分としては、アイラ・ユルキアイネンのキュベレイパピヨンが欲しいんだな。プルシリーズから始まり、ハマーン様の白キュベレイを手に入れた今、アイラちゃんのパピヨンが手に入れば、キュベレイシリーズがコンプリートできるわけで」

ケイP『おらとしてはモモカプルが気になるところだ』

NOVA「ビルドダイバーズはまだだね。それが参戦したら、俺もアヤメさんとタイガーウルフさんをゲットしたくなる。が、それはさておき、今回のイベントの賞品はメイジン・カワグチのケンプファーアメイジングだ。それはすでにゲット済みで、後は限界突破用の素材機体を入手するだけ。1機は入手したので、残りは3機でパーフェクトだな。また、アイラさんはバトルユニットではなく、サポートユニットとして手に入った。こうやって欲しい物に近づけると嬉しいね」

晶華「何だかんだ言って、毎回、欲しいもの、記事ネタにできるものはゲットしているのよね」

NOVA「ああ、それなりにラッキーなんだな。そして、今回のイベントで喜んだのは、ラルさんが出て来ていたんだ。まだユニット参戦はしていないが、今後、ラルさんのグフ35が出たら、是非ともゲットしたいと思う」

晶華「あれ?  ノーマルのグフは出ていないの?」

NOVA「残念ながら、スパクロに1stガンダムは未参戦なんだ。だからガンキャノンガンタンクもジムもボールも出ていない。まあ、ジムやボールがユニット参戦するとも思えんが」

晶華「とにかく、NOVAちゃんのスパクロライフはまだ続くってことね」

NOVA「ここで書けるネタが続く限りな。あるいはDDに興味が移るまでかな」

(当記事完)