White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

幻のタイムジャッカー話2

ありえたかもしれない可能性

 

晶華「ねえねえ、NOVAちゃん。大変だよ。モニターを見て」

NOVA「何だ?  俺当てに通信だと?  とうとう動いたか。タイムジャッカーの奴ら」

 

キング「吾輩はタイムジャッカーのキング」

ダイアナ「そして、あたしはダイアナ・ジャックよン」

NOVA「お前たちがタイムジャッカーだと?  うちの娘を苦しめたという……」

キング「お前の娘は、吾らのクイーンなのだ。返してもらおう」

NOVA「断る。人の娘を拉致し、あまつさえ洗脳改造して吸血蝙蝠怪人に仕立て上げるなど、正に悪魔の所業。そんなことは、決してこの俺が許さん!」

キング「ならば、これを見よ!」

ダイアナ「フフフ。この男に見覚えがないかしら」

晶華「誰、それ?  私は知らないわ」

人質A「翔花ちゃん、それはないぜ。俺は粉杉翔花ファンクラブ会員ナンバー2のアスト。明日も斗う僕らの明日斗、と謳われた男だ。読者Aと聞けば、分かるんじゃないか」

晶華「???  よく分からない。何だか思い出せそうだけど、うう、頭が痛い……」

NOVA「娘は洗脳が解けたばかりで、記憶が不完全だからな。しかし、俺は覚えているぜ。読者A、娘へのストーカーの罪で、俺が未来送りにした男だったな。どうして、そんなところに?」

アスト「すまねえ、NOVAさん。未来の世界で何とか生き延びた俺だったが、悪の組織に捕まって、あんた達を誘き出すための人質にされてしまったんだ」

キング「ええい、黙らんか!(ドガッ)」

アスト「グハッ!」

ダイアナ「ちょ、ちょっと、あまり乱暴なことは……せっかくの人質を傷つけて、どうするのよ?」

キング「所詮は、ただの一般市民。使えなくなっても、代わりはいくらでもいる」

NOVA「ちょっと待て。腐っても、その男はうちのブログの読者だった男だ。娘のファンクラブの会員ナンバー2を早々無下にはできん。どうすれば返してもらえるんだ?」

キング「ほう。この男が大事か。ならば、White NOVA、お前がクイーンとケイPを連れて、吾らのアジトまで来い。メガネンジャーや他の仲間を連れてくるのはダメだ」

NOVA「俺と晶華、バットクイーンとケイPでいいんだな。分かった。言うとおりにする」

アスト「NOVAさん、すまねえ。俺のために(内心ニヤリ)」 

 

スピードA「何だ、この茶番は?」

NOVA「バトルストーリー・VSタイムジャッカー編の導入部の初期プロットだな。まだ、タイムジャッカーの4人目が読者A改めスピードAだと明かしていない段階の話。お前たちは、読者Aを人質だと偽って俺たちを誘き出し、そして現場で正体を現す予定だったのだ」

スピードA「なるほど。『フハハハハ、騙されたな。このオレこそが、タイムジャッカーのリーダー、読者Aが改造された瞬足戦士スピードA(エース)だったのだ』とやりたかったわけだな」

NOVA「しかし、この展開は、諸事情あってボツになった」

エース「どんな事情だよ?」

NOVA「どうして、この俺が読者Aのために、娘を危機にさらさなければならないんだ?  俺にとっての価値は、どう考えても『娘>読者A』だろうが」

エース「いや、そこはやっぱり、翔花ちゃんがオレのために涙目になってくれて、『NOVAちゃん、やっぱりアストさんを見捨てるわけにはいかないわ。私はどうなってもいいから、大切な読者の人を助けに行きましょう』と、あんたを説得するのが王道ストーリーというものではないか?」

NOVA「いや、晶華だったら、そんなことは言わないはず。『アストさん?  誰それ? そんな人、知らない』って言うか、『ええ?  人質救出?  どうして私がそんな面倒なことをしないといけないの?  私は家でゴロゴロして、ロードスの小説を読んでいたいんだから』って言うか、『人質救出をしないのね。NOVAちゃんがそう決めたなら、それでいいわよ。別に、私に迷惑がかかるわけじゃないし』と言うに違いない」

エース「ちょっ、オレの翔花ちゃんは、そんな薄情なキャラだっけ?」

NOVA「2号の晶華はそうなんだよ。1号の翔花だったら、もっと熱血で無邪気で単純明快な王道ヒロイン路線だから、『NOVAちゃん、人質はしっかり助けないと、ヒーロー好きの名がすたるというものよ』と俺を説得しようとする可能性も少なからずあるかもしれんが」

クラブキング「つまり、読者Aには人質の価値がないということだな」

エース「てめえ、キング、このオレに価値がないだと?」

ダイアナ・ジャック「まあまあ、エースちゃん。あくまで、これはIFの話でしょう? 実際には、あたしたちはエースちゃんを人質に見せかけて、相手を騙すような姑息なマネをしていないんだし、仮定の話で怒っても仕方ないわ」

NOVA「ダイアナは、チームの知恵袋なんだな。まあ、とにかく、このプロットは無理があるということでボツになった。大体、俺と読者Aの間には、ろくな人間関係も構築されていないんだぜ。親友とか大切な身内であるならともかく、命をかけて助けないといけない義理はないわけで」

エース「そんな冷たいことを言うなよ。あんた、作者じゃねえか。作者なら、自分の作品やブログのファンのために一肌脱いで当然、とは思わないのかよ」

NOVA「勘違いするなよ。それは『お客さまは神さま』理論と同じで、サービスの提供主に求めすぎ、甘えすぎって奴だ。『店は金をもらって、商品やサービスを提供する』『客は金を払って、商品やサービスを享受する』ここまではいい。商品やサービス内容に不備があれば、客がクレームを入れるのもいい。だがしかし、『金を払っているのだから、店は客を尊重し、一切の不快をなくすべきだ』という思考に陥ってはならない。客の尊重を店に求めるなら、店員への尊重が客にも求められる。自分は店から尊重されることを求めるが、店で働く従業員を尊重しようとしないような精神性は、質が悪いと考えるがどうか?」

エース「何の話だよ?  ここは店か?  オレは金を払う客か? そんなことはないだろうが」

NOVA「店と客の関係を、作者と読者の関係に置き換えて考えてくれよ。作者は、作品を提供する。読者は、作品を堪能する。ここまではいい。作品の内容に不備があれば、あるいは気に入らなければ、読者が不満を表明して批評するのも構わない。だがしかし、『作品を読んでいるんだから、作者は読者を尊重し、一切の不快をなくすべきだ』という思考に陥ってはならないだろう。ましてや、『読者なんだから、作者が読者に奉仕すべし』って考えは何それ?  って思わずにはいられない。行き過ぎたサービス精神が、ファンや読者を増長させ、勘違いさせる元になるのではないか、と考えたりする」

エース「つまり、あんたは作者だが、読者Aを助ける義理はないって言いたいんだな」

NOVA「ああ。読者A、アストという特定個人とは、それほどの人間関係を構築していないからな。もちろん、毎日うちのブログに来てくれる常連の一般読者さんや、検索などを通じて通りすがってくれる一見読者さんは、ありがたいと思っているよ。たまにコメント書いてもらえると嬉しいときもあるし、まあ、書かれたことに対しては、何らかの反応を返さなきゃ、と思ったりもする。ただし、コメント内容次第では、良かれ悪しかれ、ブログの記事内容に反映することも多いし、俺はインタラクティブという言葉が好きだからな」

エース「何だよ、インタラクティブって?」

NOVA「やられたらやり返す、双方向のやり取りってことだな。俺は割と自己完結型の人間だと自覚しているが、それには長所と短所があって、『人の話を聞かない自己中な性格』と見なされると、自己の世界が狭くなるというデメリットがある。そこから、どう受容と幅広い関心をもって、自己の世界を面白く広げて構築していくか、あるいは他者の世界と絡み合わせて行くかが鍵だと考えているんだが、それにはインタラクティブな関係というのが理想的だ」

エース「つまり、どういうことだってばよ?」

NOVA「ぶっちゃければ、面白くて柔軟な考えを持った人間とは喜んで付き合いたいし、自分もそうありたいってことだな。読者Aよ、お前はそういう男か?」 

エース「柔軟だと?  ふざけるな。オレはこのブログに登場した時から、翔花ちゃん一筋だったんだ。会員ナンバー2番はダテじゃね。この想いだけは曲げるわけにはいかねえ。それを邪魔する奴は、全てぶっ飛ばすぞォォォ! 」

NOVA「やれやれ。だったら、別のプロット案をお見せしよう」

 

アナザー導入部

 

晶華「コンパーニュの塔に遊びに行って、帰る途中の私。ルンルン気分で、森の中を歩いているの♪」

エース「あっ、翔花ちゃん、見〜つけた♪」

晶華「え?  あなた誰?」

エース「え?  オレだよ、オレ。翔花ちゃんをクイーンと崇める、ファンクラブ会員ナンバー2番のア・ス・ト」

晶華「あ、分かった。世間で評判になっているオレオレ詐偽さんね。いたいけなお年寄りから大金を騙し取る悪い奴」

エース「オレはそんな奴じゃねえ!  未来世界で快盗団マーキュリー・バットのメンバーとして一緒に戦った思い出を忘れたのかよ」

晶華「うん、忘れた。今の私はバットクイーンなんて黒歴史を持たない、ただの花粉症ガール2号なの。あなたなんて知らないから、さっさと未来に帰りなさい」

エース「オレは元々、未来じゃなくて、2018年の平成時代の人間なんだ。過酷な運命を乗り越えて、ようやく本来の自分の時代に帰って来たんだよ」

晶華「だったら、時代違いね。今は2019年で令和の時代なんだから。さっさと、平成にお帰り」

エース「ええい。ああ言えばこう言う。こうなったら力ずくで言うことを聞かすしかないようだな。ここで会ったが百年め。アジトに連れ帰って、あんなことやこんなことをして、バットクイーンの記憶を思い出させてやる」

晶華「そうはさせない。花粉分解で逃げて……」

エース「逃がさん!  オレはフラッシュやクイックシルバーゲイツリバイブ疾風並みの速度で動けるスピードA。花粉分解される前に、一撃を浴びせてやる(ドスッ)」

晶華「きゅ〜」

 

エース「へへへ。とうとう捕まえたよ〜、翔花ちゃん。これで、君の全てはオレのもの〜(ジュルリ)」

 

ダイアナ「ちょっと、何をやっているのよ、エースちゃん?」

エース「え?  オレか。オレが悪いのか?」

キング「いたいけな女子に力ずくで言うことを聞かそうとは、鬼畜の所業。見損なったぞ」

エース「いや、だから、これはボツプロットのIF世界の話だろう?  オレはこのような変態じゃないって」

NOVA「そうだな。こういうシーンは、現実には起こり得ない」

エース「さすがは作者。よく分かっているじゃないか。オレは女王に仕える公明正大な騎士みたいな男だからな。無理矢理ってのは好かんわけで……」

NOVA「そんなことはどうでもいい。このプロットの一番の問題点は別にあるんだ。今の晶華は、この俺の拠点である《夜明けの尖塔》と、ヒノキ姐さんのコンパーニュの塔の間は、次元リンク転送ゲートを使ってPONPON飛び回っている。だから、こんな何処とも知れぬ森の中を、赤ずきんちゃんや森のクマさんの歌に出てくるお嬢さんみたいに、一人で無防備に歩いているなんて、最初の状況設定からして有り得ないんだよ。読者Aが変態ストーカーかどうかの議論はさておき」

エース「さておくなよ。そいつは、このオレの名誉に関わる重要問題じゃねえか。下手をしたら、我らタイムジャッカー電撃隊のチームワークにも関わる深刻な問題だ」

ダイアナ「確かに変態をリーダーに祭り上げていたら、あたしたちの品性さえも疑われるわよね」

キング「力に頼ることそのものは否定するものでもないが、そこには王者らしい品格と、武人としての名誉を伴わねばな」

エース「勘弁してくれよ。オレは確かに翔花ちゃんの熱烈なファンで、彼女を慕うことストーカーの如し、と言われても否定はできねえが、翔花ちゃんを傷つけるようなことは決してしない純情な男だぜ。そう、この愛はプラトニックで、女神に捧げる清純な想いなんだ。決して邪なあんなことやこんなことを実行するような卑劣漢にはなりたくねえ。そんな妄想は、同人誌の中だけで十分だと思っているわけで、妄想と現実の境界線を安易に踏み越えちゃうような自制心のないオタクは、三流だと断言する」

NOVA「そこは同意するが、たとえ純愛であろうと、娘に言い寄るような男は、父親として看過できん。『同人誌であんなことやこんなこと』と公言して恥じない男を、身内には持ちたくないものよ。そんなことは気心の知れた同好の士の間でだけ口にしても受け入れられるもので、社会では一歩引かれる発言だということを自覚するがいい」

エース「そんなことを言って、NOVAさん、あんたは同好の士ではないのか?  花粉症ガールの物語を書きながら、『同人誌でよくある、あんなことやこんなこと』を妄想しているんじゃないのかよ」

NOVA「俺まで変態雑談に引き込むなよ。娘のことは可愛いと思っているし、『キャー、NOVAちゃん。助けて〜』と悲鳴を上げられたら、思わず助けたくなるぐらい愛しているが、エロ方向にリビドーが向かないんだよな、これが。あえて、そっち方面に向かうとしたら、『フフフ、あなたの血を吸って、甘美な闇の世界に引き込んであげる』というバットクイーンの方向性であって、年端もいかない少女に欲情するわけでないことは主張しておく。小さい子を可愛いと感じる気持ちと、大人の性欲は別ものであって、安易に混同するのはどうかと思うな」

エース「つまり、娘に対する庇護欲と、むらむら来る気持ちは別だと言いたいわけだな。ならばオレも主張するぜ。女神や女王を崇拝する気持ちは、変態じゃねえって。ただ、綺麗な物を冒涜的に俺色に染め上げたい気持ちだってあるわけで、そういう闇の欲望を浄化し、封印するための聖典こそが同人誌だとな」

NOVA「夏コミシーズンに合わせた同人誌談義に展開するのもありだが、俺とお前はそういう趣味話で仲良く盛り上がる関係ではないはずだ。話を戻すと、娘を拉致された俺は、ケイPやリバTを引き連れ、晶華救出に出向くプロットもあった。ついでに、屋久島編を終わらせた翔花1号と、プリンスシーサーに成長したシロ君も乱入して、タイムジャッカー電撃隊と壮大な決戦を描く流れだったんだが、結局、導入部が上手くいかないと、スムーズに進まないんだよな」

エース「今からでも遅くない。お盆休みは暇なんだろう?  書けよ」

NOVA「話が壮大すぎて、お盆休みの間には完結しそうにないからパス。他にもやりたいことはいっぱいあるんだ。タイムジャッカーの相手だけをしているわけにはいかない」

エース「だったら、どう決着を付けると言うんだよ」

NOVA「だから、今やってるだろう。ボツプロットの公開って奴を。プロットだけなら、短くまとめられるんだよ。だから気分が乗っている時は、壮大なプロットをとりあえず考えてみるんだよ。その瞬間は、文句なしに楽しい」

エース「プロットを考えるだけで楽しいのか?  だったら書いている時は?」

NOVA「書いている途中に飽きてきたり、別の話が思いついたり、執筆作業が長引くほど自分の物語が果たして面白いのか疑問が生じたり、完成までの迷いが生じるわけだな、これが。書いているうちに、自分のプロットに自分でツッコミ入れたりしながら、より整合性が高まることもあれば、うまく修正できずに書く作業自体が不毛に思えてくることもある。自分の描いた作品世界に完全に没入できればいいんだが、他のことに気を散らすと、どんどん寄り道したくなったり、現実逃避のはずの創作から、さらに逃避したくもなる。そのうち、壮大なはずのプロットが尻すぼみに終わる可能性もあったりなんかして、初志貫徹できない自分にがっかりしたり、それでも書き続ける自分を褒めてあげたり、アップダウンが加速するわけだ」

ダイアナ「創作家あるある、な告白タイムってわけね」

NOVA「そういう作家の心理状態に刺激を与えて、作品を完成に向かわせるフォローをするのが、編集さんだったり、読者の応援だったり、仕事の報酬だったりするわけだが、今の俺にはどれも得られないわけで」

エース「そんなことはない。読者Aのオレが応援する。だから、オレと翔花ちゃんのラブラブハッピーエンドな物語をだな……」

NOVA「却下する。なお、導入部のもう一つのプロットはこれだ」

 

ジ・アザー導入部

 

翔花1号「くらえ、私とシロちゃんの合体必殺技!」

シロ「石破ラブラブ天驚拳(仮称)❤️」

スペースG「GUHAAAAA」

 

翔花1号「よし、やっつけたよ。これで長かった新・屋久島編もようやく終わり。やっとNOVAちゃんのところに帰ることができる」

スペースG「グフフ。甘いな、花粉症ガールよ。この我を倒しても、全てが終わったわけではない。我を倒し、屋久島を覆う結界が解除されたとき、真の恐怖が現れる。その名は……ぐふっ」

翔花1号「真の恐怖?  何よ、それ?  死ぬ前に、話しておきなさいよ」

シロ「翔花、気をつけろ。何やら怪しい気配がする」

 

エース「あっ、翔花ちゃん、見〜つけた♪」

翔花1号「え、あなたが真の恐怖?  って、誰?」

エース「え?  オレだよ、オレ。翔花ちゃんをクイーンと崇める、ファンクラブ会員ナンバー2番のア・ス・ト」

翔花1号「あ、もしかして屋久島へ来るのを邪魔したタイムジャッカーの一人?」

シロ「もしかすると、スペースGを影で操っていたのが、タイムジャッカーだったというのか?」

エース「そんなスペースGのことなんて、どうでもいいじゃないか。それよりも、新・屋久島編の次は、このオレと南国ラブラブタイム編に移ろうよ」

シロ「待て。翔花とラブラブタイム編に移るのは、お前じゃなく、プリンスとなったこのオレサマだ」

エース「何?  オレの翔花ちゃんを呼び捨てだと?  獣戦士のくせに許さん。スピードA自慢のスピードで翻弄してやる!」

シロ「花の巫女のパートナーに認定された獣皇子をナメるな。スピードだったら、このオレサマだって負けてはいない。勝負だ!」

 

翔花1号「え?  二人が超加速で走り回って、よく見えないよ〜」

ダイアナ「隙あり(ドスっ)」

翔花「きゅ〜」

ダイアナ「エースちゃん。目的の花粉症ガールは確保したわ。さっさと、ずらかるわよ」

エース「よくやった、ジャック。じゃあな、白ネコ、あばよ。戦いの後で疲弊したお前じゃ、このオレのスピードには追いつけなかったようだな」

シロ「クッ。おのれ、タイムジャッカー。翔花はぼくが必ず、取り戻してやる(ガクッ)」

 

NOVA「新・屋久島編が終了したら、そこからタイムジャッカーとの戦いにつなげるプロットも考えた。だけど、新・屋久島編が夏で終わらなかったからなあ」

キング「そこまで考えておきながら、どうして終わらなかったのだ?」

NOVA「ゴブリンが悪い」

ダイアナ「要は、思いきり寄り道して、現実逃避した結果ね」

NOVA「仕方ないだろう。翔花伝で、人気がある記事が何か分かるか?  翔花の話じゃなくて、ソード・ワールドとかゴブリンスレイヤーのキャラ作りとか、妄想リプレイ記事なんだぜ。そりゃ、読者の需要に応じたくなるのが人情ってものじゃないかよ」

キング「では、こちらのブログで人気のある記事は何なのだ?」

NOVA「1位はスパクロ関係で、2位が特撮関係。昔の時代劇話とか、懐かし特撮話を目当てに来た人もいて、その辺はまあ納得。あと、『タイムジャッカー』というタイトルの付いた記事にも人は来ているが、それはお前たちじゃなくて、ジオウ効果って奴だろうな。だから、ジオウのタイムジャッカー話で見に来たのに、お前たちアナザー・タイムジャッカーの話だと知って、騙されたと感じた一見客もいるだろう、と推察する。そういう人には、済まなかったな、と述べておくが」

エース「つまり、オレたちの人気はゴブリン以下ということか」

NOVA「そうだな。俺もこの記事はここで一旦、止めて、本の買い出しに出かけるし。ゴブリン目当てにな」

エース「おのれ、ゴブリン。オレたちの運命がよもやゴブリンに狂わされようとは」

NOVA「秋以降も、ゴブリン追跡は続く予定だぜ」 

ゴブリンスレイヤー11 (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー11 (GA文庫)

 

(当記事 完。『幻のタイムジャッカー話3』につづく)