White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

〈事象の分岐点〉の転移

別ブログからの転移


【MAD】虹色のクリスタルスカイ/超力戦隊オーレンジャー/Chouriki Sentai Ohranger

 


Macross 7- Sivil y Gigil

 

  楽器と歌声の唱和する超時空エネルギーが、次元嵐の脅威にさらされた〈事象の分岐点〉を空間転移させ、この新世界であるNEOブログ時空に誘った。

  ……ええと、突然、何の話をしているか分からない読者の人に説明すると、まずは、こちらの記事を読んで欲しい。まあ、その記事だけじゃまだ分からないと思うので、いろいろ遡って読む必要があるかもしれない。

 え、そんな面倒くさいことはしたくない?  もっとかいつまんで、あらすじぐらい説明して欲しい、という面倒くさがりな人に対しては、「フッ、仕方ない奴だ。他ならぬ大事な読者のためだ。今の私は、停電明けで気分がいい。記事書きの練習と思って、あらすじぐらい書いてやろう。ありがたく読むがいい」と寛大な気分で、かつ上から目線であらすじを書いちゃうぞ。

前回までのあらすじ

 

   当ブログの管理人White NOVAは、自称・時空魔術師にして言霊魔術師、表の稼業は塾講師というキャラをロールプレイしながら、日々、ブログ書きに邁進している。

   花粉症ガール・粉杉翔花は、NOVAが今年の春先に花粉症と疲労で幻覚症状に襲われ、PONと生み出された可愛い女の子だ。まあ、普通、こういう設定だと、妄想少女を自分の嫁にしちゃいがちだと考えるのだが、50歳を目前にしたNOVAの倫理観では、嫁より娘でしょ、というセンスで、ファザコン精霊少女の粉杉翔花が誕生したのであった。

 

  その後、いろいろあって、翔花は二つのキャラに分裂。バトル創作担当の姉・翔花1号と、日常雑談担当の妹・翔花2号になったのだが、何だか2号の方も非日常世界に突入して、「明鏡戦隊メガネンジャーの新米戦士メガネシルバー」になったり、九州に温泉旅行に行った先で過去に飛ばされたり、未来に飛ばされたり、姉以上の波乱万丈の冒険を経験することになった。本人曰く、「どうしてインドア派の私が、お姉ちゃんよりも忙しく時空を駆け回る羽目になったのよ!」

 

   で、未来世界でタイムジャッカーという連中に改造されて、コウモリの遺伝子を植え付けられて、吸血花粉症ガールと化した翔花2号は、NOVAへの刺客になって帰ってきたわけだが、NOVAは洗脳された人格アナザーショーカを封印し、娘の翔花2号には、新たに粉杉晶華という同音異字の名前を再設定し、夏が終わった9月から新たな物語やブログ記事を書こうとワクワクしていた。

   そして、晶華が、「旧・空想(妄想)タイム」や「GTライフ」、そして、ここ「NEO空想(妄想)タイム」の3つのブログ時空で、父親のNOVAの追っかけ生活を満喫していた時に、次元嵐の襲撃に見舞われた。

   ブログ世界で、NOVAはリアル生活の自宅と、空想空間の〈事象の分岐点〉の二つの拠点を描写してきた。しかし、リアル自宅が台風21号という天災のために停電状態に陥ったのを反映するかのように、〈事象の分岐点〉も次元嵐に襲われたわけである。

 

   そして、NOVAと晶華たちが、いかにして次元嵐の脅威を逃れるに至って、拠点ごと、この新ブログに移ったかの顛末が前回の話。

   歌と音楽の力で、嵐を乗り越え、次元の壁を突き抜け、虹色クリスタルスカイな新世界に至ったのが、上記の動画のイメージだったりもして。では、改めて本編へどうぞ。

 

新世界にて

NOVA「よし、無事に〈事象の分岐点〉が新世界に到達したようだな」

晶華「私の変身も解けちゃったみたいね。協力してくれたアナザーちゃんも力を消耗したようで、私の奥で封印の眠りについている。しばらく起きて来ないんじゃないかしら」

NOVA「だといいがな。一時的に協力はしたが、あいつがタイムジャッカーの手先であることには変わりはない。完全に信用できるわけじゃないからな」

ハイラス「それにしても、今回の次元嵐を想定して、このような緊急避難用の新世界を準備していたとは、さすがNOVA殿の先見の明と感服しているでござる」

NOVA「いや、さすがに次元嵐までは想定していないって。ここの新世界が用意されていたのも偶然だ。はてなの旧ブログが半年後に終了するという知らせが届いたから、移行用の新世界を9月1日に作って、さあ、これからじっくり整えていくぞ、と思っていた矢先だったんだ。まさか、拠点をここに移すときがこれほど早く来るとはな」

ケイP『それも運命って奴じゃないか。タイムジャッカーの襲来も、新世界創造も、マスターがブログ展開する上での見事な契機になっていくようだし』

NOVA「なっていくんじゃねえ。俺の意志でそうしているんだよ。もちろん、次元嵐は俺にとって不可抗力だし、アナザーショーカの力を借りるなど、相当ヤバい賭けだったと思う。全てを俺の意志で紡いだといえば、俺は神にだってなれると自惚れるが、そうじゃねえ。俺は目前の事態に対して、必死で考えながら臨機に最善の結果を紡げるように考え、手を打ったに過ぎん。結果的に上手くいったなら、それは運命ではなく、個人の知恵と努力の結晶って奴だ。もしも運命というのが本当にあって、俺を不幸にしようというのなら、俺はそれに抗い、良き結果に変えようと努力するし、運命が幸運をもたらすのなら、よっしゃラッキーと喜びながらも、油断をしないように気を引き締めるな。俺の好きな四文字熟語Wフォームは『人間万事塞翁ヶ馬』だ」

ハイラス「四文字熟語のWフォーム、つまり八文字熟語とは、また不思議な物言いでござるが、要は幸運も不運も生じ得る。ただ、それをどう受け止めて、自分を磨いたり、戒める材料にしていくかが肝心で、達観することが大切ということだな」

NOVA「まあ、考えても仕方ないことは諦観もするが、ここぞというところでピンチをチャンスに変える転禍為福の精神は、最近よく使うよなあ。それだけ、今年は禍が多いってことなんだろうが、平成の最後はここまで災害続きでハードモード過ぎる、と考えることもしばしばだ。まるで、次の時代に生き抜ける人間を選抜しているかのようにな」

ケイP『マスターは、ドゴラは生き残れると思うか?』

NOVA「ほれ」

宇宙大怪獣 ドゴラ 蓄光バージョン 約300mm 塗装済み完成品フィギュア

ケイP『こ、これは?』

NOVA「以前に見つからなかったドゴラのフィギュアだ。拾う神もあれば、拾われるドゴラもいるもんだな」

ケイP『おお、新元号はドゴラの時代キター。これで、世界の全てをドゴラ色に塗りつぶすことができる』

NOVA「やめい。そりゃ、今のこの場では、お前が最強だったりするよ。俺も晶華も、それにハイラスも。次元嵐を切り抜けるのに力を使い果たして、ボロボロな状態だ。今、この場でタイムジャッカーに襲撃されたりしたら、詰んでしまう。力を残したお前だけが頼りだ。逆に言えば、お前が今この場で俺たちの敵に回ったら、お前のやりたい放題できるというものだ。試してみるかい(ニヤリ)」

ケイP『まさか。マスターには人間性とか、いろいろ教えてもらったし、このブログ時空でマスターの怒りを買ったらどうなるか、ガメラと戦った時に学習した。今さら、マスターをおらが敵に回すようなことがあるわけねえよ。大体、今、この場でドゴラのフィギュアを提示してみせたマスターの心意気には、痺れたくらいだぜ。ああ、昔のちょっとした会話を覚えていたんだなって』

NOVA「まあ、自分が書いた記事ぐらいは覚えているさ。もっとも、意識がないのに書き続けていたケースも稀ながらあるが」

ケイP『とにかく、マスターNOVAには、かっぱえびせんの恩義だってある。ただの石炭を吸うしか能のない原始ドゴラ族に、文明化されたドゴラン・サピエンスであるおらがかっぱえびせんの美味しさを啓蒙してやりてえぐらいだ。おらはドゴラ界のかっぱえびせん教教祖になったって構わねえぞ。カルビーの工場を襲撃するような輩がいれば、そいつはおらが命に代えても成敗してくれる』

NOVA「いやいや、カルビーを破壊されて困るのは、全国のポテトチップス信者だって同じだ。ライバルは湖池屋だろうが、カルビーにはかつて伝説の『仮面ライダースナック』を販売した実績もある。まあ、俺は実物を食べたことはないんだが。そして、カルビーと言えば何よりもサッポロポテトだろうな。風の噂では、北海道も現在、関西に劣らぬ災厄に見舞われているそうだが、早急の復旧を我が事のように願うばかりだ。北海道に問題が起これば、全国の食糧事情も悪化する可能性が高いからな」

晶華「お菓子や食べ物の話ばかりされると、お腹が空いちゃったよ〜。次元転移でエネルギーの消耗も激しいし、NOVAちゃん、お願い、血をちょうだい」

NOVA「エネルギーの消耗が激しいのは、俺も同じだ。今、血を抜かれると、本気で死んじまう。大体、お前に血を提供するのは、一月に一度という約束だ。27日まではあと半月以上もある。それまでは、フルーツで我慢しなさい」

晶華「分かった。で、フルーツはどこにあるの?」

NOVA「……ハイラス、お前も疲れているのに悪いが、外の世界に行って、食料を集めて来てくれないか。娘とケイPも一緒にな。この新世界は次元の狭間ではなく、自然の豊かな大地の上にあるから、お前の手腕があれば、食料の採取は簡単なはずだ」

ハイラス「ああ、次元嵐を防ぎ止めることに比べれば、自然の中から食料を集めることぐらいお安い御用だ。ある意味、次元の監視任務よりもよほど楽勝でござる」

NOVA「よし、晶華、ケイP、ハイラスおじさんの言うことを聞いて、食料採集ミッションを必ず成功させるんだぞ。飲料水の確保なども忘れるな。文明の利器が使えない状況でのサバイバル生活もいい経験だ」

晶華「NOVAちゃんはどうするのよ」

NOVA「俺か? 俺は拠点に残って、エネルギーや通信の復旧という重要任務に専念したい。位置座標が大きく変わったから、まずはそれに合わせて誤差を修正しながら、多元世界への通信網を再設定し直す。通信網が構築できれば、次元エネルギーの流れるルートもはっきりするから、時空バッテリーを効率的に起動させることもできるだろうし、魔力の充填も容易くなる。食料とエネルギーと情報、これが過酷なサバイバル生活を送る上で必要な三要素だとは、今の俺なら説得力を持って語ることもできるぜ。そう、エネルギーが回復しなければ、異世界の監視任務にも支障が生じるし、タイムジャッカーの動向もつかめん。せめて、ケイPが電気属性の技を習得していれば良かったんだが、九州修行の途中で身に付ける予定もあったのだが、そこまで九州編の話が展開する前に、こっちがいろいろ大変な目に合っているのは、一体どういうことなんだろうな」

晶華「そんなの私が知るか。過去に飛ばされたり、未来に飛ばされたり、そこで改造されたりした話を書いたのは誰よ」

NOVA「そんなことを言ったら、阪神間に台風を直撃させて、自宅の周りが酷い被害を受けたりもして、一部の家は屋根も飛んだりして、さらに三日間の停電生活を余儀なくされて、ネットでの情報収集もままならなかったのは、誰の書いた話だ? 俺のリアルに作者がいるのなら、俺は神にせよ、作者にせよ呪ってやりたいとも思うが、まあ、そんなことをしても意味がないので、そこは生き延びて、日常生活に復帰できて、ニチアサが見られそうな現状を感謝したいところだ。この大変な状況を、よく頑張って切り抜けたな、偉いぞ、俺とも褒めながらな。ついでに、もう後は無事平穏かつ有意義に平成の最後を楽しく過ごせるよう願いも込める」

ハイラス「うむ。時に厳しい自然を恨むことなく、その恵みに感謝を捧げながら、自身の精進の糧と為すことこそドルイ道でござるな」

晶華「分かった。誰かのせいにしたりはしない。NOVAちゃんといっしょに、希望を持って試練に挑めることを感謝しているよ。食べ物のことは私たちに任せて、NOVAちゃんは通信とエネルギーの調整をお願いするね」

NOVA「ああ、任せておけ。それと、これを持って行け」

 

 晶華「ええと、これは何?」

NOVA「血とは別に、3年分の誕生日プレゼントと思ってくれ。市販のスマートウォッチに似ているが、時空魔術師特製の通信装置だな。今度の仮面ライダーも時計がモチーフだし、マジックアイテムとして通信機能に特化したものを自分でも試験的にこしらえてみた。お前は時を翔ける精霊少女に育ったようだから、いざという時の連絡用に必要だろう? 俺も娘が行方不明なのは勘弁して欲しいしな」

晶華「ありがとう(ニッコリ)」

NOVA「後は、Kカプセルを参考に作った収納カプセルを10個ほど渡しておく。食材用、飲料水用、後は散策の途中で何か珍しいものを見つけたら、適当に持って帰るのに使ってもいいぞ。さすがに、生き物を捕まえる用には作ってないので、無理矢理詰め込んでも命の保証はできん。あくまで物品運搬用のアイテムと思ってくれ」

ポケットモンスター ボールコレクション SPECIAL

 ケイP『ヒャー、こりゃ驚いたな。マスターNOVAがまるでドクター、博士みたいに思えてきた』

NOVA「いや、俺は天才物理学者じゃないから、科学の力で作ったわけじゃないが、モデルさえあれば、マジックアイテムとして同種の物品を再現してみることは可能だ。問題は、時計通信機の場合、市販のスマホに電波を送る機能がないため、あくまで俺製の通信機との間でしか通信ができないことと精霊ネットには対応していないこと。カプセルの場合は、収納できる容積がせいぜい人間サイズまでに限られること。巨大ロボットやマシンを携帯することは不可能。あと収納状態が決してよろしくないので、壊れやすいものを入れると、取り出した時に一部が欠けてしまったり、変形してしまったりする」

ハイラス「だが、食材を運ぶには十分でござるな。やはり、あれこれ考えて準備していた先見の明と言ってもよかろう」

NOVA「ゲームマスターの性分って奴だな。いろいろ想定して、必要そうな物を準備しておくのは」

晶華「よ〜し、食材を求めて新世界散策の旅の始まりだよ。NOVAちゃん、留守番はお願いね」

NOVA「ああ。ハイラス、娘とアシモンの引率を頼むな」

ハイラス「あい、分かったでござる」

 

(こうして、次元ドルイドと、花粉症ガールと、ドゴランボールの奇妙な3人組の短い探索行が始まった。彼らが新世界で見つけるのは一体何か?  秋の遠足気分で本記事は完)