White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

近況報告(創作活動について)

 久々の記事だ。
 まあ、最近は、ぼくが書かなくても、勝手にツイッターからつぶやき記事が送られてくるんだけど、つぶやき癖が付いていないものだから、結局、空つぶやきだけという始末。それでも、その日数だけここを連続更新しているという扱い。
 さすがに、そういう形で更新日数を稼いでもセコいと思うので、空つぶやきの分はばっさり削除と。


 で、ここを更新しない間、何をしていたかというと、まずは本職の塾講師らしく、夏期講習という普段よりも忙しく働いていた時期ということで。
 まあ、それでも、仕事から疲れて帰っても、基本的に自サイトはチェックするので、日記ぐらいは……という余力はあるはずなんですけど、その余力を全て、創作活動と、その関連掲示板の書き込みに費やしてますからね。
 自分の掲示板に書く文量の3倍〜5倍は、よそ様で書いているので、それを認めてくださる寛大な管理人さまに感謝しつつ、好き放題させてもらっている状況。
 一応、自分の創作活動については、興味のある人は、こちらの別館サイトをごらんあれ、と申し上げつつ。

プレ・ラーリオス『太陽の失墜』

 これまで比較的スローペースでのんびり書いていたんだけど、6月以来、一気に9章分書いて、今年の9月には第3部完結予定。
 中身は何なんだ? という興味を感じた(でも今まで未チェックな)方のために説明しておくと、うちの掲示板で始まった『星輝士ラーリオス』という近未来特撮ヒーローアクション(&聖闘士星矢みたいな鎧もの)小説企画にのっとって、背景世界を固めるための前日譚が自作『プレ・ラーリオス』シリーズ。
 で、その第一作の『太陽の失墜』は、星輝士バトル紹介編にして、ラスボスが「闇と炎の魔神ラーリオス」という逆転構造の作品。ええと、こちらのラーリオスは、文字どおりのプレ・ラーリオスで、別作者の本編主人公のラーリオスとは別人設定。ヒーローであるラーリオス誕生以前の失敗作というオチ。
 元ネタとしては、『仮面ライダーBLACK』『聖闘士星矢』以外に、ファンタジーRPGと、必殺シリーズのフレーバーが入ってます。よって、特撮、メカロボ、RPG、必殺のファン(つまりNOVAの趣味の理解できる人)が読めば、ニヤリとできるパロディが発見できるはず。

プレ・ラーリオス『夜明けのレクイエム』

 そして、今、書いている『夜明けのレクイエム』は、『失墜』よりも大作で、書き始めてから3年経過してます。
 こちらは、『失墜』の裏話で、プレ・ラーリオスとして暴走してしまった少年が主人公。彼が秘密組織ゾディアックに拉致されながらも、そこで学習・修業する過程を描く展開。
 ゾディアックが、ショッカーやゴルゴムみたいな単純な悪の組織ではなく、歴史の影で世界の秩序を守ってきた、でも、どこか歪みを帯びてしまった組織となってます。平成ライダーシリーズのZECT辺りが近いかも。
 そんな組織なので、最初は不審に思いながらも、ラーリオスとしての自覚を高め、次第に星輝士としての力を習得する過程がじっくり描かれます。で、最近になって、ようやくバトルアクションを描けるようになった、と。修業期間、長すぎ……な小説ですね。普通は、回想シーンなんかで処理されるものを、みっちり描いたわけで。
 まあ、彼がラーリオスに変身しちゃうと、暴走して『失墜』の悲劇になってしまうので、変身しない変身ヒーロー物というプロットなんですけど。まあ、主人公が変身しない魔法少女物もあったので、プロット的には、その先取りになったかな、と自画自賛しつつ。

レクイエムの想定読者

 で、『夜明けのレクイエム』は、どういうファン層向きか、と考えると、
 バトルアクションに至るまでが長いので、そういうのを期待する人は、しばし我慢して、となりますね。先に『失墜』読んでから、となります。
 雰囲気としては、アメリカンな学生が拉致されて、となって、若干、アメリカン・ハイスクールの感性みたいなものが強調されています。で、オタク(ナード)じゃないけれど、トップスターにはなりきれない内気なスポーツ少年(劣等感かかえてる)が、美少女転校生への恋愛感情が芽生えて、さわやか青春ライフ……に突入しかけたところで、彼女は秘密結社ゾディアックの一員ということが分かって、拉致というスタート。
 美少女について行ったら、過酷な運命に巻き込まれてしまった、という主人公に共感できる人なら、お勧めかと。一応、『失墜』で描けなかった、ヒロイン要素を増強した作品とは言えるんですけど、NOVAが女性キャラを描くのが苦手なもので、なかなか苦労しております。
 次に、「ハードボイルド」とか「欲望をかなえる力の石」みたいな要素があって、平成ライダーファンにはニヤリとできると思いますが、一応、どちらの設定もWやオーズ以前に発表していた、と主張しておきます。パクリじゃないよ、時流に合っただけだよ、と自分では思い、主張しておきます。まあ、ヒーロー番組見ながら、取り込めるフレーバーは迷うことなく絡めたりもしているんですけどね。その辺は、分かる人には分かるパロディ感覚で、受け止めてもらえれば。
 もっと、はっきりしているのは、「修業というテーマでゲキレンジャー(主人公がリオ様と呼ばれるのは確信犯)」、「ハリウッド映画のスター・ウォーズターミネーター」、「特撮オタクの少年星輝士(ゴーカイシルバーの先取り?)」などなど、読めば読むほど趣味要素丸出しですね。
 あとは、ファンタジーRPG要素かな。必殺ネタは影を潜めているけど、まあ、商売人ネタをちらっと入れるなど、ないわけじゃない。どちらかと言うと、「仕事人になりきれずに散っていく者」のテイストかな、とも思いつつ。


 まあ、そんなわけで趣味丸出しの創作に心血を注ぎ込んでいたってことで。
 こんなけ書いていたなら、ブログがおろそかになっても仕方ないよな、とご理解いただければ。いや、ブログのみの読者の人には申し訳ないんですけどね。これを機に、こっちの創作もチェックいただければ、というのが本音。

★創作ページ扉
★『太陽の失墜』
★『夜明けのレクイエム』