Shiny NOVA&晶華のNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

妖精郷の、ペガサスライダー(SWフェアリーガーデン1ー5)

パスタ探しの続き

 

GM(セイリュウ)「第3ミッションを続けよう」

マークス(ケイPマーク2)「GM様。今、私たちがいる羊ヶ原では武具を買うことができるのですね」

GM「ああ。Aランク以下のものがな」

マークス「リオンさん、ミリィさん、前回、私たちは骨の丘で大金となるアイテムを手に入れました。ここで、それを分配しませんか?」

サイバ(NOVA)「1590ガメルを3人で分けたら、530ガメルになるな」

マークス「そのお金があれば、私は今、使っているラウンドシールドをタワーシールドに買い換えることができるのですよ。それで防護点が1増えることに」

ミリィ(晶華)「へえ。だったら認めてあげてもいいんじゃない?」

サイバ「そうだな。では、お金を530ガメルずつ分配して、キャプテンの望みどおりにするといい」

マークス「ありがとうございます。では手持ちの100ガメルと530ガメルで630ガメルになって、そこから600G支払ってタワーシールドを買います。ラウンドシールドが50ガメルで引き取ってもらえるので、手持ちは80ガメル。これで防護点が8になりました。練技のビートルスキンを使えば10点まで物理攻撃を防ぎ止めることができます」

サイバ「ぼくは貯金しておくよ。今はまだ欲しいアイテムがあるわけじゃないからね」

ミリィ「あたしは5点魔晶石が買えるけど、ここでは売っていないのよね」

GM「魔法関連の品物は、ドワーフのスホイには専門外だからな。それが欲しければ、風車の谷に行くことだ」

ミリィ「または、ドリアさんに作ってもらうか、ね。とにかく、あたしも今は貯金しておくわ」

サイバ「では、キャプテンの買い物が済んだところで、屋根付き橋に向かいますか。ミリィ、移動判定をしてくれ」

ミリィ「はい、(コロコロ)5」

GM「それは別エリアへの移動なら失敗するところだが、同じ北東エリアの移動なのでセーフとなる」

ミリィ「ラッキー。同じエリア間の移動なら5以上がセーフで、違うエリア間なら6以上がセーフね。今回は成功して良かったわ」

GM「では、9日目の朝に羊ヶ原を出発して、昼には屋根付き橋のある小川に到着したとしよう」

 

 北東エリア:小川と屋根付き橋(9日め昼)

 

サイバ「当リプレイでの妖精郷の地図を改めて作ってみた」

 

●妖精郷の探索範囲(第1部5話時点)

 

骨の丘         屋根付き橋

 l            l

大神殿ーー停留所ーー花畑ー羊ヶ原

 l     l

火柱の塔   l薬草園ー鏡の池

l      l l

l煙草の森ーおもてなし亭

l l

風車の谷ーー赤い河

 l

鳥籠の木

  • 中央エリア:おもてなし亭、薬草園、鏡の池
  • 西エリア:煙草好きの森、火柱の塔
  • 南西エリア:風車の谷、鳥籠の木
  • 南エリア:赤い河
  • 北西エリア:大神殿、骨の丘
  • 北エリア:停留所
  • 北東エリア:羊ヶ原、花畑、屋根付き橋 

サイバ「とりあえず、今、探索した範囲はこんな感じだな。全体の約3分の1ぐらい。もちろん、それぞれの土地で発生するイベントはまだまだ消化不良だ。こちらのレベルが上がれば新たに発生するイベントもあるからな」

ミリィ「おつかれさま。これで読者の皆さんも、あたしたちの旅の道程が分かりやすくなったかもね。それで、今いる屋根付き橋ってどういうところなのかしら」

GM「うむ。瑞々しい緑の草花に覆われた野原を、小さな川が横切っている場所だ。さらさら流れる水がきれいに澄んだ川には、屋根の付いた橋が掛かっている。橋を渡るなら、イベントが発生するが?」

サイバ「そう言われたら、とりあえず渡ってみるしかないんだが」

GM「ならば、魔法使い系技能レベル+知力で判定せよ」

サイバ「ぼくは12だ」

ミリィ「13よ」

マークス「12です」

GM「(誰も成功しないなら、幻に気付く者はいない、と)すると、反対側から2人の女性が歩いてくるのが見える。1人は長い黒髪の人間で、もう1人は金髪のエルフだ」

ミリィ「それは、レイリアさんとディードリットさんかしら?」

サイバ「さすがに、それはないだろう。とりあえず、美しい女性なら、声を掛けてみよう。やあ、どうも……」

GM「2人はサイバをスルーして、自分たちだけの話を始める」

 

黒髪の女性『ここは、忘れ去ってしまった日々を思い出すことのできる橋。貴女には、わたくしたちの信頼と友情をもう一度、思い出して欲しいの』

金髪のエルフ『こんなところに連れて来なくても、私は覚えているわ。貴女は私の大切な親友。だからこそ、貴女のしようとしていることを見逃すわけにはいかないのよ』

黒髪の女性『そう……やはり、エルフの貴女には分からないのね。わたくしの心の痛みと苦しみが! 仕方ありませんわ、アラマユ! わたくしを止めると言うのなら、止めてごらんなさい! わたくしは自分の望みを決してあきらめない!』

 

GM「そう言って、黒髪の女性はその場を立ち去った。その後を見送るエルフの寂しそうな、それでいて決意をにじませた表情が印象に残った……と思うと、どちらの女性の痕跡もその場からは消え去る」

サイバ「もしかして、今のは幻だったのか?」

マークス「過去の記憶が、この橋に込められた魔力によって映像化されたのでしょうか?」

ミリィ「金髪のエルフがアラマユさん? すると、私のご先祖さま? それとも過去世の姿なのかしら? だから、こんな幻が見えたとでも?」

サイバ「それは知らんが、黒髪の女性が何かをやらかそうとしているのを、アラマユさんが止めようとしている物語と判断するんだが」

GM「アラマユの記憶の片鱗を目撃したお前たちには、★3つを進呈しよう」

ミリィ「かなり重要な情報だったみたいね」

GM「そして、橋を渡ったお前たちは、にわかに空腹感を覚える。まるで1日何も食べなかったような感覚だ。すぐに保存食を食べなければ、空腹で判定マイナス1のペナルティーを受ける」

サイバ「だったら、ここでランチタイムとしよう」

GM「それでは、昼食をとり終わる頃に、のんびり空を眺めていると、上空を横切るペガサスの姿が見えた。ペガサスの背には小さな影が乗っていて、紫の帽子をかぶっているようだ」

ミリィ「パスタさんみたいね。すぐにペガサスの後を追いましょう」

GM「では、追いかけっこイベントを始めよう」

 

ペガサスを追って(9日め夕方)

 

GM「追いかけっこイベントは、この北東エリアの各地を走り回ることになるが、時間経過はイベント全体で1tbとする。つまり、夕方の4時間かけて空飛ぶペガサスを追跡するわけだ」

サイバ「夕方といっても、時間帯的には午後2時から6時ぐらいになるわけだね。実質、日中から日が暮れる頃までという扱いだ、と」

GM「では、最初に花畑か羊ヶ原のどちらに向かったか、ランダムに決めるといい」

ミリィ「1Dで4が出たので、羊ヶ原に戻って来たわ」

GM「さらに1Dを振れ」

ミリィ「2」

GM「崖から落ちる」

ミリィ「キャーーーーッ」

GM「落ちる前に、目標値10で危険感知判定ができるぞ。失敗した者は8メートルの落下ダメージを受けるということで」

サイバ「危険感知は、スカウトかレンジャー+知力が基準値なんだが、どちらも持っていないぼくは平目で振るしかない。(コロコロ)おわー、ピンゾロ。フッ、崖から落ちても、そこから何かを学ぶ。経験点50点ゲット。ヒューン。落下ダメージは距離×3なので24点かあ。平目で受け身判定して11点減らして、さらに防護点3点を減らすから、受けたダメージは10点で済んだ。HPが残り8点だよ。危うく命を落とすところだった」

ミリィ「あたしは崖に気付いて踏みとどまることができたわ」

マークス「私も、でございます」

サイバ「くっ、このフェアリーガーデンでは、探索役じゃなくても、スカウトかレンジャーの技能は命を守る保険として必要と見た。自分の怪我は【アースヒール】で自分で治すとしよう。MP3点使って7点回復。これでHP15点、MP24点だな」

 

GM「さらに追跡続行するなら、花畑に移動して1Dを振れ」

サイバ「今度はぼくが。1」

GM「魔物にぶつかる。一応、目標値9の危険感知判定で避けられるが」

サイバ「出目3。避けられるはずがない」

GM「登場する魔物は1体のブラックスコーピオンだ。全長1メートルほどの黒い甲殻を持った大サソリという外見だが」

サイバ「魔物知識判定の達成値は、出目3で8」

ミリィ「ダメね、それじゃ。あたしも振るわ。出目5で9」

サイバ「大差ないじゃないか」

GM「それでも知名度8なので、データは分かる。レベル3でHP24」

ミリィ「先制判定は任せて。10よ」

GM「こちらも先制値10なので、そちらが先行ということになる」

マークス「では、私が最初に殴ります。マッスルベアーでダメージ+2、魔力撃でダメージ+4を宣言して、命中は13」

GM「回避は11なので、普通に当たった」

マークス「ダメージは18点」

GM「2点防いで、16点くらって残りHP8点だな」

ミリィ「じゃあ、次はあたしね。こちらも魔力撃を使うわ。命中は13で当てて、ダメージはクリティカル! だけど、追加ダメージダイスがピンゾロで経験点50点稼いで、結局、合計ダメージは13点。魔力撃の+5が大きいわね」

GM「それで倒された」

サイバ「何もしなかったので、戦利品ダイスだけ振るよ。よし、出目11で〈黒サソリの肝〉(150G)をゲット。他は自動で得られる〈毒針〉(15G)か」

GM「あとは、魔物退治の経験点30点と、★2つを進呈しよう」

ミリィ「今回のミッション初バトルの戦果は上々ね」

 

GM「次は、新たな地点に向かうことになる。道はつながらないが、北東エリアに新たな地形がオープンされる」

マークス「私が振りましょう。56ですね」

GM「そこは、魔法陣の広場といって、いくつもの魔法陣に囲まれた場所だ。古代の訓練施設だったらしく、足を踏み込むと、いろいろな魔物が出現したり、クエストが発生したりして経験点稼ぎができる場所だが、今回のイベントではただの通過地点ということでスルーするものとする」

サイバ「なお、これは余談だが、魔法陣と魔方陣の2つがしばしば表記として混同されているんだな。いわゆる円形のマジックサークル(魔法円)は魔法陣と表記されるのが正解で、魔方陣(英名マジックスクエア)だと文字どおり四角形の数字パズル(9マスが基本形式で、縦横斜めの数字の合計が同じになるように数字を配置させるものが一般的)ということになる。

ファンタジー小説を読んでも、しばしば誤表記されるだけでなく、フェアリーガーデンでもマジックサークルのことを魔方陣表記されているわけだが、当リプレイでは『魔法陣』と正しく表記することを宣言しておく。原書では『転移の魔方陣』とか『魔方陣の広場』となっているものを、書き手のこだわりで魔法陣と改定表記しているということで」

ミリィ「召喚と召還を間違えるようなものね」

サイバ「安易に漢字変換に頼って、漢字や熟語の意味には鈍感なファンタジー作家が増えている弊害だな。もちろん、言葉は生き物であって、誤表記も一般化すれば正解として用いられるのだろうし、誤表記ばかりを気にして、作品の本質的な面白さに気付かない、認めようとしないのも頑なで損しているとは思うけどな」

GM「時空魔術師は、つまらぬことにこだわるものよな」

サイバ「まあ、こういう形式美にこだわるからこそ、マニア(魔似合)と名乗れるものだと思います」

ミリィ「何よ、その魔似合って表記は?」

サイバ「今、思いついた造語だ。魔似合と書いて、マニアと読む。サブカルチャーの魅力、魔力にどっぷり浸かって調和適合した存在に対する称号を『魔似合』と呼ぶってのは、どこかの民明書房に書いているんじゃないかと思ってな」

マークス「際限なく話が脱線しそうな気配なので、ランダムイベントのダイスを振ります。1」

サイバ「また、敵と戦うのかよ」

GM「いや、6が出るか、すでに出たのと同じ出目の場合、そこで追いかけっこイベントが終了する。この場合は……魔法陣の魔力がペガサスの飛行能力に干渉して、強制不時着したと判断しようか」

サイバ「おお、だったら、そちらへ向かって駆け出すぞ」

GM「しかし、その時、サイバは気付かなかった。地面の下からジャイアントセンチピートが出現することに」

サイバ「うおっ、サソリの次はムカデかよ」

GM「これが今回のミッションの最終バトルだ」

 

大ムカデとの戦いを経て

 

サイバ「デスコーピオンとか、ムカデリンガーとか、まるでビーファイターカブトの敵チーム、ビークラッシャーを思い出すなあ」

マークス「ビークラッシャーは4人のチーム。他にはカマキリのキルマンティスと、蜂のビーザックがいるみたいですね」

サイバ「とにかく、魔物知識判定は15」

GM「弱点まで見抜いた。レベル2剣のかけら入りで、HPは26点だ。弱点は物理ダメージ+2点」

サイバ「HPを除けば、さっきのサソリよりもザコっぽいな」

ミリィ「先制判定は11」

GM「そちらから殴っていい」

マークス「では、再びマッスルベアー+魔力撃コンボで、命中……は低くて10」

GM「それでも当たるのだ。回避は9だから」

マークス「ならば、ダメージは17点」

GM「防護は3点なので、14点くらって残りHPは12点」

サイバ「弱点の物理ダメージ+2点を忘れずに」

GM「訂正。残りHPは10点」

ミリィ「だったら、リオン様が先に攻撃してちょうだい。とどめはあたしが刺すから」

サイバ「仕方ないなあ。では、エネルギーボルトを撃っておきますか。物理ダメージだと、うっかり倒してしまいそうだからね。魔法行使判定は11で、抵抗を抜いて、ダメージは7点。今だ、とどめを刺すんだ、カシュミーラ」

ミリィ「ええ。では、希望の光を刃に宿し、ハッピーな魔力で悪を刺す。命中判定は17。ダメージは12点に弱点で+2して、14点よ」

GM「こうして、存在感の薄いミッションラスボスは、何もできないまま葬り去られたのであった」

サイバ「ふう。一番恐ろしいのは、8メートルの崖だったぜ。戦利品は……シクシク。ダイス目低くて、何も出なかった」

GM「それでも、剣のかけら2個と、経験点20点を進呈しよう。さらに、戦闘の気配を感じたペガサスライダーのパスタがお前たちの方にやって来るぞ」

パスタ『あ、あの……大丈夫、ですか?』

サイバ「ああ、サソリはただのザコだった」

ミリィ「崖から落ちた人を除けば、ノーダメージよ」

パスタ『崖から! どうして、そんな無謀なことを?』

サイバ「あなたを追いかけて、うっかりとね。それより、パスタさんで問題ないな」

パスタ『え、ええ。失礼ですが、お知り合いでしたか? 心当たりは……ないのですが』

ミリィ「あたしの顔を忘れるとは残念ね。妖精郷の女王の生まれ変わり……と言えば、思い出してくれるかしら」

パスタ『え? もしかして、アラマユ様? 嘘?』

サイバ「信じない方がいいぞ。ただの妄想だ」

ミリィ「妄想じゃないもん」

サイバ「だったら願望とでもしておけ。それより、我々はグラタンの知り合いだ。おもてなし亭が再開したので、戻って来るように、とのメッセージを伝えに来ました」

パスタ『そうですか。……分かりました。では、戻ることにしましょう。ご伝言ありがとうございました。これにて失礼』

GM「そう言って、パスタはペガサスに颯爽と跳び乗って、そのまま南西のおもてなし亭へ向かって飛んで行った。これにてミッション達成だ。★3つを進呈し、今回の記事もここまでにしよう」

ミリィ「一応、羊ヶ原へ帰るね。移動判定は成功して、道がつながったよ」

サイバ「では、今夜はスホイさんのところに泊まり、10日におもてなし亭へ帰って、成長の儀に移ることにしますか」

 

●フェアリーガーデン第1部4〜5話の成果

 

経験点:★13個、魔物退治分50点、ピンゾロ分(サイバ50点、ミリィ50点)

金銭収入:魔物退治分165Gの戦利品、剣のかけら2個

精算済みガメル:サイバ775ガメル、ミリィ965ガメル、マークス80ガメル(タワーシールド購入)

 

食糧:2食分を消費

 

冒険達成度:パスタを連れ戻した(+2%)

 合計6%

 

(当記事 完)