White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

宇宙海賊の話(スパロボとかスパクロとか)

海賊参戦

 

NOVA「やったあ。ゴーカイオーGETだぜ。祝え、スパクロ史上2作目のスーパー戦隊の降臨である」


SRW X-Ω - GokaiOh (Kaizoku Sentai Gokaiger Debut) l ゴーカイオー (海賊戦隊ゴーカイジャー新規参戦)

 

晶華「へえ。スパクロにゴーカイジャーが出たんだ」

NOVA「ああ。以前にジュウレンジャー大獣神や、ゴジラが出た時はプレイしていなかったが、昨年11月からプレイを始めた際、俺には一つの悲願があってな」

晶華「悲願?」

NOVA「それは、宇宙刑事ギャバンをゲットすること。大獣神ゴジラは期間限定作品で、今はゲットできない。しかし、ギャバンは一応、常時参戦作品なので、運が良ければガチャで入手可能なんだよ。そして、苦節半年、チャンスがあればギャバン来い、と特撮の神さまに祈ってきたんだが、ようやく、その願いが叶ったんだ」

晶華「ええと、今回ゲットしたのはゴーカイオーだよね」

NOVA「ああ。それはそれで、よっしゃラッキーって感じだけどな。まず、ギャバンはイベントをこなすと、確実に入手できて、しかもパイロットパーツも付けて強化できる。今回のイベント自体が、ゴーカイジャー初参戦と、ギャバンのパワーアップを目的としているわけで。ラッキーなのは、俺の仕事が一段落して時間に余裕ができた時期に、このイベントが始まったことだな。3月末じゃなくて、この時期だからこそ、たっぷりイベントを堪能できるわけだ」

晶華「なるほど。ギャバンさんはイベントをこなせば誰でも手に入るんだけど、タイミングが悪ければ、そのイベントをこなす時間がとれない可能性もあったんだ。NOVAちゃんに時間ができたタイミングを見計らうように、ギャバンさんが駆けつけてくれた、と、NOVAちゃん視点では解釈したわけだ」

NOVA「まあ、今回のイベントでもらえるのは飛び道具仕様で、通常技はシルバービーム。必殺技はレーザーZビームだけどな。ギャバンダイナミックを必殺技に持つ接近戦仕様は、またガチャで当てないといけないわけで。そのうち、電子星獣ドルをΩ必殺技を持つ強化ギャバンが実装される可能性も期待できる」

晶華「うん。ギャバンさんのことは分かった。それに今回はゴーカイジャーさんなんだね」

NOVA「ああ。これはガチャじゃないと当たらない。だが、スーパー戦隊の神は、この俺に強運をくれた。とりあえず、一回回せばいきなり当たったんだよ、それも昨日な。これはグレートゼオライマー以来の喜びだな。たぶん、平成最後のガチャ運の良さだと思うぜ。これで、俺の平成最後のスパクロは思い残すことは何もない。お宝をきれいにゲットできたので、このまま光の速さで令和にダッシュしてもいいぐらいだな」

 

 宇宙海賊イベント(スパクロ編)

 

NOVA「ともあれ、今回のイベントは、ゴーカイジャーマジンカイザーSKLのドクロコンビが、エクスカイザーの敵の宇宙海賊ガイスターと戦う話になっている。そして、エクスカイザーが宇宙警察という設定なので、ギャバンも絡んでくるわけだな」

晶華「つまり、正義のアウトローが警察と付かず離れずの共闘をして、悪の犯罪者集団と戦うのね。方向性としては、これに通じるものがあると」


Vシネクスト「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」60秒予告

 

NOVA「まあ、ギャバンゴーカイジャーはそれ以前からつながっているけどな。と言うか、現在のギャバン復活のムーブメントを作ったのが、ゴーカイジャーとの共演映画だし」


『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』予告編

 

晶華「とにかく、NOVAちゃんが喜んでいるのは分かった。これで、しばらくスパクロの世界から帰って来れないぐらいに」

NOVA「何を言ってるんだ?  俺がスパクロにハマって他に何もできないみたいなことを言うなよ。他にも、やりたいことはいろいろあるんだ」

晶華「例えば?」

 

宇宙海賊から母艦の話(スパロボTほか)

 


【スパロボT】キャプテンハーロック全武装集【スーパーロボット大戦T】


| スーパーロボット大戦T | クロスボーンガンダムX1 フルクロス | 全武装 |


| スーパーロボット大戦T | ボルトガンダム | 全武装 |

 

NOVA「海賊と言えば、先にこっちが火を付けてくれたんだな。スパロボTは、俺にとっては海賊スパロボの異名を持つ作品なわけで。スパロボTのTは、お宝、トレジャーのTと解釈している」

晶華「つまり、お気に入り認定ってことね。近年のスパロボだと、NOVAちゃんはVを高く評価しているみたいだけど」

NOVA「ヤマトとマイトガインが出たからな」


スパロボV 宇宙戦艦ヤマト 武器一覧

 

NOVA「さすがにヤマトの戦闘映像は別格で、これと比べるとアルカディア号が地味に思えるレベルだな。もう一度、Vをやりたくなってくる」

晶華「そうすると、Tが終わらなくなっちゃうじゃない」

NOVA「そうだな。Xも終わらさないといけないし」


スーパーロボット大戦X Nノーチラス 全武装 | Super Robot Taisen X - New Nautilus All Attacks

 

晶華「スパロボと言いつつ、最近は戦艦にずいぶんと力が入っているんだけど」

NOVA「いや、母艦に力が入っているのは、最近に限らないんだが」


【第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇】最強武装集 【戦艦編】

 

NOVA「元々、スパロボと母艦の歴史は、ガンダムホワイトベースを起源とする。ブライト艦長の指揮するホワイトベース隊が、ガンダムマジンガーとゲッターなどのロボや艦載機を率いて、各地を転戦する物語なんだな。当初の母艦の役割は、損壊した機体の修理とエネルギー・弾薬補給、そして移動力の遅い機体を積んでの運搬任務などバックアップが主だった。というのも、母艦を撃沈されるとゲームオーバーという制約があったし、ガンダムという作品が他のSF作品に比べて、戦艦が弱い(MSの機動戦術に翻弄されて、簡単に撃沈される)ように描写されていたから。だけど、作品を続けるうちに、母艦の戦闘力が次第に強化されて行ったんだ」

晶華「どうして?」

NOVA「戦える母艦として、まずガイキングの大空魔竜の存在が大きいな」


【第3次スパロボα】 ガイキング系の武器 その2

 

NOVA「ガンダムにおける母艦が、あくまで艦載機の支援を仕事にする移動基地(マジンガーZにおける光子力研究所が移動できるような役割)であるのに対し、大空魔竜は主役ロボのガイキングを凌駕するパワーを持った大型戦闘マシンとして、作品内でも活躍する。もちろん、大型サイズなので小回りが利かないから、大空魔竜があればガイキングは必要ない、ということにはならないんだが。小型の円盤が多数いて大空魔竜が包囲されていると、それはそれでピンチなわけで」

晶華「巨大兵器は、回避力に優れた多数の小型兵器の包囲戦術に弱いってことね」

NOVA「イデオンを最も苦しめたのが、アディゴの大群って感じだな」


【AMV】IDEON remix 2 -battles-

 

NOVA「初期のスパロボは、母艦の攻撃力も防御力も高くなく、しかも命中率も悪くて、長所といえば、アーガマ以降、マップ兵器を持つことぐらい。つまり、母艦を突撃させるのではなく、敵の移動距離と射程を見計らって、少し離れたところで待機。そして、囮の味方に近づいたザコ敵をマップ兵器で殲滅するって作戦が、母艦を使う一つの方法だったわけだ」

晶華「だけど、大空魔竜が敵陣に突撃できる母艦として登場した、と」

NOVA「その後、αでマクロスが登場して、攻撃力は高いんだけど、一つ欠点があってな」

晶華「何?」

NOVA「パイロットが必中を覚えないので、攻撃が当たらない。だから、どうしても大型の敵を狙うしかなくてな。当時はまだ必中を覚えないスーパーロボットは使えないユニットだったんだ」

晶華「確か、運動性が命中にも回避にも適用される時代だから、運動性の高いモビルスーツオーラバトラーバルキリーなんかが当てて避けられる優秀な機体。一方、運動性の低いスーパーロボットは、限られた精神ポイントを駆使して、ボスキャラを必中、熱血、幸運をかけた必殺技で大ダメージを与えて始末するのがお仕事だったのよね」

NOVA「その後、運動性は回避のみに適用され、スーパー系や母艦の命中率がリアル系と変わらないようになった。さらにサイズ差補正が回避率だけでなく、与ダメージに加わるようになって、小型機体はよく避けるけど当たれば大ダメージで、しかも攻撃力は減った。一方、スーパーロボットや母艦は避けられないけど、そこそこ当てるようになり、当てれば大ダメージにもなって、母艦が必然的に強くなったわけだ。主に21世紀の初め、α外伝の時期だな。逆に、リアル系の避けて当てる代表格だったアムロさんが、同作だと避けるんだけど当てられなくなって、命中・回避率を30%上げる集中よりも、命中率を100%にする必中の方が、回避の高い対ボスキャラでは必須になった。機体改造で命中率を高めることができなくなったんだよ」

晶華「細かくシステムが修正されているわけね」

NOVA「その後、Zシリーズで、命中率を高める照準値が改造できるようになって、個人的には扱いやすくなったと思って10年だ。ともかく、その辺りで母艦の重要性もますます高まっていく。と言うのも、当初は母艦が複数いる作品でも、出撃できるのは一隻だけで、どれを育てるか考えなければいけなかったんだけど、やがて一シナリオで複数の母艦が出撃できるようになり、戦闘用の母艦と、支援用の母艦など、ロボット同様の使い勝手を模索できるようになった。ナデシコ辺りだと、艦載機のエステバリスよりも母艦のナデシコの方が優秀で、エステが実質必要ないと考えたりもする」

晶華「そんなことを言ったら、エステバリスのファンに怒られるわよ」

機動戦艦ナデシコ 1/48 OG戦フレーム エステバリス

機動戦艦ナデシコ 1/48 OG戦フレーム エステバリス

 

 

NOVA「エステバリスは、ナデシコという作品には艦載機として必要だと思う。量産型で換装可能な機体ということは、宇宙世紀ジェガンの子孫で、ロボット史的にも重要な機体と考えている。ただ、純粋にスパロボでの戦力と考えるなら、ナデシコのおまけでしかないんだよな。ナデシコは、エステバリスがいなくても活用できるけど、エステバリスナデシコがいないと活用できないし」

晶華「確か、母艦がエネルギー供給を毎ターンしてくれるから、EN消費の大きい合体攻撃を連発できるのがエステの長所よね」

NOVA「その代わり、母艦から離れすぎると、ENを余分に消耗するようになり、警告音が鳴って正直うっとうしい。まあ、EVAの電源ケーブル同様、一定条件下では無尽蔵にエネルギーを使えるけど、移動に制約があって、前線で突撃するのが難しい。どうしても防戦主体の機体になるわけだ」

晶華「昔のスパロボは、地形効果の高い場所に陣取って、攻めてくる敵を迎え撃つのが必須戦術だった時もあるけど、今はそこまでややこしく考えなくても、一気に攻めて殲滅させるスピード攻略が求められている感じ」

NOVA「何ターン以内にクリアせよ、というSRポイント取得条件が多いからな。ゲーム性の変化に伴って、母艦ごと敵陣に突っ込んでいく海賊風の突撃戦法が有効なわけだ。そして今では、母艦もバリア持ち機体が増えて、しかも複数パイロットで精神コマンドが使えるため、下手なスーパーロボットよりも頼りになる。今回のTなら、突撃母艦のアルカディア号、サポート母艦のナデシコ、指揮能力が高いブライトさんのラー・カイラムが、うまく役割分担できていると思う。というか、アルカディア号のハーロックが部隊指揮のスキルを持たないので、海賊ルートは命中・回避ボーナスを受けられなくて、ちょっと閉口したことも。指揮能力抜群のヤマトの沖田艦長を懐かしんだりも」

晶華「惜しい人を亡くしたわね」

NOVA「ヤマト、カムバックと言いたいが、2202では土方艦長の采配に期待しつつも、声優の石塚運昇さんが亡くなっているので、どうするんだろうな」

晶華「メインパイロットを古代さんにすればいいんじゃない?」

NOVA「理想としては、ハーロックと古代を両方使えることだな。そして、古代がハーロックを見て、『兄さん?  いや、まさかな……』と首を振ったり、ついでにダンガードA参戦とか、スタージンガー参戦とかで、神谷明石丸博也キャラの復活があれば、万々歳なんだが」

晶華「ダンガードはともかく、スタージンガーってロボ出ないじゃない」

NOVA「まあ、メインはロボだけど、そこは広い意味でメカSFならOKとしようぜ。そうすると、一気に幅が広がるわけで。大丈夫、クレヨンしんちゃん少年アシベが許されるなら、ミンキーモモのミンキナーサや、プリキュアのハッピーロボが出てもおかしくはない」

晶華「ええと、少年アシベって、何の話?」

NOVA「スパクロで出るらしいぞ。ゴマちゃんをモデルにしたメカアザラシが。ブレンと同様、エイプリルフールネタだと言われていたら、実はマジだったという」


スーパーロボット大戦X-Ω 「翠星のガルガンティア」x「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」期間限定参戦記念PV

 

晶華「もう、何が何やら。恐るべし、スパクロ」

NOVA「アザラシがOKなら、母艦枠として『ムーの白鯨』が出てもいいよな」

 

(当記事 完)