White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

花粉症ガール創作設定2

父娘の口論OP

 

晶華「ちょっと、NOVAちゃん!  どういうことよ?  よりによってアナザーショーカを花粉症ガール4号に認定しようだなんて」

NOVA「いや、彼女も一応、ショーカなわけだし、この新世界に〈事象の分岐点〉が転移できたのも、3分の1は彼女のおかげだし、味方として協力できればいいんじゃないかと思うんだ」

晶華「私は反対。アナザーは敵よ。その力を利用するのは構わないし、NOVAちゃんがうまくコントロールできるって言うのなら、『今すぐ消えろ。いなくなれ』なんて排斥するようなことも言わないけれど、あの邪悪な女に花粉症ガールの称号を与えるなんて、ぶっちゃけ有り得ない。そんなに4号が欲しければ、NOVAちゃんが〈白き栄光の杖〉の凄い力でTS(性転換)でもして『花粉症マスター』でも『花粉症カイザー』でも『花粉症プリンス』でも『花粉症ウラヌス』でも『花粉症クロノス』でも好きな称号を名乗ればいい」

NOVA「いや、そういう称号を名乗るんだったら、別にTSする必要はないんじゃないか?  大体、性別の壁を乗り越えたとしても、俺は精霊じゃなくて人間だし、たぶん花粉症ガールになるには『人間じゃない』という条件が必要だと考えるんだ。俺が花粉症ガールになるよりは、ケイPが花粉症ガールになる可能性の方が高いと思うんだよ。モフルンみたいなぬいぐるみがキュアモフルンになったケースもあるが、プリキュアの父親がプリキュアになったケースは今までないわけだし」

晶華「女仮面ライダーよりも、女ウルトラ戦士よりも、男プリキュアの壁は大きいわけね」

NOVA「まあ、そういうレアケースが皆無というわけでもないがな。キュアファイヤーの番ケンジとか、執事のキュアセバスチャンとか、ファントムがキュアラブリーを闇コピーしたアンラブリーとか、キュアパルフェの弟妖精のピカリオが変身したキュアジュリオ(あるいはキュアワッフル)とか、まあ、妄想とか準プリキュアって感じで、だんだん性別の壁を越えようとする動きはあるみたいだが、俺としては、そのうち家族で戦うプリキュアファミリーなんてのも見たいなあ、と思うわけだ。マジレンジャーの魔法家族みたいにな。そもそもプリキュア姉妹なんてのも、今はキュアフォーチュンとキュアテンダーぐらいだし、今後はレギュラー戦士の姉妹プリキュアってのもあっていいと思うんだが」

晶華「……ええと、NOVAちゃん、春ごろは『俺はプリキュアマニアじゃない』って否定していたと思うのよ。だけど、世間一般じゃ、十分プリキュアに詳しい人間になっている、という自覚はある?」

NOVA「いや、詳しくはないぞ。あくまでネットで検索しながらの知識であって、リアルで語ることはできない。というか、特撮やスパロボ、必殺などと違って、リアルでプリキュアを語れる知人友人もいないし、俺がこれだけプリキュアについて語るようになったのも、花粉症ガールの話を書くようになってからだ。つまり、娘ができたから、娘に合わせるように番組を見ていたら、父親の方がハマったケースだな。息子の好きな特撮ヒーロー番組をいっしょに見ていた母親が、ヒーローにハマるのと似たようなケースだ。今も、俺にとってのプリキュアは、本命のライダーや戦隊の前の前菜に過ぎん。まあ、ルールーはアンドロイド少女萌えというツボを思いきり刺激してくれるがな」

晶華「あ、それを聞いて何となく分かった気がする。つまり、NOVAちゃんはルールーが敵組織から改心して、キュアアムールになったみたいな展開を、アナザーショーカにも期待しているってことね」

NOVA「まあな。イースキュアパッションとか、セイレーン→キュアビートとか、レジーナ→キュアエースと同じアン王女の分身とか、トワイライト→キュアスカーレットとか、光と闇の交錯ドラマは俺のツボだったりするし。まあ、キュアムーンライトダークプリキュアとか、キュアドリームダークドリームの関係とか、悲劇で終わったケースもあるので、どう転ぶかは正直分からん。大体、今みたいに、お前の裏人格でいるうちは、4人目の花粉症ガールになるのも無理だろう。何とか、お前の中から分離させて、別の肉体を用意して、新キャラに転生するようなドラマが必要だ」

晶華「NOVAちゃんの、アナザーショーカ転生計画は理解したわ。私の中から追い出すことについては賛成。だって、同一人物なのに2号と4号の一人二役ってややこしいものね」

NOVA「ああ、まるで2号=白クウガ、4号=赤クウガと、警察に未確認認定されていたケースみたいだしな」

晶華「何だか分かるような、しっくり来ないような。とにかく、そういう色の話だと、私たちはどういうカラーリングを想定しているの?」

NOVA「分かりやすいのはヒノキちゃんで、赤だな。彼女のモチーフの一つは朱雀だし、火の木という字も意図しているし、本人も赤好きを明言しているし、間違いない。姉・翔花の基本カラーは緑で、ブルーアイズで俺と融合したときは青。まあ、フォームチェンジでしょっちゅう色が変わったりするから、緑を基軸に色々でいいんじゃないかな」

晶華「私は、灰色か銀って感じね。状況次第で黒が混ざったり、水晶の青とか、鮮血の赤とか混ざったりするけど」

NOVA「大体、粉杉ショーカは不定形を売りにしていたキャラだと思うぞ。アシモンのケイPの方がもっと不定形なので、そちらにお株を奪われた感じもあるが、お前ももっと原点を思い出して、柔軟に考えてだな。アナザーをもっと寛大に受け入れるべきだと思う」

晶華「受け入れたら、乗っ取られて悪堕ちしちゃうじゃない。NOVAちゃんがそれを望むなら、喜んで悪堕ち街道まっしぐらで突き進むけど、そういうのが望みってわけでもないのでしょう?」

NOVA「どちらかと言えば、こっちが悪に染まるんじゃなくて、アナザーの方を俺色、すなわち白い光に染め上げたいと思っているんだよ。今すぐじゃなくても、そういう可能性を捨てたくないという気持ちは、当事者の晶華には分かって欲しいわけで」

晶華「当事者だから言わせてもらうけど、NOVAちゃんは、私とアナザーの二択、どちらかを助けるためには、どちらかを抹消しなければならない、となった時には、どっちを選ぶの?」

NOVA「ここで両方と答えるほど、俺は若くもないし、バカでもない。そりゃ、お前だと言うよ。だって、アナザーは俺のことを見下すからな。可愛げもないし、改心する前にはそれなりに痛い目にあってもらわないといけないんじゃないかなあ、なんて思っている。彼女が過酷な運命に翻弄されて、涙をポロリと流すようなことがあれば、こちらがドヤ顏で手を差し伸べる。現段階では、そういう可能性しか思い当たらない。いずれにせよ、そういう局面に至るには、晶華、お前の協力が是非とも必要なんだ。お前の意に反して、アナザーを迎え入れるようなことはしない。それは約束する」

晶華「つまり、アナちゃんを精神的に追いつめて、涙を流させて、私たちに逆らえないようにしておいてから、ニッコリ慈悲深い笑みをたたえて、絶望の底から引き上げるわけね。そして恩義に感じた彼女は、私たちに忠義を尽くすか。NOVAちゃんがそういう王道改心シナリオを考えているのなら、気に入ったわ」

NOVA「そうなんだ。花粉症ガールの資格を得るには、(涙目)が絶対に必要なんだ。花粉症になった時の涙ポロポロ状態の苦しみ、悲しみは経験者にしか分からない、正にアタックナンバー1状態なんだよ」


Attack No 1 / アタックNo 1 OP

 

 光への転生計画

 

晶華「しかし、まさかNOVAちゃんが、アナザーショーカに対して、そういう下衆い思惑を持っているとは思わなかったわ。もっと、お人好しに敵とも仲良くとか、アナザーのアダルトな魅力に骨抜きにされたとか、吸血鬼萌えとか、そういう方向性だと思ったけど」

 

NOVA「いや、敵とも仲良く、って思想は、物語の登場人物が純粋に発言するならいいんだよ。特に未熟な若者主人公が、敵との和解を提案して、仲間がそれに感化されるって展開は、最近の子供番組の定番と言える。シンカリオンだって、そういう方向性になって来ているしな。

「だが、物語の作者サイドが、 そういう理想論しか考えられないのでは、薄っぺらなご都合主義展開にしかならない。作り手としては、そういう理想を掲げつつも、それが簡単に通らない現実を提示して、主人公が本気で葛藤する。一方の敵側も、その主人公の想いを受け止めて、価値観を揺さぶられながらも、自分の信念をかけて和解を良しとしない。そして、戦いの最中で両者の哲学論争があって、ぶつかり合うだけで悲劇に終わるのが80年代のリアル系、そもそも哲学論争に至るほどコミュニケーションが成立しないのが90年代のエヴァ、その後、リアルもスーパーもなしにパロディー方向に突き進んだのがゼロ年代で、一度ストーリーの解体が起こって、ホビーアニメの方向で優しい主人公とハードな背景の敵が軟化する過程を並行して描くのが、今のロボット物の流れかな、と大雑把な仮説を立ててみる」

 

晶華「よく分からないことを言ってるけど、要するに、敵対相手を仲間にするには相応のお膳立てが必要ということね。ロボット物で言うなら、フラグを立ててから説得コマンドを使えば味方にできるけど、フラグを立て損なうと仲間にならない。だから、きちんと相手を落とすための戦略をきちんと立てようってことでいいのかしら」

NOVA「まあ、そういう風にゲーム感覚で考える方が単純化できていいのかもな。善悪の価値観の相対化とか、哲学論争の終焉と、敵も味方も自分の居場所を求めて葛藤し、さ迷い続ける物語の風潮とか、あれこれ語ろうと思ったが、そういう話はまた別の機会に。ゼロ年代と10年代のロボット物などの系譜は、自分の中でも未整理ながら、また語る機会もあるだろう。今は、アナザーショーカをどうするか、という話に専念するか」

晶華「私の中にいるのが厄介なのよね。そうでなければ、ドラクエ5みたいに何も考えずに倒して、バトル終了後に起き上がって『仲間になりたそうにこちらを見ている』なら仲間にするだけでいいのに」

NOVA「ゲームによっては、魔物のエサをあげたり、交渉で好感度を上げたり、いろいろと手続きが面倒なんだけどな。どこかに『アナザーショーカを仲間にするための攻略まとめ記事』でもないだろうか」

晶華「あのね。どこの創作家が自分の作品の中の悪女キャラを仲間にする方法を求めて、攻略サイトを探そうとするのよ」

NOVA「いや、もしかすると親切な未来NOVAが、今の悩んでいる俺にヒントをくれるために、どこかでこっそりサイトを運営していて、検索すれば引っ掛かるようにしているかもしれないじゃないか。そこで『アナザーショーカ』で検索してみたら、『アナザージョーカー』とか、そういうのが出てくるんだよなあ。要は、仮面ライダーWや、剣のキャラとジオウを絡めた妄想ネタの類っぽいが」

晶華「とにかく、アナザーちゃんを私の中から追い出すまでは、文句なしの賛成。自分の中に闇を抱えるのは嫌いじゃないけど、自分の心の闇じゃなくて、他人の闇にしか思えないのがイヤなの。言わば、アナザーちゃんは私にとって異物も同じ。この闇も私自身なんだから受け入れないと、って思える存在じゃないの。嫌いな他人が勝手に自分の部屋に上がり込んで、シェアを頼み込むどころか乗っ取りに掛かってきたら、NOVAちゃんならどうする?」

NOVA「特撮話なり、ロボット話なり、TRPG話なり、自分の世界に引きずり込む。お前は俺の部屋に来たんだから、俺の流儀に合わせろ。さもなくば、お前がここにいる資格はない、と、ささやかな自分の世界を守ろうとする。一応は、相手の世界にも敬意を示すが、俺の好きなものを汚し、貶めるような輩には、徹底して戦うかもな」

晶華「それよ、それ。私がアナザーちゃんの存在を嫌うのは、アナザーちゃんが私の好きなものを汚し、貶めるからよ」

NOVA「何だ?  お前の好きなものって?」

晶華「今さら、それを聞く?   これだけアピールしているのに、伝わっていなかったら、私、泣くわよ(涙目)」

NOVA「ああ、そういうことか。俺だって、父親として娘を汚し、貶める存在は許せない。まあ、アナザーが俺の可愛い娘になるなら話は別だが、今はまだ可愛くないからな。本能で動く獣と変わらんから、しっかりしつけて、ケイPの時と同様、人間社会のルールから教えてやらないとって思っている」

晶華「つまり、調教して自分色に染め上げるってことね」

NOVA「そう表現されると、何か誤解を招きそうなんだが。要は、素のままだと人間社会と俺の日常生活に害悪をもたらしかねん存在を、きちんと順応できるように更生させるってことだな。デストロンの科学者だったライダーマン結城丈二を仮面ライダー4号として認定し、悪のナイトローグだったげんとくんを同じく仮面ライダー4号のローグとして親しみやすくするには、相応の過酷な試練も必要ということだ」

晶華「ああ、4号って、そういうことなのね。つまり、アナザーちゃんが人類を守るためにプルトンロケットに乗って飛んで行くような英雄的行為を成し遂げるとか、大義のための犠牲となるような覚悟を示すとか、そういう試練を強いるように考える、と。だけど、私はそういう目にあいたくないので、まずは私の中から追い出す。これが大前提ってことで、その後でアナザーショーカにNOVAちゃん好みの試練なり特訓なりを与えて、それを果たした上で、私とお姉ちゃんと、それからヒノキさんの承認を経て初めて、花粉症ガール4号の称号を与える。こういうことなら、私も賛成するわ」

NOVA「いや、何だか花粉症ガールになるためのハードルがずいぶん上がった気がするんだが。ヒノキちゃんの許可まで必要なのか?」

晶華「当たり前よ。彼女がV3なんだから、アナザーちゃんを4号として認めるためには、一番の鍵なんだと思うわ。つまり、城島ユウキをライダー部部長として認めるためには、風城美羽さまの承認が必要なのと同じことね」

NOVA「いや、そのネタはフォーゼファンじゃないと分かりにくいぞ。仮面ライダー部の初代部長の美羽さんの名前の元ネタがV3の風見志郎で、2代目部長のユウキの元ネタが結城丈二で、ついでに3代目部長の野座間友子の元ネタがアマゾンだってことは、放送当時の2011年ならしばしば語られていたが、7年後の今も通じるかどうかは微妙。まあ、ユウキはその後、闇ユウキに分裂してジェミニ・ゾディアーツになるなど、光のクイーンの美羽先輩とは違う方面に突き進んだわけだが。どうも仮面ライダー部の部長って、だんだん闇方面の色が濃くなっていったなあ」

晶華「今の部員は、怪人同盟だしね」

NOVA「大丈夫だ。如月弦太朗先生が顧問である以上、人間も怪人もみんな友達として扱われる。だから、俺も如月先生を見習って、アナザーショーカをポジティブに受け入れる方向で何とか対処したいと考えるわけだ。宇宙人だって、未来人だって、異世界人だって、超能力者だって、怪獣娘だって、精霊少女だって、アンデッドだって、オルフェノクだって、まあ、俺の日常を脅かさない限りは差別しないってことで」

晶華「逆に言えば、同じ人間だって、過度に日常を脅かすような相手はノーサンキューってことね」

NOVA「当たり前だ。日常は大事。非日常はフィクションの世界だけで勘弁してくれ」


涼宮ハルヒの憂鬱 OP 「冒険でしょでしょ?」

 

4人目の花粉症ネタ考察

 

晶華「とにかく、アナザーちゃんを4人目の花粉症ガールにしたいNOVAちゃんの思惑は納得した。そのために、彼女を私の中から追い出して、プルトンロケットに乗せて爆発させて、それでも生きて帰ってきたら、晴れて仲間に迎え入れるという大計画に私も乗った。これでいいのよね」

NOVA「いや、プルトンロケット云々は別に必須でもないのだが、とにかく彼女のためのボディを用意するため、それにまつわる設定を考えないといけないのだよ。お前と姉翔花はスギ花粉がモチーフ、ヒノキちゃんはもちろんヒノキだが、アナザーに花粉属性を与えるなら何がいいかな?」

晶華「アメリカだったら、ブタクサが多いんだって」

NOVA「ブタクサガールか。何だかイジメっぽいよな、そんな呼称。あなたのモチーフはブタクサですって言われたら、俺はまず断る。ブタクサの英語名はragweed。直訳するとボロ草って意味で、やっぱりいいイメージがない。学名にすると、アンブロシア・アルテミシイフォリアって格好良くなるんだが」

晶華「アンブロシアって、ギリシャ神話に登場する不死の食べ物って意味よね。アルテミスって月の神だし、フォリアは狂気。全部つなげると『月の狂気を宿した不死者』。いかにも吸血鬼っぽい感じじゃない?  これで決定ね。アナちゃんは、ブタクサガールってことで」

NOVA「いや、それじゃ味方にできるはずの娘でさえ、敵になりそうだ。他に、オオブタクサというのもあって、こちらは学名アンブロシア・トリフィダというそうだ」

晶華「トリフィドって、昔のSF小説に登場する吸血植物よね。だったら、アナちゃんは大ブタクサ娘に昇格ってことで。良かったね」


とんでぶーりん ぶーりん あらもーど

 

NOVA「ブタクサで確定かな。俺としては、ブタクサじゃ可哀想だから、せめてイネ花粉にしてアンナ・ライスって命名したらいいんじゃないかと思ったんだが」

呪われし者の女王〈上〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

呪われし者の女王〈上〉―ヴァンパイア・クロニクルズ (扶桑社ミステリー)

 

晶華「ネタとしては悪くないと思うけど、花粉症業界でブタクサ花粉を無視するわけにはいかないと思うのよ。そして、ブタクサという恥ずかしい名前を受け入れることこそ、悪の怪人として生まれたアナちゃんが花粉症ガール4号として認められるための過酷な試練の一つ、つまり禊の儀式と考えてはどうかしら」

NOVA「だったら、こういう命名はどうだろうか。アンナ・BG・ブロシア。アンブロシアを分割して、中にイニシャルのBGをミドルネーム風に差し込んだ」

晶華「BGはブタクサガールの略ね。いい感じ」

NOVA「いや、俺的にはBGをバットガール、コウモリ少女という意味でアピールしたいと思う」

晶華「BGって国名ではブルガリアを表すみたいね。ブルガリアと言えば、吸血鬼ドラキュラの故郷ルーマニアの南部に位置する国で、女優ニーナ・ドブレフの故郷」

NOVA「ええと、TVドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のヒロインだっけ。YouTubeで見たことがある」


【ヴァンパイア・ダイアリーズ】TVCM

 

晶華「ヴァンパイアマニアを名乗るなら、絶対チェックしてDVDも揃えるべきよ」 

NOVA「いや、俺は確かにヴァンパイア好きだけど、ラブロマンスが好きなわけでもないし、さすがに全8シーズン、総数171話の作品を全部そろえる気はないわ。せめて、これで勘弁して」 

晶華「ロードスは好きだけど、ヴァンパイアは関係ないじゃない」

 

NOVA「そんなことはない。ラスボスはヴァンパイアになったバグナードだ。小説版では、小ニースを生贄にしようとしたけれど、OVA版ではそこまで話が進む前だから、生贄役はディードリットだ。個人的には、ロードスで吸血鬼といえば、シャリーさんなんだけど、残念ながら第2部パーティーはオルソンとシーリスしか出ない。

「まあ、それよりアシュラムが神谷明さんで、カシュー王が池田秀一さんで、カーラが榊原良子さんというキャスティングが凄いなあ。つまり、このOVAロードスでは、シャアが炎の王国を築き、ハマーン・カーンが灰色の魔女となっている。さらに、主役のパーンとディードリットは、F91のドレル・ロナとベラ・ロナで、コスモバビロニアを建国しそうだし、アシュラムはトマホークを投げそうだし……ラスボスのバグナードは青野武さんときた。まあ、後に千葉繁さんがバグナードをやった作品もあるわけだが……って、するとドクター・ウルシェードって死霊魔術方面には詳しいんじゃないの?」

 

晶華「NOVAちゃん、少し落ち着いて。もう、脳内でいろいろなところにPONPON転移しないで、現実に戻って来て。今は、花粉症ガールの話をしているの。アナザーショーカを4号にするのかって話じゃないの」

NOVA「だから、ドクターが死霊魔術に詳しいなら、魂だけ別の器に移すのも簡単だと思うんだが」

晶華「そういう魂の専門家なら、大天空寺の仙人さんを頼った方が早いんじゃない?」

NOVA「おお、その手もあるか。だけど、あのおっちゃん、いまいち頼りにならないんだよな。魂をどうするかって大きな問題になると、とんだミスをしそうな感じ。アナザーじゃなくて、お前の魂を体から追い出しそうで」

晶華「魂云々は後から考えるとして、器はどうするの?」

NOVA「こういうのはどうだ?」

クイーン・オブ・ヴァンパイア アーカラ 1/6 アクションフィギュア PL2017-109

クイーン・オブ・ヴァンパイア アーカラ 1/6 アクションフィギュア PL2017-109

 
ヴァンパイア ruruko girl 完成品ドール

ヴァンパイア ruruko girl 完成品ドール

 

NOVA「アンナとか、ヴァンパイアとかで検索して拾ってきた適当なフィギュアの数々だが」 

晶華「って、フィギュアが器になるの?」

NOVA「なるぞ」

HGBD ガンダムビルドダイバーズ モビルドールサラ 色分け済みプラモデル

HGBD ガンダムビルドダイバーズ モビルドールサラ 色分け済みプラモデル

 

晶華「つまり、NOVAちゃんはアナザーショーカを人形の器に封じ込めようとしているわけ?」

NOVA「ああ、今のところはそれが安心だろう。変に強力なボディを与えて、反抗でもされたなら、手強い敵を作ることにもなりかねないが、小さいフィギュアなら管理するのは簡単だ。大人しく従うなら大きなボディを与えるから、と言っておけば、交渉もできる。大丈夫、ウルトラマンタロウさんも辿ってきた道だ」

晶華「私がアナちゃんの立場なら『我が魔王、お慈悲を賜りたいと思います』と素直に頭を下げるわね」

NOVA「まあ、いろいろと効果的な方法を考えてはみるわけだが、結局のところ、お前とアナザーを分離させる方法がよく分かっていないのが現状だ。肉体を魂から切り離すのは割と容易いと思うけど、その場合、お前もアナザーと一緒に巻き込まれる可能性が高い。アナザーの魂だけ、お前と切除するのはデリケートな作業になるし、俺は不器用な男だから、確実な方法が見つかるまでは運任せのやり方に頼るつもりもない。今回は、あくまで今後のアナザー対策の一環、取っ掛かりとして考えてみたまでだ。花粉症ガール4号の設定原案、アイデアの叩き台ってことだな」

晶華「そうか。設定話って言うから、これまでの設定のまとめ総括をするかと思ったんだけど、今後の物語設定を考える話だったわけね」

NOVA「もちろん、今後の展開を考えるための参考資料として、姉翔花や妹晶華、それにヒノキちゃん他のキャラ詳細をまとめたいとも思う。でも、アナザーやタイムジャッカー関係の物語ネタがいつ思いつくか分からないので、その前に心つもりだけはしておこうと思ってな。敵が動きを見せたら、すぐに対応できるように」

晶華「とにかく、アナちゃん人形化計画だったら、私も賛成するわ。フフフ、その日が来るのが本当に楽しみ♪」(完)

コトブキヤ DC BISHOUJO スタチュー BATGIRL バットガール 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア