White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

花粉症ガール創作設定1

いつもの前書き

 

NOVA「よし、設定まとめをネタに雑談するぞ」

晶華「設定まとめは雑談のネタなの?」

NOVA「まあ、俺にとっては、その方が楽しいってのがある。スパロボの攻略本でも、単に数値的データを書いている無味乾燥なものより、ネタツッコミ的なコメント書いているのが好きだし。まあ、弱いキャラや機体への暴言は酷かったが。特に、カツとか、合体前の分離機体とか、量産型MSとか、1年戦争時代のガンダムとか、Wガンダムのとりわけ五飛とか、世紀末スパロボの攻略本は特に酷かった。今でもスパロボFの攻略本の記述はネタにされるもんな」

晶華「花粉症ガールの設定まとめの話をするのに、どうして往年のスパロボ攻略本の話を思い出すのか、本当に意味不明なんですけど?」

NOVA「まあ、それぐらい読んで面白い記事にしたいって心意気の表れってことで一つ」

晶華「ネタにされるのは私なんだから、あまり暴言コメントは控えて欲しいんですけど。『翔花2号は毒の花』なんて、親が普通、娘に対して言う?」

NOVA「まあ、娘に対して『君は誰?』って言っちゃうのも酷いがな。ところで、これは晶華に是非聞きたいんだけど、『花粉症ガールって何?』

晶華「うわ、酷い。作者が普通、そんな創作の根幹設定にまつわることを自作のキャラに質問する? 」

NOVA「いや、根幹設定だからこそ、改めて確認しておきたいわけだよ。お前だって、よく言うじゃないか。『私は粉杉ショーカ。花粉症ガールよ』って。大体、花粉症ガールって種族名なのか、職業なのか、それともプリキュアギンガマンみたいな伝説の戦士に与えられる称号なのか、一体、何なんだ?」

晶華「そんなの私が知るか!……って言っちゃったら、今回ばかりはアイデンティティの崩壊につながるのね。ええと、花粉症の女の子って意味でもないし、花粉症パワーで戦ったり雑談したりする植物由来の精霊少女ってところかしら」

NOVA「いや、戦うのはいいとして、花粉症パワーで雑談って何?」

晶華「くらえ、花粉症バスター! って感じ?」

NOVA「うお、いきなり不意打ちか?  目、目がッ!?(涙目)」

晶華「フッ、睡眠呪文のラリホーマは反射できても、魔法ではない特技の花粉症バスターは反射できなかったようね。今は、防護メガネのブルーアイズも装着していなかったし」

NOVA「む、無念。(バタリ)」

晶華「これで、娘を精神的に虐待する邪悪な父親は散った。この次に生まれるときは、もっと真人間に更生することね」

(今話完)

 

 まだだ、まだ終わらんよ

 

NOVA「ふう、死ぬかと思ったぜ」

晶華「いや、花粉症バスターじゃ死なないから。せいぜい、くしゃみ、鼻水、涙目の状態異常に陥るだけだから」

NOVA「そんなことはない。低確率とはいえ、稀にアナフィラキシーショックを起こして、死んでしまう可能性だってないわけじゃない。しかも、来年春は、今年の夏の異常な猛夏の影響で、花粉の飛散量が通常の3倍近くに達するという情報を昨日、聞いた」

晶華「つまり、来年は正に花粉症ガールの時代ってことじゃない。赤い彗星のショーカ・アズナブルって名乗れそうね」

NOVA「勘弁してくれよ。平成最後の俺の試練は、マジで花粉症ってことになりそうだ。たぶん、来年の3月は『地獄の花粉症  NOVA最期の聖戦』なんてタイトルの映画を脳内で作ってそうだ」

晶華「フフフ、平成を越えて、新時代に到達したければ、この私の仕掛けた試練を乗り越えてみせなさい……って感じ?」

NOVA「そ、そんな、娘のお前と戦うなんて!  しかし、このままでは、クッ。こうなったら涙を飲んで、最後の奇跡を起こすしかない。高まれ、俺の小宇宙! 全ての花粉を吹き飛ばす、風と光の力を発動!  超銀河・星雲ストーム!」

晶華「何?  白き新星の輝きが、私の撒いた花粉陣を包み込み、消し去っていくだと?  これがNOVAちゃんの真の力?  キャアーーーーーッ!」

NOVA「……という展開を半年後くらいにやってそうだな。花粉症ガール誕生1周年記念として」

晶華「その時には、私の名前がまた変わってないことを願うわ。吸血蝙蝠少女以外に、また変な属性を付けられて、杉とコウモリと、あと何か生物以外の要素を加味されて、トリノイドみたいにされちゃう可能性もあるし」

NOVA「コウモリと、頭髪用のリンスと、杉を合わせて、コウモリンスギーとか名乗ってみるのも一興。リンス由来の怪人って斬新だと思うが」


シャンプー&リンスのお化けジェルポンプと洞窟でバトル!!

晶華「ネットを探せば、ないわけじゃない、ということね。それはともかく、花粉症ガールの設定話よね、これ。全然、関係ない話題の時空に転移してない?  いくら時空魔術師でも酷すぎると思うんだけど」

NOVA「本当だ。これもタイムジャッカーの仕業かもしれん」

晶華「何もかもタイムジャッカーの仕業にするな。『これも乾巧の仕業なんだ』って言う草加雅人と変わらないわよ」

NOVA「それはやめてくれ。せめて『これはゴルゴムの仕業なんだ』って言う南光太郎にたとえてくれないかな」

晶華「BLACKの南光太郎さんは私のもの。RXの光太郎さんはお姉ちゃんのもの」

NOVA「だったらZATの光太郎さんは、俺のものだな」

晶華「どうでもいいから、花粉症ガールの設定話をしようよ。今のところ、これしか分かっていないじゃない」

花粉症ガールって何?

 

花粉症パワーで戦ったり、雑談したりする植物由来の精霊少女

特技:花粉症バスターで、相手をくしゃみ、鼻水、涙目の状態異常に陥れる

NOVA「十分じゃないか」

晶華「ちっとも十分じゃないわよ。これだったら、そこら辺の植物精霊少女が、適当に戦って、適当に雑談して、花粉症バスターって叫んだりしたら、みんな花粉症ガールになってしまうじゃない。花粉症ガール2号として、私はそんなの認めない」

NOVA「まず、花粉症バスターって叫ぶ、植物精霊少女がそこら辺にいるとは思わないんだが」

晶華「そんなことはないわよ。世の中には、花粉症対策も考えるアレルバスターって企業もあるらしいの。ネットで調べても、花粉バスターとか花粉症バスターという記事がいっぱい見つかった。しかも、それは花粉症パワーで戦うんじゃなくて、花粉症を駆除する意味。つまり、このままだと、私も誤解されて駆除されちゃうかもしれないのよ。邪悪なモンスターと間違われて」

アレルバスター花粉ガード

アレルバスター花粉ガード

 

NOVA「なるほど。花粉症ガールが人類の敵と見なされて排除されるようなことがあったら大変だ。だからこそ、この記事で正しい花粉症ガール、愛と勇気と希望のヒロインである花粉症ガールの姿を示さないといけないんだな」

晶華「そうそう。未来世界でコウモリ怪人に改造されても、その哀しみを胸に秘めて、NOVAちゃんへの愛のために戦う真の花粉症ガールの姿をね」

NOVA「いや、それはお前だけの話じゃないか。どちらかと言えば、お前のケースは花粉症ガールの中でも特別なケースだと思うぞ。それを一般像にしては、ますます花粉症ガールがレアになってしまう。もっと花粉症ガールの門戸は大きく広げないと」

晶華「今のところ、メンバーは3人いるのよね。その内訳は以下のとおり」

★花粉症ガール1号:粉杉翔花(姉)

   九州(旧ブログ)で絶賛修行中。通称・技の1号だけど、頭はそれほど良くない。一説によると、IQ60とか脳筋突撃娘とか小学校低学年並みの学力しかないとか言われているが、おおむね事実である。彼女がおバカになったのは、知力を妹に吸い取られたという話もあるが、それって、まるでドラえもん

   だけど、天然ボケでも意外と洞察力は高く、明るい光属性の娘。将来の勇者候補、と目されている。

★花粉症ガール2号:粉杉晶華(妹)

   元・翔花2号。諸事情で夏の終わりに改名し、現在に至る。

  父親NOVAのアシスタントガールとして、日常雑談を一手に引き受ける存在として、姉から分裂して増えた……はずが、闇属性の毒の花になったり、女王様気質を発揮してブログを乗っ取ったり、灰色の魔女を崇拝したり、悪夢の魔女に取り憑かれたり、メガネシルバーとして戦隊見習いになったり、何だかどんどん属性が増えている。

   どうしてこうなった?(十中八九、作者のせい)

 

   シリアス編では割といじらしい悲劇の少女として振る舞っているけど、日常編では毒舌を発揮してNOVAのボケに対するツッコミ役に回るなど、二面性も備えている。腹黒魔女と呼ばれることも。

   そうして未来世界で、タイムジャッカーの手で吸血コウモリ少女に改造されてしまい、洗脳によってアナザーショーカという別人格を宿すことになってしまう。本来は単純だったはずの花粉症ガールの物語がややこしくなっている原因の半分は、この娘のせいである。

   姉に対して、知力の2号を自認していたが、自分の慢心に気付いて反省したため、現在は知力と自称するのは控えている。まあ、代わりに血力と言ったりしているけど。現在は、時空魔術と、自然を尊ぶドルイ道の研鑽中。

★花粉症ガールV3:日野木アリナ(旧名・南郷阿里)

   通称ヒノキちゃん。従者からはアリナ様、アリナお嬢様と呼ばれたり、NOVAからは敬意を持って南郷さんと呼ばれることも。

   九州のコンパーニュの塔で、元締め役をやっているヒノキの精霊少女。実年齢は相当のものだけど、外見年齢は幼い。

   WショーカはNOVAの娘だけど、ヒノキちゃんは契約主(設定原案者)がNOVAのネット仲間の精霊使いサブロー殿(中の人はイラスト描いてくれる、たさ様)であるため、純粋な花粉症ガールではない。むしろ、もっと格式と伝統ある精霊巫女のエリートと呼ばれる存在で、その持てる能力は現在最強。花粉ではなく樹木の精霊で、火炎使いで、温泉好きで、特撮ヒーロー好きで、TRPGマニアでもある。

   現在は、旧ブログの主にもなっているので、どんどん役割がNOVAに似てくる。もしも、この方向性に問題があるようなら、サブロー殿の演技指導あるいは要望・リクエストなんかが欲しかったりも。

  赤と空が好きで、能力も多彩だけど、翔花みたいな奇跡は起こせない。

   翔花1号の物語(翔花伝)が複雑化しているのは、おおむね彼女の気まぐれな技のせいである。2号とV3が話を混迷させ、1号がほんわか解決するのが、大まかなストーリーイメージと思っていたんだけど、NOVA自身が気まぐれな寄り道気質でもあるため、そんな単純には収まらない。どちらかと言えば、ヒノキちゃんは狂言回し(主人公が活躍できるように物語のお膳立てを整える重要な脇役、進行役)の立ち位置かな。

晶華「こう見ると、私やヒノキさんに比べて、お姉ちゃんってキャラが薄いのね」

NOVA「というか、お前や南郷さんの方が1号との区別のため、濃くなりすぎたんじゃないか。ストレートな1号に比べて、妹の2号は変化球だし、V3は豪速球も変化球も自由自在なベテランってイメージだから、作者としては、どんどん考えることが多くなる感じだな。それに1号の王道ヒロインとは異なる濃い要素は、全部2号が持って行ったような気がするし」

晶華「お姉ちゃんが王道ヒロインで、私がダークヒロインで、ヒノキさんが何?」

NOVA「熱血司令官といった感じかな。その意味で、彼女は俺とキャラ的にかぶっているわけだ。違うのは、彼女の方が有能で、俺の方がトリッキーといったところか。もしも正面から戦えば彼女の圧勝だけど、俺はジョセフ・ジョースター並みに知謀で引っ掛けて、戦略的勝利を得ることを目指す。お前がヒノキちゃん相手にそうしたみたいにな」

晶華「私のは戦略的勝利と言えないわ。その後で、ひどい目にあったんだし」

NOVA「そもそも、戦わなくてもいい相手と、むやみに戦ってしまったのが戦略的ミスって奴だな。ケンカ慣れした人間は、相手の力量を把握した後は、戦いを終わらせるのに適当な落としどころを図ろうとするわけで、感情を抑えられずに、いたずらに長期化させたりはしない。まあ、そこまで考えられる人間は、まずケンカなんてしないんだけどな。ケンカして、痛い目にあって、次から同じミスを繰り返さないように学ぶことで身につく流儀もあるが、こればかりは理屈だけじゃ分からないところがある」

晶華「ヒノキさんとは完全に和解したのよ。弥生ちゃんを通じて、シルバーアイズも返してもらったし、花粉症LINEを通じて彼女に謝意を示して、花粉症ガールV3の称号も正式に認定したわけだし」

NOVA「ああ、彼女が正式に花粉症ガールとメガネンジャーの仲間になったことで、これからは遠慮なく、情報のやりとりができるようにもなった。いずれは、向こうの旧ブログ時空から、コンパーニュの塔ごと、こちらに移って来てもらわないといけないからな。その前に、こっちはこの新世界で、擬似九州と霊脈のつながった地域を見つけ出さないと」

晶華「そんなところあるの?」

NOVA「ファイナルファンタジーの世界なら、グルグ火山って場所が該当すると思うんだがな」


[GAME BGM] グルグ火山 - ファイナルファンタジー (FC)

NOVA「まあ、最初のFFダンジョンBGMなら、初ダンジョンにしてラストダンジョンでもあるカオスの神殿が好きなんだけどな」


【FC版 FF】 ファイナルファンタジー カオス神殿 【BGM】

晶華「って、別に思い出のBGMを聞こうタイムじゃなくて、花粉症ガールについて考えようタイムのはずでしょうに」

NOVA「ああ、花粉症ガールのBGMか。だったら、これがいいかな」


風の谷のナウシカ Nausicaä of the Valley of the Wind

NOVA「あるいは、こっちか」


天空の城ラピュタ ~Castle In The Sky~ オープニングBGM

晶華「うん、ナウシカラピュタもいい曲なのは分かるし、花粉症ガールのイメージの森とかファンタジー冒険物語とかに通じるのは分かったけど、設定語りとは違うと思うのよ。もっとNOVAちゃんには、私のこのやるせない複雑な気持ちが伝わって欲しいんだけど」

NOVA「そうか、分かったぞ。こんな感じが希望だな」


ルパン三世 カリオストロの城 炎のたからもの ボビー 歌詞字幕付き

晶華「……私にも分かったわ。『花粉症ガールの設定まとめをネタに雑談』と最初にNOVAちゃんが言った意味が。要するに、言葉だけじゃなくて、NOVAちゃんの頭の中の思い出の創作イメージをふくらませながら、過去と現在と未来をリンクさせたいってことね。何となくの雰囲気で『花粉症ガールに込められた愛着』なんかが、読者の人たちに伝わればいいんじゃないか、と解釈してみる」

NOVA「……とまあ、晶華に建設的にフォローしてもらったわけだけど、単に言葉で定義づけするのが億劫になったから、フレーバー要素に頼ってみた次第。ところで、今回の記事はここで終わるが、設定語りはまだ終わらない。そして、重要な問題提起をしておこう」

晶華「本当に重要なことなんでしょうね?(ジト目)」

NOVA「何だ、その目は?」

晶華「いえ、今の発言が真実なのか、それとも妄言なのかを、見極めようと思って」

NOVA「では、心の目と耳で感じるがいい。花粉症ガールは正式にV3まで認定された以上、次に我々は花粉症ガール4号について考えなければなるまい」

晶華「え、4号?  ええと、V3の次だから、花粉症ガールマン? あるいは花粉症マン?  それとも花粉症ボーイ?  とうとう男の娘を採用するの?」

NOVA「そんな趣味は俺にはない。俺が花粉症ガールの称号を与えたいのは、聞いて驚け。アナザーショーカだ!」

晶華「ええ、嘘?  どういうつもりよ!?」(つづく)