White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

令和な霊話(娘たちの精霊トーク)

第3の花粉症ガール来訪

 

晶華「誕生日ケーキを食べている間に、いつの間にか4月になっちゃったね」

翔花「屋久島に行ってる間に、たまっていたシンカリオンとライダーと戦隊の消化が追いつかないよ〜。プリキュアもいつの間にか宇宙に進出しちゃってるし」

シロ「とりあえず、鬼太郎はネコ娘が復活して良かったんだが」


ねこ娘復活【ゲゲゲの鬼太郎】

 

シロ「まさか、ネコ娘が幼女化するなんて」

翔花「シロちゃんは逆にリトルからプリンスに成長したって言うのにね」

シロ「これも師匠に鍛えられた成果だな」

晶華「師匠って、アリナ老師のこと?」

シロ「いや、アリナ様は師匠じゃなくて、主君に当たる。ボクの師匠は、時空仙人の……」

晶華「それってNOVAちゃん?」

シロ「違うよ。新星どのにも教示いただきたいことはあるが、ボクにとっての師匠は……って、これは未来の話になるのかな?」

翔花「さあ。私も過去に飛んだり、未来に飛んだり、いろいろだったから、その辺はよく分からないや。NOVAちゃんだったら、整理できるのかもしれないけど」

晶華「大体、お姉ちゃんたちはいつの未来から来たのよ?」

翔花「平成の次の元号になっているんだけど、それも言っていいのかどうか……」

 

謎の声「平成の次は、令和と決まったようじゃ」

晶華「え?  あなたはもしかして?」

ヒノキ「もちろん、わらわじゃ。花粉症ガールV3こと日野木アリナじゃよ、ヒヒヒ」

翔花「あ、ヒノキちゃんだ。スペースGと戦った時は助けてくれてありがとうね」

シロ「ア、アリナ様。まさか、この場に現れるとは」

ヒノキ「おう、令和の未来から来たコナっちゃんとシロじゃな。二人とも立派に成長したようで何より。スペースGのことは、まだよく分かっておらんが、近い将来、わらわもそなたたちを助けに駆けつけるのか。ならば、それに備えて準備しておいた方がよかろう。それはともかく、わらわが今日ここに来たのは他でもない。新兄さんのメッセージを受け取ったからなのじゃ」

晶華「NOVAちゃんのメッセージ?」

ヒノキ「ああ。何だか、いろいろ忙しくて手が離せないので、アッキーをフォローしてコンパーニュ関連の新年度・総括記事を頼む、とのこと」

晶華「そんなの私、聞いてない」

翔花「だったら、私も手伝うよ。NOVAちゃんの頼みなら、花粉症ガールとして手伝わないわけにはいかないじゃない」

ヒノキ「おお、やはりコナっちゃんは素直じゃな。それに引き換え、妹と来たら……」

晶華「な、何よ。私だって自分の仕事ぐらい、ちゃんとするわよ。私が不満なのは、どうしてNOVAちゃんが私に直接指示せずに、リナ老師を通じて来るのか、ということ」

ヒノキ「アッキーよ。そなたは最近、精霊ネットにアクセスしたかの?」

晶華「……いいえ。お姉ちゃんと話したり、ケーキを食べるのに忙しくて、そっちは疎かになっていたわ」

ヒノキ「だから、新元号が令和に決まったことも知らないのじゃな」

晶華「ああ、レイワね。それぐらい知っているわよ。スパロボTにも出てくる魔法騎士だって、NOVAちゃんが言っていた」


Magic Knight Rayearth - OP. 1 1080p -

 

ヒノキ「それはレイワじゃなくて、レイアースじゃ」

晶華「だったら零話、つまりエピソード・ゼロってことね」


「MAD」仮面ライダースナイプ エピソードZERO

 

ヒノキ「いや、違う。令和の由来は、万葉集にある『令月と和やかな風』に由来するそうで、すなわち月と風。これにコナっちゃんの花と、わらわの鳥を合わせると、花鳥風月に通じるものがある。すなわちこれじゃ」


Futari wa Pretty Cure Splash Star Transformation and Attack

 

翔花「つまり、精霊の力で戦うプリキュアね。だけど、精霊のお喋り、スピリット・トークを霊話と読めば、今、私たちがしているお話も令和にふさわしいものと考えられると思うんだけど」

ヒノキ「そうじゃな。花粉症ガールはすなわち新時代の令和ガールと呼称することもできよう」

シロ「だけど、ボクは花粉症ガールじゃニャい」

翔花「いいえ、シロちゃん。あなたは私のパートナーなんだから、擬似的に花粉症ガールに準じる存在よ。言わば、プリキュアにおけるシャイニールミナスやミルキーローズみたいなもの」

晶華「というか、キュアモフルンみたいなものじゃない?」


魔法つかいプリキュア!#MahoTsukai PreCure ! 変身シーン #CUREMOFURUN

 

シロ「ボクはぬいぐるみじゃニャい!」

ヒノキ「そうじゃ。シロはわらわにとっても、かけがえのない存在。それを愚弄するとは、いくらアッキーでも許さんぞ」

シロ「アリナ様……」

ヒノキ「そういうわけで、シロや。わらわのために、久々にデザートを作ってくれぬかの?  お主がおらぬ間、わらわはスイーツに飢えておったのじゃ」

シロ「はい、アリナ様。喜んで」

晶華「そ、そうね。ネコマタ、もといシロ兄さまのデザートには勝てないわ。花粉症ガール特別メンバーとして、認めてあげる。いわゆるストレイキャットのスタンドみたいなものね」


JJBA Diamond is Unbreakable - A Stray Cat is Reborn

 

シロ「誰がネコ草だ!」

 

コンパーニュの総括記事

 

ヒノキ「やはり、シロの作ったスイーツは最高じゃのう。これを口にするだけでも、ここに来た甲斐があったというもの」

シロ「アリナ様に喜んでもらえて光栄です」

晶華「うん。悔しいけど、この味だけは本物よ。あんたは未熟だけど、このケーキは未熟じゃない」

シロ「ボクは未熟だけど、お前に言われたくはニャい。聞けば、お前もアリナ様に弟子入りしたそうじゃニャいか。だったら、お前はボクの妹弟子みたいニャもの。武道では先輩に敬意を示すのが当然。そのうち礼儀を叩き込まニャいといけニャいニャ」

晶華「暴力反対。私は今、魔力も激減して戦うことはできないんだから、一方的な弱い者いじめになるわよ。弱い者をなぶるのが、あなたの言う武道の心得なのかしら」

シロ「弱いと自覚しているニャら、少しは口を慎めよ」

晶華「弱いからこそ、言葉を駆使して立ち回る。これぞ言霊魔術師のNOVAちゃんの流儀よ」

翔花「それは違うと思うな。NOVAちゃんは確かに言霊魔術師で、言葉を武器にするけど、相手構わず口論を吹っかけたりはしない。言葉の使いどころや、口撃する相手はわきまえているはず。むやみやたらに噛みつくような振る舞いはしないと思うわよ」

晶華「うっ、相手がお姉ちゃんじゃ反論できないわね」

翔花「だったら、シロちゃんへの失礼な言葉も謝った方がいいわよ。NOVAちゃんなら、失礼を詫びることも辞さないわけだし、プライドが邪魔して謝れないなんて考えたりもしないわ。まあ、失礼をズバズバ口にして、すかさずゴメンと言ってのける人だけど」

ヒノキ「まあ、御免と言いつつ、斬り捨てるところがあるようじゃな。サムライみたいに」

晶華「なるほど。謝ったら負け、ではなくて、謝ることも立ち回り方の一つと言うことか。だったら、ネコマタ兄さんにも謝ってあげるわ。ケーキの件はありがとう。感謝している。いろいろ失礼なことを言って悪かったわ。これからも失礼を言うかもしれないから、先に謝っておくわ。ゴメンなさい。これからも、スイーツをよろしくね」

シロ「何だか反省の欠片も感じられない言辞だニャ。ボクがスイーツを作るのは、アリナ様と翔花のためであって、お前はついでニャ。二人がいるからこそ、お前とは付き合える。そのことをくれぐれも忘れるニャ」

晶華「つまり、あなたがお姉ちゃんと一緒にいる限り、私もついででスイーツを食べられるってことね。それはラッキー。忘れないわ。スイーツに罪はない。私はフルーティーなスイーツのためなら、あなたに頭を下げるのも辞さないわよ。プライドよりも実利を重んじる打算的な女、それが私なんだし」

 

ヒノキ「さて、甘いものを食べたことだし、働かざる者食うべからず。仕事をしなければの。とは言え、コンパーニュの総括記事といっても、一体、何をすればいいのか。何しろ、3月は向こうのブログも大して進展してはいないわけで」

晶華「2月に、ロードスの話をして、魔法使い絡みの記事が宿題に残っていたわね」

ヒノキ「それはアッキーの仕事だったはずじゃな」

晶華「ああ。それはNOVAちゃんが仕事で忙しかったり、花粉症で頭が働かなかったり、シンカリオン掲示板関係に追われていたり、スパロボTを始めたり、で、どうしようもなかったのよ」

ヒノキ「その理由のどれか一つか二つだけだったら、まだ納得できようものを、羅列されるとツッコミたくて仕方ないわ。仕事で忙しくて頭の働かないはずの人間が、掲示板をいじったり、スパロボTをプレイしたり、そんな余裕がある時点で、本当に忙しいのか?  と指摘する者もいよう」

晶華「まあ、仕事で忙しいと言っても、空き時間がないわけじゃないし、スケジュールの合間にうまく1時間か2時間を組み込むことぐらいはできると思うの。頭が働かないから、能動的に物語を考えることはできなくても、受動的に物語を鑑賞することはできるだろうし」

ヒノキ「それで、新兄さんが記事書きできない状況だったのじゃな」

晶華「そうなの。だから頑張って、花粉症パワーを充填して、一生懸命に応援していたんだけど、ますますボロボロになっちゃって」

シロ「そりゃ、花粉症で苦しんでいる人間に、花粉症パワーを充填したら、ますます苦しむだけだろうが。もしかして、新星殿がここにいニャいのは、花粉症ガールから逃げるため、ということじゃニャいか?  時空の彼方で療養しているとか?」

翔花「つまり、アキちゃんがNOVAちゃんにベッタリしがみ付いて離れないから、NOVAちゃんの花粉症が治らなくて、とうとうNOVAちゃんが家出しちゃったってこと?」

晶華「そんな……(涙目)。でも、あり得るわね。以前も、シャショットが家出した時に、NOVAちゃんも家出したわけだし。今回もシャショットが機能停止していたから、NOVAちゃんのブログも機能停止したのかもしれない」

ヒノキ「だったら安心じゃな。シャショットも機能回復したし、シンカリオンも新展開を迎えるから、新兄さんの復活も近かろう。スザクも死なずに、セイリュウの母親ポジションで継続出演しそうじゃしな」

 

 

ヒノキ「……ということで、3月は新兄さんとアッキーが記事書きをサボって、コンパーニュは静かなままじゃったが、4月は心機一転で、ロードス記事の続きを展開しようと思う」

晶華「大丈夫。水野良さんの小説の方も、4月に出るはずが順調に延期されたし。TRPGのロードスに飢えている人は、こちらの雑誌がお勧めよ」

ゲームマスタリーマガジン第7号

ゲームマスタリーマガジン第7号

 

ヒノキ「おお、新刊じゃ。早速持って帰ろう」

晶華「ああ、NOVAちゃんがいないのに。勝手に持って行っちゃダメ〜」

ヒノキ「ここにいない新兄さんが悪いのじゃ。返して欲しければ、さっさとコンパーニュに出向いて、記事の続きを書くがよい。おお、さらにソード・ワールドのリプレイ新刊も発見。さすがは新兄さん。わらわのために新刊を用意してくれていたとは」 

ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者3 (ドラゴンブック)

ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者3 (ドラゴンブック)

 

 晶華「別にリナ老師のために用意したんじゃないと思うけど」

 ヒノキ「今月は、ウォーロックマガジンの新刊も出るんじゃな。これも入手してくれるのを楽しみに待っているぞ」

ウォーロックマガジンvol.4

ウォーロックマガジンvol.4

 

 

翔花「あっちのブログでは、翔花伝の屋久島編の続きも楽しみよね」

シロ「ボクがセイリュウに倒されたところで、放置されているわけで」

翔花「続きはどうなるの?」

シロ「ボクが超絶無敵にパワーアップして、セイリュウを圧倒する話……にはならないんだよね」

翔花「あれ?  パワーアップするんじゃなかったの?」

シロ「ああ。力を得るのと引き換えに、悪への誘惑にさいなまれて、光と闇の選択をしなければならないんだ。そして、光を選択した結果、ボクは大切なものを失い、自分の無力さに涙する話……になるはず」

翔花「そういう経験を経て、今の私たちがいるってことだね」

シロ「そういうエピソードが平成最後に語られて、うまく令和につながればいいニャア」

 

平成最後の仮面ライダー

 

ケイP『ショーカママたち、大変だ』

翔花&晶華「あら、KPちゃん」「どうしたの?」

ケイP『弟のマーク3から、こういう通信が送られてきたんだ』


『仮面ライダーブレン』

 

晶華「え?  ブレンさんって、メガネンジャーのメガネグリーンよね。先月はメガネピンクの弥生ちゃんが必殺に出演して、今度はブレンさんが平成最後の公式仮面ライダーになるの?  2035年って言ってなかった?」

ヒノキ「……まさかの。このニュース、4月1日に配信されたときは、てっきりエイプリルフールの嘘ネタかと思っていたが、まさかのマジネタだったとは」

晶華「つまり、メガネンジャーとしてプッシュしてきた人たちが、次々と表舞台に昇るってことよね。すると……私、メガネシルバーが世に出るのも近い?」

翔花「いや、私たち花粉症ガールは非実在精霊少女だから、無理じゃないかな」

晶華「いいえ、お姉ちゃん、諦めちゃダメよ。バーチャルアイドル初音ミクみたいに頑張れば、スパロボに出たり、シンカリオンに出たりするのも夢じゃないかも」


スーパーロボット大戦UX フェイ・イェンHD All Attacks


初音ミク→発音ミク登場!!新幹線変形ロボシンカリオンNEWキャラクター!!

 

ケイP『とにかく、今は弟のマーク3を呼んで、おめでとう、と言いたい気分だ』

晶華「だったら、ドルイ道おじさんも呼んで、リュウソウジャー出演おめでとう、と言ってもいいよね」

ヒノキ「何と、ハイラス様をお呼びすると申すか?」

晶華「え?   呼んだらマズい?」

ヒノキ「いや、別にマズくはないのじゃが、彼の御仁の前では、いろいろと恐縮してしまうのでの(赤面)」

晶華「ふーん、ドルイドンはマイナソーって怪獣を操るみたいだし、怪獣の眷属は次元ドルイドに逆らえないって聞いたことがあるけど、ここに怪獣の眷属って、どれだけいるの?」

ヒノキ「ラドンじゃ」

シロ「シーサーにゃ」

ケイP『ドゴラだ』

翔花「私もモスラとか、アストロモンスとか」

晶華「……って、怪獣だらけじゃない、ここ。どうなってるのよ」


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』海外版予告(英語)

 

(当記事完)