White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

スパクロよ永遠に

エクスカイザー限界突破とか、プルプルとか

 

NOVA「とりあえず、エクスカイザーイベントを終わらせて、最大限界突破も果たして目標達成だ。後は、のんびりキングエクスカイザーをレベル80まで育てるだけだな。マリーダさんもSSRクシャトリヤパイロットパーツ付けて頑張ってるし、当面やりたかったことは、おおよそ終了して安定期に入った感じだ」

晶華「あっ、そう。それは良かったね」

NOVA「何だ、お前。テンション低いな。アシスタントガールだったら、もっと場を盛り上げるようなノリを見せてくれないと困るぞ」

晶華「だって、私、スパクロのことをよく知らないんだよ。だから、ハマっているNOVAちゃんを見ても、共感できるわけじゃないし。私としては、もっとNOVAちゃんに私のことを見て欲しいわけで、一緒にいても心が通じていない感じなの」

NOVA「だったら話は簡単だ。お前も、スパクロにハマるといい。前にドラクエ5をやっていたように、スパクロをすれば、お前も見る目が変わるんじゃないか」

晶華「とは言っても、私が興味のあるロボって少ないし」

NOVA「それなんだがな。昨夜、ガチャでネオグランゾンが当たってしまった」


| スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ | ネオ・グランゾン | 全武装 |

 

晶華「え、ネオグランゾンって、スパロボオリジナルで最強かもしれないって評判の、ダークプリズンがテーマ曲の重力操作ロボ?」

NOVA「ああ、SSRではなくて、SR機体だが、それでもネオグランゾンだ。こいつの育成をお前に託したい」

晶華「それって、シュウ様を私の好きにしていいと?  つまり、NOVAちゃんは私にサフィーネの役をやれ、と?」

NOVA「いや、別にサフィーネにならなくてもいいんだが」

晶華「でも、シュウ様のパートナーと言えば、サフィーネでしょ?」


第2次スーパーロボット大戦OG★サフィーネ(21歳)武装集

 

NOVA「だからと言って、お前がサフィーネになる必要は全くもってないんだが。というか、そっちの方向を突き詰めると、アンナのキャラじゃないのか。お前は、せめてモニカ王女の方向性で進んだ方がいいと思うんだが」

晶華「私にモニカ王女役を任せると仰せになられますか」

NOVA「いや、おかしな過剰敬語を真似されてもな」


SRW OGS 魔装機神III POJ ノルス・レイ(モニカ) All Attacks

 

晶華「でも、シュウ様のネオグランゾンはゲットしても、モニカ王女やサフィーネの機体まで付いて来たわけじゃないでしょ?」

NOVA「ああ、モニカはこっちが付いてきた」


【スパクロΩ】モニカ(水着2017夏) -ライブカットイン - Code Geass

 

晶華「こんなのまでガチャで当てたの?」

NOVA「ああ、俺もよく知らないキャラなんだが、ギアスの外伝に出てくるキャラらしい。そしてシュウとモニカが揃えば、育てたいと思うのがスパロボファンの人情ではないか。しかし、俺にはその時間がない。仕事で忙しいからな。だから、俺の留守の間に、お前にキャラの育成を頼むしかないんだよ」

晶華「仕方ないわね。NOVAちゃんのスパロボ愛を理解するための修行の一環として、手伝ってあげるわ」

NOVA「ああ、ついでにマリーダさんと、プルの育成も頼んだぞ。プルツーは現段階の最高レベル60に達したが、他の二人はまだだ。おまけに何の因果か、プルの黒キュベレイがもう一種類当たってしまってな。前のは接近戦アタッカー仕様だったのが、今度のは射撃戦シューター仕様で、どうしてプルばかり増殖するのか不思議だが、これもまあ、当ブログでネタにした巡り合わせだと信じている」

晶華「つまり、NOVAちゃんのスパクロデータには、現在プルシリーズのSSR機体が4種類もあるわけね。正にプルプル四天王状態」

NOVA「さすがに4人一度に出撃はできないんだけどな。フレンド機体を除けば、同キャラの同時出撃は不可能という仕様だ。さらにゲッター1と2と3の併用も無理。だから、スパロボ本編と違って、クロスオメガのゲッターは汎用性が薄い機体となっている。まあ、細かいルール薀蓄はさておき、とりあえず、マリーダさんを貼り付けておくぞ」


【スパクロ】クシャトリヤ/マリーダ・クルス - カットイン - 機動戦士ガンダムUC

 

晶華「シュウ様と、ギアス外伝のモニカと、エルピー・プルと、プルトゥエルブことマリーダ・クルスさんを育てるのが、私の使命。だけど、まだ納得できないというか、自分らしいツボが見えて来ないわね」

NOVA「シュウはツボじゃなかったのか?」

晶華「ツボだけど、感情移入の対象じゃないわ。私にふさわしい花粉症の精霊力を体現したロボは、スパクロにはいないのかしら」

NOVA「……俺のよく知らない『宇宙をかける少女』出典で、スターシルフという機体があるらしい。星風の精霊って意味だが、パイロットの名前は秋葉で、晶華とつながらないこともない。これを、マリーダさんの後の覚醒ユニットとして、お前に託すというのはどうだ?   本当はグレンダイザーにしようと思っていたんだが、知らない作品の勉強をするのもいいかと思ってな」


「スーパーロボット大戦X-Ω」スターシルフ - 戦闘シーン(オメガクロス) - 宇宙をかける少女

 

晶華「つまり、NOVAちゃんは、グレンダイザーを後回しにしても、私にスパクロをプレイして欲しいわけ?」

NOVA「まあ、趣味人としては自分が楽しいと思うだけでなく、自分が楽しいと思っている物の魅力を誰かに伝えたいわけだよ。俺とお前で、スパクロにハマっている姿をブログに書けたら、それはハッピーじゃないかなって思う次第」

晶華「つまり、私とNOVAちゃんで石破ラブラブ天驚拳❤️を見せたいのね、NOVAちゃんは」

NOVA「いや、どちらかと言えば、師匠と一緒の究極石破天驚拳の方が燃えるんだがな」


【PSP スパロボAP】東方不敗の師匠とドモンで究極石破天驚拳

 

晶華「そう言えば、NOVAちゃんはGガンダム好きだけど、そっちの機体はゲットしたの?」

NOVA「1機だけな」


レイン&ドモン シャイニングフィンガー

 

NOVA「とりあえず、レインパイロットのシャイニングガンダムだけをゲットしている。あまり、強い機体じゃないので、育成が後回しになっているけどな」

晶華「じゃあ、それも私のラブラブ❤️小隊に入れて、一緒に育ててあげる。NOVAちゃんに託されたシュウ様中心の萌え燃えガールズ小隊を育てることが、NOVAちゃんのハッピネスにつながるなら、私、きっとやり遂げてみせるよ」

NOVA「では、今度からクロスオメガ記事の主役は、晶華たちに任せるな。俺好みのイベントが来たら、俺メインで書いたりもするが」

晶華「じゃあ、『花粉症ガールのスパクロ育成雑記』みたいな記事でいいのね」

NOVA「後は任せた」

 

スパクロ今後の予定

 

NOVA「で、当ブログの展開は以上の通りだが、来月のスパクロイベント参戦がこの度発表された。『ガンダムNT』『ヴァンドレッド』そして『ダイミダラー』らしい」

晶華「ダイミダラーって何?」

NOVA「そこに食いつくか。ええと、俺も詳しいことは知らないが、噂によるとオルフェンズのイオク様声の主人公が、オルフェンズのラフタ声のヒロインにイヤらしいことをすることでエネルギーが充填されて起動する、健全ロボらしい」

晶華「ああ、健全なんだ。良かったね、NOVAちゃんの嫌いなふしだらなロボじゃなくて」

NOVA「いや、ミダラとふしだらは同義だろう。俺は教育者として、そういうふしだら要素は、表立って好みと言えない立場にある」

晶華「でも、裏では?」

NOVA「フルタンX萌え〜。サンタコスのフルタンXマスが見たいなあ。バレンタインデーにわなげチョコを買ってもいいなあ。スパクロにフルタンXがコラボしないかなあ」

晶華「……どうして、そこでフルタンが出てくるのか、理解に苦しむわ」

NOVA「だったら聞く。俺がもしも万が一、『花粉症ガール萌え〜。ショーカたん、愛してる。ペロペロ。粉杉翔花と晶華姉妹は俺の嫁〜ハアハア』なんて自分の生み出したキャラに欲情する下品な変態親父キャラを演じたら、お前はどうする?」

晶華「喜んで受け入れ……たくはないわね。『そんなのNOVAちゃんのキャラじゃない。ふえ〜ん、NOVAちゃんが壊れちゃったよ〜(涙目)』と泣き叫んで、花粉症バスターを撃ち込んで正気に戻す」

NOVA「俺だって、そんな自分はイヤだ。いわゆる『ギャグネタとしては笑えても、そこまで堕ちたくはない自分』というのがあるわけだ。それに、俺が長年コツコツ培ってきたパブリックイメージというものがあるからな。徐々に路線変更して、次第に馴染ませるならともかく、一気に自分のキャラ崩壊するほどの発言には抵抗があるんだよ。だけど、俺には変身願望もあるし、『意外な自分の再発見』とか『新境地』というものを否定するつもりはない。だから、そういう時は違うキャラを作るのが、創作家たる所以だな」

晶華「じゃあ、NOVAちゃんの中の『花粉症ガール萌え〜』成分はいま、どうなってるの?」

NOVA「未来に放逐したな。読者A、またはアストという名前で……」

晶華「誰それ?」

NOVA「忘れてやるなよ。ほら、8月5日の記事を見ろよ。マピロ・マハマ・ディロマトで、大きな閃光と共に消失した奴じゃないか」

晶華「ああ、あのストーカーか。可哀想に、あんな奴と心中するなんて、『大きな閃光』の自己犠牲には涙が出てくるわ。さようなら、『大きな閃光』、あなたのことは忘れない」

NOVA「いや、『大きな閃光』ってキャラ名じゃないし」

晶華「だったら、今からキャラに昇格させましょうよ。『時空間移動能力を持った超次元戦士ビッグ・フラッシュ』って感じで」

NOVA「いや、普通にフラッシュってキャラがいるから、流石にそのネタはまずい。せめて、『時空跳躍ロボ・ダイセンコー』ぐらいにアレンジしないと。もちろん、パイロットは教師で、生徒たちから『先公』呼ばわりされたり、武器が『線香花火ロケッター』とかで板野サーカスで曳光弾が飛び交う戦場になるとか、穿孔ドリルで相手を貫いたり、鮮紅の騎士という異名を持っていたり……っていかん、普通に格好いいんじゃないかって思い始めている自分がいるぞ。だけど、ググってみたら、すでにそういう名前の馬がいたし、字面もダイゼンガーとかダイケンゴーっぽくて、パクリっぽいのでやめた」

晶華「やっぱり、ビッグ・フラッシュで行きましょう」

NOVA「いや、企画を考えているんじゃないから。ビッグ・フラッシュも、リトル・フラッシュも登場させなくていいから、それよりも読者Aだよ。あいつ、今ごろ何をやっているのか、本当に知らないのか?」

晶華「知っているとしたら、アナちゃんじゃないの?  私は、未来の記憶なんて綺麗さっぱり吹っ飛んだんだし、『読者A、アスト』で検索したら、ネットで見つかるんじゃない?」

NOVA「適当を言ってるな、オイ。……試しに調べたら、こんな物が出てきたんだが」

お風呂・洗面台ガンコあか落とし 150g

お風呂・洗面台ガンコあか落とし 150g

 

 

晶華「よかったね、NOVAちゃん。姿形は変わっても、読者Aって人が元気に頑張っている姿を見ることができて」

NOVA「いや、まさか未来に飛ばされて、帰ってきたら、『あか落としの洗剤』になってましたってオチはないだろう?  未来から帰った娘が吸血鬼になってましたってだけでも衝撃なのに」

晶華「未来から帰ってきたストーカーが更生して、世間の汚れを浄化する次元クリーナーになったって設定で、一つお話を書いてみたら?」

NOVA「そんな暇があったら、俺はスパクロをするなり、フラッシュのDVDを見る。その設定が面白いと思ったら、読者Bなり、読者Cなり、人間じゃない読者Xなりが自由に料理したらいい」

晶華「人間じゃない読者なんているの?」

NOVA「普通にいるだろう。お前みたいな精霊少女がそこら辺に。いなければ、ヒノキちゃんが精霊ネットを運営している意味がないだろうし」

 

晶華「ところで、私たちは今、何の話をしているわけ?」

NOVA「それはもちろん、読者A……じゃなくて、ダイセンコーでもなくて、そうそうフルタンXだ」

晶華「違うでしょ。ダイミダラーじゃなかったの?」

NOVA「そんなふしだらな話をするような娘に育てた覚えはありません」

晶華「健全ロボじゃなかったの?」

NOVA「それは健全という言葉の定義によるな。少なくとも、原作漫画版のマジンガーや、イクサー1、それにゼオライマーぐらいには健全だと俺は考えている」

晶華「例えがよく分からないけど、NOVAちゃんが勧めるなら、私も頑張ってダイミダラーを操縦するよ」

NOVA「それだけはやめろ。俺はダイミダラーを推奨した覚えはないし、ネタにすることはあっても、好き好んで視聴したいとは思わないなあ。まあ、スパロボに出るなら、後学のために参考にはしたいが」

晶華「じゃあ、ガンダムNTヴァンドレッドの紹介をしてよ」

NOVA「しない。よく知らん。今は勉強している時間もないので、スパロボで知ったつもりになる程度でも、当面の問題はないと思っている」

晶華「何、NOVAちゃんはロボットマニアじゃなかったの?」

NOVA「マニアは自認しても、さすがに『俺の知らないロボアニメはない』と言い張るつもりもないし、どちらかと言えば懐古趣味だからな。スパロボを通じて、後から知って、面白そうなら改めてチェックする形でもいいと思っている。ガイキングLODも、ファフナーも、ガンソードも、そうして後から知ったわけだし、ラインバレルも途中切りした男だしな。これが特撮ヒーローなら話は変わってくるが。ということで、知らないものは実感をもって語ることはできないので、余計な先入観を抱かないニュートラルな視点で楽しもうと思っている。ダイミダラーというタイトルや設定は、インパクトがあるが、案外、燃えるロボットアニメかもしれんし、スパロボだと共演作との絡みで化けることもあり得るからな」

 

スパロボTについて

 

NOVA「とうとう発売日が発表されたが、やはり春か」

晶華「うん、花粉症ガール一周年記念でスパロボTをプレイすることになりそうね」

NOVA「そいつはどうかな。プレイをするとしたら、春休み明けの4月からゴールデンウィークの時期になると思う。問題は、そのためにハードを買わねばならんことだが、それについては決断した」

晶華「おお、何と、それは凄い」

NOVA「いや、まだ何も言っていないんだが」

晶華「いや、優柔不断なNOVAちゃんが何かを決断するなんて、成長したなあ、と思って、ホロリと涙が出てくるよ」

NOVA「ちょっと待て。いつから俺が優柔不断キャラになった?   好きなことには即断即決即実行、猪突猛進が取り柄のイノシシ年キャラだぜ。つまり、来年は俺の年だ。だから、2月の誕生日を記念して、Switchを買おうかな、と思っている」

晶華「PS4は?」

NOVA「今さらな。俺はスパロボのためにPS3を買って、その後、VITAで追っかけてきた人間だが、PS4に魅力を感じないんだよ。PS2はDVDが見れる。PS3はブルーレイも見れる。だけど、PS4にはそういう付加価値を感じないし、携帯機でゲームする習慣が付いちゃったからな。ちなみにPS4は2013年発売で、その前のPS3が2006年発売だから、そろそろ次世代機の噂が流れている。2019年にPS4を買った場合、その翌年にはPS5が発売されて、損した気分になる可能性がある。一方、Switchは2017年発売で、その前のWii Uが2012年だから、次は2022年まで余裕があるんじゃないかなあ、と推察される。まあ、昔ほどゲームをやらなくなったのも事実なので、スパロボができるなら、どっちでもいいわけだが、そうなると商品寿命が長そうで、携帯機としてもプレイできるSwitchに軍配が挙がるわけだ」

晶華「じゃあ、とにかくTは購入することで決定したわけね」

NOVA「そりゃ、ハーロックが出るなら買うだろう。それにGガンとガオガイガーが出るなら、買わないと俺は王者の風とか勇者を名乗る資格はない、と考える。まあ、別に名乗るつもりもないが、スパロボ新作をプレイすることで得られる『自分らしさのこだわり』ってものがあるんだよ。何せ、93年以来、毎年欠かさずプレイしてきたゲームなんだぜ。25年の追っかけ人生が26年目に断ち切ったんじゃ、何か痛烈な後悔をしてしまいそうで、やはり継続こそ力であり、誇りだと思うのが自分なわけだよ」

晶華「もしも、スパロボの新作が出ない年があったら?」

NOVA「大丈夫だ。その時は未クリアな旧作をやるから」

晶華「未クリアなものがあるのに、どうして新作を買うのよ」

NOVA「そりゃ、欲しいからに決まっているだろう。それとも、ゲームは買ったら、必ず最後までプレイしないといけないのか?   途中まで頑張って、中途半端に終わっても、プレイした分の思い出話は語れるし、いつかまたプレイしたい想いに駆られて、昔できなかったことを達成できた喜びを味わうことだってできるんだ。つまり、その時その時に自分を満足させられることこそ生き甲斐の一つだと思うんだが、たかがゲーム、されどゲーム、しかして継続してきた想いをなおも継続したいと感じる気持ちを、誰も否定することはできないんだぜ。まあ、欲しい物を買うお金がなくなれば悲しいので、頑張って働いているわけなんだが」

晶華「う〜ん、私には実感できない類の想いだけど、それがNOVAちゃんのこだわりだって言うのなら、大切にしたいとは思う。だったら、NOVAちゃんが仕事で忙しい時期も、私がシュウ様や、マリーダさんや、プルたちを育てて、強くしてあげるね。それが私の修行の一つだと信じて」

 

NOVA「そんなわけで、当面のNOVAのスパクロ話は、これで終わっておきます。書くとしたら、晶華視点のキャラ育成記事になるかなあ、と」