Shiny NOVA&晶華のNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

『ホビット』新訳本について

 ええと、この記事を書く際に、改めて『ホビット』の原作も買う気になりました。
 ちょうど、映画の公開に合わせて、大人向きの新訳本も出ていたので。
ホビット〈上〉―ゆきてかえりし物語ホビット〈下〉―ゆきてかえりし物語
 ただ、やはり訳者が違っていると、いろいろと固有名詞辺りにもズレがありまして、チラ見して、う〜んと思ったり。

ドワーフの名前が(苦笑)

 ええと、リーダーの名前がトーリン・オーケンシールド(1)。
 副リーダーがバーリン(2)で、その弟がドワーリン(3)。
 若いドワーフが、キーリとフィーリ(4、5)。
 さらに、ドーリ、オーリ、ノーリ、オイン、グローイン(ここまで10)。
 最後に、ビフール、ボフール、それからデブで有名なボンブール。
 以上の13人が、ビルボの旅に同行するドワーフということになります。
 映画でも、瀬田さんのこの訳に合わせているのですが、


 山本史郎氏の新訳では、こうなっております。
 リーダーが、トリン・オウクンシルド。
 その後が、バリン、ドワリン、キリ、フィリ、ドリ、オリ、ノリ、オイン、グロイン、ビファー、ボファー、ボンバー。


 ……オイン以外、全員、名前が変わっております。
 まあ、基本的に「ー」が消えて、縮められただけなんですが、後ろ3人、とりわけボンブールがひどいなあ。
 ボンバーじゃ、こういう連想をしてしまう。
ボンバーマン ハドソン・ザ・ベスト


 一応、訳者は後書きで「原則として、(作者の)トールキンが存命中に制作され、放送されたイギリスBBCのラジオドラマ版で発音されている形を典拠とし」たそうですが、
 今回の映画の方のネイティブ発音は、瀬田さんの表記に近いなあ、と思います。


 なお、この13人のドワーフの数の多さは、海外でもパロディネタにもされていまして、映画の役者の人に早口言葉で13人の名前を言わせる映像まであったり(笑)。

 これを聞いても、やっぱ瀬田さんの表記でいいのでは? と思いつつ、山本氏の固有名詞訳も、これから瀬田さんの訳に頭の中で置き換えながら読んで行こうか、と。


 ま、それに合わせて、感想なんかも書いていくつもり。