Shiny NOVA&晶華のNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

2作目のSEE版購入

ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エディション ブルーレイ版(初回限定生産/5枚組/3D本編/デジタルコピー付) [Blu-ray]
 ゲーム話で長くなったので、改めて。

 いよいよ、来月に3部作の完結ということで、その前に、2作目の映像追加バージョンが出ました。自分は本日購入して、明日以降の鑑賞を楽しみにしているところ(残念ながら仕事で休日にはならないので、一気見は無理っぽいですが)。


 で、8月に「第9章・牢から逃げだすたるのむれ」感想(エルフ編)を書いて、続きは秋に書くつもりだったのですが、まあ秋は「ゲームの秋」になってしまって、「読書の秋」「映画鑑賞の秋」にはならなかった、と。


 こうなったら、SEE版を見て、その勢いで書く。
 まあ、それで高まったテンションで、完結編を見て、余韻を残した正月休みにまた書く。
 で、その勢いを次のDVD発売に向けて、またまた書く。
 最終的には、完結編のSEE版を見る頃に、自分の感想記事も終わらせるようにすれば、長らく楽しめるだろう、と計画したり。
 何せ、13年前に買ったゲームをようやく終わらせるぐらいの、気の長い奴ですから。
 13年前と言えば、『ロード・オブ・ザ・リング』が公開された年でもありますね。13年目にいろいろ完結するという意味では、自分の中ではいろいろつながっているような気分に感じたりも(周りの目からは、単なるこじ付けにしか見えなくても^^;)。


 ともあれ、今回のSEEの自分的見どころは(前情報からの期待)、「ビヨルンのシーンの追加」「闇の森の探索シーンの追加」に加えて、「ドル・グルドゥアに侵入したガンダルフが、トーリンの父スラインと出会うシーンの追加」だと思ってます。
 原作では、トーリンと出会う前にガンダルフが「死人占い師の牢獄に囚われたスラインと出会って、はなれ山の地図と鍵を託された」となってますが、映画ではその辺の前後関係が変更されているようで、改めてスラインとの邂逅シーンが描かれたとのこと。
 この辺、ガンダルフの行動が原作と異なっている部分(ドル・グルドゥアには初めて立ち入ったこと)とか、細かいことが何となく気になっていたのですが、完結編での答え待ちかな、ぐらいには思っていて、その辺の謎がSEE版で掘り下げられるのを知って、ワクワクしていたりします。


 SEEを見てから、これまで書いた記事の補足的な部分を書いて、その後でガンダルフの動向をあれこれ書いてから、湖の町のシーンまでを劇場公開前に書けたらいいかなあ。
 第2部クライマックスのスマウグ絡みは、完結編のスマウグ撃退を見てから書きたいと思いますしね。第2部ラストが後に引っ張る中途半端なところで終わってますし、原作を踏まえても、バルド登場辺りからは章構成的に第2部と第3部をスパッと切れない部分がありますので。


 とにかく、これからホビット熱を再燃させる所存。