Shiny NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

4月29日は昭和の日

久しぶりの日にちネタ

 

晶華「本日は昭和の日ってことで、昭和特集です」

シロ「昭和特集って、一体何をやるんだ?」

晶華「さあ。昭和をテーマにいろいろ語るんじゃない? 私はまだ2歳だから、昭和のことをよく知らないし。平成生まれの花粉症ガールなんだから、そういう昔のことはシーちゃんに任せた」

シロ「ボクだって平成生まれだよ。父さんのキングシーサーは昭和に出現したけど」

リトル「リウも平成生まれですぅ。ゴジラの息子1号のミニラ兄さんは、昭和生まれですけどぅ」

晶華「つまり、この中に昭和について懐かしく語れる子って一人も、一匹もいないわけ? だったら、この企画は初めから失敗じゃない。はい、当記事 完」

 

シロ「こらこら、勝手に終わらせるな。知らないなら調べればいいんだ。歴史好きの時空魔術師の娘だったら、資料を使って調べるくらいしろよ」

晶華「資料ね。あ、そうだ。最近はご無沙汰だけど、恒例だった有名人の誕生日ネタってのはどう? 昭和というか、4月29日が誕生日の人を話題にするの」

シロ「だったら、最初は昭和天皇のお誕生日で決まりだな。そもそも、この日が祝日なのも、天皇誕生日からの流れだったわけで」

晶華「ええと、天皇誕生日だったのが1949年から88年の40年間だったのね。それまでは天長節と呼ばれていて、祝日法の施行が1948年の夏からだから、いわゆる国民の祝日という定義が為されていなかったということで」

シロ「つまり、昭和に育った人間にとっては、今日は天皇誕生日という感覚が根強いわけか」

晶華「平成生まれの政治家が主流になれば、現上皇誕生日の12月23日も平成の日として改めて規定されるかもしれないわね」

シロ「ああ。平成生まれの若者にとっては、昭和の日があるのに平成の日がないのは納得できないからな。あと10年から20年経てば、平成生まれの政治家が主流になっていき、平成の日が制定されるのを希望するぞ」

晶華「現環境大臣の進次郎さんは、平成生まれじゃないの?」

シロ「1981年生まれだから、まだ昭和生まれだぞ。やはり、平成生まれの31歳以下の人間が大臣クラスになるには、あと10年から20年くらいは必要だと思う」

晶華「すると、花粉症ガールは12歳から22歳ってことね。そうなる頃が、平成生まれが世の中の主流になるわけか」

シロ「そして、やがては20世紀生まれが老害化石と呼ばれる時代が来るわけだな」

晶華「って、昭和の日で昭和を祝うはずなのに、昔の人を老害化石なんて言ったらダメじゃない」

シロ「ああ、そうだな。先達には敬意を示さないと。向こうが若者に一定の愛情を注いで守ってくれる間はな」

晶華「うん。若者を見下し、搾取して、自分たちの安泰しか考えない年寄りだったら、老害呼ばわりされても仕方ないけどね。未来を作るのは若者なんだから、若者に希望を与えない古臭い考えの人間は淘汰されて然るべきだと思うの」

リトル「だけど、若者を応援する立派な年配の方も多くいるのですぅ。たまたま、老害発言ばかりがニュースになりやすいだけですぅ」

晶華「IT担当とか、クールジャパン戦略担当が79歳の老人というのは、さすがに『分かっていない人間がトップ』に立って、そのジャンルを潰そうとしているようにしか見えないの」

シロ「まあ、若い官僚に実務を任せて、抑え役、経験からフォローする御意見番として振る舞うなら分かるけどな。未来を築くことを期待されている最先端のジャンルを推進するでもなく、トップがブレーキをかけるような状況は、変えて欲しいなあと思う。それこそ、進次郎さんみたいな若手を置くところじゃないかな」

晶華「何だか、珍しく政治ネタになっちゃってるね。仕切り直した方がいいのかも」

 

4月29日の誕生日ネタ 

 

晶華「話が横道にそれたけど、昭和天皇が亡くなって平成になった1989年から2006年の18年間がみどりの日だったわけね。その後、2007年から昭和の日に切り替わった、と」

シロ「つまり、昭和の日が制定されて、今年で14年めというわけだ。今の小中学校生は、みどりの日が5月4日というのが常識で、逆に20代の人間にとっては『何で昭和の日に切り替わったの?』という感覚が分からないんじゃないか? 理屈では昭和天皇の誕生日だったから、ということは分かるけど、感覚的には突然、切り替わった。すると、『何で上皇誕生日を平成の日にしないんだ?』という理屈にもなるわけで」

晶華「やっぱり、上に立つ人が昭和時代の感覚を持っていた人ばかりで、平成時代の若者の感覚に疎いから、『平成の日を制定する意識に乏しい』ってことかしらね」

シロ「2007年、つまり平成19年に昭和の日が制定されたことを考えると、やはり平成の日が制定されるのも令和19年まで待たないといけないのかな」

リトル「遅すぎですぅ。せめて、令和の一桁代に制定されて欲しいですぅ」

 

晶華「で、昭和の日や、未来に制定される可能性のある平成の日の話はともかく、4月29日生まれの話に行きましょう」

リトル「だったら、リウから行きますぅ。ゴジラ番としては、俳優の宝田明さんを推すですぅ」

晶華「ああ、その人は最初の『ゴジラ』だけでなく、『モスラ対ゴジラ』『怪獣大戦争』『南海の大決闘』の4作の主演を演ってるのね。昭和ゴジラの最多主演回数じゃないかしら。その後、平成では『ゴジラVSモスラ』『FINAL WARS』にも出演されている」

シロ「出演作品では、芹沢博士など7本のゴジラ作品に出た平田昭彦さんや、昭和ゴジラ4作、平成ゴジラ2作に出た小泉博さんも忘れちゃいけないけどな。そして、最多出演者なら、昭和ゴジラ9本、平成ゴジラ4本に出ている佐原健二さんに軍配が上がる」

晶華「ウルトラQの主役の万丈目さんの人ね」

シロ「佐原さんは『空の大怪獣ラドン』の主演俳優でもあるし、ゴジラ映画以外の東宝怪獣作品や、ウルトラシリーズでも参謀役などの出番が多いからなあ」

晶華「それでも、最多主演が宝田さんということも間違いないのよね。ところで、女優さんでゴジラ映画最多出演者は誰になるのかしら?」

シロ「平成ゴジラなら、まちがいなく三枝未希役の小高恵美さんだな。ビオランテからデストロイアまで6作に続けて出演しているレギュラーだし」

晶華「昭和だったら?」

シロ「メインヒロインという意味では、星由里子さんになるかな。モスゴジと地球最大の決戦の2作に連続して出ている。その後、2000年のメガギラスにも出ているから、ゴジラ映画全体だと3作出演になるな。メインではないが、モスラと交信する双子の小美人役のザ・ピーナッツも同じ映画に2作出演しているから、昭和ではタイだ」

晶華「あれ? 小美人さんって、南海の大決闘にも出ていなかった?」

シロ「そっちの小美人は、ペア・バンビに代わっている。その後、小美人は平成VSシリーズのコスモス(今村恵子、大沢さやか)、平成モスラシリーズのエアリス(小林恵、山口紗弥加)、ミレニアムシリーズ(大塚ちひろ長澤まさみ)といった風に代替わりしているが、いずれも2、3作だけだな」

晶華「すると、昭和から続くゴジラ映画クイーンは、星由里子さんになるのかしら」

シロ「メインヒロインと言っていいか分からないけど、水野久美さんの存在感も大きいな。怪獣大戦争X星人・波川さんと、南海の大決闘の島の娘ダヨの2役を演じている他、平成ゴジラでも2作に出ているので、合計4作出演。つまり、平成オンリーなら小高恵美さんで、昭和も合わせて広く怪獣映画の女王という意味では水野久美さんになるか。やはり、非ゴジラ映画でも、『妖星ゴラス』『マタンゴ』『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』『サンダ対ガイラ』の4作に出ているのが大きい」

HGシリーズ ゴジラ7「X星人」

晶華「宝田さんの話なのに、最後は水野さんに持って行かれた気がするけど」

シロ「昭和の日だから、昭和のヒロイン話をしてもいいじゃないか。それにしても、今、水野久美さんの誕生日をチェックして驚いた。1月1日の元旦とは、実にレアなバースデイだなあ、と」

晶華「調べてみたら、1月1日生まれの有名人も結構いるみたいだけどね。キラメイブルー役の水石亜飛夢さんとか、牙狼の神牙のパートナー・アミリ役の松野井雅さんとか、Kinki Kids堂本光一さんとか、ワンピース作者の尾田栄一郎さんとか、大神官ビシュム役の好井ひとみさんとか、三匹が斬るの仙石役の役所広司さんとか、小説家の夢枕獏さんや風見潤さんや、南夕子役の星光子さんとか、メーテルウルトラの母の声の池田昌子さんとか、ゴジラの中の人の故・中島春雄さんとか……今日が1月1日じゃないのが残念なくらい、錚々たる面々が揃っているわね」

シロ「実際に1月1日だったら、正月あいさつがメイン記事になって、わざわざ誕生日を調べたりはしないからな。それより、本題の4月29日生まれの人に戻ろうぜ」

晶華「もう、お腹いっぱいって気もするけど、碇ゲンドウさん? それとも、ランカ・リーさん?」

シロ「フィクションキャラじゃなくて、リアルにしてくれ」

晶華「だったら、声優の立木文彦さんね」

シロ「って、碇ゲンドウの声優さんじゃないか。同じ誕生日だったのか」

晶華「立木さんと言えば、マジンカイザーのボスの声の他、ガイアメモリの声で有名よね。『サイクロン! ジョーカー!』とか言ってる声が、碇ゲンドウだと思うと楽しいわ」

シロ「仮面ライダー剣のラウズアブゾーバーやキングラウザーもそうか。『エボルーション・キング!』とか言ってるんだな。碇ゲンドウが」

晶華「他には、ジェイデッカーのシャドウ丸の声も立木さんね」

シロ「おお、忍者刑事じゃないか。ジェイデッカースパロボ参戦希望! と言ってみる。シャドウ丸を使いたい」

晶華「あとはシンカリオンのナレーションが立木さんね。はい、じゃあ、次はシーちゃんの番」

シロ「だったら、ボクは女優のミシェル・ファイファーさんを推そうかな。92年の『バットマン リターンズ』でキャットウーマンを演じたほか、『レディホーク』や『ウルフ』で鷹や狼に変身するヒロインで、新星さまのツボを突きそうな美人女優さん。最近は、アベンジャーズの初代ワスプ、ジャネット・ヴァン・ダインを演じていて、往年のスーパーヒロインが美しく歳を召した姿を披露している」

晶華「洋画の女優さんだったら、ユマ・サーマンさんも捨て難いわね。91年の『ロビンフッド』のヒロイン・マリアン役や、バットマンのポイズン・アイビィ役だったりもするし、『キル・ビル』でも主人公を演っている」

 

アベンジャーズと過去記事の思い出

 

晶華「さて、洋画の女優さんの話だったら、本当は今ごろ、この映画の話をしているはずなのよね」


映画『ブラック・ウィドウ』最新予告 スカーレット・ヨハンソン主演

 

シロ「5月1日に公開予定だったのが、新型コロナのせいで11月6日公開に延期されたんだったな」

晶華「去年のこの時期はエンドゲーム、一昨年のこの時期はインフィニティ・ウォーの話題で、ブログ記事が盛り上がっていたんだけどね」

whitenova.hatenablog.jp

whitenova.hatenablog.jp

 

シロ「その前は?」

晶華「私は生まれてないし。その前のNOVAちゃんはつぶやきだらけで、ろくに記事を書いていなかったし。その前だと、2013年に遡っちゃうわ」

シロ「だったら、昭和の日が生まれた2007年の記事はないのかな?」

晶華「こんなのかしら?」

whitenova.hatenablog.jp

 

シロ「象かよ」

リトル「そう言えば、昨日の4月28日が象さんの日みたいですねぇ」

晶華「それもあるけど、魔王・常盤ソウゴの誕生日でもあるのよ」

シロ「ゾウとソウゴ、これは高度なギャグか?」

晶華「関係ないと〜。とにかく、昭和の日について、NOVAちゃんはこれまであまりじっくり考えたことがなかったみたいね。『昭和の日』でブログ内検索しても、今日と昨日と、2018年4月30日の3回しかないわけで」

whitenova.hatenablog.jp

 

シロ「昭和時代の自分と対談する時空魔術師ならではの記事だな」

晶華「さすがに昭和時代にブログは書いていないから、記録じゃなくて記憶に頼るしかないんだけどね。それにしても、去年の今ごろはまだ平成時代だったというのが驚きよ。真の令和2年は5月1日からってところかしら」

リトル「何だか昭和を振り返る記事じゃなくて、昭和の日を振り返る記事になってるですぅ」

晶華「記事の方向性を見失った気もするので、今回はこれで当記事 完でいいかしら」

 

謎の声「ちょっと待った、でござる」

シロ「ござる? もしかして、ゲンブか?」

謎の声「違います。私の名前は……」

謎の声2号『ミストレス晶華。お久しぶりですッピ』

晶華「その声、もしかしてKPちゃん?」

ケイPマーク2『そうです。マーク2ことケイPジローです。昨年末に悪霊に取り憑かれて、長らく除霊後の調整期間に入っていましたが、この度ついに復帰することになったであります』

シロ「すると、こっちのござる口調のおじさんは、次元ドルイドの人か?」

ハイラス「その通り。屋久島に駐屯していた次元ドルイドのハイラス、しばらく、こちらで子どもたちのお世話をするように仰せつかったでござるよ」

(久々のハイラス登場で、当記事 完)