White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

ケイソン編の後書きめいた何か

前回、殺人鬼ケイソンとの死闘を、持ち前の優しさと愛、精霊ならではの特殊能力、そしてサポーターのNOVAの知恵と機転、時空を超えた知識で切り抜けた花粉症ガール、粉杉翔花は、
NOVAと、ケイソンの本体であった35年前のNOVA、「訳あって本名は明かせないが、自称・三田村邦彦ファンで必殺マニア予備軍の秀」が和気藹々と談話しているのを後に残し、
気分転換にクリスタルレイク湖畔のスギ林を散策に出かけた。そして……。


翔花「あら、あなた何?」

謎の生き物「プルプル」

翔花「プルプルじゃ、何言ってるのか分からないわよ。きちんと日本語で話してよ。私は花粉症の精霊の粉杉翔花。あなたは?」

謎の生き物「プルプル」

翔花「そう、あなたの名前はプルプルって言うのね。って、そんなボケをかますと思うの? こっちは日本語で喋れと言ってるのよ。そんな聞き分けない子は、くらえ、花粉症バスター!」

謎の生き物「! プオーーーム」

翔花「何、この子。花粉の粒子を全部吸い取った? やるわね、あなた」

謎の生き物「プル、プルプルプル♪」

翔花「何、花粉を餌にして喜んでるの? もっとくれって? 仕方ないわね。今だけサービスしてあげる。もう一度くらえ、花粉症バスター!」

謎の生き物「♪ プオーーーム」

翔花「あら、この子、花粉の粒子を餌にして、少し大きくなった? これは、このまま大きくなって、私の手には余るようになって、NOVAえも〜ん、何とかしてえって、のび太くんみたいに泣きつくパターンね。そうなる前に自分で何とかしないと。おい、プルプル、お前が花粉好きだというのは分かったから、今度は何が嫌いか翔花ちゃんに教えてくれないか。そうすれば、たっぷりごちそうしてやる」

謎の生き物「プルーン、プルプル!」

翔花「なになに? 『そんなこと誰が教えるものか。ぼくがハチの毒が嫌いだなんて知ったら、ぼくをいじめるつもりだろう』って? すごい、私、こんな短時間でプルプル語が分かるようになっちゃったよ。さすがは天然花粉症ガールの翔花ちゃんね。あ、間違えた。天才花粉症ガールと言うつもりだったんだけど。そのうち、ショーカ・ジーニアスフォームに進化するのも夢じゃないわよね」

謎の生き物「プルッ、プルプルプル、プラーーッ!」

翔花「あら、こいつ、私に敵意を向けて来た? 『ぼくをいじめるつもりなら、お前の持つ花粉を全部吸い取って、もっと大きくなってやる。おとなしく餌になれーーッ』ですって? 愚かね。お前の弱点はすでに解明済みよ。勝利の法則は見えた。くらえ、花粉症、改め、ハチ毒バスター!」

謎の生き物「プギャーッ」

翔花「フッ、勝ったわ。お前ごとき何だかよく分からない軟体生物が、天才美少女の私に勝負を挑むなんて、二万年早いのよ。これに懲りたら……って、ちょっと、何あんた、私の話を聞かずに、勝手に石になってるのよ。今、助けてあげるから、じっとしていて。私のこの手が光ってうなる。お前を救えと輝き叫ぶ。必殺、じゃなかった、必活シャイニングフィンガー! 私のこの手で救えない命はない。コア切除手術、これにて完了!」

謎の生き物コア「プルーン( ;0;)」

翔花「何、こいつ、泣いてるの?」

コア「プルーン、プルプルプル、プァプァ」

翔花「え、『悪いことをしたのはゴメンなさい。謝りますから、二度と逆らいませんから許して、ママ』ですって。うーん、最悪だ。そんな風に懇願されたら、愛と平和を旨とする花粉症ガールとしては、許さないわけにはいかないじゃない。それに、よくよく見てみたら、お前、不定形で何となく親近感が湧いてきたわ。よし、お前、私のペットにしてあげる。NOVAちゃんに頼んで、部屋で飼えないか聞いてみるわ。一緒にいらっしゃい」

コア「プル♪」

翔花「こら、頭に乗っかるんじゃない。あ、でも帽子みたいで悪くないかも。だけど私を食べようたって、そうはいかないからね。この間、NOVAちゃんが心底怯えて言っていたんだけど、『花粉症でも、ハチ毒みたいに、アナフィラキシーショックで死に至る可能性がある』んだって。私は確かにあなたの餌になる花粉を生成できるけど、あまりに食べ過ぎると、ハチ毒みたいに急性アレルギーショックの原因になるかもよ。食べ過ぎにはご用心ってね」

ケイソンの影と、自分探し

こうして、頭に謎の不定形生物のコア帽子を乗せたまま、粉杉翔花はNOVAのいる林間地に帰って来たのだが……、


翔花「キャー、NOVAちゃんが倒れている? これは、もしかして、ケイソンの仕業? 浄化されたと思ったのは、間違いだったの? 絶対に許せない。ケイソンはどこ? 花粉症パワーでとっちめてやるんだから」

コア帽子「プルッ、プルプルプル、プァプァ!」

翔花「えっ、『ぼくも、悪い奴をやっつけるのに力を貸すよ、ママ』ですって? お前、なかなかいい子ね。NOVAちゃんが倒れているから、BSフォームにはなれないけど、プルプルフォームにはなれるのかしら」

コア帽子「プルッ、プルプルプルプルン? プルッ、プルプルプルー」

翔花「『そんな、プルプルフォームって何? ぼく、そんなの知らないよー』ですって。私だって知らないわよ。何となく適当に言ってみただけで。確か、ウルトラマンXさんだっけ? 怪獣の力をアーマーに変えて、武装したのは。それとも、ウルトラマンビクトリーさん? 怪獣の力を武器に変えたのは。とにかく、ケイソンよ。あいつがどこに行ったのか、全てはそれからよ。NOVAちゃんの仇、絶対に討ってやるんだから」

NOVA「……翔花か? 俺、まだ生きてるし。眠いし、疲れたし、でも、起きないと話がまたおかしな方向に行きそうだし。とりあえず、俺は普通に生きている。勝手に殺すな。俺が死んだら、誰がこのブログを書くと思っているんだ? 思念体じゃなくても、死ねんたい」

翔花「NOVAちゃん! 生きてたのね。良かった、てっきり死んだとばかり。もう、心配ばかりさせるんだから。全く、生きてるなら生きてるって、さっさと言いなさいよね」

NOVA「いや、だから、さっき言ったじゃないか。普通に生きてるって。ケイソン、いや、秀の奴とたっぷり話した後で、疲れたから、ちょっと横になってただけだ。ああ、眠い。眠くて、目が開けられないよ。睡魔に謝りたくなるぞ、すいませんって」

翔花「そんな親父ギャグは置いておいて。ケイソンの奴はどこに行ったのよ。いくらギャグが寒いからって、NOVAちゃん一人をこんなところに置いておいて、風邪でも引いたらどうするつもり? 勝手にいなくなっちゃうなんて、無責任にも程があるわ。秀だか、イデだか知らないけど、今度会ったら、花粉症バスターをお見舞いしてやる。マスクが剥がれたから、通用するわよね」

NOVA「いや、あいつは一応、過去の俺の分身なんだから、勘弁してやってくれないか。一応、俺といっぱい話して、満足したからか、そのままスッと成仏した霊のように消えてしまったよ。それにしても、自分との会話があんなに疲れるなんて、思わなかった。今は何月何日だ?」

翔花「もちろん、ケイソンの出現した4月14日の土曜日よ。そんなに長い時間は戦っていないし」

NOVA「そうだよな。まだ、あれから日付けは経過してないはずだ。自分の中では、割と5日かそれぐらい経ったかのように思えたんだが、当然、気のせいだよな。土曜の夜に戦って、それから5日も経過したんじゃ、ビルドやパトレンジャーを見逃しちまうし、月曜以降の仕事にも差し障りが出る。勘違いしたのは、ケイソンとのバトルの密度が濃すぎて、その後の自分対話がさらに密度が濃すぎて、異常に疲れたから感じる錯覚ということで」

翔花「そうよ。今はまだ土曜の夜。あれ? そう言えば、ここに転移する前に、『げんとくんが今朝、海辺で倒れた』って話をしていなかった?」

NOVA「ああ、確かしたような気もするが、土曜の朝にげんとくんが倒れるはずもないよなあ。何だか、時空が乱れているから、明日のニチアサの話の電波でも受信したのかな? そう言えば、寝ている間に、翔花、お前のイラストを誰か奇特な人が描いてくださったような夢をちらっと見たような気がしたぞ。近い将来、そういうことが実現するんじゃないか?」

翔花「え、私のイラスト? それは是非見たいわね。早く見せてよ」

NOVA「近い将来と言ったろうが。4月14日の土曜日の話じゃねえ。ああ、今は何だか目が霞む。朝になるまでに部屋に帰らないと、ニチアサ視聴に支障をきたす。確か、万丈龍我が人間じゃなくて、不定形のマグマがブシャーッとほとばしって、まるで翔花みたいだ、と笑えるような次回予告だったと思うが、げんとくんもなかなか過酷なことになりそうな感じだよな」

翔花「げんとくんの話はともかく、何で万丈みたいなバカが私みたいなのよ。私はドラゴンじゃなくてドライアドだし、NOVAちゃんはそろそろドライアイに気を付けた方が良さそうだし、万丈はスクラッシュゼリーで確かに不定形っぽいけど、マグマになったら、きっと不定形から解放されて熱く燃え盛るだろうし、私は植物の精霊だから火は嫌いだし、万丈とは相性が悪いと思うの」

NOVA「いや、俺は何となく万丈と翔花がつながって仕方ないんだが、今はどうでもいい話だ。とにかく、俺は帰ったら、フルボトル浄化した後のみーたんのようにぐっすり眠るぞ。そして、ビルドが始まる前にしっかり起きて、警察VS快盗までしっかり見て、その後はまたぐっすり寝る。日曜に人と会う約束を入れていたような気もするが、雨が降りそうなので、予定はキャンセルした。とにかく寝たいが、その前に最後の力で部屋に帰らないと。次元転移の術を使わないと帰れないのだが、今は魔力を充填する必要がある。せめて、コーヒーでも飲めればなあ。翔花、お前、コーヒーを作れたりしないか?」

翔花「私はコーヒー豆の精霊じゃないし。ラリホーマは使えるけど、ザメハは無理だし」

NOVA「そりゃ、花粉症で眠くはなっても、目覚めスッキリってことは絶対にないよな。とにかく、魔力が充填するまで、このまま話し相手になっててくれや。黙っていると、また深い眠りに就いてしまって、気づけばニチアサ終わってましたってことになりかねん。そんな悲劇はゴメンだ。一週間が何だか霞がかかったように陰鬱なムードになっちまう。俺の好きな四文字熟語は日朝万歳だ」

翔花「漢字で書くと、日本と、北都のモデルになってそうなロケットマンの国みたいに見えちゃうし、マンセーと読みそうになるけど、そんなことはどうでもいい話よね」

NOVA「ああ。ところで翔花、お前は『ゲド戦記』って知ってるか?」

翔花「ええと、スタジオジブリの作った映画よね。原作者はアーシュラ・K・ルグインだっけ?」
ゲド戦記 [DVD]
NOVA「ル=グウィンな。アメリカの著名な女性ファンタジー作家であり、SF作家でもあるが、残念ながら今年の1月22日に88歳で亡くなられたそうだ。今更ながら、謹んで冥福を祈らせてもらいます。彼女のSFの代表作は『闇の左手』だが、今はそこまで語るつもりはない。『ゲド戦記』だ。映画の方じゃなくて、原作な。いいか、これはくれぐれも言っておく。原作と映画は別物だ。一緒にするんじゃない。この二つを混同することは、原作コミック版のデビルマンと、実写映画の同タイトルを混同することに匹敵するぐらい、万死に値する。原作は後世の多くの作品に影響を与えた一大傑作だが、映画になると、ネタにされるか腫れ物に触るような扱いを受けるのが普通だ。放っておくと、黒歴史化してしまって、そのうち映画の方は悪霊化してしまっても、皆が皆、まあ映画版ならそうなっても仕方ないよね、と納得してしまうぐらいだ。将来の黒歴史・悪霊候補という意味では、東洋の『デビルマン』、西洋の『ゲド戦記』の二大失墜映画と俺は今、呼称する」

翔花「そこまで酷評したら、宮崎吾郎監督が可哀想よ」

NOVA「いや、翔花。俺は別に監督批判をしているわけじゃなくて、映画という作品の批判をしているんだ。原作の魅力を再現していないってな。作品批判をしたら、それを作った人間の全てを批判したことになるのか? どうも、そういう極端な受け取り方をして、議論の方向が感情論に走るケースも多いんだけどな。『Gのレコンギスタ』という作品を批判したからって、それを作った富野監督の全てを批判したことにはならないだろう。どうも、そういう極端な考え方で、徹底して擁護する意見と、攻撃する意見に分かれた議論を見ると、どっちもどっちと思わなくない。『ある監督の作品が好きなら、その監督の作品の全てを擁護しなければならないとする信者』と、『ある失敗作品を目にすると、その監督の過去の功績まで含めて全てを矮小化して攻撃するアンチ』のバトルは話が噛み合わないことこの上ないけれど、一つだけ言えるのは、人と作品の区別ができていないが故の短絡さだよな」

翔花「NOVAちゃん、だいぶ元気になって来たね。もう、眠気なんて吹っ飛んだんじゃない?」

NOVA「いや、これだけ衝動的に、喧嘩腰に語っているのは、まだまだ眠い証拠だ。魔力が充填できて来たのは間違いないが、それをコントロールする自制心の方が追いついて来ていない。勢いよく大暴投をしてしまう番場蛮の如し。このまま投げると、バッターどころか、キャッチャーまで吹っ飛ばす殺人ノーコンピッチャーになり兼ねない。味方のキャッチャーまで吹っ飛ばしてどうするんだよ? と主題歌を聞くたびにツッコミ対象だったぐらいだ」
侍ジャイアンツ Blu-ray BOX

翔花「確かに、コントロールが定まっていないみたいね。何の話をしているのか、私は全然理解できていないもの。何か私の知らない物語のネタだってのは想像できるけれど、番場蛮と、ゴレンジャーのEDバンバラバンバンバンと、鋼鉄ジーグのバラバラババンバンと、イナズマンのバラバンバラと、ドリフのババンババンバンバン、ああ、ビバドンドンの区別をどう付けていいのか分からない翔花ちゃんにはお手上げよ」

NOVA「……翔花、今の5連発は新しい技か何かか? それだけバンネタでつなげるとは、ビッグバン級の破壊力だぜ。知らない間に成長した娘を見る親父の気分だ」

翔花「そ、そうかな。勢いで、無我夢中で言っただけなんだけど、フィンガーボムの応用かもね」

NOVA「とにかく、今の技の衝撃でだんだん集中力も戻ってきた感じだ。そう、俺が語りたいのは『ゲド戦記』だ。的を定めるために、原作小説の1巻を貼り付けておくぞ」
影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

翔花「サブタイトルが『影との戦い』ね。つまり、ケイソンがNOVAちゃんにとっての影みたいなもので、そこから逃げずに、きちんと向かい合うことで、NOVAちゃんが成長できたってことを言いたいのかしら」

NOVA「翔花。お前はエスパーか何かか? よく、これだけの手掛かりで、俺が言いたかったことを的確にまとめてくれたな」

翔花「ヘッ? 今ので合ってたの? 私はただ適当に思い付きで言っただけだよ? あ、もしかして、これも私が天才花粉症ガールだからかな? 翔花ちゃんも日々成長してるってこと? こんな私に痺れる憧れる。うん、これでみんなのアイドル、粉杉翔花を名乗っても万人が応援してくれるよね。翔花ちゃん、最高。世界を今この手に。我が名はショーカ・ベルナージュ。火星の王妃なり。だけど、火星の王候補オルガ・イツカとは何の関係もないので、そこんところよろしく」

NOVA「……お前、どこまで舞い上がってるんだよ。いい加減に目を覚ませ……って、ん? 俺の方がはっきり目を覚まして見たら、今さら気づいたんだが、お前、そんな変な帽子をかぶっていたっけ? まるで、こんな感じな、ちょっと違うような……」

ドラゴンクエスト スマイルスライム ぬいぐるみキャップ ブルー

翔花「ああ、この子ね。さっき、向こうで拾って来たのよ。可愛いからペットにしたいのよ。飼ってもいいでしょ?」

コア帽子「プルプル」

NOVA「ん? この形は……何か危険なものが脳裏をよぎるんだが、ちょっと待てよ。今、思い出すから、時間をくれ」

ドラゴンクエスト スマイルスライム ベンダブルぬいぐるみ ホイミスライム

NOVA「こいつに似ているようで、まだ違う。う〜ん。ドラクエから離れろ。触手の生えたクラゲといえば、いろいろ思い当たるんだが……翔花、何か、こいつの特徴で分かっていることを口にしてくれ。そこから検索して、手繰り寄せる」

翔花「え、この子、花粉が好きで、大きくなって……」

NOVA「花粉好きのクラゲ? 何じゃそりゃ。花粉とクラゲで商品検索しても、何も出てこないので、花とクラゲで調べたら、こんなのが出てきた」

Squishy Dreamland Starryクラゲ応力Reliever玩具、ounice Squishy Slow Rising Squeeze ToyコレクションCure Gifts forキッズ大人 ST-018020408

NOVA「違うんだ。こんな可愛いものじゃなくて、もっと不気味な、最近、掲示板で話題に出したような、それとも、それはニチアサ以降の電波記憶なので曖昧なのか、なかなか真相にたどり着けん。他にヒントはないのか、翔花」

翔花「そんなことを言われても、私だって、さっき会ったばかりで、ええと、確かハチの毒が嫌いで……」

NOVA「それだ。今、やっと繋がったぞ。俺の頭の中で伊福部昭作曲の、不気味なOPテーマ曲が鳴り響いた」

NOVA「そのクラゲ帽子の正体は、宇宙大怪獣ドゴラだ」

翔花「え? 宇宙大怪獣って、嘘? この子、こんなに小さくて可愛いんだよ。きっと何かの間違いで……」

NOVA「今すぐ、そいつから離れろ。そいつは非常に危険だ。炭素を食べて、巨大に成長する。花粉が好きだっていうのも、花粉の主成分が炭素だからだ」

翔花「そんな。この子は私が責任を持って育てるから、私に任せて」

NOVA「育てちゃダメだって言ってるんだよ。人類、全てに対する脅威になるんだからな」

翔花「大人しくさせておくから。悪いことをしないように、しっかり躾けるから。だから、お願い、NOVAちゃん」

NOVA「……翔花、お前はちっとも分かっていない。本当は、ケイソン、いや、秀の奴とどんな話をしたか面白おかしく語って、昭和と平成の感覚の違いを考察するネタにしようかと思っていたんだが、それはまた別の機会にする。俺たちは、すぐにドゴラ対策会議を開かないといけない。ああ、ニチアサに間に合うかな?」

翔花「NOVAちゃんは一人で部屋に帰って、ニチアサ見て、げんとくんと楽しんで来たらいいじゃない。私は、ここに残って、ドゴラちゃんと一緒に生きていくから。不定形だからって、差別するNOVAちゃんなんて嫌いよ。さよなら」

NOVA「えええええええっ!?」

(果たして、NOVAパパと、アシスタント娘の翔花の関係はどうなる? NOVAはこのままドゴラに翔花を奪われてしまうのか? つづく)