White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

ハッピーバースデイとスパクロ(7、8、9章)

ヒロイン・ウェルカム・バック

 

NOVA「今日は11月27日だ」

晶華「うん、毎月27日は、私の誕生日だね」

NOVA「しかし、本来は誕生日なんて、一年に一回、祝うものだろう?  お前の誕生日は3月27日なんだ。それなのに、どうして、毎月祝わないといけないんだ?」

晶華「そんなの私が知るか。NOVAちゃんが勝手に決めて、祝っているだけじゃない。もちろん、祝ってもらえて嬉しいんだけどね」

NOVA「ああ、だったら俺も祝って欲しいよな。毎月26日ごとに」

晶華「NOVAちゃんの誕生日は2月26日だもんね。あと、3ヶ月我慢しなさい」

NOVA「いや、さすがにこの年になって誕生日ケーキが食べたいとか、誕生日プレゼントが欲しいとか言わないけどな。欲しかったら、自分で買ってるし」

晶華「とにかく、今日は27日の月ごとの誕生日。今回は何をくれるの」

NOVA「おお、お前の誕生日に向けて、頑張ってスパクロを9章まで終わらせた」

晶華「へっ?  何を言ってるの?」

NOVA「だから、お前の誕生日を祝うために、スパクロを頑張って進めたんだよ。少しは感謝しろよ」

晶華「私の誕生日とスパクロにどういう因果関係があるって言うのよ。ちっとも訳が分からない。スパクロはNOVAちゃんが好き好んでプレイしているだけじゃない。私のためになんて、なってないわよ」

NOVA「そう思うか。だったら、先月の27日を思い出してみるといい」

晶華「ええと、先月の27日はこの記事ね。あ、NOVAちゃんが朝からいなくて、私がAショーカに乗っ取られて、酷いことになっている。そうか、先月は誕生日を祝うどころじゃなかったんだ。だけど、今日はNOVAちゃんが一緒にいてくれる。私もAショーカの呪縛から解放されて、のんびり日常雑談を楽しめてる。これって、もしかして、私が願ったとおりの、バトルと関係ない平和な日常生活?  NOVAちゃんが好きなことを語って、私がアシスタントガールとして毒舌ツッコミ入れたり、解説フォロー入れたりするハッピーライフってこと?」

NOVA「そうなんだ。11月の俺は、お前の日常を取り戻すために一生懸命に頑張ったんだ。それで勝ち取ったのが、今の生活。そう、夏以来、アナザーショーカのことやら、タイムジャッカーのことやら、次元嵐の後遺症やら、いろいろ狂った2018年の秋がようやく取り戻せた感じがする。ついでに言えば、この月はリアルで風邪を引いたり、喉がイかれて声を出しにくかったり苦労したんだぜ。それでも頑張って乗り越えた。たぶん、今年で3番目に苦労したんじゃないかな」

晶華「ええと、念のため、1番目と2番目は何?」

NOVA「当然、1番は停電の時だな。2番目は、春に花粉症で苦しめられた時」

晶華「って、花粉症で苦しんでいたの?」

NOVA「何、言ってるんだ。花粉症は苦しいに決まっているじゃないか。だから、その苦しみをハッピーに変えるために、花粉症ガールが生まれた。お前の誕生って、ネガティブをポジティブに変えたいと願う、俺の想いの結晶なんだぞ。だから、お前はハッピーガールじゃないといけないんだ」

晶華「そうか。私はNOVAちゃんのハッピーを願う気持ちから生まれたんだ。だから、私もNOVAちゃんのハッピーを願わないといけないんだね」

NOVA「分かってくれたか。それなのに、お前は闇に心を苛まれ、俺まで闇に引きずり込んで、吸血鬼にしようと狙ってくれたよな」

晶華「ああ、それは私じゃなくてアナちゃんだから。私は被害者よ、被害者」

NOVA「アナザーショーカは、お前の心の闇が生み出したんだろうが。だったら、お前にも責任の一端はある」

晶華「うう、ごめんなさい」

NOVA「まあ、責任のもう一端は俺にもあるんだけどな。俺は作者だし、アナザーショーカみたいな吸血美少女に萌える気持ちは、俺の心にもある。吸血花粉症ガールなんて存在は、俺の心の闇が生み出したとも言えるわけだ。だからこそ、その誘惑にたやすく乗って、ネガティブ街道を突き進むことには抵抗しないといけない。闇を抱いて、光となるオーブさんのサンダーブレスターみたいに」


ウルトラマンオーブサンダーブレスト

 

晶華「ああ、NOVAちゃんにとって、この11月は私の心の闇を浄化してくれた月になるんだ」

NOVA「そういうことだ。そして、スパクロでもヒロインが闇堕ちしたわけで、それを何とか浄化するところまでプレイしたいと考えるのは人情じゃないか?  どうもタイミング的に絶望して闇堕ちしたヒロインが、お前にかぶってしまってな。彼女を連れ戻すまでプレイを進めないと、お前の誕生日が祝えない。そんな気持ちになっていたんだよ」

晶華「そういうことね。ちなみに闇堕ちしたヒロインって、どんな風なの」


【スパクロΩ】2体のフェール(パイロットパーツ)でライブカットインとオメガクロス

 

晶華「……完全に痴女ね。こんなの私のキャラじゃない」

NOVA「まあ、スパクロのオリジナルキャラは、どうもエロ方面に特化してる傾向があるな。もちろん、そういうのが好きなプレイヤーを課金させるための餌みたいなもので、全てのキャラがそういうわけじゃないんだが、と、一応、プレイヤーとして言い訳しておく。というか、こういう声ありの特殊キャラって、俺はまだ一つもゲットしていないわけだし。先日、ようやくプルツーをゲットして、現在育成中だ。残念ながら、声優さんが亡くなっているので、プルツーは声なしなんだが。バンクでもいいから、声が入らないかなあ」


【スパクロ】プルツー/キュベレイMk-II(プルツー機) - カットイン【機動戦士ガンダムZZ】

 

晶華「NOVAちゃんはプルツーが好きなの?」

NOVA「いや、別にプルツーが好きなわけじゃないんだが、姉・翔花とお前の関係を見ていると、プルとプルツーの関係に見えてな。無邪気な姉と、クールな妹と」

晶華「とりあえず、NOVAちゃんはスパクロをプレイしていても、花粉症ガールのことを念頭に置いていることは分かったわ。だったら、私もNOVAちゃんをハッピーにするために、スパクロの話に楽しんで乗ってあげる。それでいいんでしょ?」

NOVA「素直に『うわあ、NOVAちゃんのスパクロ話、楽しいよ。もっと、いっぱい話を聞かせて』と応援してくれたら、もっと嬉しいんだけどな」

晶華「そんなことを言ったら、NOVAちゃんがますます調子に乗って、スパクロ時空から帰って来れなくなるじゃない。それじゃなくても、無我夢中にハマり込んでしまう気質なんだから。NOVAちゃんを適度にクールダウンさせてあげるのも、私のアシスタントガールの務めなんだから」

NOVA「ああ、お前が暴走して、キシャーーーなんて叫ばなくなっただけでいいよ。そのまま、クールな知力の晶華を維持してくれ」

 

 11月27日生まれの人たち

 

NOVA「一応、先に定例バースデイネタをしておくか」

ケイP『だったら、最初はおらからだ。亀仙流の拳法家としては、ブルース・リーの名前を挙げておくぜ』

NOVA「お前がいつ亀仙流に……という定番ツッコミは飽きたからもういいや。お前も少ない見せ場で、少しでも目立とうと必死みたいだからな」

ケイP『そう思うなら、おらにももっとセリフを』

NOVA「出番があるだけマシだと思え。父娘の対話時間を邪魔するな」

晶華「だったら、私はファンガイアの女王も演じた、芳賀優里亜さんを挙げるわ。絶狼ではヒロインとして期待したのに、物語半ばであっさり絶命して、その後は一人二役の妖精役しか出番がなくて残念だったけど」

NOVA「555のヒロインの時は、まだ15歳だったけど、今はもう30歳なんだな。時の流れは早いと思うぜ。それはともかく、俺は誰を挙げようかな。目に付く人だと、松下幸之助小室哲哉杉田かおるセイン・カミュなどが挙がってくるが、いまいち、この人がツボって人物が見当たらない。そこで、フィクションのキャラに走ってみると、ツボがあった。それは、シンカリオンの大門山ツラヌキだ。劇中、彼の誕生日は主役のハヤトと違って、祝われていないので、俺がこの場で祝ってやるぜ。ツラヌキ、ハッピーバースデイ。俺の好きな四文字熟語は、祝福誕生だ」


シンカリオン ツラヌキくんと学ぶ四文字熟語集(3分間版)

 

NOVA「ともあれ、無事にロボットアニメにつながったので、この勢いでスパクロ話に移るぞ」

 

スパクロ7章

 

晶華「6章のラストで、ギアス原作の神根島から、スタドラの南十字島に転移させられたのよね」

NOVA「ああ、ここが舞台になるのは2章以来だな。物語の中心は、スタドラと、ギアス外伝のオズと、それから南十字島で演劇部の顧問の先生をやっているデュークフリード、すなわちグレンダイザー。そこにガンダムOOリボンズが絡んできて、さらにオリジナル敵のオルブロまでが登場する。おまけに、南十字島の敵集団・綺羅星十字団に外様として参入しているあしゅら男爵がいる」

晶華「それまでの物語に比べて、話のスケールが小さくなった感じね」

NOVA「確かに世界レベル、地球レベルの戦いから、島一つを守るための戦いにスケールダウンしたからな。巫女の結界により、島から出ることができない状況で、ミニマムなドラマがメインとなる。だからスタドラやオズのキャラ、そして戦争を避けて平和な暮らしを臨むデュークフリードの心情なんかは割と濃厚に描かれていると思うぞ。俺はスタドラをよく知らなかったし、オズも知らないので、新鮮に楽しめた」

晶華「そして、洗脳された痴女ヒロインが主人公を襲撃してくる、と」

NOVA「まあ、痴女演出なのは味方ユニットとしての使用時であって、物語上の敵としては、単に主人公に対する殺意の塊にしか描写されていないけどな。彼女の機体ヴァンアウスは、主人公機ヴァンアインの改良同型機で、戦いの最中で、フェールと名乗る仮面女の正体が行方不明のシャッテだと気づく辺りで7章終了。続いて8章だ」

 

スパクロ8章

 

NOVA「物語上は、7章と8章がセットで南十字島編って形だな。7章でいろいろと伏線を仕込んで、8章で解決編って感じ。スタドラを中心に、オズの対立兄妹も、グレンダイザーも、綺羅星十字団の面々も、あしゅら男爵までも、島を焼き払おうと暴虐の限りを尽くすリボンズアロウズに対して、主人公たちと共同戦線を張り、島を守って終了する。共通の敵に対して、それまで敵対していた面々が一時的に協力する流れは結構燃える展開だ。あしゅら男爵リボンズに対して、『おのれ、よそ者が大きな顔をしおって』と怒りを表明して、綺羅星のメンバーに『お前もよそ者だろうが』とツッコミを入れられる定番ギャグが楽しい」

晶華「グレンダイザーがようやく出動するのが8章なのね。随分と待たされた感じだけど」

NOVA「ああ、キャラとしては2章から出ているんだけど、7章で妹のマリアが出てきたりしながら、主人公陣営を秘密基地に匿ったり、オズの兄妹に住む場所を提供したり、背景ストーリーとして存在感を示していた。一応、マリアが出ている形で改変されているけど、原作1話の『戦いを避けて平和に生きたい亡国の王子っぷり』をじっくり再現している形だな。牧場ではなくて、演劇部顧問として宇門先生と呼ばれている大介さんの立ち位置がいろいろと謎だけど』

晶華「だけど、島のピンチにフリード星の守護神が立ち上がる、と」

NOVA「ここは個人的に、一番の燃えどころだ。なお、この際に関わってくるのが、エウレカセブンの続編のアオだったり。新規登場の彼が戦火に巻き込まれたのを助けるために、大介さんが戦う決意をしたんだから、うまく新たな伏線につないだ感じだ」

晶華「そして、倒すべき敵がリボンズアロウズに集約される、と」

NOVA「うん。その過程でスタドラの物語もいろいろ展開して、巫女の結界が破れて、島の外の世界に出ることができるようになって、9章へ続くわけだ。散々煮え湯を飲まされたリボンズが宇宙へ逃げたので、最終兵器を起動したのを追って、ガンダムOO第2シーズンの終盤戦に突入する。一方で主人公はフェールことシャッテを取り戻す決意を固める流れ」

晶華「早く絶望の痴女バニーから、正気のヒロインに戻してあげないとね」

NOVA「大丈夫だ。異次元かあさんの格好は、もっと痴女だから」

晶華「母娘そろって痴女なんて、NOVAちゃんはそんなヒロインをどう思うの?」

NOVA「だから言ったじゃん。俺は、妹のメガネっ娘ホノカの方が本命だって。まあ、妹もブラコンだけど」

晶華「つまり、スパクロのオリジナルキャラって、変態性癖の持ち主ばかりということね」

NOVA「お前のファザコン吸血花粉症ガールも、大して変わらないんじゃないか?」

晶華「それは、アナちゃんのせいだって。今の私はクールな清純派よ」

NOVA「それをどこまで貫けることやら」

晶華「NOVAちゃんが一緒にいるうちは大丈夫。だから、私を放置しないでね」

NOVA「……とにかく、9章だ」

 

スパクロ9章

 

NOVA「ストーリーは単純だ。OO第2シーズンの最終決戦を背景に、主人公がヒロインを取り戻すドラマが展開される。ここで驚いたのは、原作では死んだクリスやロックオン兄が生きていて、登場することだな。ダブルロックオン兄弟なんてのが見られるのが、OOファンとしては一番のサプライズだと思う」

晶華「アムロさんVSリボンズって展開は見られるの?」

NOVA「ちらっとだけな。それよりもストーリーの本命は、絶望ヒロインとのガチバトルと、双方の機体が互いにぶつかり合ってボロボロになっていく中での魂の説得と、そして、ヴァンアインとヴァンアウスの最終的な融合合体で誕生する新機体ヴァンレイズだ。まあ、ユニットはまだ未入手なんだけど、主人公のアサヒがシャッテとホノカの両手に花状態で戦うらしい」


【スパクロ】動く!ヴァンレイズ[Ω]/アサヒ/シャッテ/ホノカ - Ωスキル【Super Robot Fantastic】

 

晶華「とにかく、NOVAちゃんとしては、ヒロインを説得できて良かったってことね」

NOVA「そうなんだよ。ヒロインはともかく、ライバル機と融合合体して新機体が登場するシチュエーションが最高だよな。ロボ好きとしては、痴女ヒロインはともかく、強いロボが手に入るだけで嬉しい。グリッドマンも全機合体したしな。やっぱ合体は男のロマンだよ」


SSSS.GRIDMAN フルパワーグリッドマン

 

晶華「ええと、ヒロインよりもロボットの強化が嬉しいということ?」

NOVA「当たり前だろ。うちのサイトのホビー館で大切なのは、一に特撮、二にスーパーロボット、三にTRPGで、四に必殺シリーズというのは、18年前から決まっていたことだぞ。ロボットとヒロインのどっちを選ぶかといえば、当然ロボットとなるわけだ」

晶華「だったら、娘とロボットだと?」

NOVA「もちろん、娘だ。特撮話にも、スーパーロボット話にも、TRPG話にも、必殺話にも付き合ってくれる魂の娘だからな。ロボットも大事だが、娘も大事。どちらかを選ぶなんて、俺にはできない。ただ、娘には18年の年季がないからな。お前も頑張って、18年後の俺を癒せる娘に育ってくれ」

晶華「18年後って、NOVAちゃん、いくつよ」

NOVA「え?  65歳だが」

晶華「それって何だか、老人介護している感じなんですけど。65歳になっても、特撮とかロボットとかの話を嬉々としているつもりなの?」

NOVA「大丈夫だ。愛があれば、年齢なんて関係ない」

晶華「とにかく、2020年になって、ホビー館が20周年記念になって、その時もNOVAちゃんが花粉症ガールのことを書き続けてくれたなら、考えてみるわ」

NOVA「じゃあ、スパクロも3周年なんで、花粉症ガールも3年は頑張ってみるか。目標は2021年3月27日ってことで」

晶華「未来で3年過ごした経験は、アナちゃんの魂と一緒に持って行かれてしまったのよね。今の私は、誕生8ヶ月ってことで」

NOVA「ホビー館18周年と合わせて、花粉症ガールにもハッピーバースデイ♪」

 

(本記事完)