White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

アナザーショーカ転生・前編(タイムジャッカー編2)

今回はバトル話のようなもの

 

NOVA「ついに研究が完成したぞ!」

晶華「何よ突然。何の研究をしていたわけ?」

NOVA「もちろん、お前の中からアナザーショーカを切り離すための研究だよ。これで、お前を元の花粉症ガールに戻せる」

晶華「それって、吸血の必要がなくなるってこと?」

NOVA「ああ、何もかもお前が未来に飛ばされる以前の状態にできるはずだ」

晶華「これで血塗られたバトルとは無縁の、普通の女の子になれるのね」

NOVA「いや、花粉症ガールが普通の女の子かどうかは、議論の余地があると思うが。それでも、何しろバットクイーンは『タイムジャッカーの連中が返還を要求してきた』からな。お前をそのまま引き渡すわけにはいかないから、お前の中のバットクイーン成分だけ抽出して連中に引き渡せば、向こうも納得するんじゃないかと考える」

晶華「NOVAちゃんは、タイムジャッカーの要求に応じるわけ?  そんなの、『断固ことわる』と切り捨てて、力で粉砕すればいいのに」

NOVA「それはまあ、最終的な選択肢の一つなら考えなくもないが、まずは対話の道を模索するのが俺の流儀だ。少なくとも、連中の一人、重力使いのクラブキングは話のできそうな男だったぞ」

晶華「蟹キングね。キングって名乗っているけど、別にボスじゃないという」

NOVA「まあ、ショッカー怪人のシオマネキングやエイキングが別に幹部怪人じゃないのと同じことだな」

晶華「ザンジオーが、仮面ライダージオウとは何の関係もないようなものね」

NOVA「他に、タイムジャッカーはダイアナジャックと、もう一人、謎のエースがいるらしいが、覚えていないか?」

晶華「アナちゃんなら覚えているだろうけど、今は私の中で眠っているから。それにしても、キングに、ジャックときて、さらにエースって何だかウルトラ一族みたい」

NOVA「ウルトラクイーンはいないがな。一応、ユリアンがウルトラの国の王女設定なので、王制はとっているらしいんだが、ユリアンの母なんて登場していないし、キングがユリアンの父親なのか、それとも祖父なのか、それとも赤の他人なのかも不明だ。この辺、ウルトラ族の政治制度がどういう形態なのかも謎だよな。ウルトラの父を始めとする宇宙警備隊は、軍事組織だと考えられるし、もしかすると外交も担当しているのかもしれないが、内政の姿がいまいち見えない。キングは奇跡を呼ぶ神官、教皇みたいなものと考えて、父が軍事の最高司令官を兼任した大統領みたいなものと考えるのが妥当か。まあ、政治制度的には、原始的な部族制度か共和制か、いろいろ考察の余地はあるけどな」

晶華「ウルトラ族はある意味、神さまみたいなものだから、ギリシャ神話みたいな多神教を参考にする方がいいのかもね。別に、神さまが政治をしているわけじゃないでしょ?   大体は、血縁関係とかで緩やかに結びついている感じだし」

NOVA「神話だったら、個々の神の権能とか定義されているものだけどな。ウルトラ族の場合は、それがよく分からなくて、母が癒し担当で、ヒカリが科学担当というぐらいかな。初代マンは犯罪怪獣護送の任に当たっていたから警察官みたいなものだろうし、セブンは恒点観測員という役職だったから、未開惑星の調査に当たる斥候・探検のプロなんだろうな。今は、その役割はゼロに受け継がれた感じだけど」

晶華「他の人のお仕事は?」

NOVA「タロウは公的な教官役で、レオは個人的に道場主をやっているが、弟子の強さを考えると、メビウスよりもゼロの方が強いので、現在はレオ派閥が優勢みたいだな。タロウはどちらかと言うと外交もできる公務員育成機関で、レオは実戦派・武闘派の戦士育成機関になるのかな。ファンタジー的には、作法に則った騎士道がタロウで、より過酷な修練を積む修道武闘家風なのがレオ。ナイトとグラップラーの違いになるかな。後々には、内政担当がタロウ派閥で、軍事・外交担当がレオ派閥になっていくのかもしれん。この辺、タロウとレオの人間関係がよく分からないので、2人の会話シーンなんかも将来見たいんだけどな」

晶華「そうなると、ジャックさんとエースさんの立ち位置が不明よね。エイティさんは教師役っぽいけど」

NOVA「地球での職業を考えると、ジャックこと新マンは元々オートレーサーだったから、案外メカに強いのかもな。一応、ウルトラランスの達人らしいんで、武器を使った戦闘のエキスパートでもあるから、ヒカリの科学部門が開発する装備品の試用係を任されているのかもしれない。エースは元々パン屋だったから、案外フードマイスターみたいに料理人をやっているのかもな。どんな食材だろうと、切断技でスパスパと斬って、怪獣料理の専門家としてエース食堂を経営しているとか」

晶華「それって妄想よね」

NOVA「もちろん妄想だ。でも、戦士としての顔以外で、副業を営んでいるウルトラ兄弟ってのも乙なものだと思うんだ。さて、随分と脱線したオープニングだけど、いよいよ本編に行くぞ。ケイPの協力も必要だ。アナザーショーカをお前の中から追い出すには、新フォームのマジカルドゴランを活用する」

f:id:whitenova:20181012112554j:plain

ショーカ・マジカルドゴラン・フォーム

 三位一体の奇跡

 

晶華「マジカルドゴランを活用ってどういうこと?」

NOVA「うむ、このイラスト(byたささん)によると、ケイPの変形したピンクのマジカルスーツに、ブルーアイズを装着している。言わば、俺と晶華とケイPの三位一体フォームということが明らかだよな」

晶華「確かにそうよね。ブルー・スタンドだとカラーリングが違うし。KPちゃんをアーマーではなくて、マジカルスーツとして装着した、お姉ちゃんのDKフォームに相当する私対応の魔法少女形態と解釈したんだけど、それでブルーアイズも装着しているのはどうしてだろう、と考えていたの」

NOVA「今のところ、こういう三位一体の融合合体フォームは一つだけ前例があってな。ルージュ・スタンドって覚えているか?」

晶華「ええ、GTライフの9月7日の記事ね。次元嵐から脱出するために、私とNOVAちゃんとアナちゃんが協力した幻のフォーム。私の名前も唱歌になって、歌の力で巨大な時空門を開ける奇跡を起こしたりもした」

NOVA「そうだ。俺も時空魔術師だから転移術は得意としているが、転移できるのは俺自身と、良くて接触した数人に限定されているからな。さすがに施設ごと転移することは不可能だ。いや、時間をかけて魔法陣でもじっくり描いて、大掛かりな儀式でも行えれば可能かもしれんが、それだけの術式を準備して、魔力を蓄えるのは相当の準備を要するわけで。唱歌ルージュ・スタンドは、それを短時間で成し遂げたんだから、正に奇跡の三位一体というわけだよ。これができたのは、俺と晶華、そしてアナザーショーカの間に、強い魂の絆があったからこそ、うまく共鳴作用が働いたとも言える。それに俺自身の血の力とか、魔力を高める要素が幾重にも働いたってことだな」

晶華「三位一体で協力すれば、奇跡的な現象を起こせるのは分かった。じゃあ、今回はNOVAちゃんとKPちゃんと私とで協力して、私の中からアナちゃんの魂を追い出す奇跡を起こそうってことね」

NOVA「ああ、一つの体に三つまでは共存できても、四つともなればさすがに無理がある。どれか一つを追い出すことが安定化には必要となって、その際にどの魂が追い出されるかは割と予想困難。普通に考えれば、意思の力が弱い方、あるいは魂の絆が弱い方が追い出されるだろうが」

晶華「つまり、NOVAちゃんと私だけでは、アナちゃんを追い出すことはできないということか」

NOVA「そうなるな。何だかんだ言って、お前とアンナの魂の結びつきは強いから、魂のつながりを絶って、追い出すことまでは俺一人ではできん。だが、ケイPが協力して、三人掛かりならそれも可能ということだ。俺もケイPも晶華と魂の契約で結びついているし、こういう確かなトライアングル状態なら、晶華とアンナの魂の結びつきを解いて、外に押し出すこともできるだろう。具体的には、俺が切除を行い、ケイPが切り離されたアンナの魂を晶華と協力して押し出すわけだ。ケイPがいなければ、晶華の方が追い出される危険も大きいが、ケイPと晶華が協力すれば負けることはない、と俺は踏んでいる。理論上は完璧なはずだ」

晶華「理論上ということは、実際にどうなるかは試してみないと分からないってことね」

NOVA「うむ、問題はアンナの奴がどれだけ抵抗するかだな。死に物狂いで抵抗してきたら、晶華の精神と肉体に掛かる負荷が大きくなって、破滅的な結果になる可能性が少なからずある。だから、できるだけアンナの抵抗を抑えて切除手術を無難に成功させたい。理想は、アンナに魂の分離を受け入れさせることだ。そのための説得は任せて欲しい」

晶華「私はいいけど、KPちゃん、どう?」

ケイP『正直言って、おらはアナザーが嫌いだ。石にされた恨みがあるからな。だから、マスターがあいつを徹底的に倒してくれることを望んでいる。ただ、あいつが抵抗することで晶華ママが傷つくってんなら、傷つかないように戦場を移すって意味で、あいつを晶華ママの中から追い出す作戦には賛成だ。そこまでは協力する。ただ、あいつを追い出した後で、仲良くしろってことをマスターが言い出したら、そいつはお断りだ』

NOVA「まあ、そうだろうな。分かった。とりあえず、切除手術までは成功させるぞ。その後の人間関係、いやキャラクター関係は、後の話だ。これより、三者の協力により、アナザーショーカ切除手術を開始する」

 

マジカルドゴランwithブルーアイズ

 

晶華「さあ、KPちゃん。私のマジカルスーツに姿を変えて」

ケイP『それなんだけどな、晶華ママ。今までアーマーに変わったことはあっても、マジカルスーツみたいな軟質素材に変わったことはないから、どういう感じかイメージがつかめねえんだ』

NOVA「だったら、戦隊のスーツを参考にすればいいんじゃないか。魔法だったら、ミスティックフォースの変身シーンなんかが参考になるかもしれん」


Power Rangers Mystic Force (Season 14) - Opening Theme


Power Rangers - Ranger Morphs | 25th Anniversary | Epic Superheroes

 

ケイP『ミスティックフォースか。魔法のことはよく分からねえが、神秘的な気の力ってことなら、亀仙流の修行で何となく分かる感じだな』

NOVA「クラシックD&Dだと、マスタールールに載っているミスティックというのが、いわゆる修道僧的なキャラだから、マジカルよりもミスティックという言葉が良ければ、ミスティックスーツに変わるのはどうだ?  そこに晶華が魔法陣でも描いて、デザインをアレンジするとか」

晶華「つまり、KPちゃんが武闘着に変わったのを、私が可愛くリデザインする感じね」

ケイP『だったら、デザインは晶華ママに任せて、おらは軽装の動きやすいスーツに変身することに専念すればいいんだな。それなら何とかなりそうだ。流れる気の力で糸を紡ぐように、ミスティック・ソフトウェア・スーツ精製。ネコ科の獣のようにしなやかに、ミスティック・ドゴラン・パワー注入』

晶華「マジカル・サークル展開。星の力と華やかさを彩って……今よ、KPちゃん、魔法陣に飛び込んで!」

ケイP『マジカル・サークルにダイブイン。メタモルフォーゼ』

晶華「ミスティック・ドゴラン・スーツ着装! 神秘の闘気を魔力に変えて、萌えるピンクのキャッツイヤー。花粉SHOWガール、ショーカ・マジカル・ドゴラン、ここに転身。魔法陣パワーで奇跡顕現OKね」

NOVA(さらに俺の意思をブルーアイズに込めて装着。こうして魔力強化すれば、マジカル・ドゴラン・スペリオールって感じだな)

f:id:whitenova:20181013065018j:plain

ショーカ・マジカル・ドラゴンフォーム2

ショーカMD「これが私の新しいフォーム。何だかドキドキ、力が湧いてくる感じ」

NOVA(ああ、3つの魂がリンクして、増幅されているからな。単純なMP総量でも通常の3倍を超えているはずだ)

ケイP(おらとしても、アーマーの防御効果を生み出すエネルギーを全て魔力に回せるおかげで、身も心も軽やかになった気分だ。フワフワしすぎて、舞空術を使っているようだな)

ショーカMD「うん。背中に天使の羽根が生えているから、空中戦だって対応できるし、NOVAちゃんの知識があるから、今だとどんな魔法でも発動できるような気分だよ」

NOVA(知っていることと、実戦で使いこなせることはまた別なんだけどな。とにかく、この形態だと魔法的なキャパシティーは最高だと思う。ただし、攻撃も防御も魔法に頼りきりになるから、それが封じられるような状況だと、途端に無力化してしまう上、魔力が高まりすぎて細かい制御が難しいだろう。ちょっとしたバトルで使うには、オーバーキルになる危険があるし、屋内で魔法を使えば建物ごと吹き飛ばしかねん)

ショーカMD「つまり、力は抑え気味に使えってことね。それで、これからどうするの?」

NOVA(ここからは、外ではなく内面世界に潜り込むことになるな。俺が晶華の心の深層に潜り込んで、アンナを呼び出してくる。それで、アンナの魂のリンクを切断することで、この体から追い出すことが可能だ。追い出した魂は、用意したバットガールのフィギュアに封じ込めて、安全に管理する。以上が当面の計画だ)

ショーカMD「分かった。私はどうしたらいい?」

NOVA(椅子にでも座って、適当にくつろいでくれや。宿主がリラックスした状態の方が、内面世界のダイブはしやすいからな)

ケイP(だったら、晶華ママ。かっぱえびせんを食べながら、ミックスジュースでも飲んでいればいいんじゃないか。くつろげってんなら、おやつでも口に入れながらが一番だ)

NOVA(別にそれでもいいけどな。その代わり、俺がアンナを呼び出したら、すぐに行動に移れるようにしとけよ)

 

   こうして、White NOVAはアナザーショーカことアンナを晶華の体から分離するための行動を開始した。

   果たして、アンナは大人しく体から出て行って封印されるのか。それとも、抵抗を試みて被害をもたらすのか。

   NOVAがアンナをいかに説得するのかの顛末は「アナザーショーカ転生・後編」で語られる予定(つづく)