White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSF、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

もやしもん10話「ミス農大」感想

 前回に続く、お祭り編(アダルトバージョン)。
 大学祭のイベント「ミス農大」で優勝すれば、「願いがかなう」ということで、それに参加した及川葉月ちゃんが優勝するまでの話。で、優勝のあいさつで、「長谷川遥先輩を大学に連れ戻す」ことを大学の面々に要望するところで、つづく。


 役者的には、レスキューフォースとかレスキューファイアーとか、そういう縁の人がいろいろ出ているんだけど、
 それよりも特撮ネタ話に(無理矢理)持ち込むなら、この話、「仮面ライダー龍騎」のアレンジですな。ええと、「願いをかなえるためのバトルロワイヤル」で、仮面ライダーファム(あるいはロビーナちゃん)の復活を望む、とか。
 そういう視点で見ると、「牛のコスプレして『搾乳して〜ん』とパフォーマンスした女性」は、ゾルダのオマージュだな、と勝手に妄想。まさに、エンド・オブ・ワールド(意味不明)。
 また、女装までして出場しようとした沢木(仮面ライダーゼロノス)は、いきなり書類審査で脱落。主人公なのに、バトル面ではほとんど何もできずに終わったのも、ちょっと「龍騎」っぽかったり。
 同じく、女装している蛍は、いい線行ったのだけど、決勝では「体のラインの出る勝負服」を求められ、去勢していないので下半身がはっきりするのはマズい、ということで辞退。まあ、ネタとしてOK。


 惜しむらくは、「イライラするぜ」と言って敵対参加者を殺害しまくる犯罪ガールとか、「私の占いは当たる」と称するミユキちゃんとか、「ヒロイン(英雄)になるのが希望です」と訴えるトラ娘とか、出なかったことですけど、
 まあ、そこまで「龍騎ネタ」を希望するのは、自分くらいか。


PS:ともあれ、次週で最終回。
 その後、「MM9」「カノン」の順番で次々と番組終了していくので、その後のブログ記事ネタを考えないといけない時期ですな。
 『ドラゴンナイト』の続きを放送してくれないだろうか。