Shiny NOVA&晶華のNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

X終盤のキャラ強化

 週末のプレイで、ガガゼト山を越え、ザナルカンド遺跡に到達。偽りの希望・究極召喚を授けてくれるユウナレスカを倒し、飛空艇を入手。そして、「シン」との最終決戦に挑める状況まで進みました。
 だけどまあ、終盤のキャラ強化につながる隠し要素を手に入れるため、世界中を駆け回っているわけで……。

七曜の武器集め

 7人いるパーティーキャラの最強武器が「七曜の武器」です。
 これらの武器は、入手後、2段階のパワーアップを果たさないと使いにくい仕様。

  1. アルテマウエポン:主人公ティーダの剣。「日輪の印」「日輪の聖印」でパワーアップ。
  2. ニルヴァーナ:ヒロインの召喚士ユウナの杖。「月輪の印」「月輪の聖印」でパワーアップ。
  3. ナイト・オブ・タマネギ*1黒魔導士ルールー用の人形。「火星の印&聖印」でパワーアップ。
  4. ワールドチャンピオン:大柄なブリッツ選手ワッカのブリッツ用ボール。「水星の印&聖印」でパワーアップ。
  5. ロンギヌス:ロンゾ族の戦士キマリの槍。「木星の印&聖印」でパワーアップ。
  6. ゴッドハンド:アルベド族の盗賊娘リュックの爪拳。「金星の印&聖印」でパワーアップ。
  7. 正宗:剣士アーロンの刀。「土星の印&聖印」でパワーアップ。

 以上の7つの最強武器ですが、NOVAはワッカの「ワールドチャンピオン」以外を入手。「ワールドチャンピオン」は、ゲーム内ゲーム「ブリッツ」の賞品としてGETできるのですが、どうもNOVAは「RPGにおけるゲーム内ゲーム」があまり好きでなくて……世界が危機の状況で、どうして主人公たちは遊びに興じているんだ? なんて考えるわけですよ。……ということで、NOVAのプレイでは、ブリッツを行っていません。おかげで、ワッカの技が強化されないことに(苦笑)。
 その他の武器ですが、武器そのものは手に入れたものの、「聖印」入手のためのミニゲームが非常に困難で……。

  1. 日輪の聖印:チョコボ訓練の「とれとれチョコボ」でタイム0を出す。
  2. 火星の聖印:雷平原で、落雷を連続200回避ける。
  3. 木星の聖印:ミニゲーム「チョウ探し」で最高難易度をクリアする。

 もう、この3つはNOVAには不可能と断念しました。
 その中で、「これならできる」と思ったのが、アーロンの「土星の聖印」。獲得条件は、世界各地のモンスターを捕獲して回るだけ。
 ……ということで、モンスターハンティングの末に、アーロンの「正宗」は最強モードに進化できました。

武人アーロン

 本ゲームの大剣使いであり、渋親父キャラ。

 『FFXアルティマニアΩ』によれば、主人公をしのいで一番の人気キャラだとか。
 ドラマ的には、主人公の父親の友人で、主人公一行を導く存在。設定年齢は35歳……って、今のNOVAと同じやんけ。声は石川英郎……OVA版ゲッターで「流竜馬」をやる他、同じスクウェア製ゲームの『キングダムハーツ』でレオンやスコールの声をやったり、OVA版「FF7」でケット・シーやったり、いろいろ渋い声を披露してくれています。
 ゲームシステム的には、本作の敵の一部には「かたい」属性が付与されており、攻撃ダメージを軽減してくるのですが、アーロンの刀には「貫通」効果があり、「かたい敵」でもバッサリ切り落としてくれる。頼りになること、この上ありません。


 さて、アーロンの系譜ということで和風戦士あるいは重戦士の流れを復習してみると、
 『FF4』の忍者エッジは、正宗を使うけれども、盗賊に近い軽戦士の流れですね。まあ、この作品は主人公のセシルが重戦士ですから。
 『FF5』では、ガラフ及び、彼の昔の仲間の「暁の四戦士の一人」ゼザが役割的にも、主人公の父親の昔なじみということで思い出されます*2
 『FF6』では文字どおり侍のカイエンが重戦士として登場。役柄的にも、渋親父しています。ただし、自分の所属する古風な東洋価値観以外では世間知らずで、とりわけ機械音痴なため、コミカルな面も強く描かれていました。
 『FF7』や『FF8』には侍キャラが登場しません。力で斬る重戦士タイプのキャラも、主人公の仲間にはいない作品です*3
 『FF9』では、侍はいないけど、騎士スタイナーが、カイエンのコミカル要素を発展させた「猪突猛進堅物キャラ」として描かれていました。


 以上を見ると、「親父=コミカル」となりがちだった過去に比べ、「コミカルさを見せない渋親父」というキャラでは、アーロンがFF界でも筆頭に挙げられるのかも。

*1:名称は「FFⅢ」のスタートジョブに基づく。「FFⅢ」はリメイクがされずに来た幻の作品だけど、今度DSで出るそうで楽しみにしています。

*2:ゼザはパーティーに加入しませんが。

*3:正宗使いといえば、『FF7』では敵キャラのセフィロスがそうでした。