Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

ホビット&指輪物語

『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』追想

さて、年明けを予告していた『王の帰還』の追想です。 この映画の公開は2003年年末、日本では2004年の2月になります。 この作品で見たかったのは、前作で先送りになった「大蜘蛛シェロブとサムの対決」、それと「男では倒せないと予言されたアング…

『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』追想・補録

昔の日記を読み返していて、発見した記録を転載。

『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』追想

2002年年末、日本では2003年の2月に公開されたのが、『指輪』の第2部『二つの塔』です。 自分としては、三部作のうちで、この第2弾が最も好きな作品となります。 前作は、『指輪』世界の映像化を喜びつつも、作品ストーリーは原作のダイジェスト…

『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』追想

今から11年前(間もなく12年前)の2001年、ファンタジー映画のシリーズがブームとなりました。 その1つが、当時新鋭のファンタジー小説であった『ハリー・ポッター』であり、もう一つが『ロード・オブ・ザ・リング(指輪と略)』です。 当時の個人…

『ホビット』に関わるノスタルジー

2012年、竜の年も間もなく終了。 竜にちなんで、今年は宇宙刑事ギャバンの電子星獣ドルとか、仮面ライダーウィザードとかが旬だな、と思ってましたが、 自分的には、この年末を飾る大作が、劇場版『ホビット』だったりします。 本当を言えば、映画を見た…

『ホビット』新訳本について

ええと、この記事を書く際に、改めて『ホビット』の原作も買う気になりました。 ちょうど、映画の公開に合わせて、大人向きの新訳本も出ていたので。 ただ、やはり訳者が違っていると、いろいろと固有名詞辺りにもズレがありまして、チラ見して、う〜んと思…