Shiny NOVA&WショーカのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガール(粉杉翔花&晶華)というオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

2006-01-01から1年間の記事一覧

43話

2話前の感想。 ブラッディーの撃退にも成功した、と。 でも、それだと、ブラッディーの下僕と化した「メカニムーン」の立場は? 本当に、ブラッディーって倒されたの? と気になるわけで。 結局、生きてやがった。 全く、お前は、ダーコンダ*1かよ〜!とツ…

ボウケンジャー35話

いつもは基地にこもりっきりの牧野先生が、珍しく現場に出てきた話。 他に、活動初期のピンクとブルーの関係とか、 闇のヤイバとブラックの因縁って、まだ続いていたのね、とか、 制御装置に干渉されて、ゴーゴーボイジャーピンチとか、 真墨の操縦の荒さと…

メビウス30話

瓦礫落下……の一週間後は、リュウとミライが負傷して病院にいる、という描写だけで解決。 怪我自体も、ドラマの中で、いつの間にか包帯が外れて、回復しているわけで、ミライはともかく、リュウの回復の早さには驚くばかり。 ウルトラマンが地球を守る理由 単…

百物語読了

地道に読み進めていた『後巷説百物語』、読了しました。 前作までは、江戸時代が背景ですが、こちらは、明治時代に移ってます。時代背景や登場人物の変化が少しなじめなかったので、読み進められなかったんですね。 で、今回は前作の内容がだいぶ風化してい…

ミスティックフォース3

1ヶ月を経て、4話進みました。 あと3話で終了するそうです……って、このままじゃ、今年は前作SPDとの共演はなしッポイ。初めて戦隊共演編を見せた『ロストギャラクシー』以降、共演編がなかったのはパワレンはこれまで『ニンジャストーム』だけなんです…

ライオン丸G 4話

奇数話は事件編、偶数話は解決編……って考えると、今週はさほど盛り上がらなくても、次週は盛り上がるはずなので、 それで盛り上がらなければ、見切りを付ける頃合いか、と。 NOVAの予想は外れ。4話でも、事件は解決せず。むしろ、おかしな方向に迷走し…

OGディバインウォーズ3話

ゲームシナリオでは、リュウセイ編第3話『訓練』に当たりますな。 アヤやライの援護攻撃・防御を活かさず、単独突撃したリュウセイ機があっさり撃墜されます。これがゲームならゲームオーバー……と思いきや、 攻略本読んでみると、実際のゲームでも、「リュ…

カブト38話

前回の「はじけた学園コメディ」に対し、後編はマジメな解決編。前編のノリを期待していたので、物足りなく思ったり。 じいやは出ないし、ミサキーヌの授業はないし、小林リジェ恵子たんはあっさりワームに入れ替わられてドラマにも何にもならないし。 一応…

ボウケンジャー34話

菜月の本名はリリーナ。 いや、これじゃなくて*1 こちらです、こちら。 何だか、隣で「お前を殺す」とか「いっけ〜サイフラ〜ッシュ!」とか「無駄無駄無駄無駄〜」とか聞こえてきそうですが*2、 やはり、ここは「真墨〜私を殺しにいらっしゃい」なんて、妄…

42話

リュウガンオー不動さんが、惚れた天ぷら屋の女将がレディーゴールドの変装で、「純情な男心をもてあそぶ悪女」に激怒したことで、因縁が成立。 とりあえず、前回、リュウジンオーVSブラッディーの因縁が昇華されたわけですが、やはりドラマ的に目立って盛…

メビウス29話

無事に録画分を視聴。 別れの日 前半は、『別れの日』というサブタイトルらしく、ミライが休暇中のGUYSメンバーのところに回って、感謝の気持ちとお守りを贈る展開。 今のGUYSメンバーは、リュウとミライによってスカウトされた経緯があるので、本来…

V 第2世界その2

注目していた新ジョブですが、攻略本を立ち読みして、情報GET。ファイナルファンタジーVアドバンス-マスターガイド-―ゲームボーイアドバンス版 (Vジャンプブックス―スクウェア・エニックス公式攻略本)作者: Vジャンプ編集部出版社/メーカー: 集英社発売日…

必殺と言えば、京極夏彦も

昨日、京極堂シリーズの新刊が出ているのを見て、購入したばかりです。 『邪魅の雫』、まだ読んでいません。 ……というか、その前の巻の『陰摩羅鬼の瑕』もまだ買っただけで、読んでなかった(オイ)。 『塗仏の宴』までは、読んだんだけどね。 お詫びに、シ…

時代劇は必殺です。

「ライオン丸G」を見て、何だか急に時代劇の方を無性に見たくなってしまい、サンテレビで昼に放送している必殺シリーズに目をつける。 ……ということで、今放送しているのは、これ。 オカルト時代劇で、カルト作品として一際名高い『翔べ!必殺うらごろし』…

来月は、サイト6周年。

秋の夜長で、近ごろは気分がアクティブになっているので、こちらでマイサイト『White NOVAのホビー館』の今後の展望を練ってみる。 今年は、年始に荒らし騒動があって、いろいろわやくちゃな状態から、始まりました。 結果として、SF議論用の『空…

ライオン丸G 3話

タイガージョーに変身して、獅子丸ちゃんに襲い掛かった錠ノ介。 でも、獅子丸ちゃんったらビビッて逃げちゃった。 どうして逃げる! サオリ&コスKも逃げちゃって、一人取り残されたタイガージョーが哀れ。一体、何のために変身したのやら(苦笑)。 変身…

OGディバインウォーズ2話

今回のバトルは、前回の後始末。 ゲームシナリオで言うなら、『パーソナルトルーパー』後編になるでしょうか。 前半はロボットバトルで、 後半はリュウセイがイングラムにスカウトされて、軍に入るまでのストーリー展開。 ラストに、EOTI機関のビアン博…

カブト37話

ストーリー上のポイント……って、今回は、まじめにそういうのを考える話ではないですね。 学校を舞台にしたキャラコント。それに尽きます。 あ、でも、前回書き損ねて、今回のオープニングでも語られた、加賀美パパの言葉について触れておきます。 マスクドラ…

V 第2世界探索中

プレイはさらに進行しております。 エクスデス城 つかまった仲間を助けるために、単身エクスデス城に乗り込む老雄ガラフ。 実はバル国の王である彼は、この第2世界に入って、さらに輝きを増します。熱血漢で、かつ王として情勢を読むクールな判断力も備え、…

ボウケンジャー33話

菜月の過去が判明する話。 父親が「キリンレンジャー」*1で、母親が「メガイエロー」*2だったというオチ。 *3 う〜ん、NOVAはてっきり「間宮」って姓から、ワームかと思った*4んだが(笑)。 ともかく、シルバー映士に次いで、イエローも特撮界における…

V 第1世界クリア

プレイは順調に進み、無事に「水」「火」「地」のクリスタルが破壊されて、暗黒魔道士エクスデスを復活させてしまいました……って、全然、無事じゃないやんけ、と思いますが、そういうシナリオだから仕方ありません(苦笑)。 なお、期待の新ジョブはまだ手に…

41話

NOVA的には大当たりの回。 弱虫の少年に対して、厳しくも、しっかり諭すリュウジンオー白波がいい感じ。 「復讐に燃えつつも、子供への優しさを忘れない」古き良きヒーローの魂は、リュウジンオーの中に根付いていた、と。 ブラッディーのせいで人形の中…

メビウス28話

最初に、忘れないようにメモ。 来週の放送は「4時30分」から。録画にミスると、年内は後悔し続けそうだ。 で、今回の話は、コノミ主役編。 円盤生物については、意外と掘り下げられなかったけれど、次週以降の回想を期待ですな。 ダークザギは、ゴシップ…

V プレイ始め

DS版Ⅲをあきらめて、こちらに手を付けてしまいました。 そちらは、これからサロニアにおける「竜騎士VSガルーダ」戦という、思い出深いバトルイベントが待っているわけですが、いつかまた、TVの大きな画面でプレイしたくなるのは確実なので、新ハード…

ライオン丸G 2話

前回のラストで、ライオン丸に初変身した獅子丸ちゃん*1。 でも、変化した自分の姿に狼狽して、やみくもに暴れ回るばかり。強化された肉体でジャンキーなカブキ者連中を突き飛ばしたりして、撤退させることはできましたが、変身時のトラウマで一時的に「ライ…

OGディバインウォーズ1話

OGだと思って見ていたら、いきなり最初から、αシリーズに登場した「アストラナガン」やら、第3次αの主人公の一人「クォヴレー」なんかが出てきてビックリ*1。GBA版のOGで描かれていない背景*2まで示すことで、作品にかけるスタッフの本気度の高さを…

カブト36話

ストーリー上のポイント。 ZECTのエリア司令の天道、三島と対立。両者の衝突を仲裁した加賀美陸、天道に「カブトとガタックは、装着者の意志に関わらず、ワームを全滅させるまで戦い続けることになる」と告げる。また、三島の知らないホッパーのことを、…

OGディバインウォーズ

テレビ大阪では、明日の深夜2時5分から。 忘れないように書いておく。スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ出版社/メーカー: バンプレスト発売日: 2007/06/28メディア: Video Game購入: 4人 クリック: 53回この商品を含むブログ (248件) …

ボウケンジャー32話

ダークシャドウの経営する冒険スクールに潜入調査中のブルーとイエローが、「冒険に憧れる冴えない男性」と交流し、その純粋さや情熱に心打たれ、励まし、夢を追うことの大切さを描いた話。 ……と書きながらも、 実際のところは「冒険バカ」のチーフが、冒険…

メビウス27話

今回は、無事に録画できました。 第3クールに入って主題歌も2番になって、ラストの「ウルトラ兄弟総登場」にはジーンと来ました。うん、この感動は、NOVAの実感では、スカイライダーの「過去のライダーゲスト出演頻出期」以来ですね*1。 劇場と違って…