White NOVAのNEOスーパー空想(妄想)タイム

主に特撮やSFロボット、TRPGの趣味と、「花粉症ガールというオリジナルキャラ」の妄想創作を書いています。

令和、明けましておめでとうな初記事

元号だよん

 

NOVA「フハハハハ、とうとう新時代が来たー。ここからは、俺のステージだぜ。そう、このオレ様、令和NOVAのな。この妄魔時王にして、全ての未来を予言するノヴァストラダマスにして、教祖NOVAグロワールの前にひれ伏すがいい。これぞ三位一体ノヴァ・トリニティの降臨である」

晶華「NOVAちゃん、あなた、何を言っているのよ」

NOVA「おお、我が娘よ。お前も本来の姿、バットクイーンとして覚醒するのだ。くらえ、外道昇進令和光線! ビーーーーームッ!」

晶華「キャーーーッ!  (妖しい光に包まれる)フフフフフ、私はバットクイーン。タイムジャッカーにして、月の魔力を受け継ぎし者。世界の全ては、私とNOVAちゃんが支配する」

 

続きを読む

平成最後のスパクロ話(17章までの総括・後編)withアベンジャーズ

平成最後の日

 

NOVA「今日が平成最後の日だ」

晶華「そして明日から令和になるのね」

NOVA「そうだな。俺にとっては、昭和・平成・令和と三つの時代を生きることになる。もう一つぐらいは見られるかな、と思っているが」

晶華「30年後だったら、NOVAちゃんは何歳?」

NOVA「78歳だが何か?」

晶華「ギリギリ平均寿命ってところね。しっかり健康を維持したら何とかなるかも」

NOVA「まあ、令和が30年かどうかは分からないが。明日、御即位される次期の天皇のお誕生日が1960年2月23日で、俺より11歳上なんだ。つまり、今で59歳。ここから30年を続けられるのは大変だろう?  だから、生前退位の流れができるなら、30年も経ずに令和から次の元号になる可能性は高い、と俺は考えているが、御即位前に在位期間をあれこれ言うのも無粋だと思うので、これ以上は掘り下げない。要は、俺が次の元号を知ることができるかという話だからな」

晶華「子供時代の昭和NOVAちゃんと、大人になった平成NOVAちゃんと、明日からの令和NOVAちゃんと、ヨボヨボのお爺ちゃんになってブログを続けてるかどうかも不明な次期元号NOVAちゃんが邂逅する記事を読みたいものね」

NOVA「ああ、俺も書きたいが、それには令和NOVAがブログを続けないとな。頑張れよ、令和NOVA」

晶華「何を他人事みたいに。まずは、今日の記事をしっかり書きなさい」

 

続きを読む

スパクロ話(17章までの総括・前編)

2年目の誕生日祝いは

 

NOVA「さて、今日は先日ストーリーを進めたスパクロの話をするぞ」

晶華「私の誕生日話は?」

NOVA「それは先月だったろう?」

晶華「月に一回、27日に祝ってくれるんじゃないの?」

NOVA「それは、最初の1年だけだ」

晶華「そんな、ひどい(涙目)」

NOVA「それに今日は4月28日だ。祝うなら、お前じゃなくて、魔王の誕生日を祝わなければなるまい。しかし、祝うべき予言者ウォズさんは太鼓の練習に忙しくて、ハッピーバースデイは来週の令和初放送回に持ち越しだ」


【カマシスギ】仮面ライダージオウトリニティ ウォズ名乗り


“仮面ライダーウォズ”渡邊圭祐、2019年やりたい事は「祝う。」 『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』大ヒット御礼!!応援上映会

 

晶華「魔王の誕生日はどうでもいいわ。それよりも、私の誕生日よ。NOVAちゃん、先月はお姉ちゃんたちに任せきりで、私の誕生日にはいなかったじゃない。一月遅れでいいから、平成最後の誕生日を祝ってちょうだい。さもないと……」

NOVA「さもないと?」

晶華「リバTちゃんの中に封印されたアナちゃんを目覚めさせて、もう一度バットクイーンになってやるんだから」

NOVA「そいつは困る。俺の平和な日常生活が壊れてしまって、スパロボをのんびり楽しむことができなくなっちゃうじゃないか。せめて、ゴールデンウィークぐらいゆっくり過ごさせてくれよ。明日はアベンジャーズの映画も見に行く予定なんだし」

晶華「だったら、一言言ってよ。『ハッピーバースデイ、永遠にアイラブユー』って」

NOVA「ハッピーバースデイ、永遠に……何だって?」

晶華「アイラブユー❤️」

NOVA「アイラブU40」


ザ☆ウルトラマンMAD【ウルトラマンシンフォニー】


ザ ウルトラマの科学警備隊が戦ってるとこのBGM(宮内さんオンリー)

 

NOVA「う〜ん、やはりザ☆ウルトラマンはいろいろと懐かしいな」

晶華「何で、私の誕生日の話が、そっちに流れるのよ」

NOVA「だって、愛の話だと、ザ☆ウルトラマンだろう。エンディングも『愛の勇者たち』だし」


ザ・ウルトラマン OP&ED(セリフ入りバージョン)

 

晶華「セリフ入りで声だけだと、ジョーニアスさんがデスラー総統で、ヒカリ隊員が古代進なので、ヤマト色が増すわね」

NOVA「そうだな。しかも、後番組はヤマト先生が主人公だし、どれだけヤマトの影響を受けているんだよ」

晶華「愛といえば、NOVAちゃんにとってはヤマトになるのか」


さらば宇宙戦艦ヤマト ヤマトより愛をこめて

 

NOVA「ヤマトと言えば、この連休の間に友人から借りたヤマト2202のDVDも鑑賞しないといけないんだがな。いろいろ見たいものや、やりたいゲームがあって、充実した休みにしたいもんだぜ」

晶華「NOVAちゃんには、私の方を見て欲しいんだけど、NOVAちゃんの好きなのは、いっしょに趣味を付き合ってくれる人だからね。趣味の邪魔をしたら、NOVAちゃんに嫌われてしまうから、私もNOVAちゃんの趣味に付き合って、アシスタントガールの仕事を頑張るわ」

NOVA「よし、納得してくれたなら、安心して本題のスパロボ話に移るとするか」

 

続きを読む

ウルトラマンもTの時代

新たなウルトラマン

 

NOVA「よっしゃあ、スパクロ16章クリア!  勢いに乗って、17章もクリアして、とうとう最新の18章に追いついたぞ!」

晶華「何だか盛り上がってるわね」

NOVA「ああ、スパクロは16章の最終章が、自軍の戦力不足でクリアできないと判断して、その後、イベントをコツコツこなしながら、戦力を蓄えていたんだ。そして、とうとうグレートゼオライマーをレベル75まで限界突破育成した。他には、レベル80のキングエクスカイザーと、レベル70のアクエリオンと、レベル70のハマーン様キュベレイで挑戦したんだ。そして勝った。以降は、まあ、トントン拍子で17章まで一気にクリアしたって寸法よ」

晶華「なるほど。だったら、今回はスパクロ話ね」

NOVA「いや、その前にウルトラと仮面ライダーを祝わねばなるまい」

晶華「祝うって何?」

NOVA「もちろん、令和ウルトラと令和ライダーの発表を、だ。祝え、平成から令和に通じる新たなヒーローの誕生を!」


仮面ライダーブレン KAMEN RIDER BRAIN

 

ケイPマーク3『いやあ、去年からしばらくロイミュード3人にボディーを貸していた者としては、いろいろと鼻が高いぜ』

NOVA「ああ、こちらとしても、ブレンを応援し続けた甲斐があったってもんだ。今回の大抜擢をブレン本人に早速インタビューしたいところだが……」

ケイPマーク3『今は、ロイミュード3体の魂がオラから抜け出して、東映本家に出張しているからなあ。ここにはブレンはいない』

晶華「弥生ちゃんも、まだ江戸時代から帰って来ていないし、メガネンジャーは活動休止状態ね」

NOVA「まあ、元々は時空魔術師の副業みたいなものだったしな。今は、ドルイドンやタイムジャッカーの活動を観測しながら、スパロボ世界に干渉(鑑賞)しているだけでも十分だ。それに今週からサノス事件のその後が公開されるからな」

晶華「アベンジャーズのエンドゲームね」


「アベンジャーズ/エンドゲーム」逆転へ―。


映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編映像

 

NOVA「アベンジャーズも平成とともに一つの大きな話が終わって、令和から新展開になるわけだし、いろいろと話のネタが多すぎて、頭の中を整理するのも大変だと思っている」

晶華「そして、新たなウルトラマンの情報ね」

NOVA「そう。俺がスパロボXやTを楽しんでいるのに合わせるかのように、ウルトラマンもXを放送していて、しかも次はウルトラマンTと来たもんだ。いやあ、ウルトラマンタイタス、楽しみだなあ」

晶華「あれ?  タイガじゃなかった?」

NOVA「タイガだと?」

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダータイガ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダータイガ

 

晶華「いや、それはウルトラマンじゃないし」

NOVA「いや、中身はウルトラマンなんだって。アーマーを脱いだ後、二段変身して、これになる」

ウルトラヒーローシリーズ25 ウルトラマンネオス NEWパッケージ

ウルトラヒーローシリーズ25 ウルトラマンネオス NEWパッケージ

 

晶華「それだったら、この人たちも紹介しないと」

 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライア

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライア

 

 

S.H.フィギュアーツ パンチホッパー

S.H.フィギュアーツ パンチホッパー

 

 

NOVA「それぞれ、ウルトラマンアグルや、ネクサスのジュネッスブルーにも変身していたな。他にライダーとウルトラの兼業している人って誰かいたかな」

晶華「ウルトラから戦隊だったら、ユリアン王女→ダイナピンクとか、ジャック→ケバブ屋長老とか、思いつくけど」

NOVA「長老も変身してくれないかな。かつてのリュウソウジャーだったとか、リュウソウジャックと名乗ったりとか」

晶華「そんなことよりも、タイガさんの話よ」

NOVA「そうだな。タイガさんの話な」

晶華「それ、花家大我さんだし。ウルトラマンじゃないし」

NOVA「ウルトラマンXの防衛チームの隊員だったけどな。だったら、こっちか」


牙狼 鋼牙と大河の再開

 

晶華「それ、冴島大河さんだし。ウルトラマンじゃなくて、牙狼だし」

NOVA「ウルトラマンガイアの防衛チームのコマンダーだったけどな。とにかく、タイガって名前はいろいろありすぎるだろう。ゼロさんだって、レイトさんに憑依する前に、スーパーGUTSのタイガ・ノゾム隊員に憑依していたこともあるわけで」


新ウルトラマン列伝 第30話 『ウルトラマンサーガ』第2章「ゼロの苦難」次回予告

 

晶華「つまり、タイガ隊員がゼロさんに変身したこともあって、それとは別にウルトラマンにもタイガが現れたってこと?   紛らわしいわね」

NOVA「まあ、新作ウルトラマンが、ウルトラマンハヤタとか、ウルトラマンダンとか、ウルトラマンゴウとか、ウルトラマンホクトとか、ウルトラマン光太郎とか、ウルトラマンゲンとか、ウルトラマンヤマトになったようなものだからな」

晶華「でも、ウルトラマンヒカリはいるわよね。ヒカリ超一郎って人がウルトラマンジョーニアスに変身するって聞いたけど」

NOVA「まあ、名前かぶりネタはいろいろつながって面白いけどな。こいつとか」

晶華「ウルトラマンもタイガの他に、タイタスとかフウマとか出て、イマジンみたいに一人の人間に憑依するって設定なのね」

NOVA「ああ。イマジンみたいに個性的で、普段からケンカしていると面白いのにな。タイガとタイタスとフーマで主導権争いするとか」

晶華「公式HPはこちらね」

m-78.jp

 

晶華「トレギアさんがタロウさんの元・親友ってことで、急に格が下がった気もするわ」

NOVA「確かにな。タイガが未熟な新人ってことで、トレギアの格も父親のライバルおじさん程度に収まったって感じだ。ベリアルがウルトラの父ケンの戦友ということで、ゼロにとっては二世代上の老獪戦士だったことと比べると、トレギアはまだまだ一世代上程度ということになる。いまだに未熟なルーブ兄弟やジードが相手だから翻弄されたってだけで、まだまだケツの青いガキってことになるのかな。まあ、新世代のウルトラから見ると、今だに厨二病から抜け出てないチョイ悪オジさんがヤンチャしているというのが、トレギアのイメージだな」

晶華「それにしても、タロウさんの子供って、いつ子作りしたのかな?」

NOVA「母親は謎だが、一説によると大場久美子のコメットさんという説も」

晶華「勝手におかしな説を立ち上げないでよ」

NOVA「まあ、コメットさんは脚本家の阿井文瓶氏がタロウやレオとつながっているけど、円谷公式設定ではないからな。あくまでパラレル設定と考えた方がいいんだろうが、その辺を絡めて遊ぶのがマニア心ってものだと思う。そして、タイガというお題だと、このネタを絡めずにはいられない」


(PCSX2)第2次スパロボα - ファイナルフュージョン承認 -

 

続きを読む

Tとか、Xとか、XΩとか

久々ブログ

 

晶華「最近、NOVAちゃんはあまりブログを書いてないよね」

NOVA「すまないな。春休み明けで、スパロボをやりまくっているから、記事書きしている時間がなかなか取れないんだ」

晶華「プレイの合間にプレイ報告ぐらいできるでしょ」

NOVA「一作ならな。しかし、今、俺はスパロボTとXとXΩの三作を同時にプレイしている。言わば、スパロボトリニティって感じなんだな、これが」


アギト 26話 トリニティフォーム


[変身シーン]ジオウトリニティ初変身シーン

 


【スパロボT】エメロード姫の最後レイアース合体攻撃イベント

 

NOVA「スパロボTのTは、時期的に三位一体、トリニティのTという風に今の俺は解釈している」

晶華「だからと言って、三本も掛け持ちでゲームをしなくても、一つずつ順番にクリアしていけばいいのに」

NOVA「甘いな、晶華。物事には旬というものがあるのだよ。とりわけ、XΩはソシャゲだから期間限定のイベントがあって、ゴマちゃんは今しか手に入らない」

晶華「NOVAちゃんは、アシベのファンだったの?」

NOVA「いや別に。むしろ、今回の本命はガルガンティアチェインバーだな。あくまで、アシベはおまけ的な存在だ。しかし、おまけということはダークホース、あるいは最後の切り札ジョーカーという意味合いもある。何と、ゴマちゃんは海の生物とコミュニケーションを取れるという特殊能力がある。ガルガンティアのクジライカがフロスト兄弟の策謀で攻めてきたときに、ゴマちゃんのおかげで事なきを得たこともあってだな」


【第3次スーパーロボット大戦Z】 天獄篇 チェインバー All Attacks 【SRWZ3】


『くたばれ、ブリキ野郎』 翠星のガルガンティア

 

晶華「アギオメガ……じゃなくて、クロスオメガのイベントに旬があるのは分かった。だけど、どうして、Xまで加わるのよ」

NOVA「それは、これの影響かも知れない」


【MAD】 ウルトラマンX ~ウルトラマンX~

 

晶華「つまり、ウルトラマンXに影響されて、スパロボXを再開したくなったってこと?」

NOVA「それも理由の一つだな。現在、スパロボTが35話超え。全部で50話ぐらいだから、年間番組で言えば、第3クールでそろそろクライマックスが近い。すると、どうなるか。話が重くなって、継続プレイが疲れる時期に入るわけだ」

晶華「ああ。序盤はサクサク進むけど、後半になるとゲームの難易度が上がったり、ストーリー密度が濃くなったり、考えることが多くなって軽い気分で進まないってことね」

NOVA「そうなんだ。おまけに、レイアースエメロード姫を倒して第1部が完了すると、困ったことになった」

晶華「何?」

NOVA「主人公の光のダークサイドキャラ、ヤンデレ少女なノヴァが登場して、俺のプレイ意欲を邪魔してくる」


スーパーロボット大戦T 魔神レガリア 全武装 | Super Robot Taisen T Rune God Regalia All Attacks

 

NOVA「どうして、NOVAである俺が、ゲームでノヴァを倒さないといけないんだよ。せめて説得して、味方にできればいいんだけど、どうも不可能っぽいし」

晶華「つまり、NOVAちゃんはゲームで自分と同じ名前の敵が出たから、倒しにくくて困る、と思っているわけなんだ。案外、繊細なんだね」

NOVA「その辺、ゲームは所詮ゲームと割り切ればいいとは分かっているんだけどな。ただ、感情的にのめり込みすぎると、そういう自制ができなくなるので、少し気持ちの距離を置く必要がある。だから、前作のXに寄り道したわけだ」

 

続きを読む

宇宙海賊の話(スパロボとかスパクロとか)

海賊参戦

 

NOVA「やったあ。ゴーカイオーGETだぜ。祝え、スパクロ史上2作目のスーパー戦隊の降臨である」


SRW X-Ω - GokaiOh (Kaizoku Sentai Gokaiger Debut) l ゴーカイオー (海賊戦隊ゴーカイジャー新規参戦)

 

晶華「へえ。スパクロにゴーカイジャーが出たんだ」

NOVA「ああ。以前にジュウレンジャー大獣神や、ゴジラが出た時はプレイしていなかったが、昨年11月からプレイを始めた際、俺には一つの悲願があってな」

晶華「悲願?」

NOVA「それは、宇宙刑事ギャバンをゲットすること。大獣神ゴジラは期間限定作品で、今はゲットできない。しかし、ギャバンは一応、常時参戦作品なので、運が良ければガチャで入手可能なんだよ。そして、苦節半年、チャンスがあればギャバン来い、と特撮の神さまに祈ってきたんだが、ようやく、その願いが叶ったんだ」

晶華「ええと、今回ゲットしたのはゴーカイオーだよね」

NOVA「ああ。それはそれで、よっしゃラッキーって感じだけどな。まず、ギャバンはイベントをこなすと、確実に入手できて、しかもパイロットパーツも付けて強化できる。今回のイベント自体が、ゴーカイジャー初参戦と、ギャバンのパワーアップを目的としているわけで。ラッキーなのは、俺の仕事が一段落して時間に余裕ができた時期に、このイベントが始まったことだな。3月末じゃなくて、この時期だからこそ、たっぷりイベントを堪能できるわけだ」

晶華「なるほど。ギャバンさんはイベントをこなせば誰でも手に入るんだけど、タイミングが悪ければ、そのイベントをこなす時間がとれない可能性もあったんだ。NOVAちゃんに時間ができたタイミングを見計らうように、ギャバンさんが駆けつけてくれた、と、NOVAちゃん視点では解釈したわけだ」

NOVA「まあ、今回のイベントでもらえるのは飛び道具仕様で、通常技はシルバービーム。必殺技はレーザーZビームだけどな。ギャバンダイナミックを必殺技に持つ接近戦仕様は、またガチャで当てないといけないわけで。そのうち、電子星獣ドルをΩ必殺技を持つ強化ギャバンが実装される可能性も期待できる」

晶華「うん。ギャバンさんのことは分かった。それに今回はゴーカイジャーさんなんだね」

NOVA「ああ。これはガチャじゃないと当たらない。だが、スーパー戦隊の神は、この俺に強運をくれた。とりあえず、一回回せばいきなり当たったんだよ、それも昨日な。これはグレートゼオライマー以来の喜びだな。たぶん、平成最後のガチャ運の良さだと思うぜ。これで、俺の平成最後のスパクロは思い残すことは何もない。お宝をきれいにゲットできたので、このまま光の速さで令和にダッシュしてもいいぐらいだな」

 

続きを読む

帰還

転移してきたのは……

 

ヒノキ「さあ、そろそろハイラス様がお見えになる頃合いじゃ」

翔花「私の中のモスラとアストロモンス成分が、期待に打ち震えているわ」

シロ「ボクは、そのハイラスという人に会ったことはニャいんだけど、そんなに凄い人ニャのか?」

ヒノキ「ドルイドは、天然自然の獣たちに親和性を持つ職業。そして、ハイラス様は、その親和性を怪獣にまで及ぼすことができるようになった。わらわが頭の上がらない人物が3人いて、その頂点は契約主のサブロー殿。2人目は新兄さん。そして、もう一人がハイラス様なのじゃ」

シロ「獣の巫女であるボクとしては、重要人物のような気がする」

晶華「ふうん、ドルイ道おじさんって、そんなに凄いんだ。怪獣の成分を持たない私には、よく分からないんだけど」

ケイPマーク1『晶華ママは、怪獣じゃなくて怪人成分を持っていたからな』

晶華「バットクイーンを名乗っていたのは昔の話よ。今の私は、魔力も失った、か弱い一人の花粉症ガールに過ぎない。地道に修行し直して、力を取り戻さないと」

 

翔花「いよいよ、お出ましになるわ……って、何?  私の体が消失しかけているんだけど?」

シロ「ボクもだ。どうなっている?」

ヒノキ「こ、これは?  もしかして、サノスの仕業か?  わらわは何ともないが」


Avengers: Infinity War - All Superheroes Death Scene In Hindi Full HD ( Part 10)

 

翔花「キャーーーーー…………」

晶華「お、お姉ちゃん?」

ヒノキ「コナっちゃん、シロ……」

ケイPマーク1『弟のマーク2も消えちまった』

晶華「そんな(涙目)。全宇宙の半分の生命を消し去るなんて……」

ヒノキ「こうなったら、生き残ったわらわたちでサノスを倒さなければ」


「アベンジャーズ/エンドゲーム」逆転へ―。

 

謎の声「勘違いするな。翔花たちが消えたのは、サノスの仕業じゃない。ただ、元の時間に帰っただけだ」

ヒノキ「お、お主は?」

晶華「もしかして……」

ケイP『もしかすると……』

リバT『グランドマスター……』

メガネの男「White NOVAだ。今、時空神クロノスのところから帰ってきた」

晶華「お帰り、NOVAちゃん」

NOVA「ああ、ただいま。遅くなったが、ハッピーバースデイ♪」

 

続きを読む